スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


絵本の応募(*^ー^)=3

2007.6.30.jpg



2007年6月30日締め切りの
山田養蜂場「子どものための童話と絵本のコンテスト」に
今回も応募する事ができましたぁ!!

結果は、遠~い先の話ですが応援してやってくださると
うれしいです。

今回は、ハチのお話の中に鬼が登場です!!
いったいどんなお話になっているのかしらねぇ?!
結果が出るまでは、ブログに載せられないのが残念です。

さぁ~ひと休憩…とも行かず(;´▽`A
次から次へと、絵本公募のラッシュになります。
張り切って、ドンドン絵本を描いて応募したいと思います♪
かわいい絵本の子どもたちが、みなさんの所に届く日が
楽しみですo(〃^▽^〃)o


スポンサーサイト
スポンサーサイト

ピーターのてがみ

A Letter to Amy (Picture Puffin)
A Letter to Amy (Picture Puffin)
Ezra Jack Keats (1998/08)
Puffin

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

※こちらは海外版になります。日本語版は下をクリック

ピーターのてがみ ピーターのてがみ
エズラ=ジャック=キーツ、きじま はじめ 他 (1974/01)
偕成社

この商品の詳細を見る




対象年齢:5歳くらいから~
著者の紹介☆
作:エズラ・ジャック・キーツ
訳:きじま はじめ(木島 始)


♪その他の絵本を紹介
ピーターのいす ピーターのいす
エズラ=ジャック=キーツ、木島 始 他 (1977/12)
偕成社
この商品の詳細を見る

ピーターのくちぶえ ピーターのくちぶえ
エズラ=ジャック=キーツ、きじま はじめ 他 (1974/02)
偕成社
この商品の詳細を見る

ピーターのめがね ピーターのめがね
キーツ、きじま はじめ 他 (1975/01)
偕成社
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
ビーターはお誕生日会にエイミーを呼びたくて手紙をかいていた。
お母さんに、口で言えばって言われたけれど
この手紙は特別なんだ!!

手紙が完成して封筒に入れて
さぁ~ポストに出しに行こう…
「なんて書いたの?」って聞かれたから
ーどうか僕のお誕生日に来てくれませんか?ー
あららA(^♀^;)いつやるのかを書かないと…
封筒の裏に
ー今度の土曜日 2時ですー
よ~し!お母さんにレインコートを来て出掛けなさいって
言われて、ビーターは黄色いコートを着てでかけた。
おまけに犬のウィリーも一緒にでかけた。

ピーターは色々な事を考えながら歩いていたんだ。
そこへ強い風が吹いて…手紙はビュ~ンっと飛んで行った。
あっちにヒラヒラこっちにヒラヒラ
ピーターが手を伸ばしても手紙はヒラヒラ ヒラヒラ取れないよ……

ミヅポンの声(^♀^)/
こちらの絵本を雨の日の絵本で紹介をしようかと思っていたのですが、誕生日絵本でしたねA(^♀^;)でも、雨が降って来たから雨の絵本って事もあるんですけど。さてさて、ビーターの絵本はこの絵本で4作目になるそうです。むか~し1冊読んだ事があるのですが、ブログで紹介するのは初めてになります。今後もビーターの他のシリーズを紹介していきますので、お楽しみに。ピーターシリーズは、気持ちが文章で伝えるのではなく絵で伝わる絵本だと思います。ぜひ想像を豊かにして読んでみてくださいね。


あめのひのピグレット

あめのひのピグレット
あめのひのピグレット
みはら いずみ (2003/09)
フレーベル館

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:4歳くらいから~

100エーカーの森
Disney
役:みはら いずみ


あらすじФ(・♀・=)
数日間降っている雨は、100エーカーの森を水浸しにしました。
水に囲まれて外に出られません。
家でピグレットはとっても心配になり
手紙を瓶に入れて流してみようと思いました。
えぇ~っと…
「たすけて ピグリット(ピグリットだって?!)」
それから裏にも書き込んで
瓶にしまうと、雨の川に流しました。

さてさて…その頃プーさんは??

ミヅポンの声(^♀^)/
プーさんシリーズは、DVDでも見ちゃう程好きです。最初は友達の子どもが真剣に見ていて…一緒に見ているうちにハマってしまったわけですA(^♀^;)自分たちの個性がひかる仲間と楽しく過ごしている様子が、とってもステキに見えますが、この絵本でもそんな自分らしさがあってちょっと笑ってしまったけど…雨の日のピグレットの家に迎えが来る事を願います。


お父さんのかさはこの子です

お父さんのかさはこの子です お父さんのかさはこの子です
山下 明生、岩村 和朗 他 (1984/01)
ひくまの出版

この商品の詳細を見る

※Amazonさんで画像が確認できませんでした。画像は絵本ナビさんのショップでご覧下さい

絵本ナビ【お父さんの傘はこの子です】にワ~プ(*^ー^)ノ

対象年齢:小学校低学年くらいから~

著者の紹介☆
作:山下 明生(やました あきお)

絵:岩村 和朗(いわむら かずお)…1939年東京に生まれ、東京芸術大学美術学部工芸科を卒業しました。その後パッケージデザインやテレビアニメーションの仕事を経て絵本の世界に入ってきました。栃木県の益子に住んでいて、自然の中で見たままの姿をやわらかいタッチで表現されています。

当ブログでもおなじみの、いわむらかずおさんの絵本です。以前に紹介をした絵本も見てね♪
下をクリックしてワープ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
『カルちゃんエルくん ねむいねむい』
『ゆきのひはあついあつい』
『ねずみのさかなつり』
『14ひきのあきまつり』
『14ひきのやまいも』
『のはらのひなまつり』

あらすじФ(・♀・=)
ザァ~っと雨が振り出しました。
団地のみんなは洗濯物をしまったり、家路に戻ったりと大忙し
ワタルは、宿題の絵日記をつけていました。
お母さんは疲れが出たのか、横になっています。
「大変!お父さんお昼に帰ってくるのに 雨が降っているわ」と言うと
ワタルが「僕が行くよ」って言いました。
自分の傘をさして、お父さんの傘を手に持ちバス停に向かいました。

ワタルは、バス停にある屋根のついたベンチに腰をかけ帰りを待ちました。
雨はだんだん強くなり
1台のバスが、ワタルの前でとまると…ゾロゾロお客さんが降りてきます。
ワタルが一生懸命お父さんを探していると、人の顔が動物に見えてきました。
けれどお父さんの姿はありません。

ウサギの親子がワタルのいる屋根の中に入ってきて
「すみません。電話をかけてきたいので、傘をかしてもらえませんか?」とお父さんウサギが言いました。
ワタルがお父さんの傘をかすと、ウサギのお父さんは走っていきました。
ベンチには、ウサギの女の子とワタルの二人っきり。
しだいに雨は強くなり、雨粒が1本の線になると…まるで動物園のおりの中にいるようで
心細くなりました。
突然バイクが止まり、黒いものが中へ入ってきました。
ヘルメットを取ると、その下から怖そうなオオカミの顔があらわれました。
二人はぎょっとして………

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
ど~して雨って怖さをますのでしょうねぇ。まったく晴れの日には同じ場所にいたって平気なのに…雨が降ったりすると、とても不安になるものです。あぁ~怖い(((( ;≧♀≦))))そりゃ~ワタルのように、人間の顔も動物に見えてくるよねぇ。かわいい動物ならばまだしも、岩村さんの絵に怖さを感じてしまう私です。いつものかわいいネズミさんの絵本とは違った印象を与える絵本です。ぜひ読み比べてみてね!!


