スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おやゆびひめ

おやゆびひめ
おやゆびひめ
立原 えりか、アンデルセン 他 (2005/03)
講談社

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:5歳くらいから~
著者の紹介☆
原作:アンデルセン

文:立原 えりか…1937年東京に生まれ、高校の頃より童話を書き始め1957年「人魚のくつ」を自費出版。この本で後に日本児童文学者協会新人賞を受賞。1961年「ゆりとでかでか人とちびちび人のものがたり」で講談社児童文学新人賞を受賞。

絵:いわさき ちひろ…1918年福井県に生まれ、東京府立第六高女卒業。
1972年「ことりのくる日」でボローニャ国際児童図書展グラフィック賞を受賞。

おはなしФ(^♀^=)
ある所に、おばあさんが一人寂しく住んでいました。
「かわいい女の子がいたらいいのに」と魔法使いに相談をすると
魔法使いは「この種をまきなさいと」手渡してくれました。
おばあさんは早速種をまくと…芽はすぐに伸びて花が咲き
中をのぞくと、かわいらしい女の子が座っていました。
女の子の名前は「親指姫」と名づけられ、おばあさんはたいそうかわいがっていました。

そんなある晩、親指姫がスヤスヤ眠っていると
「きれいなお姫様。息子の嫁にぴったりだわ!ゲロゲロ」

お姫様はビックリしました。
目を覚ますと水に浮かんだ蓮の上、目の前には蛙の息子が
「嫁になるんだ」と言っています。
お姫様は、「いやよ…わたし…」と言って泣き出してしまいました。
そんな様子を見ていたお魚たちが、葉の茎をちぎりお姫様を逃がしてやるのでした。

グングン流れるお姫様をコガネムシが見つけました。
「珍しいものがいるぞ!!」コガネムシは親指姫をかかえると、木の上にのせて眺めていました。
けれど…「こいつは変だ!羽もないし、ひげもない。それに足が2本だなんておかしいぞ」
笑いながらコガネムシ達は飛び立ち、親指姫は一人ぼっちになりました。

何日も葉っぱで寒さをしのぎ…花の蜜を飲みその日を過ごしました。

やがて時は経ち、寒い風がやってきて…雪がちらつき始めました。

トントントントン…親指姫は寒い中、地面の底にある一軒のドアをノックしました。
ドアが開き、ネズミのおばさんが出てきました。
「どうか助けていただけませんか」細い声で親指姫が言うと、ネズミは中へ入れてくれました。

そしてとなりの家に住む、お金持ちのモグラに親指姫を紹介すると
モグラは美しい親指姫を好きになり、毎日散歩に連れ出しました。
今日もいつものように散歩に出ると、怪我をしたツバメを見つけました。
「かわいそうなツバメさん」
親指姫はツバメをやさしく世話をしました。
そして春が来ると、ツバメは元気に飛び立って行きました。

親指姫は毎日、蜘蛛の糸を紡いでお嫁に行く洋服を作っています。
ネズミの勧めで、秋が来たらモグラと結婚をしなければならないからです。
「結婚なんてしたくない…くら~い地面の底で一生を暮らすだなんて…」
秋が近づいた結婚式の前日。
親指姫は涙を流しながら、真っ赤に燃える太陽に最後の言葉をかけました。
「さよなら…大好きなお日さま。花も小鳥もみんなさよなら…。」

その時…
ピウル~ッ ピウル~ッと明るい声が近づいてきました。
あの時、元気になったツバメでした。
「さぁ~お迎えに来ましたよ!私に乗ってください」
ツバメは親指姫を乗せ、高く 高くどこまでも高く飛び
広い海を越え、何日もかけて南へ向かいました。

たどり着いた先は…花の国
「ここがあなたの国ですよ。」ツバメは親指姫をおろしました。
ポカポカ暖かく、きれいな色とりどりの花が咲いている中
王子様や花の妖精が待っていました。
「待っていましたよ親指姫。私と結婚を…」
王子様は親指姫の手を取り、いつまでも幸せに暮らしましたとさ。


ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
子供の頃から親指姫の話を知っていますが、色んな所に連れ去られ大変なめにあって「かわいそうな 親指姫…」、けれど試練(意地悪)を乗り越えて、最後に王子様と幸せになれて「よかったぁ~」と感動しちゃいますよね。でも昔から気になる事があるのですが…おばあさんは、また一人ぼっちになってしまうんですね。そこが悲しいです。みんなが幸せになれたら、最高なんだけどね(^^;)


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/326-7308c6fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。