スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゆきあそび

ゆきあそび?くまくんのふゆ ゆきあそび?くまくんのふゆ
おおとも やすお、なとり ちづ 他 (2005/04)
福音館書店

この商品の詳細を見る


対象年齢…2歳くらいから~
著者の紹介☆
文:なとり ちづ(名取 知津)…1960年に東京で生まれ、津田塾大学国際関係学科卒業。埼玉県在住(この絵本出版時)
絵:おおともやすお…(大友 康夫)…1946年埼玉県に生まれ、我が子に触発され絵本を描き始めた。埼玉県在住(この絵本出版時)
♪その他の絵本紹介
はたけづくり?くまくんのなつ はたけづくり?くまくんのなつ
おおとも やすお、なとり ちづ 他 (2005/04)
福音館書店
この商品の詳細を見る

まじょのおいもパーティー まじょのおいもパーティー
おおとも やすお、なとり ちづ 他 (2004/07)
童心社
この商品の詳細を見る

のうさぎホップのまほうのいし のうさぎホップのまほうのいし
おおとも やすお、なとり ちづ 他 (1999/09)
佼成出版社
この商品の詳細を見る


あらすじ☆
ブタ君がゆきだるまを作っていると、クマ君がやってきて
「僕が作ってあげる!!」
けれど…はりきり過ぎて、雪だるまは壊れてしまいました。
「クマ君とは遊んであげないよ~。」
ブタ君に嫌われてしまったので
今度はウサギさんの所に行きました。
ウサギさんは、滑り台を作って楽しそうに滑っています。
「僕も、滑らせて!!」
けれど…クマ君は重すぎて滑り台はぺっちゃんこ。
「あ~あ!クマ君とは遊んであげないよ~。」
ウサギさんにも嫌われてしまったので
今度はネズミちゃんの所に行きました。
ネズミちゃんは、みんなで雪合戦。
「僕も雪合戦に入れてよ~。」
けれど…クマ君の雪の玉は大きすぎて
ネズミちゃんにドッカリ当っちゃった!
「痛い!クマ君とは遊んであげないよ~。」
とうとうクマ君は
「いいよ~僕一人で遊ぶんだから。」
クマ君は一人で雪をどんどんどんどん積み上げて行きました……すると

ミヅポンの声(^♀^)/
短い文の中にクマ君はたくさん嫌われてしまいました。かわいそうに…(>♀<)力が強くて大きくて、みんなと仲良く遊びたいだけなのにね。けれどね、クマ君にしかこんなに雪集めをする事はできないのです。そこで何が出来るのかは、読んでからのお楽しみ!みんなと仲良くクマ君サイズで遊べる物ができたらいいね。


スポンサーサイト
スポンサーサイト

おふとんのくにのこびとたち

おふとんのくにのこびとたち おふとんのくにのこびとたち
でくね いく、おち のりこ 他 (2005/11)
偕成社

この商品の詳細を見る


対象年齢:3歳くらいから~(文字はほとんどなくて、コマ割されている絵本です)
著者の紹介☆
文:おち のりこ(越智典子)…1959年東京に生まれ、出版社勤務を経て執筆活動に入る。創作絵本や科学絵本や翻訳など多彩な面で活躍中。
♪その他の絵本紹介
ピリカ、おかあさんへの旅 ピリカ、おかあさんへの旅
越智 典子 (2006/07/05)
福音館書店
この商品の詳細を見る

はるさんがきた はるさんがきた
出久根 育、越智 のりこ 他 (2004/01)
鈴木出版
この商品の詳細を見る

ツーティのちいさなぼうけん―ハナグマの森のものがたり ツーティのちいさなぼうけん―ハナグマの森のものがたり
松岡 達英、越智 典子 他 (1999/07)
偕成社
この商品の詳細を見る


絵:でくね いく(出久根 育)…1969年東京に生まれ、銅版画、油彩画などの古典を開きながら、絵本や挿絵なども手がけている。1998年にボローニャ国際絵本原画展入選。2003年『絵本グリムの森 あめふらし』でブラティスラヴァ世界絵本原画展グランプリを受賞。
♪その他の絵本紹介
マーシャと白い鳥 マーシャと白い鳥
ミハイル ブラートフ、出久根 育 他 (2005/10)
偕成社
この商品の詳細を見る

