スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


うしとトッケビ

うしとトッケビ (韓国の絵本10選)
うしとトッケビ (韓国の絵本10選)
(2004/03)
イ サンハン ビョンホ

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介☆
作:イ・サン…1910年ソウルに生まれ、詩・小説などのジャンルで活躍している作家さんです。1937年27歳の若さで亡くなった。この絵本はイ・サンが子供のために初めて書いた童話です。

絵:ハン・ビョンホ(Han Byong Ho)…チュゲ芸術大学美術学部東洋画科を卒業しました。子どもの本の制作に携わり、ユーモアのある絵本で楽しませている。

訳:おおたけ きよみ…1969年埼玉に生まれ白百合女子大学大学院修士課程を修了。その後韓国に渡韓し、韓国児童文学学会新人賞を受賞。

♪その他の絵本を紹介
パパといっしょに (韓国の絵本10選)パパといっしょに (韓国の絵本10選)
(2004/09)
イ サンクォンハン ビョンホ

商品詳細を見る

さびしがりやのトッケビさびしがりやのトッケビ
(2006/08/10)
ハン・ビョンホ

商品詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
<ハン・ビョンホの絵本>
【トッケビのこんぼう】

あらすじФ(・♀・=)
ある山里にトルセと言う薪売りと若いが力もちの牛がいました。
冬の日いつものように薪を売りに出かけると、帰りは吹雪になり
早く家に帰ろうとトルセと牛は家路を急ぎました。

すると…
くらい森を歩いていた時のこと、どこからともなくか細い声が。
「おじさん、助けてください」
その声は、「やまおきあがりこぶし」
またの名を「トッケビ」と言います。
でも何でトッケビがこんなところにいるのでしょう? トルセがわけを聞きました。

じつは仲間と村に遊びに来ていたんです
そして、家に帰ろうとした時に犬にかまれて尻尾を失いました。
尻尾がなくては魔術で帰ることもできません。

どうかお願いです。尻尾が生えるまで……

ミヅポンの声(^♀^)/
トッケビとは韓国では「魔物」日本では「天狗」とか「鬼」のような存在です。どでも怖そうな感じの生き物のように聞こえますが、このトッケビはとっても弱そうで今にも死んでしまいそうです。やさしいトルセはこのトッケビの子を助けることができるのでしょうか? さてこの絵本、イ・サンが子どものために初めて書いた絵本とされていますが、日本で豊島与志雄の「天下の馬」の翻案であるとされています。その昔、韓国のたくさんの文化は日本に流れてきていましたが、その後に韓国の留学生が日本で学んでいたのも確かです。どれがホントのことかはわかりませんが、韓国と日本は近いですからねぇ~。とにかく楽しいお話がたくさんの国に伝わるのは良いことですなぁ~と、円くおさめてみました(^_^;)


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/1022-4a67bcae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。