スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


さる・るるる

さる・るるる
さる・るるる
(1980/01)
五味 太郎

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。




対象年齢:1歳くらいから~

著者の紹介☆
作:五味 太郎1945年東京に生まれ、桑原デザイン研究所ID科修了。工業デザイン・グラフィックから絵本の世界に入り350冊以上のユニークな絵本を生み出している。サンケイ児童出版文化賞・ボローニャ国際絵本原画展・路傍の石文学賞など多数受賞している。

♪その他の絵本を紹介
かくしたのだあれ (どうぶつあれあれえほん)かくしたのだあれ (どうぶつあれあれえほん)
(1977/01)
五味 太郎

商品詳細を見る

大人問題 (講談社文庫)大人問題 (講談社文庫)
(2001/05)
五味 太郎

商品詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【わにさんどきっ はいしゃさんどきっ】
【モーイイヨ】
【仔牛の春】
【うんちのはなし】
【きいろいのは ちょうちょ】
【ガシガシねずみくん】
【まどからのおくりもの】
【てんしさまがおりてくる】
【魔女からの手紙】
【きんぎょがにげた】
【ふゆはふわふわ】
【ふゆ】
【あきはいろいろ】


あらすじФ(・♀・=)
タタタタタ…誰かが来た
「さる・くる」(本文使用)

そしてさらに歩いていくと、サルの目の前に一本のりんごの木が
ジ~~~~~~~~~~~~~~~~~。
「さる・みる」(本文使用)

そして微妙な沈黙があっ後
トォッ!!!!!!!
「さる・ける」(本文使用)

木がグラグラ揺れて、木になっていたりんごが
ボト ボト ボト ゴト ゴト ゴト


ミヅポンの声(^♀^)/
なんと斬新な絵本なのでしょう。でもホントの絵本とは、こんな絵本のことを言うのかもしれないなぁ~と思いました。言葉が少なくても絵でわかる! これぞ絵本ですな。この絵本はいつもの五味さんの絵本よりも少々小さめ。手の大きさよりもちょっと大きいくらいかな。だから子どもの手にとっても見やすい大きさですよ。小さい子から楽しめるのでぜひ親子でさるの動きを楽しんでみてね。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/1146-0f49b7e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。