スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おい、カエルくん!

おい、カエルくん!
おい、カエルくん!
ピエト フロブラー (2004/11)
オリコンエンタテインメント

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


第19回 ブラティスラヴァ世界絵本原画展金牌受賞作

対象年齢:4歳くらいから~
著者の紹介☆
作:ピエト・フロブラー(Piet Grobler)…1959年9月26日に生まれました。グラフィックデザイナーで1996年からフリーのアーティストとなりました。絵本作家となり、50冊以上もの絵本をうみだしています。

訳:ごうど あちゃく

あらすじФ(・♀・=)
ある暑い日のことでした。
サバンナの動物たちは、水浴びをしたり日陰でやすんだりしていました。
カエルは水溜りの水を…
ズズ~~
ズズズズ~~~~~っと飲み始めました。
水溜りの水では足りなくて、川の水も
青い湖も一滴も残っていないほど
カエルは水を飲み干してしまいました。

これは大変!!他の動物達はだまっちゃいません。
動物達が文句を言うと、カエルは動じません。
動物たちは会議を開き、カエルのお腹からどうしたら水を出せるかを考えました。
そして、みんながそれぞれ良い考えがひらめきました。
1匹づつカエルくんにその作戦を試してみるけれど…
全然カエルは、水の1滴も吐き出しません。

けれど、ウナギ君だけは他のみんなが知らないカエルくんの秘密をしっていました。
それはね………?

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
この絵本は、CDが付いていて朗読を聞きながら絵を見ることができます。読みきさせの参考にしたり、音楽とともに朗読を聞いて親子で楽しんでくださいね。さてさて、この絵本は以前ブログで紹介をしました『おおきなカエル ティダリク』に似ているなぁ~って感じました。展開が似ているのね。カエルが全ての水を飲んでしまって→カエルの事を動物が怒り→動物とカエルの根競べ→大地に水はもどるのか?みたいなね(^▽^*)どちらも楽しいですよ。1冊目に紹介した方が、ちょっと大きな子に向いているのかな?


この記事に対するコメント


v-4 いくこさんへ
そうね!そうねっ!!
私もこっちのカエルっちょの方が好きだわe-250
だってティダリク君は、水を飲みほしてしまいそうな顔してるんだもんv-507

【2007/06/21 01:47】URL | 【いくこさんへ】 #z8Ev11P6[ 編集]


わたしはぁー、ティダリクv-535よりもぉー、こっちのe-250絵のほうがぁー好きだぁああーe-266。ティダリク...こわい...v-12

【2007/06/20 01:24】URL | いくこ #-[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/409-a5a450c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。