おつかい

おつかい
おつかい
さとう わきこ (1993/05)
福音館書店

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:2歳くらいから~
著者の紹介☆
作:さとう わきこ…東京で生まれ、デザインの仕事などで音楽教室のパンフレットなどを手がけていました。子供のイラストレーションに興味を持ち、『とりかえっこ』(絵本)では第一回絵本にっぽん賞を受賞しました。その他、やさしい色合いで多数の絵本を描いています。

♪その他の絵本を紹介
よくばりすぎたねこ よくばりすぎたねこ
さとう わきこ (2005/02)
メイト
この商品の詳細を見る

くいねこのたまご くいねこのたまご
さとう わきこ (1987/06)
小学館
この商品の詳細を見る

またよくばりすぎたねこ またよくばりすぎたねこ
さとう わきこ (1983/01)
PHP研究所
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
あぁ~あ今日は雨か…
なんて猫と女の子は窓辺で外を見ながら思っていました。

そんな時、ママが「おつかいに行ってちょうだい」なんて……
雨が降ってるんだもん イヤよ…
ほら 外の犬は葉っぱを傘に大慌てじゃない

「それなら傘をさせばいいでしょ」ママがそう言って、猫に運ばせるけど…
傘をさしたって 足がぬれちゃうでしょ イヤよぉ~
ほら 外の三輪車もバケツもびしょ濡れじゃない

「じゃ~長靴を履いたら!」ってママが言って、猫が私の長靴を持ってきたけど…
傘をさして長靴履いても…服がぬれちゃうのよね。
ほら カエルも犬も葉っぱの傘をさしているけど体は濡れているでしょ。

「レインコート着なさいよ」ママの声で、急いで猫が黄色いカッパを持ってきたけど
こ~んなに風が強いと 髪の毛がくしゃくしゃになるから イヤよ!!
ほら 外の犬もカエルも三輪車も ビュ~ンって飛んでいってしまったじゃない。

ママも譲らないけど、私だって行きたくないのよぉ~。
でもママったら 私が髪の毛くちゃくちゃになるって言ったら………

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
ばばばあちゃんで有名な絵本ですが、この絵本はとっても面白かったです。ママも頑張る!女の子も頑張る!!それにつられてエキストラの猫・(ネズミ)・犬・カエルも物語の中で頑張っています。そのうちママの大きな雷が落ちなきゃいいけどねぇ(((( ;≧♀≦))))それが一番怖い!!このユーモアあふれる絵本をぜひとも読んでみて下さいね。きっと笑っちゃうだろうなぁ。ちなみに私はここに出てくる猫の顔がとっても好きです♪♪


えっちゃんのながぐつ

えっちゃんのながぐつ えっちゃんのながぐつ
野村 ユキ、峰村 亮而 他 (1982/05)
ひさかたチャイルド

この商品の詳細を見る


対象年齢:4歳くらいから~
著者の紹介☆
作:野村 ユキ(のむら ゆき)…秋田県に生まれ、千葉県保育専門学院を卒業。保育園に勤務し、専門学院の講師も勤めています。
絵:峰村 亮而(みねむら りょうじ)…1936年長野県に生まれる。子ども向けの出版物などの挿絵を多く手がけています。

あらすじФ(・♀・=)
今日は朝から雨。
えっちゃんは、雨が降って大喜びなんです。
それはね…
大好きな長靴が履けるからなんです。

その大好きな長靴ってのはね
大好きな黄色にニコニコ顔のウサギの絵が描いてあるの。

園に着くと下駄箱にしまって
みんなで歌を歌ったよ。
そしたら、いつの間にか雨もやんだみたい

みんな元気にお外に出ると
お砂場で、知らない子が遊んでいるよ。
ザワザワ ザワザワ みんなこの子に出て行ってもらいたいみたい。
えっちゃんも「早くどいて!!私たちが遊ぶのよ」っと言いました。

知らない男の子は、みんなに向かって砂をかけると
わ~っとみんなが逃げ出しました。
えっちゃんも、慌てて長靴を脱いで園の中へ。
先生にくっついて後ろを見ると、もう男の子はいませんでした。

帰りの時間……
何だか へん!!
えっちゃんの長靴が 何だか へんなんです。
それは……

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
雨の日にえっちゃんも大喜びするタイプでしたか。私も自分の好きな青色の傘が気に入って雨が大好きでした。買った時には、雨が降らないかなぁ~っと思っていたけれど、そんな事を考えている時には雨って降らないのよね(^エ^;)えっちゃんも大好きなウサギさんがついた長靴だったのに、なぜか帰りの時間にはちょっと違うのよね。どこが違うって…これは違うよぉ。さ~って誰のなのかしら??そして、えっちゃんの長靴はどこに行ってしまったのかしらねぇ?誰か知りませんか??


あめふり

あめふり(英語版)
あめふり(英語版)
さとう わきこ (2004/05)
チャールズイータトル出版

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

※こちら(上記)の絵本は英語版になります。下は日本語版になります。
あめふり?ばばばあちゃんのおはなし    こどものとも傑作集 あめふり?ばばばあちゃんのおはなし こどものとも傑作集
さとう わきこ (1987/09)
福音館書店

この商品の詳細を見る


対象年齢:3歳くらいから~
著者の紹介☆
作:さとう わきこ…東京で生まれ、デザインの仕事などで音楽教室のパンフレットなどを手がけていました。子供のイラストレーションに興味を持ち、『とりかえっこ』(絵本)では第一回絵本にっぽん賞を受賞しました。その他、やさしい色合いで多数の絵本を描いています。

このシリーズは以前も紹介しました。そちらもご覧下さい
【あひるのたまご】

【とりかえっこ】もお見逃しなくo(〃^▽^〃)o

♪その他の絵本を紹介
ばばばあちゃんのアイス・パーティー ばばばあちゃんのアイス・パーティー
さとう わきこ (1998/05)
福音館書店
この商品の詳細を見る

ばばばあちゃんのおもちつき ばばばあちゃんのおもちつき
さとう わきこ、佐々木 志乃 他 (1998/09)
福音館書店
この商品の詳細を見る

ばばばあちゃんのマフラー ばばばあちゃんのマフラー
さとう わきこ (1997/10)
福音館書店
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
今日も雨、昨日も雨…
「いつになったらやむのかな?」仔猫と仔犬が言いました。
ばばばあちゃんも外で遊びたくてウズウズしています。

そして窓の外を眺めながら言いました。
「ちょいっと 雨ふらしさん!!少しは休んでくれないかい」
すると…
やむどころか、さっきよりも強く雨が降りだしました。
更に腹を立てた、ばばばあちゃん
プンプンしながら言うと

「や~なこった!!」と雲の中から声がして、
バケツの水をひっくりかえしたくらいすごい水が降ってきた。

おっと!ばばばあちゃんこんなことでヘコタレません。
「見ておいでぇ!!」
ぱぱぱあちゃんは、急いでストーブに薪をくべて大忙し。
今度は、暖炉に薪の他にいらないものをドンドン燃やしています。
煙はモクモク モクモク
雨はザァ~ザァ~
ばばばあちゃんがストーブに●●●と●●●を入れちゃいました。
さて、雨ふらしとばばばあちゃんの対決はどっちに????

ミヅポンの声(*^ー^)ノ
以前もこのシリーズを読んだことがあるのですが、とっても面白い元気なばばばあちゃんですね。仔犬と仔猫にはたのもしいばあちゃんがいるから、いっつも安心だね。さてさて梅雨の時期に喜んでいるのは、カエルとカタツムリと…空の上のあの人ですね。こんなにザァ~っと雨を降らせたら、地上は大きな水溜りになっちゃうよぉ~(^エ^;)いつもの元気と知恵袋で雨ふらしに勝ってね
ヽ(*^ω^)人(^ω^*)ノ♪♪ファイト


にじをつくったのだあれ?

にじをつくったのだあれ?
にじをつくったのだあれ?
ベティ・アン シュワルツ、鈴木 ユリイカ 他 (2002/10)
世界文化社

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:3歳くらいから~
著者の紹介☆
作:ベティ・アン・シュワルツ(Ann Schwartz)
絵:ドナ・ターナー(Dona Turner)
文:鈴木ユリイカ

あらすじ☆
大きな赤い花の下で、ウサギの親子が楽しそうに雨やどり。
雨がやんだら、お空に虹が出たよ。
「ねぇ~お母さん。虹を作ったのはだ~れ?」子ウサギが聞くと
「さあ?誰かしらね??お友達に聞いてごらん」とママウサギがいいました。

子ウサギは早速、お友達のてんとうむしさんに聞きました。
「虹を作ったのは、だ~れ?」
「それはね 赤い僕のコートだよ。それに赤いイチゴでしょ。赤いリンゴの赤なんだよ。」
そうか!!虹の赤は、みんなの赤だったのね。

次にうさぎは、きつねさんに会いました。
「きつねさん 虹を作ったのは だ~れ?」
「それはね オレンジ色の僕のしっぽ。オレンジのオレンジ色でオレンジ色が作ったんだよ」
お空の虹には赤とオレンジがキレイに光っています。

今度は、ヒヨコくんに会いました。
「ねぇ~ヒヨコくん 虹を作ったのは だ~れ?」
「それはね………」

ミヅポンの声(^♀^)/
ちょっとしたしかけ絵本になっていますよ。さ~てどこが仕掛け絵本になっているかは…内緒です!!ぜひ絵本を読んで楽しんでね(^エ^)♪♪ねぇ~ねぇ~ダブルで虹を見た事がありますか?私はあるんですv(^♀^)vこれは珍しくないのかな??でも、とってもきれいで感動しちゃったんだよね。みんなはどんな素敵な虹を見た事がありますか??