あめふらし あめふらし
出久根 育、グリム兄弟 他 (2001/11)
パロル舎
この商品の詳細を見る

山のタンタラばあさん 山のタンタラばあさん
出久根 育、安房 直子 他 (2006/09)
小学館
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
ひさこちゃんは今日は熱があってお布団から出られません。
ママが熱をはかり、「今日はおとなしく寝ていましょうね。」とやさしく言って部屋をでた。
(ここからは、ほとんど言葉がないコマ割なので、私の感想になりますが聞いてくださいませませ♪)
熱にうなされて、ボ~っとしているひさこちゃん
「熱いなぁ~」ゴロゴロしながら、顔の前にできた布団のお山を見て…もっとお山を大きく作ろう…
あれ?あれ??あれあれ???
お山がホントの雪山になってるぅ~?!
雪山はどんどん広くなり布団を雪で覆ってしまった。
雪山からスキーをしながら小人が降りてきた…。
「(小人語)ヨホレイホ~!(=ヨロレイヒ~って事なのか?!)」
次々、小人は増えて家も立ち並び…あっと言う間に雪国に住む町ができた☆
そして町は、みんなでパーティーの様子です。テーブルの上には、ご飯を持ち寄って楽器の演奏で踊ったり楽しそう。
(あれれ?ひさこちゃんは…?しばらく小人の様子を見ていました。そして…)
うふふっ
(小人達の楽しい様子に笑ってしまいました…こりゃ~たいへん)
一気にテーブルのご飯も小人達も飛ばされて…雪の中!!
小人達はヒソヒソ「レマァ~」「レマァ~」といいました。(やっと、ひさこちゃんが寝ていることに気づいた感じ!…今頃かよ~(^^;))
村長さんが小人たちを静かにさせると、ひさこちゃんの耳元にヨボヨボじ~さんと村人達がやってきて…髪の毛をつたっておでこにあがりました。ポンポン…小さな聴診器がおでこにあたると…また相談。
(つまりヨボヨボじいさんは、町のお医者さんだったわけです)
また雪山に戻り、町の小人総出で、木を切ったり…組み立て始めました。(いったい何がはじまるの?ひさこちゃん&ミヅポン何が起こるのか不安&興味シンシン)

ミヅポンの声(^♀^)ノ
この本、ず~っと読みたかったくせに未読で、しまいには忘れていたのです。(何たる不覚!!)それを思い出させて下さったのは、いつも遊びに伺っている、わかなさんの記事でした。あぁ~思い出させてくれてありがとう♪♪おかげでとっても楽しい気分で読み満足です。お布団の上に雪の町ができちゃうなんてスゴ~イ。熱で幻想を見ているのか…はたまた、熱の時は雪山の小人が熱を下げてくれるのか…?みなさんはどう思いますか?そして高熱が出た人は小人を見た事がありますか??ぜひ見た人は報告お願いしま~す。そして、この絵本のページの最後に載っている小人達がつくった物の図面が載っています。これで同じものを作った人は、私に教えてください(=^エ^=)♪♪


スキーをはいたねこのヘンリー

スキーをはいたねこのヘンリー スキーをはいたねこのヘンリー
エリック イングラハム、メリー カルホーン 他 (2002/03)
リブリオ出版

この商品の詳細を見る

対象年齢:小学校低学年前後(ふりがなつき漢字が含まれます)
著者の紹介☆
文:メリー・カルホーン(Mary Calhoun)…最初の児童図書は1957年に発行。 それ以来、彼女は受賞作者として50個以上の絵本を出版しています。ヘンリーの作品はシリーズで出ています。
絵:エリック・イングラハム(Erick Ingraham )…1950年フィラデルフィアで生まれました。 彼の芸術的な才能は幼い頃にであった先生や母親の影響が高い。そして物に対する見方を引き出したのは父である。何冊も絵本の挿絵を手がけ活躍をされています。
訳:猪熊 葉子…聖心女子大学の大学院を卒業し、その後オックスフォード大学に留学。帰国後、児童文学博士などすばらしい学歴を持っている。JBBY(国際児童図書評議会日本支部)の会長を務め、児童書では100冊もの訳書を出版している。

♪その他の絵本紹介
とびねこヘンリー とびねこヘンリー
メリー・カルホーン (2007/01)
リブリオ出版
この商品の詳細を見る

クリスマスのねこへンリー クリスマスのねこへンリー
エリック イングラハム、メリー カルホーン 他 (2006/12)
リブリオ出版
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
ヘンリーは後ろ足で立つ事ができるシャム猫なのです。
ハエを追っかけた事がことの始まり。それから家族がいない時には音楽に合わせて2本足で踊ってします。
(まぁ~家族は気づいているけど)
ある日、クロスカントリーが好きな家族は、ヘンリーを連れて山小屋にでかけスキーを楽しんでいました。
男の子は、ふと思いました。ヘンリーは2本足で立つからスキーができるんじゃない??
早速、男の子は屋根板を見つけスキー板を2本作りました。
ストックは??
葉っぱのついた松の枝がちょうどいいぞ!これで完成!!
男の子はヘンリーにスキーの板を履かせると2本足で立たせ…雪の中へおろしました。
「ニャ~オ!」
あっと言う間にヘンリーの体は、雪の中に倒れて四つんばい。
「お前にはスキーは無理だったね」男の子はあきらめました。
もちろんヘンリーもスキーなど楽しいとは思いませんでした。

