スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ぼくうまれるよ

ぼくうまれるよ
ぼくうまれるよ
(2007/04)
たしろ ちさと増井 光子

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



著者の紹介☆
作:たしろ ちさと…1969年に東京で生まれ、会社勤めを4年しその後絵本の制作を始めました。「ぼくのカメレオン」では7ヶ国語に翻訳され世界で愛されています。

☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【きこえる? きこえるよ】
【くんくんいいにおい】
【ぼくはカメレオン】
【おんがくかいのよる】


あらすじФ(・♀・=)
大きな大きな体、それが僕のまま
僕はただいまお腹の中にいるんです。
ドクン お母さんの心臓の音が聞こえるよ。

お母さんは水の中へ入って
いつもとは様子がちょっと違う…
なんだか心臓の音が早くなったみたい。
おかあさんが僕を呼んでいる
「さぁ~おいで」

初めての世界へ…

ミヅポンの声(^♀^)/
どんな生物も、必ず生まれるということは体験しているのだけど…それを覚えている? と、言われると覚えていることはなかなかないですよねぇ。この絵本はカバの出産から始まりカバの親子の様子を描いています。たしろさんのやさしさがたっぷり詰まった絵本ですよ。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/1186-b59b9941
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。