太陽とかわず

太陽とかわず
太陽とかわず
小川 未明、こしだ ミカ 他 (2006/11)
架空社

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:小学校中学年くらいから~
著者の紹介☆
作:小川 未明(おがわ みめい)…1882ー1961 上越市に生まれる。美しく悲しい物語を多く生み出し、今も多くの人に愛されています。
♪その他の絵本を紹介
赤い蝋燭と人魚 赤い蝋燭と人魚
小川 未明、酒井 駒子 他 (2002/01)
偕成社
この商品の詳細を見る

小川未明童話集―心に残るロングセラー名作10話 小川未明童話集―心に残るロングセラー名作10話
小川 未明 (2004/02)
世界文化社
この商品の詳細を見る

電信柱と妙な男 電信柱と妙な男
小川 未明、石井 聖岳 他 (2004/07)
架空社
この商品の詳細を見る


絵:こしだ みか…1962年大阪市に生まれる。生き物をユーモラスあふれる画風で描き上げて立体造形などの創作活動にも力を入れています。

♪その他の絵本を紹介
アリのさんぽ アリのさんぽ
こしだ ミカ (2005/01)
架空社
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
池の中に大きな水草がありました。
水草は冬の長い間、水が氷っていたので枯れそうに弱っていました。

やがて、長い冬は終わり…大きな太陽が氷を温めました。
水草はなつかしい暖かさに触れ、涙ぐんで太陽に話しかけました。
「お日様。私は寒さで死にそうでした。どうか私を見捨てないで下さい。
そして、私に暖かい光をお恵みくださいませ。」

そして水草は続けて言いました。
「お日様。私は池の中に住んでいるカエルとは気が合いません。
カエルは私よりも強いし、雨が降るように言います。
私は雨が降ると死にそうになるので困っているのです。」
太陽は水草の話を聞き入れました。

ある日、太陽がぽかぽかと照り始めると、カエルは体をかわかしました。
「私は、大空を東から西に自由に歩いている。空では大王とも呼ばれている。
お前は、その池を自由に泳ぎ回っている。つまりお前は池の王様ってわけだ。
私が、全てのものにやさしくするように、お前も池の者に親切にしなくてはならない。」
そう言って太陽は西の空に歩いて行きました。

カエルは考えました。
「オレ様はこの池の王様かぁ~。みんなに優しくしなければならないなぁ~。」
カエルはいい気分になって、それから………

ミヅポンの声(^♀^)/
「井の中の蛙」って言葉は、このお話から来ているのね。この話は、言葉が親しみ深くないので頭に入るまで2度読んでしまいました。馬鹿な私だわねA(^♀^;)でも、ジックリ読んで頭に入ったら楽しかったです。太陽様はやっぱりすごいね。さすが大空の大王だけあるよ~。なんと言っても、このわがままとんまの(本文にあったのよ)カエルをすぐに手なずけてしまうんだから。私も誉めてのばす方法を取る事にしよぉ~!!決めたぞ!!!!


かえるだんなのけっこんしき

かえるだんなのけっこんしき
かえるだんなのけっこんしき
ジョン ラングスタッフ、フョードル ロジャンコフスキー 他 (2001/03)
光村教育図書

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



1956年コルデコット賞受賞作品

対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
再話:ジョン・ラングスタッフ(John Langstaff)…1920年アメリカ・ニューヨークに生まれ、文学/音楽のある家庭で育ちバリトン歌手として活躍をしました。またイギリス民話に興味をしめし、伝統音楽の研究を始めました。その後TVの音楽プロデューサーを務めました。

絵:フョールド・ロジャンコフスキー(Feodor Rojankovsky)…1891年ロシア・ミタワに生まれる。モスクワ美術アカデミーで学ぶ。青年期に陸軍に役し、その後パリで挿絵の仕事を始めま
した。
訳:さくま ゆみこ

♪その他の絵本を紹介
おおきなのはら おおきなのはら
ジョン ラングスタッフ、フョードル ロジャンコフスキー 他 (2000/02)
光村教育図書
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
スコットランドの民話で代々語り継がれて、少しずつ加えたり変えたりしておなはし歌を伝えてきました。

カエルの腰には、ピストルと刀をさして馬に乗りました。
歌:かえるだんなが おでかけだ かたなとピストルいさましく
歌:かあえるだんなが うまにのる 黒いブーツをひからせて

カエルの旦那は馬にまたがり、木に住むねずみに声をかけました。
歌:カエル旦那は ネズミの家へ優しい声で呼びかける
歌:「ねずみのおじょうさん おいでかな?」
歌:「はい!おりますよぉ~カエルさん糸を紡いでいるところ」

カエルの旦那が家の中にはいると
歌:カエルの旦那が言うのには「かわいいおじょうさん、私と結婚してください」
歌:するとねずみが言うのには「聞いてみなきゃ!おじさんに…さもなきゃ お返事できません」

ネズミさんの家のドアが開いて、オジさんが帰ってきました。
歌:やがて戻ったくまねずみおじさん「留守の間に誰が来た?」
歌:「ステキにおしゃれなカエルさん 私と結婚したいですって!」
………

ミヅポンの声(^♀^)/
最後のページに歌の楽譜がついているよ。リズムにのせて歌をうたってね。このお話はいろいろな所で広がり語り継がれているそうです。その中でも最後のページに載せた楽譜は最も歌いやすい歌だそうです。でもなぁ~日本語の歌詞が楽譜に載ってないからリズムが合うのか不安ですA(^♀^;)楽譜の読める人…調べてみてちょ!!


カルちゃんエルくん ねむいねむい

カルちゃんエルくんねむいねむい
カルちゃんエルくんねむいねむい
いわむら かずお (1996/04)
ひさかたチャイルド

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:2歳くらいから~
著者の紹介☆
いわむら かずお…1939年東京に生まれ、東京芸術大学美術学部工芸科を卒業しました。その後パッケージデザインやテレビアニメーションの仕事を経て絵本の世界に入ってきました。栃木県の益子に住んでいて、自然の中で見たままの姿をやわらかいタッチで表現されています。

当ブログでもおなじみの、いわむらかずおさんの絵本です。以前に紹介をした絵本も見てね♪
下をクリックしてワープ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
『ゆきのひはあついあつい』
『ねずみのさかなつり』
『14ひきのあきまつり』
『14ひきのやまいも』
『のはらのひなまつり』

♪その他の絵本を紹介カルちゃんエルくんシリーズの紹介ですよん!
カルちゃんエルくんたかいたかい カルちゃんエルくんたかいたかい
いわむら かずお (2002/08)
ひさかたチャイルド
この商品の詳細を見る

カルちゃんエルくん いいないいな カルちゃんエルくん いいないいな
いわむら かずお (1998/10)
ひさかたチャイルド
この商品の詳細を見る

カルちゃんエルくん あついあつい カルちゃんエルくん あついあつい
いわむら かずお (1999/07)
ひさかたチャイルド
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
カルちゃんが「もう春だよ!」と言って外を見ました。
でも…エル君は??
眠い 眠い
カルちゃんがエル君を起こすけど…眠い眠い
エル君は起きません。

カルちゃんがエル君を外に連れ出して、まぶしいお日さまの光を浴びました。
でも、エル君は眠ったまま。

「ねぇ~ねぇ~エル君春の花が咲いているよ」
カルちゃんが一生懸命言っているのに、エル君は眠い眠い…

葉っぱについた水滴を、エル君に落とすけど…
エル君全く起きる様子がないよ。

一生懸命カルちゃんが、エル君を起こそうとあの手この手で大変なのに
エル君は起きてくれません。森にはた~くさんの春がやってきているのに。
どうする??
カルちゃんがエル君に春を木の上で教えていると……突然……!!

