スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おひさまはどこ?

おひさまはどこ?
おひさまはどこ?
(2008/08)
フィリス ルート

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:5歳くらいから~

著者の紹介☆
作:フィリス・ルートト(Phyllis Root)…アメリカで生まれ、ヴァルパライソ大学を卒業。

絵:メアリー・グランプレ(Mary GrandPre)…アメリカ版「ハリーポッター」の画家として大活躍をしています。絵画ばかりではなく映画の部門でも制作に参加をしています。

訳:岩崎 たまえ・950年東京に生まれ、東京女子大学短期大学英語科を卒業しました。簡易会社に勤めながら児童文学の翻訳に携わっています。

♪その他の絵本を紹介
だっこしていいこいいこ (児童図書館・絵本の部屋)だっこしていいこいいこ (児童図書館・絵本の部屋)
(1998/08)
フィリス ルート

商品詳細を見る
キスなんかしないよ!キスなんかしないよ!
(2001/02)
フィリス ルート

商品詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
女の子のルシアとお母さん・赤ちゃん・牛・ミルク色のネコは
仲良く山のふもとの小さな家に住んでいました。
ところがある日、風がヒュ~っと吹き荒れると
太陽が顔を出さなくなってしまいました。

暗い夜のような世界
赤ちゃんはぐずり
牛はミルクを出さなくなるし
家の暖炉でさえも、火をたくのをヤメてしまいました。

しびれを切らしたルシアは言いました。
「私お日さまを探しに行ってくるわ」
お母さんは心配でなりません。
真っ暗な世界に子どもを出すなんて、しかもトロールがいるのです。
お母さんは、ルシアを行かせるわけにいきませんでした。

けれど、ルシアにはその時がきたのです。
赤ちゃんを寝かしつけたお母さんがウトウトした時に
ミルク色のネコと一緒に外へ…

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
太陽がなくなってしまうだなんてぇ~そんな暗い世界でミヅポンは生きられません。でも、探しに行くなんてことも勇気がないので出られません。だってトロールがいるわけですからね。おぉ~怖い! だからミヅポンはココで応援をさせてもらいますよ。パステルのようなソフトなタッチで暗闇を描き、やさしくたくましいルシアの様子を描いていますよ。暗い世界から太陽を見つけたときのまぶしさと言ったら、ホントに感動しちゃうんじゃないかなぁ~。あまりにまぶしすぎてサングラスがいるかもね(笑)ぜひ、凍える冬からポカポカの太陽を見つけて下さい。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/1194-4f59f404
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。