次の日、家族は身支度を整え、家に帰ることになりました。
ヘンリーはすでに車の中。
「大変だ!!」
ヘンリーは毛糸のぬいぐるみのネズミを、小屋の中に忘れた事に気づきました。車から降りて、小屋にネズミを取りに行くと…
車のエンジン音が…
外に急いで出ると、車は雪道をどんどんどんどん…走って……
やがて車の姿は見えなくなりました。
ヘンリーは一人小屋に取り残されました。
「どうしよう??」
車を運転していたのは、ヘンリーの事があまり好きでないお父さんなのです。ヘンリーは、ぜったいに引き返してくれないと思いました。
小屋の中に入るにもヘンリー専用のドアは、中からは出られても外からは入る事ができない仕組み。(つまりスカンク対策)
ますます、困った
こうなったら最後の手段!
あれで追いかけよう!!
そうと決まったらガレージでネズミを捕まえ、ボロキレに包みしっぽに巻きつけ…
アレを履いて一足踏み出した!

ミヅポンの声(^♀^)ノ
この絵本はとっても面白かったです。先日遊びに伺った、「えほんのまいにち」の新歌さんのブログで紹介していた絵本なんです。私は猫が好きなので、この2本足で立つヘンリーにとっても興味シンシンです。家族を追って雪の中をたくさんの動物と出会いながら、長い道のりを旅するなんてなんと感動してしまい、なんと応援したくなる絵本なのでしょう。怖い森には怖い動物もつき物です。きっと普通の猫ならば家族のもとへはたどり着けないでしょう。けど、忘れてはいけない、2本足で歩くヘンリーなのです。最後の結末は猫らしいと言えば猫らしい!!みなさんも読んだらきっとそう思うだろうなぁ。つまり猫は頭の良い動物なのです♪♪


ジャマ猫♪

20070128192433
今度は横の写真だよ。洋服をしまいたくて、収納ケースを取り出すと…すかさずやってきたw(゜o゜)w猫の鈴ちゃんさすがジャマ猫だよぉ~!!(~_~;)おかけで、このあとグルグル回って洋服は箱の外(*_*)仕事増やしてくれてありがとよ(^_^メ)


20070128185323
携帯から記事を載せてみようかと…練習中ですo(^-^)o
我が家のネコ「鈴ちゃん」4歳です!
今日は、お外見て何を思う?
目線の先には鳥がいるよ(=^♀^=)ノ


ゆきがふったら

ゆきがふったら ゆきがふったら
レベッカ ボンド (2005/11)
偕成社

この商品の詳細を見る

対象年齢:3歳くらいから~
著者の紹介☆
作:レベッカ・ボンド(Rebecca Bond)…アメリカのバーモンド州に生まれる。ブラウン大学卒業後にデザイン学校でイラストレーションを学ぶ。暖かくてやわらかい曲線で描いたタッチは、大人から子どもに人気がある。この絵本は子どもの頃の体験を元に描かれた作品だそうです。
訳:さくまゆみこ…東京に生まれ、出版社勤務を経て翻訳家となり、編集者でもありアフリカ文学研究者としても活躍をされています。

♪その他の絵本紹介
あかちゃんのゆりかご あかちゃんのゆりかご
レベッカ ボンド (2002/01)
偕成社
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
一晩降り続いた雪は
家の屋根に綿帽子をかぶせ
車をスッポリつつみ…
辺り一面を真っ白な世界に変えた。
朝から除雪車がすごい音をたてて雪をおしのけおしのけ
固めて小山に積み上げる。
子ども達は飛び起きて大喜び
急いで暖かい服を着て
朝ごはんも大急ぎ!
外に出ると小山が大山になっている。
何を作ろう?何にする??
うん!!これにしよう!そうしよう♪♪
(さてさて、子ども達が考えた雪遊びは何でしょう?)