ミヅポンの声(^♀^)/
エル君ったら、と~っても熟睡しているのね。こんなに楽しい春が来たのに…ねぼすけさんですねv(^♀^)vこのまま気付かないと次の冬が来ちゃいますよ。さてさて、いわむらかずおさんの作品は、こちらのブログでも何度も紹介をしていますが、どの作品を見ても自然をテーマにしたとってもかわいらしく暖かい作品ばかりですよね。いつもはねずみが登場する作品が多いですが、今回はカエルのカルちゃんとエル君のコンビで楽しい絵本ですよ。


あまつぶ ぽとり すぷらっしゅ

あまつぶぽとり すぷらっしゅ
あまつぶぽとり すぷらっしゅ
アルビン トゥレッセルト、レナード ワイスガード 他 (1996/06)
童話館出版

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:小学校中学年くらい~
著者の紹介☆
作:アルビン・トゥレッセルト(Alvin Tresselt)…1916年ニュージャージー州に生まれる。雑誌の編集長を務めた後、自然をテーマに短編を描きレナード・ワイスガードやロジャー・デュボアザンやリンド・ワードと組み絵本を作りました。また日本人では岩崎ちひろ・西巻茅子・瀬川康男さんなどと共作も手がけています。
『しろいゆき あかるいゆき』1948年コールデコット賞を受賞
White Snow, Bright Snow (Mulberry Books) White Snow, Bright Snow (Mulberry Books)
Alvin R. Tresselt、Roger Duvoisin 他 (1988/10)
William Morrow & Co (P)

この商品の詳細を見る

 
絵:レナード・ワイスガード(Leonard Weisgard)…1916年コネティカット州に生まれる。商業美術を学んだ後モダンダンサーとなり、雑誌などの美術を担当しました。物語とイラストの分野で子どもの本の創作をしています。
『The Little Island』1947年コールデコット賞を受賞しています。
ちいさな島 ちいさな島
ゴールデン マクドナルド、レナード ワイスガード 他 (1996/09)
童話館出版

この商品の詳細を見る

 
訳:わたなべ しげお(渡辺茂男)…1928年静岡市に生まれる。慶應義塾大学文学部図書館学科卒業し、米国ウェスタンリザーブ大学大学院修了。

あらすじФ(・♀・=)
ぽとり ぽとん すぷらっしゅ
猫が窓辺で外を見て
朝も昼も晩も雨は降る…

雨粒は、葉っぱからポトリと落ちる
雨粒は動物の鼻からポトリと落ちる
雨粒は、お花をつたってポトリと落ちる…

たくさんの雨は
小さな水溜りを作り
やがて大きな池になる。

大きな池には、更に雨が落ちる
水はあふれて、谷に落ちる

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
雨の勢いがある詩と独特の色使いで描かれた自然が美しかったです。色が鮮やかではないのに…フシギと吸い込まれてしまいそうで(^▽^*)ちょっと難しいのかなぁ~と思い、対象年齢を高めにしました。けれど、読み聞かせで読んでみるのも違った絵本を紹介できて楽しいと思いますよ。ぜひこの絵本を選んで、読み聞かせてみてくださいね。


おい、カエルくん!

おい、カエルくん!
おい、カエルくん!
ピエト フロブラー (2004/11)
オリコンエンタテインメント

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


第19回 ブラティスラヴァ世界絵本原画展金牌受賞作

対象年齢:4歳くらいから~
著者の紹介☆
作:ピエト・フロブラー(Piet Grobler)…1959年9月26日に生まれました。グラフィックデザイナーで1996年からフリーのアーティストとなりました。絵本作家となり、50冊以上もの絵本をうみだしています。

訳:ごうど あちゃく

あらすじФ(・♀・=)
ある暑い日のことでした。
サバンナの動物たちは、水浴びをしたり日陰でやすんだりしていました。
カエルは水溜りの水を…
ズズ~~
ズズズズ~~~~~っと飲み始めました。
水溜りの水では足りなくて、川の水も
青い湖も一滴も残っていないほど
カエルは水を飲み干してしまいました。

これは大変!!他の動物達はだまっちゃいません。
動物達が文句を言うと、カエルは動じません。
動物たちは会議を開き、カエルのお腹からどうしたら水を出せるかを考えました。
そして、みんながそれぞれ良い考えがひらめきました。
1匹づつカエルくんにその作戦を試してみるけれど…
全然カエルは、水の1滴も吐き出しません。

けれど、ウナギ君だけは他のみんなが知らないカエルくんの秘密をしっていました。
それはね………?

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
この絵本は、CDが付いていて朗読を聞きながら絵を見ることができます。読みきさせの参考にしたり、音楽とともに朗読を聞いて親子で楽しんでくださいね。さてさて、この絵本は以前ブログで紹介をしました『おおきなカエル ティダリク』に似ているなぁ~って感じました。展開が似ているのね。カエルが全ての水を飲んでしまって→カエルの事を動物が怒り→動物とカエルの根競べ→大地に水はもどるのか?みたいなね(^▽^*)どちらも楽しいですよ。1冊目に紹介した方が、ちょっと大きな子に向いているのかな?


あめのひのえんそく

あめのひのえんそく(英語版)
あめのひのえんそく(英語版)
間瀬 なおかた (2006/10)
アールアイシー出版

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

※上記は海外版になります。下記が日本語版です。画像がなくてごめんなさ~い。
あめのひのえんそく あめのひのえんそく
間瀬 なおかた (2003/05)
ひさかたチャイルド

この商品の詳細を見る


対象年齢:3歳くらいから~
著者の紹介☆
作:間瀬 なおかた(ませ なおかた)…愛知県に生まれ、法政大学文学部を卒業しました。
過去のブログで間瀬さんの絵本を紹介した事があります。そちらもかわいらしい作品です。下記をクリックしてワ~プしてね♪
【ゆうびんで~す!】

♪その他の絵本を紹介
でんしゃでいこうでんしゃでかえろう でんしゃでいこうでんしゃでかえろう
間瀬 なおかた (2002/01)
ひさかたチャイルド
この商品の詳細を見る

ドライブにいこう ドライブにいこう
間瀬 なおかた (2004/05)
ひさかたチャイルド
この商品の詳細を見る

バスでおでかけ バスでおでかけ
間瀬 なおかた (2006/11)
ひさかたチャイルド
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
せっかく楽しみにしていた遠足なのに
今日は朝から雨
みんなバスで、ブドウを狩りにブドウ山に向かいました。

雨は強くなりバスの中でみんな心配
「雨やまないかなぁ~」
町を通って山に向かいます
あっトンネルをくぐると、もみじ山
山は真っ赤なもみじでおおわれています。
雨はやまないねぇ~。

トンネルと抜けると楓山
山一面黄色でおおわれています
雨はまだ降っているね~。

さらにトンネルを抜けると田んぼ山
あたり一面、稲の緑がきれいだね
けれど、雨はまだまだ降っている……

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
せっかく楽しい遠足なのに雨…たくさんの山を抜けて、ブドウ山につく頃には雨がやむといいけれどね(^▽^*)そして最後にはステキなプレゼントがありますよ。えぇ~~~話を進めていたのに全然気づかなかったよぉΣ(・ω・ノ)ノ!っとかなり私はビックリしちゃったのですが、みんなはすぐに気づくかな?ちょっとした仕掛け絵本がかわいいねヾ(@^▽^@)ノ


かえるののどじまん

わたしのえほん
わたしのえほん
さくら ともこ、せべ まさゆき 他 (1998/04)
PHP研究所

この商品の詳細を見る


対象年齢:3歳くらいから~
著者の紹介☆
作:さくら ともこ(本名:阿部直美)…東京に生まれ、聖心女子大学講師です。子どもの歌や振り付け絵本の創作など幅広い分野で活躍をされています。

♪その他の絵本を紹介
うたってうたってかえるくん うたってうたってかえるくん
さくら ともこ (1988/11)
PHP研究所
この商品の詳細を見る

おしゃれなおたまじゃくし おしゃれなおたまじゃくし
さくら ともこ (1987/03)
PHP研究所
この商品の詳細を見る

おへそはどこかなかえるくん おへそはどこかなかえるくん
さくら ともこ (1988/06)
PHP研究所
この商品の詳細を見る


絵:せべ まさゆき(瀬部雅之)…愛知県に生まれ、東京芸術大学工芸科を卒業。柔らかな作風で人気を集めています。

♪その他の絵本を紹介
うんぴ・うんにょ・うんち・うんご―うんこのえほん うんぴ・うんにょ・うんち・うんご―うんこのえほん
村上 八千世、せべ まさゆき 他 (2000/10)
ほるぷ出版
この商品の詳細を見る

