スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おかあさんのおっぱい

おかあさんのおっぱい
おかあさんのおっぱい
(2008/08)
ホ ウンミ

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:ホ・ウンミ…1964年に生まれ、韓国ソウルヨンゼ大学ドイツ文学科を卒業しました。出版社で児童書の企画を出し編集に携わりました。その後フリーの絵本作家へ。

絵:ユン・ミスク…1969年に生まれ韓国ソウルの壇国大学西洋画科を卒業しました。ユッパン車の美術研究員として勤めた後、フリーのイラストレーターとなりました。2004年に韓国人として初のボローニャ国際児童図書展でラガッツィ賞を受賞。

訳:おおたけ きよみ(大竹 聖美)白百合女子大学院修士課程を終了後、韓国の児童文学について6年間ソウルで学びました。

♪その他の絵本を紹介
うんちのちから (主婦の友はじめてブック―おはなしシリーズ)うんちのちから (主婦の友はじめてブック―おはなしシリーズ)
(2006/09/01)
ホ ウンミ

商品詳細を見る

ふしぎなしろねずみ―韓国のむかしばなし (大型絵本)ふしぎなしろねずみ―韓国のむかしばなし (大型絵本)
(2009/06)
チャン チョルムン

商品詳細を見る

あずきがゆばあさんとトラ (韓国の絵本10選)あずきがゆばあさんとトラ (韓国の絵本10選)
(2004/11)
チョ ホサン

商品詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
ブタの赤ちゃんがないているよ。
何をしているのかな?
お母さんのおっぱいを飲んでいたのね。
乳首は14個、みんないつも同じ乳首で飲むんだって。

ん? 大きなおっぱいに長い乳首
4つがブラ~ンとしているね。
どなたさんですか?
おぉ~牛のおっぱいでしたか。
牛は一頭しか赤ちゃんを産まないから
ぜ~んぶ独り占めできるんです。

お次は、カンガルーのお母さん
あれれれ?
お母さん、おっぱいはどこにあるの?

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
不思議だねぇ~。同じ動物なのにおっぱいの付いている場所が違っていたり、数が違っていたりその動物の赤ちゃんの数や大きさによってだいぶ違いがあるんだなぁ~と、この絵本を読んで思いました。中学校の理科の先生が言っていたのですが、人間は昔おっぱいが6個あったとか。それが進化して2つになったみたいですよ。体をよ~く見ると、ホクロを薄くしたような跡がある人がいるらしいです。なごりで色が残っているとか。ホントか嘘がわかりませんが、ほ乳類は何個もおっぱいがあるのを見ると納得できそうですね(^^)さて、みなさんも飲んで育ったお母さんのおっぱい。ぜひ読んでみてね。ちなみに私は粉ミルクで育ちました。まぁ~それでも大きくなって167センチの身長となりました。粉ミルクありがとう!!(笑)


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/1195-bc936abe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。