スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はじめてのゆきのひ

はじめてのゆきのひ はじめてのゆきのひ
セバスチャン ブラウン、バーネット フォード 他 (2006/11)
評論社

この商品の詳細を見る

対象年齢:3歳くらいから~
著者の紹介☆
文:バーネット・フォード(Bernette Ford)…ニューヨークに生まれ、小さい時から絵本に囲まれて育った。コネチカット・カレッジを卒業後、子どもの本の出版に携わり、それから自ら出版会社を立ち上げるなど、編集者としての長い経験を持っています。
絵:セバスチャン・ブラウン(Sebastien Braun)…フランスに生まれ、ストラスブルグの大学で美術を専攻し、独特のやわらかいタッチの絵を生み出した。
おにいちゃんにははちみつケーキ おにいちゃんにははちみつケーキ
セバスチャン ブラウン、ジル ローベル 他 (2006/04)
主婦の友社

この商品の詳細を見る
もっかい! もっかい!
セバスチャン ブラウン、イアン ホワイブロウ 他 (2005/11)
主婦の友社

この商品の詳細を見る

訳:たなか まや(田中 まや)…1966年千葉県に生まれ、早稲田大学第一文学部日本文学科を卒業しました。翻訳の絵本に『ゆき!ゆき!ゆき!』『ジョージ・マウスはじめてのぼうけん』『メルローズとクロック』シリーズなどあります。以前『メルローズとクロック』シリーズはクリスマスの絵本でも紹介しているので、そちらもご覧下さい。
『メルローズとクロック きみとであったクリスマス』に進め(=^3^)/クリック!!

あらすじФ(・♀・=)
暗い冬の夜。月はぼんやりと薄明かり…「あっ雪!」最初はゆっくりと、ふわりと落ちてスッととける。次は速く、風と共にくるくる渦を巻き…あっというまに野原を白く染めました。その真っ白な野原の下で子うさぎ達がお母さんと一緒に体を寄せ合い眠っていると、1匹がピクッと耳を立て目をさまし、外へ出かけていきました。鼻先にツンと冷たい空気がふれ、初めての冷たい雪。次々とウサギの兄弟が出てきてきらめく野原を駆け回る…あっ遠くで動く影…。ウサギたちは様子を伺いました……。

ミヅポンの声(=^♀^=)/
この絵本は、はじめての雪に触る感じをキレイな詩にのせて、やわらかい絵で描いています。ず~っと読んでいくと何だか寒さが伝わってきそうです。皆さんはいつ頃、雪を触ったり初めて見たりしましたか?私は記憶にないくらい小さい時からです。田舎が東北地方なので、雪が沢山あると大喜び♪カマクラを作ったり、ジャンプ台なるものを大人に手伝ってもらって作り、ソリやスキーを楽しみました。雪遊びの後は、洗濯物が増えて大変だった事はたしかです!!あと直径5センチの長さ30センチくらいあるツララを屋根から落として、アイス代わりに食べてました。今は無理だけどね。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/214-b9763378
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。