じょうぶなからだをつくるたべもの―あかのえいようのなかまたち じょうぶなからだをつくるたべもの―あかのえいようのなかまたち
吉田 隆子、せべ まさゆき 他 (1997/04)
金の星社
この商品の詳細を見る

だーれだだれだ! だーれだだれだ!
きむら ゆういち、せべ まさゆき 他 (2006/09)
小学館
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
カエル村のカエル達は、みんな歌が大好き
そこで、しゃべくりかえるが言いました。
「みなさん!のどじまん大会をしましょう。上手に歌えばキンコンカンコンの鐘がなる。」
「下手なら一回カ~ンの音だよ」

カエル達はみんなで、まんまる池の真ん中にステージを作って
次の日、喉自慢大会の開催で~す♪♪

最初に登場するのは…そっくりカエルさんで~す!どおぞぉ
ステージにそっくりカエルが上がると
エッヘンといばって歌などうたいません。
マイクの前になってもそっくり返ってばっかり…
これは、カ~ン(^エ^;)歌わないとね。

次に登場したのは…振りカエルさんで~す!!さぁ今度こそ歌ってね。
モジモジ モジモジ きゃ~恥ずかしい。
みんなが見ているから、恥ずかしくて振り返ってばかり…
これも、カ~ン(ノω・、)君も歌わないなら…喉自慢にならないねぇ~。

さぁ~さぁ~今度こそ挑戦者は歌ってね。
次に登場したのは………

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
カエルさんは、みんな歌がうまいと言って喉自慢大会をしたのに…だぁ~れも歌わないなら…この私が参加しなくてはならないなぁ!みなさんは歌は上手ですか?ミヅポンは…そうねぇ!!勝手に歌うなら歌えるけど…大勢の前でなんてとても歌えません。だから喉自慢大会に参加しても…きっと、カ~ンだろうねぇヽ(*^ω^)人(^ω^*)ノ♪♪参加賞くらいはもらいたい


おおきなカエル ティダリク

おおきなカエル ティダリク―オーストラリア アボリジニ・ガナイ族のお話
おおきなカエル ティダリク―オーストラリア アボリジニ・ガナイ族のお話
加藤 チャコ (2005/09)
福音館書店

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


ーオーストラリア アボリジニ・ナガイ族のおはなしー
対象年齢:5歳くらいから~
著者の紹介☆
再話:加藤チャコ(かとう ちゃこ)…1963年仙台に生まれ、ボストン美術館付属大学を卒業。メルボン大学芸術学部修士課程修了。美術家であり絵本作家です。オーストラリア在住で、ブラトュアロング氏族の方からこのお話を聞いたそうです。

あらすじФ(・♀・=)
昔々、大平原にはティダリクという大きな大きな岩のように大きなカエルが住んでいました。
大平原には、陽がカンカンで雨が降らず…ティダリクは喉がカラカラになりました。
近くの池で少しの水を見つけると、ゴクゴクと飲みほしました。
けれど…ティダリクの喉は満たされません。
まだまだ次の水場を見つけては飲み、見つけては飲み…
やっと喉を満たした頃には、大平原の水場はなくなってしまいました。

ティダリクは、ユーカリの木の下で気分良く眠っていると
平原に住む動物がやってきて「少し水を分けてくれないか?」といいました。
けれど、意地悪なティダリクは水を少しも譲ってくれません。

動物達は、考えました。
「ディダリクを笑わせたら、水が腹から吹き出すんでないか?」
それはいい考えだ!!やってみよう。
動物達は、あの手この手でティダリクを笑わせようとしています。
けれど、いっこうに笑う気配はありません。

その時、小さなうなぎがやってきました。
何とこのウナギ…ティダリクが水を飲んでしまい、家を失ったウナギなのです。
プンプンカンカン怒って……。

ミヅポンの声(^♀^)/
このウナギこそティダリクを笑わせる救世主なのです!!さてどんな事をすると思います??このウナギ、家を失ってカンカンなんです。カンカンなウナギがすることって言えば…??私でもその一生懸命ティダリクに伝える姿は笑えました。このティダリク…どのくらいの水を飲んだと思いますか?最後に水が吹き出る所では、こんなに飲んでたのかよぉ~って思う程ビックリしちゃいますよ。その水の量は、読んでからのお楽しみ(^∀^)ノ


残念ちん。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

【】←こちらは過去のブログになっています。
クリックして過去の記事を読んでくださると、意味がわかるかも……(*^ー^)ノ
お時間のある方は、クリックしてお願いしま~す♪♪

今日は残念なお知らせです。
以前【よかったと残念】で報告しました、新風舎さんの絵本コンクールの最終結果が来ました。

2007.6.14-1.jpg


途中、第一次審査を通過と言う うれしい通知も来たので
かなり期待をしていましたが…
【うれしい手紙】←審査通過の喜び

残念。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

6421作品の中から、第一次審査通過
   ↓
最終審査に残れず…入選できませんでした。

応援して下さったみなさんごめんなさいねぇ~(ノω・、)

でも、こんな事に負けずに次回作もどんどん作って頑張ります。

どうぞミヅポンを温かい目で見てやって下さい
宜しくお願いしま~すm(〃^▽^〃)m

2007.6.14-2.jpg


かえるのつなひき

かえるのつなひき
かえるのつなひき
儀間 比呂志 (1998/03)
福音館書店

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:5歳くらいから~
著者の紹介☆
作:儀間比呂志(ぎまひろし)…沖縄の絵本を中心に沖縄の言葉を交えて独特の絵本を誕生させています。

♪その他の絵本を紹介
ふなひき太良―沖縄の絵本 ふなひき太良―沖縄の絵本
儀間 比呂志 (1971/01)
岩崎書店
この商品の詳細を見る

ツルとタケシ―沖縄いくさ物語 宮古島編 ツルとタケシ―沖縄いくさ物語 宮古島編
儀間 比呂志 (2005/09)
清風堂書店
この商品の詳細を見る

みのかさ隊奮闘記―沖縄いくさ物語 八重山編 みのかさ隊奮闘記―沖縄いくさ物語 八重山編
儀間 比呂志 (2006/08)
ルック
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
昔々、沖縄のあがり村にあったお話です。
ある日の事、田んぼの稲に悪い虫がつきました。
しだいに悪い虫は他の田んぼへ広がり始め、王様は村人に
「村中の稲を焼きはらえ!」と命令をしました。

王様の声を聞いていたのは、カエルたち。
「人間が稲を食わなければ、次はオレ達を食うに決まっている」
「これは、何とかしなくては!!」
そして、カエル達の虫退治の考えは…?
お祭りをして虫をおどかそうって計画でした。

カエル達は早速、お祭りの準備を始めました。
陽が昇ってから沈み、月が顔を出してから鶏が鳴く時間まで
せっせと物を作り、踊りの練習や歩く練習まで頑張りました。

そして、今日は村人が稲に火をつける時がやってきました。
村人は火を持ち今にも稲に火を放とうとしています。
そこへ、つかいの3匹のカエルがやってきて…
「ちょっと…まったぁ~~~~!!」

ミヅポンの声(^♀^)/
稲は水と虫が命取りになるからね~虫がついたら私達の食べ物がなくなってしまいます。カエル君達は、この危機をなんとかしてくれるといいけどねぇ~。その勇ましいカエル達を見るのが楽しかったです。この絵本の中には、沖縄の言葉が入っているのですが、初めて聞く言葉に新鮮さがありました。最後には、稲にとってと~っても良い事がありますよ(^∀^)ノそれはなんでしょうねぇ~??ぜひ絵本を読んでみてね。


緑はいいもんだ♪

今日は天気が良かったので、母と近くの公園に行ってきましたo(〃^▽^〃)o
まぁ~近くと言っても車で20分くらいなんだけどね♪
公園では、紫陽花と花ショウブがキレイに咲いていましたよ。

みなさん
ワンちゃんを連れてお散歩したり
キャッチボールしたり
きれいなお花を写真におさめたり…
芝生でゴロゴロお昼寝タイムだったりと
自由な時間を楽しく過ごされていました(*^ー^)ノ
やっぱし、緑があるってのはいいもんんだぁ~ねぇ。




この季節は、カルガモの子育て真っ最中だったみたいです。
とっても元気に子どもたちが泳いでいました(^▽^*)

