スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マックスとたんじょうびケーキ

マックスとたんじょうびケーキ―マックスとルビーのえほん マックスとたんじょうびケーキ―マックスとルビーのえほん
ローズマリー ウェルズ (2005/09)
光村教育図書

この商品の詳細を見る

対象年齢:3歳くらいから
著者の紹介☆
作:ローズマリー・ウェルス(Rosemary Wells)…ニューヨークに生まれ農場や森を駆け回るような活発な幼少時代を送りました。バレーダンサーと劇作家の父を持ち、幼少期の彼女にあたくさんの本を与え、祖母は時間があれば劇場や博物館につれていった。ボストン美術学校を卒業後、出版社に入社し児童書を30年以上手がけるうちに、自身の作品を発表。
訳:さくま ゆみこ…東京に生まれ、編集部・翻訳作家として活躍されています。玉川大学・大学院非常勤講師を務めている。
♪その他の絵本
どうしてなのサンタさん
やればできるよランドルフ
いたずらノラ
モリスのまほうのふくろ
スタンレイとローダ

あらすじФ(・♀・=)
今日はおばあちゃんの誕生日。マックスはミミズ入りのどろんこケーキを作っていました。そこへ姉のルビーが来て言いました。
「そんなのダメよ~フワフワのラズベリークリームを塗ったケーキをつくりましょう。」
ルビーがケーキを作り始めると、マックスは手伝いたくて仕方がありません。でも「さわらないでよ!マックス」とルビーはいいました。
そう言った矢先……
ベチョッッッ「やっちゃったぁ~!」
卵が床におちて割れてしまいました。
そこでルビーは、マックスに卵と書いたメモを渡し買い物に行かせます。マックスは自分のケーキにも飾りを付けたいと思っていました。
だからメモ用紙に「ピリピリ味のびっくりマシュマロ」と書いたんだ。
お店のおじさんにメモを渡すと「はい!たまごだね」1パック渡してくれました。マックスはガッカリ…自分の文字をお店のおじさんが読めなかったのです。
家に戻り卵をルビーに渡そうとしました。
「マックス テーブルゆらさないで……」
そう言う間もなく…
ドボドボドボ…
「またやっちゃった!!」
(今度はマックス何をやらかした?!)

ミヅポンの声(^♀^)ノ
ちょうどマックスくらいの年は、何でも手伝いたい時期なんですよねぇ~。私もそうでした…何でも手伝いたいし、自分のことは自分でやると言ってた覚えがあります。お姉さんの役に立ちたいのに…何だかうまくいかず迷惑をかけてしまうマックス。お姉さんのラズベリーケーキと自分のミミズ入りどろんこケーキは、おばあさんのお誕生日ケーキになるのかしら??みなさんも二人を応援してあげて下さいね。


この記事に対するコメント


v-2らぴ~♪さん
そうなんですよね~!3歳から4歳くらいはなんでもやりたがるお年頃なのよねA(^♀^;)しかも親が急いでいる時にやりたがる~~~(>♀<)なかなかうまくは行かないものですね~。こどものやりたいを見守るのは大変な事です。あぶない事を全てダメにするのも成長を妨げるし…育てるというのはホント難しいですね。友達の親子を見ているとそう思います。そしてすごいと感動しちゃいます。

【2007/02/15 02:13】URL | ミヅポン #z8Ev11P6[ 編集]


ミヅポンさん、おはよう
続々とおたんじょうびの絵本がUPされてますね。
毎日すごく楽しみにしてますよっ!
このマックスのお話。
今の娘がこんな感じなので
ぜひ借りてみようと思います。
やたらとお手伝いをやりたがる年齢だから
やらせてあげたいと思いつつもちょうど忙しい時間帯だったりして困っちゃうんですよねぇ。。。

【2007/02/13 17:05】URL | らぴ~♪ #4kczMfbM[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/271-de660dd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。