スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おやすみなさい おつきさま

おやすみなさいおつきさま (評論社の児童図書館・絵本の部屋)
おやすみなさいおつきさま (評論社の児童図書館・絵本の部屋)
(1979/01)
マーガレット・ワイズ・ブラウン

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:2歳くらいから~

著者の紹介☆
作:マーガレット・ワイズ・ブラウン(Margaret Wise Brown)……1910年ニューヨークに生まれる。幼い子ども達の心を理解することに心を傾け、たくさんの本を書きました。3つのペンネームを使い分け90冊以上の絵本を出版し、42歳の若さでこの世を去りましたが、残した絵本は世界中の子ども達の心に語り継がれています。

絵:クレメント・ハード

訳:せた ていじ

♪その他の絵本を紹介
ぼくのせかいをひとまわり (児童図書館・絵本の部屋)ぼくのせかいをひとまわり (児童図書館・絵本の部屋)
(2001/10)
マーガレット・ワイズ ブラウン

商品詳細を見る

ぼくにげちゃうよぼくにげちゃうよ
(1976/09)
マーガレット・ワイズ・ブラウン

商品詳細を見る

ぶんぶんむしとぞう―おおきいものとちいさいもの (世界傑作絵本シリーズ・アメリカの絵本)ぶんぶんむしとぞう―おおきいものとちいさいもの (世界傑作絵本シリーズ・アメリカの絵本)
(2009/06)
マーガレット・ワイズ ブラウン

商品詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【こねこのみつけたクリスマス】
【ちいさなもみのき】


あらすじФ(・♀・=)
緑の部屋ではどうやらウサギが眠ろうとしているようです。
部屋には絵の額が2つ
夜空のお月様を跳び越す牛の絵と三匹のクマの絵

他には猫が2匹に大きなドールハウス
うさぎのおばさん「静かにおしっ!」っと、眠ろうとしているわが子に言ったのかな?

おやすみ お部屋
おやすみ お月様
おやすみ 額の中の牛さん
みんな みんな おやすみ

だんだんと電気が暗くなり なんだか眠くなってきたよぉ~……


ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
すごい演出だなぁ。B単調な言葉のつながりで物が変わるけれど設定は同じなんです。部屋の一つずつの物に「おやすみ」と声をかけていくんですが、ん~なんだか目がショボショボしてきたぞ。そしてページをめくるたびに部屋がだんだん暗くなってくると欠伸が自然に出てきてホントに眠くなってしまいました。夜遊びして眠りたくない!! なんて言っているお子さんにはこの絵本ぴったりかもぉ(^エ^;)みんながミヅポンのように単純ならば…この絵本を読んだら(@ ̄ρ ̄@)zzzzだろうねっ


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/1170-16fc9937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。