今度は、風ちゃんと一緒に来よう!!
そしたら、きっと走りまわっちゃうねぇ~:*:・( ̄m ̄)・:*:


でんでんむしのかなしみ

でんでんむしのかなしみ
でんでんむしのかなしみ
新美 南吉、井上 ゆかり 他 (2005/05)
にっけん教育出版社

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:小学校中学年くらいから
著者の紹介☆
作:新美 南吉(にいみ なんきち)…【1913~1943】愛知県に生まれ、多くの童話や童謡を発表しました。沢山のお話をうみだし29歳の若さで亡
くなりました。その業績は「校定 新美南吉全集」に収められています。

♪その他の絵本を紹介
手ぶくろを買いに 手ぶくろを買いに
新美 南吉、黒井 健 他 (1988/03)
偕成社
この商品の詳細を見る

ごんぎつね ごんぎつね
新美 南吉、いもと ようこ 他 (2005/05)
金の星社
この商品の詳細を見る

おじいさんのランプ おじいさんのランプ
新美 南吉 (1982/01)
岩崎書店
この商品の詳細を見る


画:井上 ゆかり(いのうえ ゆかり)…1986年東京芸術大学美術部学科を卒業しました。この絵本は日本画の技法を使った初めての絵本になります。

あらすじv(^♀^)v
※この絵本には2つの話が入っています。
タイトルでもある「でんでんむしのかなしみ」のあらすじを紹介しますね。

一匹のでんでん虫が、大変な事に気付きました。
「背中に乗っている殻の中には、悲しみがいっぱい詰まっているのではないか」

でんでん虫はお友達に言いました。
「私は、もう生きて行けない。だって私は不幸せ。私の背中には沢山の悲しみが詰まっている」
友達は言いました。
「あなただけじゃないさ。私の背中にも悲しみは、たくさん詰まっているんですよ。」
でんでん虫は、他のでんでん虫にも同じ話をしました。
所が、どのでんでん虫も言いました……。
「あなただけではないんですよ。私だって……」

ミヅポンの声(^♀^)/
でんでん虫の殻に重く悲しみが乗っているなんて、この絵本を読んだ時にドッと重さが乗りました。けれど、どのカタツムリも同じ悲しみの重さを持っています。それは人間にも同じ事が言えるんだよね。生きている間に悲しみを持っていない人なんていないからね。それをず~っと背負いながら生きて行くのは重いけれど、それが生きている事。生きる事の重さを感じる絵本だと思います。子どもが命の大切さを知らずに亡くなってしまう世の中、ぜひこの絵本を読んでみて下さい。悩んだり苦しんだりしている時には、その殻はとても重い物だけれど…長い間に生きると、その重さは感じなくなるのかもしれないよ。1度しか得られない人生だから、どっかで休憩してもいいのだから重い殻を持って頑張って生きてみてよ。みんな持っているんだからさって思います。


あめあがりのカピバラくん

あめあがりのカピバラくん
あめあがりのカピバラくん
たなか しんすけ (2005/06)
理論社

この商品の詳細を見る


対象年齢:3歳くらいから

著者の紹介☆
作:たなか しんすけ…1964年熊本県に生まれ、会社員から漫画家アシスタントを経て独立をしました。それから漫画やイラスト・絵本などの挿絵を幅広く手がけています。

♪その他の絵本を紹介
きんいろのはね きんいろのはね
田中 伸介 (2004/12)
文芸社
この商品の詳細を見る

しあわせのはね しあわせのはね
田中 伸介 (2000/11)
文芸社
この商品の詳細を見る

カピバラくん カピバラくん
たなか しんすけ (2003/03)
理論社
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
雨が上がると、カピバラ君とジジバラ(じいちゃん)は散歩にでかけました。
おかあさんに「転ばないようにね!」って言われたのなんて、耳には入っていない様子。
天気のよくなった空を見て
緑の葉っぱは、まるでシャワーを浴びたみたいに
ポタポタ雫が落ちているよ。

カピバラくん遊びたくて、体がウズウズ!!
濡れている土に絵を描いてみたり
スケートのように滑ってみたり…
一人で遊んでいるうちに、ジジバラはベンチでお昼寝

もっともっと、ウズウズしちゃった
カピバラは????

ミヅポンの声(^♀^)/
この絵本は、ちょっとしたコマ割りをしているので漫画を読んでいるような感じがしました。小さい頃は、雨で傘や泥で遊ぶのが楽しかったですよねぇ~。カピバラ君を見て、自分の小さい頃の思い出が頭に浮かびました。私なんて、いっつも傘をキノコにしては怒られ…長靴に泥を入れては怒られ…でした。でもねぇ~小学校の頃に下校途中で遊んでいた水たまりで、大変な事になった事があるんです。水たまりに入って、長靴に水を入れていたら…水たまりの中心まで行ったら足が抜けなくなってしまい、膝から下が水の中。かいてもかいても長靴も足も抜けなくなって一大事!!かなりヤバかったよ。それで、高学年のお姉さんお兄さんが、帰る時間になって助けてもらいました。あそこに1時間くらい浸かっていたのかと思うと…恐ろしいね。それ以来、水たまりに入らなくなった…ならかわいいけど…そんな事はないミヅポンなのですv(^♀^)v


あめのひのおはなし

あめのひのおはなし
あめのひのおはなし
加古 里子 (1997/06)
小峰書店

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:3歳くらいから~
著者の紹介☆
作:かこさとし(加古 里子)…1926年福井県に生まれる。東京大学工学部応用化学科を卒業。多数の大学の講師をされています。自然をテーマに子ども達の意欲・感性にあった絵本やおはなしに取り組んでいます。

♪その他の絵本を紹介
からすのパンやさん からすのパンやさん
加古 里子 (1973/09)
偕成社
この商品の詳細を見る

だるまちゃんとてんぐちゃん だるまちゃんとてんぐちゃん
加古 里子 (1967/11)
福音館書店
この商品の詳細を見る

地下鉄のできるまで 地下鉄のできるまで
加古 里子 (1987/10)
福音館書店
この商品の詳細を見る


あらすじv(^♀^)v
朝から雨…
お母さんは出掛けているので、
さあちゃんとゆうちゃんはおばあさんとお留守番。
夕方二人は、雨の中お母さんのお迎えに出掛けました。

小川にくると…
「一緒に連れて行って!」と声がしました。
それは、緑の傘をさしたカエルちゃん。
3人でお母さんの迎えに行く事にしました…

3人がトコトコ池まで歩いて来ると
「私も連れて行って!!」と声がしました。
それは、黄色い傘をさしたアヒルちゃんです。
ゆうちゃんの後ろには、さあちゃん
さあちゃんの後ろには、カエルちゃん
カエルちゃんの後ろには、アヒルちゃんがついて
おかあさんのお迎えに出発!!

また少し歩くと…
「僕もついて行ってもい~い?」
その声はね…茶色い傘をさした……

ミヅポンの声(^♀^)/
さあちゃんとゆうちゃんのお母さんを迎えにいろいろな動物が一緒に迎えに歩いて行きます。きっと、さあちゃんとゆうちゃんのお母さんはビックリするだろうな~。ところで、何でみんなは二人のお母さんを一緒に迎えにいったのかしらねぇ??傘の色と動物の色が同じだよ。色を見ながら絵本を読み進めていってね。ちなみに…ゆうちゃんとさあちゃんとお母さんの傘の色も洋服と長靴とおなじなんだよ。


あめのひのおるすばん

あめのひの おるすばん (至光社国際版絵本)
あめのひの おるすばん (至光社国際版絵本)
(1968/06/01)
岩崎 ちひろ

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:4歳くらいから~
著者の紹介☆
文/絵:いわさき ちひろ…1918年福井県に生まれ、東京で育ち東京府立第六高校女学校を卒業。絵を岡田三郎助、中谷泰、丸木俊さんに師事、書を藤原行成さんから学びました。子供の生涯を描いた絵は数多く9300点もの作品を残し、1974年55歳の若さでこの世を去りました。1977年に東京のアトリエ兼自宅に美術館を開館、その後1997年には安雲野みの美術館を開館しました。

