スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


みんなげんきで七五三

11.15.jpg


みんなげんきで七五三 / いもと ようこ、寺村 輝夫 他
著者の紹介☆
作:寺村 輝夫(てらむら てるお)…1928年に東京で生まれ、早稲田大学を卒業しました。文教女子短期大学保育科の教授で、毎日出版文化賞、国際アンデルセン国内賞、講談社出版文化賞絵本賞など数多くの賞を受賞しています。作品に『ぼくはおうさま』『おはなしりょうりきょうしつ』『おおきなちいさいぞう』など他多数の本を出版している。以前『おしゃべりなたまごやき』でも紹介をしているので、下(↓)をクリックして先に御覧ください。

Go!Go!!→『おしゃべりなたまごやき』に飛べぇ~(o^♀^)o



いもと ようこ…1944年に兵庫県に生まれ、金沢美術工芸大学卒業後、小学校の教員を経て絵本の仕事に入りました。彼女はボローニャ国際児童図書展エルバ賞を連続で受賞する程の実力のある作家さん。以前にも『いもほりよいしょ!』や『おおきなおおきな木』で紹介した事があるのでそちらから御覧ください。

Go!Go!!『いもほりよいしょ!』にワープ~(=♀=)

Go!Go!!『おおきなおおきな木』にワープ~(>♀<)

あらすじФ(・♀・=)
栗の木園の栗に実が沢山なったころ、みんな寒くなっても元気いっぱいです。しゃがんでたくさん落ちている栗を拾っていました。「あっ!」突然わんすけくんが声を出してズボンを押さえました。ズボンのボタンがはじけて飛んで行ってしまったのです。みんなで探すけれど、みんなの洋服も小さくてしゃがむのが大変です。みんな5歳になったから服が小さくなってしまったのです。そんな話をめえこ先生から聞いているとボタンの事を忘れてしまいました。その夜、忘れられたボタンは寂しくなり……。
ミヅポンの声(=^♀^=)/
11月15日は七五三の日だと言う事をみなさんは知っていましたか?私はもちろん……(汗)。七五三と言えば、私はとんでもない思い出があるのです。美容院で髪の毛のセットをしてもらうと、長い時間と化粧とで鼻血を出してしまい…化粧は最初から。そして食べ物大好きな私は、七五三が終わるとレストランでステーキを頼みました。そしたら…
帯がきつくて1口で終わり。七五三って大変なのね。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/112-15ad14a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。