スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あるきだした ゆきだるま

あるきだしたゆきだるま
あるきだしたゆきだるま
(1984/01)
ミラ=ローベ

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:4歳位から~

著者の紹介☆
作:ミラ・ローベ(Mira Lobe)…1913年ドイツに生まれ、女学校を卒業するとウィーンで児童文学の創作を始めました。童話「りんごの木の上のおばさん」でオーストリア児童文学国家賞、ウィーン市児童図書賞を受賞。

絵:ヴィンフリート・オプゲノールト(Verlag Heinrich)…1939年ドイツで生まれ、印刷所のある美術学校でグラフィックアートを学ぶ。デザインの仕事やカードの挿絵・教科書の挿絵や絵本の制作をしています。

訳:ささき たづこ…香川県に生まれ、早稲田大学東洋史学科を卒業しました。そのあとドイツに滞在しミューヘンでドイツ語を学ぶ。その後、ドイツの児童文学の研究や翻訳をしています。

♪その他の絵本を紹介
クルリンクルリン
(1999/10)
ミラ ローベ

商品詳細を見る

なまけものの王さまとかしこい王女のお話なまけものの王さまとかしこい王女のお話
(2001/06)
ミラ ローベ

商品詳細を見る

CD絵本 ティーナとリコーダー (CD絵本)CD絵本 ティーナとリコーダー (CD絵本)
(2007/12/15)
マルコ シムサヴィンフリート オプゲノールト

商品詳細を見る



あらすじФ(・♀・=)
リーザの家の庭では、古い帽子をかぶりニンジンの鼻をつけた
大きな雪だるまが作られていました。
どの家にも雪の日には作られているような平凡な雪だるま

リーザの家の中では、みんな温かい部屋でお茶を楽しんでいます。
窓の外を見たリーザは思いました。
「雪だるまさんかわいそう。熱いお茶を飲ませてあげるわね」
リーザは、お茶の入ったカップを持って雪だるまのところへ

そして、ゴクリ ゴクリと雪だるまに飲ませました。
すると…

ミヅポンの声(^♀^)/
雪だるまは外の方が良いのか? それとも温かいお部屋で一緒にお茶を楽しみたいのかな? リーザはとっても寒い外で一人ぼっちの雪だるま…って思ってしまったのね。やさしいリーザはお茶を雪だるまに飲ませました。すると不思議なことが起こったんです!!お茶を飲むと皆さんどうなりますか(*^_^*)読んでみてね。う~寒い!! ミヅポンもお茶をのもうと。これで心も体も○ッカ ポッ○♪♪


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/1019-c608b964
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。