※ちひろさんの作品はブログでも何度か紹介をさせて頂いています。ぜひそちらもご覧下さいね
【おやゆびひめ】
【ゆきのひのたんじょうび】
【ちひろの絵のひみつ】

案:武市 八十雄

♪その他の絵本を紹介
あかちゃんのうた あかちゃんのうた
松谷 みよ子、いわさき ちひろ 他 (1971/08)
童心社

この商品の詳細を見る

ちひろのバースデーブック ちひろのバースデーブック
いわさきちひろ絵本美術館 (1995/10)
講談社

この商品の詳細を見る

げんきになったひ げんきになったひ
岩崎 ちひろ、松本 猛 他 (2006/10)
至光社

この商品の詳細を見る



あらすじv(^♀^)v
女の子がおうちで一人、雨の日のお留守番をしています。
緑の風船に お母さんがどこまで行ったかを託して……

誰もいないお部屋
それはとっても退屈…
ネコと遊んでみても、お母さんの事が気になっちゃう

ピアノを引いて
うっかりいつものクセで指をなめちゃった。
お母さんにダメって言われているのにね……だって…

ミヅポンの声(^♀^)/
いわさきちひろさんの水彩画は、とってもステキ!!美術館に原画を見に行った時も、一枚ごとに長い時間足を止めてみていました。この絵本は初めてのお留守番で女の子の心配な気持ちがヒシヒシと伝わってきます。とっても心配で退屈で…読んでいて心が苦しくなってしまいました。だんだん暗くなりお母さんが帰ってこないページでは、鉛筆画の女の子の後ろ姿が「ぎゅっ!」ってしてあげたくなりました。そのくらい寂しい様子や心配な気持ちが伝わってきました。雨の日のおるすばんで余計に心配だよね。早くお母さん帰ってきてね。


3ヶ月目


2007.6.9.1.jpg

今日で風ちゃんは、3ヶ月になりました。
耳もしっかりしてきて、
顔もはっきりしてきたよ。
遊ぶ様子もだいぶ運動量が増えて、走り出すとなかなかつかまりません(;´▽`A

今日は赤い洋服を着て写真を撮ってみましたぁ~。後ろにイチゴの刺繍がしてあるんだよ。妹のあっちゃんに買ってもらいました。でも服を着せるのが大変…暴れちゃって!まぁ~写真の後はすぐに脱がせました(*^ー^)ノどうも不慣れでして


2007.6.9-2.jpg
今日もお気に入りのトマトちゃん人形を噛んで、ピッピッっと音を鳴らしています♪♪やっと噛む力も強くなって音が鳴るようになったのです。
でもねぇ~人の手を噛むと、かなり痛いのよねぇ~(ノω・、)早く噛む癖を直さないと!!


2007.6-3.jpgだんだんオシッコもトイレでできるようになってきたので、4ヶ月になったら間違えずにできるようになるといいね。

出来るようになった事はお手&お座りです。
毎日、何度もやっているので、めんどくさくなりながらもホイッっとやっています(^▽^*)やったね。

4ヶ月目までの目標は、お手とおかわりの区別と伏せが出来るといいね。まぁ~元気がなにより♪♪犬の3ヶ月は、人間の5歳くらいだから…ダメって言うと、結構わかるようになったのよね。噛んで痛いダメ!って言うと、離すよ。

鈴ちゃんの後ろをついて歩いています。何でもマネをしたいらしく、鈴ちゃんのトイレに入っては…トイレの砂をかいて振り向いて座ります。だからと言ってトイレをしているわけではないのだけど…これで、トイレをここでしてくれると、かわいいのにね(;´▽`A
出てくる時に砂をそこらじゅうに飛ばすのが困っちゃう。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。マネもいいけど、ほどほどに…。

2回目の注射を7日にしたので、あと少しでお散歩に行けるよ。一緒に芝生の公園を走り回る日も近いぞ!!!!(=^♀^=)ノ楽しみね。





雨のにおい 星の声

雨のにおい 星の声 雨のにおい 星の声
赤座 憲久、鈴木 義治 他 (1988/01)
小峰書店

この商品の詳細を見る

※画像がなくて残念です&ごめんなさいね(;´▽`A

全国学校図書館協議会選定図書/第34回青少年読書感想文全国コンクール課題図書
対象年齢:小学校低学年くらいから~
著者の紹介☆
文:赤座 憲久(あかざ のりひさ)…1927年岐阜県に生まれる。
絵:鈴木 義治(すずき よしはる)…1913年横浜市に生まれる。小学館絵画賞/児童文化功労賞を受賞しました。

あらすじv(^♀^)v
目の見えないマシオが、ある日の運動場で夕立がきた時の詩をこう感じました。
(本文使用)
どしゃぶり
雨が ふってきた
土くさい
土くさい
どしゃぶりだ

目の見えない子が、犬やネコと遊ぶと
粘土で触った形を作ります。
子犬は、どんな??形???
動物園で、ライオンの鳴き声を聞くと…
大きな口に大きな牙を一番に作ります。

ミイコが言いました。
「視線」って言うけど…視線てなあに?
ミイコは自分の人差し指を自分の目に…もう片方の人差し指を………

ミヅポンの声(^♀^)/
この絵本は、盲目の子ども達の心を写した絵本です。私達は目を閉じると真っ暗な世界が広がっているけれど…。
盲目の子どもがどんな風に感じているのかを読んで、嗅覚と聴覚がすごく繊細に感じているんだな~と感じました。色を感じる事はできないけれど、盲目の子ども達には私達の知らない世界を感じているんですね。五体満足に生まれる事はとっても難しいし、一生を何事もなく生き抜く事も難しいけれど、盲目の子どもが目が見える人達よりも物の本質を見極める力が強いな~と思います。目の見える人はウワベだけしか見ない事が多いと思うので、この絵本を読んで物を見る事に1つはないんだと感じました。ぜひこの絵本を読んで、見る事を感じて下さい。


あめあがり

あめあがり
あめあがり
きむら ゆういち、梶山 俊夫 他 (1998/06)
小峰書店

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:小学校低学年くらいから(ふりがな付き漢字を含みます)
著者の紹介☆
文:きむら ゆういち(木村 裕一)…東京に生まれる。多摩美術大学を卒業。「あらしのよるに」1995年講談社出版文化賞絵本賞&産経児童出版文化賞を受賞しました。

♪その他の絵本を紹介
ごあいさつあそび ごあいさつあそび
木村 裕一 (1989/02)
偕成社
この商品の詳細を見る

小説 あらしのよるに 小説 あらしのよるに
きむら ゆういち (2005/12)
小学館
この商品の詳細を見る

いないいないばああそび いないいないばああそび
木村 裕一 (1989/02)
偕成社
この商品の詳細を見る


絵:梶山 俊夫(かじやま としお)…1935年東京に生まれる。1962年シェル美術賞、1973/97年世界絵本原画展(BIB)金のリンゴ賞を受賞しました。絵本の他に絵画やガラス絵など幅広い分野で活躍をされています。

♪その他の絵本を紹介
泣いた赤おに 泣いた赤おに
浜田 広介、梶山 俊夫 他 (1992/12)
偕成社
この商品の詳細を見る

島ひきおに 島ひきおに
梶山 俊夫、山下 明生 他 (1973/01)
偕成社
この商品の詳細を見る

ほうすけのひよこ ほうすけのひよこ
谷川 俊太郎、梶山 俊夫 他 (1999/11)
解放出版社
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
僕は頭にきたんだ!!
勢いよく町の中に走り出た。
大好きだったのにぃ…仲良しだと思っていたのに……

家の中でゆうくんとお母さんが、僕の事を忘れて大ケンカ
僕はずっと我慢して、ゆうくんの見方をしていたのに…

ちょっと僕が、ク~ク~鳴いたら
「うるさいぞ!」って僕のエサ入れが飛んで来た。

も~怒ったぞ。ゆうくんなんて大嫌いだぁ!!!!!
突然大粒の雨が降り出した。
その中を僕は、プンプンしながら出ていったんだ……。

ミヅポンの声(^♀^)/
さて、問題です。ここでの僕とは誰の事でしょうか?ヒントはエサ入れです。この○○目線が好きでした。最後にはじ~~~~んとしてしまう展開に感動しちゃったりして。我が家の鈴ちゃんも風ちゃんも同じ事を思う事があるのかもしれないな。大切にしよ!!でもね~~~~プンプンしている時に限って、いたずらして追い打ちかけて怒らせるんだよね(-♀-;)フシギと…。この絵本の文と絵がとってもしっくりいっていました。ぜひ読んでみて下さいね♪


