スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゆきぐにれっしゃだいさくせん

ゆきぐにれっしゃだいさくせん (のりものえほん)
ゆきぐにれっしゃだいさくせん (のりものえほん)
(2008/12)
横溝 英一

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:5歳くらいから~

著者の紹介☆
作:よこみぞ えいいち(横溝 英一)…1930年神奈川県に生まれ、武蔵野美術短期大学を卒業。

♪その他の絵本を紹介
パワーショベルのブルくん (PHPのりものえほん)パワーショベルのブルくん (PHPのりものえほん)
(1999/02)
横溝 英一

商品詳細を見る

しんかんせんのぞみ700だいさくせん (のりものえほん)しんかんせんのぞみ700だいさくせん (のりものえほん)
(2001/05)
横溝 英一

商品詳細を見る

はしるはしるとっきゅうれっしゃ (かがくのとも傑作集)はしるはしるとっきゅうれっしゃ (かがくのとも傑作集)
(2002/11)
横溝 英一

商品詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
4年生の僕と2年生の弟がお父さんと犬の散歩をしていると
雪を乗せた列車を踏切のところで見たよ。
「この雪はどっから来ているのかな? 見に行きたいね」
そんな言葉に、お父さんが「二人で計画して行ってみたらどうだい?」と提案した。

僕たちは時刻表と地図をみて計画をすることに…
場所は新潟県の越後湯沢

さっそく緑の窓口で、お年玉を全部もって切符を買ったよ。
さぁ~日曜日の朝、僕たちは家の近くの駅から
高崎行きの211系快速電車にのって出発だぁ!!

ミヅポンの声(^♀^)/
電車が大好きなお子さんにはぴったりの絵本でしょうねぇ。甥っ子に読んであげようとおもっていたんですが、ちょっと文字量が多いのと3歳には難しいので話の流れを変えずに文を短くして読んでみました。すると、やっぱり電車が大好きなので絵と電車の名前を見て早速覚えていましたよ。ミヅポンは電車のことがわからないので??なるほどねぇ~(;^ω^Aって感じでしたが。この絵本を読んで私も妹と二人で同じ年頃に福島まで電車に乗って遊びに行っていたことを思い出しました。ワクワク・ドキドキ・ハラハラで田舎のおじさんが駅のホームで待っていてくれる笑顔を見ると、本当にホッとしていたことを思い出します。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/1029-8d65c656
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。