スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


じてんしゃにのるアヒルくん

じてんしゃにのるアヒルくん (児童図書館・絵本の部屋)
じてんしゃにのるアヒルくん (児童図書館・絵本の部屋)
(2006/06)
デイビッド シャノン

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:デイビッド・シャノン(David Shannon)…アメリカの絵本作家。ワシントン州のスポーケンで育ち、イラストレーターとしてニューヨークタイムズやタイムなどで活躍しています。カルデコット・オナー賞を受賞した「だめよ、デイビッド!」のほか数々の絵本を生み出している。

訳:小川 仁央

♪その他の絵本を紹介
こうしてぼくは海賊になった (児童図書館・絵本の部屋)こうしてぼくは海賊になった (児童図書館・絵本の部屋)
(2006/08)
メリンダ ロング

商品詳細を見る
クリスマスの大そうどう (児童図書館・絵本の部屋)クリスマスの大そうどう (児童図書館・絵本の部屋)
(2007/11)
デイビッド シャノン

商品詳細を見る



☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【デイビットがっこうへいく】
【だめよデイビット】
【あめふりのおおさわぎ】

あらすじФ(・♀・=)
ある日のアヒルくんは、とんでもないことを思いついた。
男の子がとめておいた自転車に、「よっこらしょ」と乗り込みこぎだした。

アヒルくんが雌牛の横を通り過ぎて声をかけた。
雌牛はもちろん驚くよねぇ~。
「自転車に乗るアヒルなんで見たことない」
(そりゃ、そうだ)

チャリチャリっと進むと…
羊のわきを自転車にのったアヒルが通りかかり声をかけた
まぁ~もちろん羊は目を見開いてアヒルをみるわね。
「気をつけて けがするわよ!」

調子に乗って自転車をこいでいると
横に犬がならんだ。
犬はアヒルに声をかけると…

ミヅポンの声(^♀^)/
ホントにアヒルが自転車に乗っていたらミヅポンだってビックリして他の動物と同じ顔になっていると思うなぁ。でも、だれもが思うこの気持…それは読んでからのお楽しみなんだけど。もし、自分が動物で自転車に乗っているアヒルをみたら同じ行動に出るだろうねぇ~。いっつもデイビッド・シャノンさんの絵本を読むと思うこと。それは、うんうん! その気持わかるよ!! ってことなんだよねぇ~。興味を引く絵本、すばらしい響きだわv(^♀^)v


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/1041-d92c8fbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。