でんでんのぼうしやさん

でんでんのぼうしやさん
でんでんのぼうしやさん
藤本 ともひこ (2003/07)
教育画劇

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:2歳くらいから
著者の紹介☆
作:藤本 ともひこ…1961年に東京で生まれました。1991年第13回講談社絵本新人賞を「こうへいみませんでしたか」で受賞。

♪その他の絵本を紹介
どろんこたんけんたい―どろあそび どろんこたんけんたい―どろあそび
藤本 ともひこ (2006/05)
あかね書房

この商品の詳細を見る

いただきバス いただきバス
藤本 ともひこ (2005/09)
鈴木出版

この商品の詳細を見る

モンスターうんどう会 モンスターうんどう会
藤本 ともひこ (2005/07)
あかね書房

この商品の詳細を見る



あらすじ(^∀^)ノ
「帽子がほしいんだけど…」と
デンデン(かたつむり)のお店にバッタがやってきました。
「いらっしゃいませぇ~よい帽子がありますよ!」とデンデンは
バッタさんに青い帽子を進めると
とっても気に入って、遠くの葉っぱに飛んで行きました。

今度はトンボさんがやってきて
「かぜで飛ばない帽子はあるかい?」といいました。
すると、デンデンは風で飛ばないゴムで出来た帽子をさしだしました。
「こりゃ~いい!」とゴムのついた帽子をかぶり飛んで行きました。

次にやってきたのは、木の上をノソノソやってきた……

ミヅポンの声(^♀^)/
全体が明るい色を使っていて楽しい感じのする絵本でした。森のみんなはデンデンの帽子を買いに来て、うれしい顔で帰って行きます。さて次にくるお客様は、どんなお客さんでしょうね??私の欲しいぼうしは、ゼッペキでもずれない帽子かしら…なんせ…超頭が平らっ子なのでA(^♀^;)


あめあめ あそぼ

あめあめ あそぼ あめあめ あそぼ
新沢 としひこ、今井 弓子 他 (1991/07)
岩崎書店

この商品の詳細を見る

※またまた画像がなくてごめんなさい。

対象年齢:3歳くらいから~
著者の紹介☆
新沢としひこ(しんざわ としひこ)…1963年東京生まれ。保育園の保父さんを経て、シンガーソングライターとなりました。中川ひろたか氏と組んで子どもの歌を作っています。

今井 弓子(いまい ゆみこ)…東京に生まれ、画家であり絵本作家である。挿絵の仕事も多くしています。

あらすじФ(・♀・=)
どれみふぁ園の子ども達、今日は雨でちょっと退屈です。
「いや~ジメジメ ジトジト いい天気ですな~。」
こんなザァザァ雨のなのに、変な事を言うのは……カタツムリ!

すると、今度はカエルがやってきて
「ベタベタ ヌルヌル ホントにいい天気ですな。」
カエルもニコニコ笑っています。

それを聞いて、よって来た雨雲が顔をだした。
「でしょ~。ビショビショのバサバサがいいよね」
大きな声で笑ってる。

「雨なんて大嫌いだぁ~!」と子ども達が窓をしめたら…
急に外でムニュムニュ変な音がしたよ。
気になって窓を開けたら……

わぁ~~~~っ!!
「こどもたちを 3千匹連れて来たよ」とカタツムリの大群が園の中に入って来た。
みななビックリして逃げ回っていると…
カエルが3千匹と雨雲が友達を連れて来て園に入って来た。

これは大変…園の中は、水かさが増してきて
海みたいになっちゃった……

ミヅポンの声(^♀^)/
みんな…どうする?カタツムリの大群があらわれたり…カエルの大群があらわれたり…雨雲が家の中に入ってきたら。私なら…失神して…いなくなるのを待つかしら?でもその大混乱が、園の子どもの楽しいことにつながりました。だから大群が入ってきてもOKな時もあるのね(^エ^;)梅雨はジトジト ジメジメしちゃってさえない季節だけれど…こんなふうに楽しくのりきれるといいね。


あしたてんきになあれ

あしたてんきになあれ
あしたてんきになあれ
薩摩 菜々、永松 美穂子 他 (2005/06)
未知谷

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:7歳くらいから~
著者の紹介☆
作:薩摩 菜々…平成14年に鹿児島家庭裁判所に配置された9名の調査官です。裁判で離婚の話の中で子どもの気持ちを知るようになったそうです。その中でこの絵本がうまれました。

絵:永松 美穂子

あらすじФ(・♀・=)
みさきちゃんは7歳の女の子。
お父さんとお母さん、弟のじゅんくん・オウムのイゾウ。
みんなはとっても仲良し。
家族で川や森にピクニックにいったりしていたよ。

けれど…ある時、夜中にみさきちゃんが目を覚ますと…
お父さんとお母さんの大きな声が聞こえてきました。
オウムのイゾウが大丈夫だって言うから
みさきちゃんは、また眠ったんだ。

次の日
どうやらみさきちゃんは夢を見ていたようです。
朝になったら、お父さんもお母さんも笑顔でした。

また夜になって、みさきちゃんが目を覚ますと…
昨日と同じように、お父さんとお母さんが大きな声でケンカしていました。
やっぱり昨日の事は夢じゃないと知りました。

みさきちゃんがいい子になれば、けんかしないの?
でもお母さんは、「みさきちゃんのせいじゃないのよ」って言ったよ。

ある日、みさきちゃんとじゅんくんは
お父さんとお母さんに呼ばれて……
言われたんだ………。

ミヅポンの声(^♀^)/
今日紹介する絵本は今までにない、悲しい現実をみたような絵本でした。調査官が目にした家族と子どもの心情を描いています。一人と一人が夫婦になって家族になったら、家族がずっと仲良くできれば、それが一番良いけれど…ずっと生活を共にしていると、そうもいかいのも現実。その中で両親の離婚は、大人の中での争いばかりでなく子どもが一番傷つきます。子どもの心は大人が考えているよりも、奥の深い傷になる事はたしかです。夫婦でケンカした時は、この絵本を読んで考えなおして欲しいです。どうにもならなくて離婚をしてしまった時には、ぜひこの絵本を読んで子どもの心を知ってあげてくださいね。


あめたろう

あめたろう あめたろう
今井 弓子 (1978/01)
岩崎書店

この商品の詳細を見る


※残念。画像がありませんでした(ノω・、)ごめんね!!
岩崎書店さんのHPから画像を見てくださいませ♪下をクリックして岩崎書店さんに飛んで下さい。
岩崎書店さんで画像をみる(^▽^*)

対象年齢:2歳くらいから~

著者の紹介☆
作:今井 弓子(いまい ゆみこ)…東京に生まれ、画家であり絵本作家である。挿絵の仕事も多くしています。

あらすじФ(・♀・=)
雨…やまないかなぁ~。
毎日×毎日、雨で女の子はイライラしていました。
だって、日曜日はパパもお休みなのにどこにも連れて行ってもらえないんだもん。

お外で傘を片手に、水たまりをビャブビャブやっていると…
目の前に

ドシャ~~~~~ン!!!
何かが落ちて来た。

それは、雲から落ちて来た男の子
名前は「あめたろう」
どうやら、おしりの羽根が壊れて飛べなくなってしまったみたい。
あめたろうは、わんわん泣いているから
家に連れて帰って、ママに聞いてみる事にした。

「ママ この子くもから落ちちゃったんだって」と女の子が言うと
ママは「やだぁ~汚い子!台所へいれないでちょうだい」

そう言ったとたん…
あめたろうは大泣きをはじめた。
すると、ママからニョキニョキかびが生えてきた!!

ビービー泣いたあまたろうを、今度はパパのところに連れて行くと
「うるさい子だな~帰ってもらいなさい」とパパは言いました。

そう言ったとたん…
パパにもカビがワサワサ生えてきた!!!!

パパもママもカビ生えちゃって、こりゃー大変A(^♀^;)
女の子は、あめたろうを連れて、おばあちゃんの所にやってきました。
「おばあちゃん この子お尻の羽根が壊れちゃったの」
すると………

ミヅポンの声(^♀^)/
この絵本はイラストがとっても独特な感じなので、好き嫌いが分かれてしまうかな?雲から落ちてしまったあめたろう…おばあちゃんは助けてくれるといいねぇ。壊れた羽根が直って、空へ飛べるといいなぁ。そしたら…きっと素敵な事がおきるよ!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。