スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ぽとんぽとんはなんのおと

ぽとんぽとんはなんのおと (こどものとも傑作集 (71))
ぽとんぽとんはなんのおと (こどものとも傑作集 (71))
(1985/01)
神沢 利子平山 英三

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介☆
作:神沢 利子(かんざわ としこ)…1924年福岡県に生まれ、文化学院文学部を卒業しました。

絵:平山 英三(ひらやま えいぞう)…1933年愛知県に生まれ、東京芸術大学美術学部を卒業。その後、絵本の挿絵を描いています。

♪その他の絵本を紹介
くまの子ウーフ (続) (ポプラ社文庫 (A186))くまの子ウーフ (続) (ポプラ社文庫 (A186))
(1986/03)
神沢 利子井上洋介

商品詳細を見る

おはなしバスケット (神沢利子コレクション)おはなしバスケット (神沢利子コレクション)
(2006/01)
神沢 利子

商品詳細を見る

おにぎり (幼児絵本シリーズ)おにぎり (幼児絵本シリーズ)
(1992/09)
平山 英三平山 和子

商品詳細を見る

落ち葉落ち葉
(2005/09)
平山 和子平山 英三

商品詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【わたしのおうち】
【たまごのあかちゃん】
【あかいくつ】


あらすじФ(・♀・=)
野原は一面白い雪で覆われました。
し~~~~~んと静まりかえった野原。
お母さん熊と2匹の小熊は、冬ごもりで穴の中です。

「お母さん、カ~ン カ~ンって音がするよ、何の音?」
小熊が音に気づいてお母さんに尋ねました。
「きこりが木を切る音よ。でもここまでは来ないからゆっくりおやすみ」
と、優しく言うとまた眠りました。

またある日のこと
「ホッホ~ ホッホ~ って音がするよ、何の音?」
と、小熊はお母さんに尋ねました。
「この声はフクロウの声なの、夜眠らずに餌を探しているのよ。
さぁ~朝までおやすみ」と、母さん熊は小熊を抱きよせ眠りました。

またある日…

ミヅポンの声(^♀^)/
冬に外に出ずに穴の中で春を待つ熊の親子。初めての冬に小熊は、色々な音が気になります。そしてお母さんに何の音? と、聞くと…お母さん熊はやさしく答えてくれますよ。春の暖かい陽を待つ親子の熊、静かな冬と暖かな熊の親子。やさしい絵本をぜひ読んでみてね。春が来るのが楽しみね。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://theearth.blog82.fc2.com/tb.php/1016-d486a672
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。