スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


かえるをのんだととさん(日本の昔話)

かえるをのんだ ととさん(こどものとも絵本)
かえるをのんだ ととさん(こどものとも絵本)
(2008/01/25)
日野 十成

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
日野 十成(ひの かずなり)…1942年台湾に生まれ、岩手で育つ。新聞や雑誌の記者を経て子どもの本のフリーライターとして活躍。

斉藤 隆夫(さいとう たかお)…1952年埼玉県で生まれ、多数の挿絵を担当。

♪その他の絵本を紹介

ずいとんさん―日本の昔話(こどものとも絵本)ずいとんさん―日本の昔話(こどものとも絵本)
(2005/11/10)
日野 十成

商品詳細を見る

カガカガ―ふしぎなことがいっぱいのとおいむかしのものがたり (こどものとも世界昔ばなしの旅)カガカガ―ふしぎなことがいっぱいのとおいむかしのものがたり (こどものとも世界昔ばなしの旅)
(1997/11)
日野 十成

商品詳細を見る



☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【かえるの平家ものがたり】


あらすじФ(・♀・=)

昔々、とっても仲の良い夫婦がおったそうな。
夫婦はいつものとおり囲炉裏の前で話していると
トトさんが言ったそうな。
「かかさん、ワシは腹が痛くてたまらん。どうしたもんかな」
するとカカさんが言ったそうな。
「和尚様に聞いて見ると良いじゃろう」

そこでトトさんは、和尚さんのところで話を聞いた。
和尚さんはトトさんの話を聞いて
「こりゃ~腹に虫がいるんじゃ。蛙を飲んでみるとよかろう」

トトさん田んぼで蛙を1匹とっては、その蛙を
マルッと飲み込んでみた。
すると…腹の虫を蛙が食ったので腹痛は治まった。
ところが、この蛙の足がペタンペタンと胃の中を歩くので
気持ち悪くてどうしようもない。
トトさんはカカさんにまた話してみた。
すると…


ミヅポンの声(=^♀^=)ノ

おえぇ~~~~~~~~!!蛙を飲み込むだなんてぇ~(汗)和尚さんもいい加減なことを言ってはいけないのだぞ。このトトさん蛙を飲んで、やっぱり後味が悪いようで…またもやカカさんに相談をしてみた。日本昔話と言えば…の展開なんで、カカさんの言ったことはもうおわかりですよねぇ(笑)この絵本は、図書館でも人気があるようですよぉ。ぜひ読んでみてね。


この記事に対するコメント


v-4 なずなさんへ

こんばんは('-^*)/ なんつぅ~時間に返信してるんだか(汗)
この絵本の絵も独特ですよねぇ~v-433
ミヅポンはこの表紙…ずっと壺だと思っていたんですよぉ(;^ω^A
で、図書館で借りてよくみてみると人でビックリ!!
そんなこと思っていたのは私だけだと思いますが…
お話は、とっても人気があって楽しいですよぉ~~~~~v-344
ぜひぜひ読んでみて下さい。
&感想も楽しみにしていまぁ~すv-441

【2009/06/07 03:02】URL | 【なずなさんへ】 #z8Ev11P6[ 編集]


v-4 らぴ~♪さんへ

こんばんは('-^*)/またもや2度寝で宵っ張りのミヅポンです!!
いえいえ、こちらこそあちゃらをなかなか更新せず…(汗)
ごめんなしゃ~~~~い(;^ω^A

この絵本面白いですよねぇ。昔話で初めて知りました。
きっと小学校での読み聞かせでもみんなに楽しんでもらえると
思いますv-352
らぴ~♪さんの読み聞かせ、ミヅポンもきいてみたいなぁv-398
頑張ってねぇv-91

【2009/06/07 02:59】URL | 【らぴ~♪さんへ】 #z8Ev11P6[ 編集]


斎藤隆夫さんの絵って独特ですよね。
原画展で「まほうつかいのでし」を見たんだけど、
細かい描写が美しくて、ため息がでました。
この絵本、人気のようですね。読まねば!

【2009/06/05 09:48】URL | なずな #-[ 編集]


ミヅポンさん、すっかりゴブサタしていました。
ごめんね~(^^ゞ
お元気そうでなによりです。

この絵本だーいすきなんですよ、私。
5月から小学校での読み聞かせボランティアを始めたので
2月ごろに使ってみようかと思ってます(^m^)

【2009/06/05 02:38】URL | らぴ~♪ #4kczMfbM[ 編集]

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/1105-877d7ad4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。