スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こんにちはおにさん

こんにちはおにさん こんにちはおにさん
広野 多珂子、内田 麟太郎 他 (2004/12)
教育画劇

この商品の詳細を見る

対象年齢:4歳くらいから~
著者の紹介☆
文:内田 麟太郎…1941年に福岡県で生まれ、個性的な文体と独自の世界で多数の絵本を出版しています。
♪その他の絵本
かあさんのこころ かあさんのこころ
味戸 ケイコ、内田 麟太郎 他 (2005/05)
佼成出版社
この商品の詳細を見る

いろはかるただじゃれゆうえんち いろはかるただじゃれゆうえんち
内田 麟太郎 (2004/11)
民衆社
この商品の詳細を見る

へいきへいき へいきへいき
竹内 通雅、内田 麟太郎 他 (2005/06)
講談社
この商品の詳細を見る


絵:広野多珂子… 愛知県に生まれる。
♪その他の絵本紹介
ちいさな魔女リトラ ちいさな魔女リトラ
広野 多珂子 (2001/05)
福音館書店
この商品の詳細を見る

トンガのきいちごつみ トンガのきいちごつみ
広野 多珂子 (2002/03)
ひさかたチャイルド
この商品の詳細を見る

やさいばたけははなばたけ やさいばたけははなばたけ
広野 多珂子 (2004/04)
佼成出版社
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
森に住む赤鬼さんは、
誰もいない時にはイタチとタヌキを肩車をしてくれるけど、
誰かがいると威張ってる。
とっても強そうで・けむくじゃらの胸・恐ろしいつの。
クマもイノシシも道を静かに譲ってしまうほどでした。
けれど…ある日、鬼の目の前にプラ~んと
ぎゃー
悲鳴をあげてうずくまりました。
それを見ていたのはイノシシとクマです。
鬼をけなし大笑い。
その日から鬼は一歩も家の外に出なくなってしまいました。けれどイタチとタヌキは、鬼が優しい心を持っている事をよくわかっていました。毎日毎日…毎日、鬼さんの家に行っては
「一緒に遊ぼうよ~出てきてよ」と声をかけるのです。
けれど、鬼さんはあんなに恥ずかしい思いをしてしまったから外に出る事ができませんでした。
ある暑い夏の日、いつものようにイタチとタヌキが鬼さんを誘いにやってきました。けれど、あまりの暑さに二人は倒れてしまったのです。
鬼さんは我を忘れて、飛び出し…イタチとタヌキの看病をしました。
そして二人が目を覚ます頃、手紙が一枚置いてありました。それは…
ミヅポンの声(^♀^)ノ
この絵本を書店で読んで、一目で気に入ってしまいました。話がとっても好きでしたね~。節分の日だけれど節分の話ではなくて…鬼さんの話ですが、ぜひ興味のある方は読んでみてください!!おすすめですよん(=^エ^=)♪♪やっぱり友達はいいねぇ~この絵本は、温かさが伝わってくるので涙がでそうになったよ~(;♀;)
でも「鬼は外・福は内」なんだよねぇ~。だけど今年から両方内で(注:やさしい鬼のみ)にしようかな…


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/253-b3903869
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。