ミヅポンの声(^♀^)ノ
冬はやっぱこの元気ですなぁ~(^^)私も除雪車にお願いしたら、大きな山ができたのかぁ~。いつも雪が降ると、ソリをするのにジャンプ台を作って1日が終わるのよ。あぁ~あf(^♀^;)子どもの頃にそれに気づけばなぁ~残念(>♀<)でも雪が降るとこの絵本のようにホント楽しかったよなぁ~。子どもの頃に雪で作ったものに大喜びしていた気持ちを思い出しました。ぜひ子どもの気持ちを忘れてしまった大人はこの絵本を読んで楽しかった頃を思い出してみてね。
今年は暖冬だからなぁ~。私はまだ雪を見れませぬ(;♀;)
毎年作る「小雪だるま」すら、できません。


ゆきのひはあついあつい

ゆきのひはあついあつい ゆきのひはあついあつい
いわむら かずお (1984/01)
至光社

この商品の詳細を見る

対象年齢:3歳くらいから~
著者の紹介☆
みなさんおなじみ=当ブログでも何度も紹介をさせていただいています、いわむらかずおさんです。
いわむら かずお…1939年東京に生まれ、東京芸術大学美術学部工芸科を卒業しました。その後パッケージデザインやテレビアニメーションの仕事を経て絵本の世界に入ってきました。栃木県の益子に住んでいて、自然の中で見たままの姿をやわらかいタッチで表現されています。

*以前紹介した絵本
(こちらもおすすめですよん。それぞれクリックしてご覧下さい(^^))
『14ひきのやまいも』
『14ひきのあきまつり』
『ねずみのさかなつり』

♪その他の絵本紹介
かんがえるカエルくん かんがえるカエルくん
いわむら かずお (1996/04)
福音館書店
この商品の詳細を見る

ひとりぼっちのさいしゅうれっしゃ ひとりぼっちのさいしゅうれっしゃ
いわむら かずお (1985/12)
偕成社
この商品の詳細を見る

風といっしょに 風といっしょに
いわむら かずお (2002/03)
理論社
この商品の詳細を見る

今回は3つの違った描き方の、本を紹介してみました!


あらすじФ(・♀・=)
森に雪が積もると、子リスのぱろ・ぴこ・ぽろは大喜び。パジャマ姿でドアを開け、外の雪で遊んでいます。
お父さんも顔を出し「う~さむい さむい」
朝ごはんを食べると、子リス達は外に出たくて仕方がありません。
お父さんを誘うと…
じゃ~お母さんを誘ってみると…
仕方なく子リス達は3人で雪の中へ出かけていきました。
ぱろが…ひっぱる
ぽろが…ふんばる
ぴこが…おす
(さて何をしているのかな?)
これじゃ~うまく滑らないよ…お父さんを呼んでこよう!!
寒くて外に出たくなかったお父さんを、やっとこ連れてきました。
ぽろは待ちきれず…ぱろとぴこも後ろに乗って
さぁ~お父さんが引っ張って出発進行♪♪
お父さん、うんと引っ張って疲れてしまい坂に任せる事に…
それぇ~!!
あんまり勢いがつきすぎて……

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
この本を読んでいると、いわむらさんの住んでいる栃木の冬はこんな感じなのかな?と想像をします。動物たちが寒い冬を冬眠して春まですごしているのに、リス達が外にでて遊んでいる様子をみるとホントは動物たちも外で雪遊びをしているのかな?なんて思って読んでいました。タイトルにあるように…「ゆきのひは あつい あつい」何で暑いの?寒いの間違いじゃないの??と皆さんは思いましたか?私も何だ?と思いました。でもこの絵本を読んで納得o(*^♀^*)o私もこれなら暑い暑いなのです♪♪


ゆきのなかのキップコップ

ゆきのなかのキップコップ ゆきのなかのキップコップ
マレーク ベロニカ (2005/02)
風濤社

この商品の詳細を見る

対象年齢:4歳くらいから~
著者の紹介☆
文/絵:マレーク・ベロニカ(Marek Veronika)…1937年ハンガリーのブダペスト生まれ、国立人形劇場のスタッフとして勤務後、絵本作家になりました。その作品は世界中の子ども達に愛されています。
訳:羽仁 協子(はに きょうこ)…1929年東京に生まれる。ライプツィヒ音楽大学を卒業後、ブダペスト音楽大学の講師になりました。帰国後、音楽を通して子どもの心を豊かにする独自の教育に力を入れています。

♪その他の絵本
キップコップのこどもたち キップコップのこどもたち
マレーク ベロニカ (2006/10)
風濤社
この商品の詳細を見る


キップコップのクリスマス キップコップのクリスマス
マレーク・ベロニカ、羽仁 協子 他 (2005/10)
風涛社
この商品の詳細を見る


ラチとらいおん ラチとらいおん
マレーク・ベロニカ、とくなが やすもと 他 (1965/07)
福音館書店
この商品の詳細を見る


ブルンミとゆきだるま ブルンミとゆきだるま
マレーク ベロニカ (2004/11)
風濤社
この商品の詳細を見る



あらすじ☆
台所の片隅に住んでいるキップコップは
トチの木の子どもトチの実。
ある日、キップコップは寒くて目を覚ましました。
いったい何がおきたんだ?
キップコップは外に出てビックリ。
世界中が真っ白!!!
キップコップが歩くとキュッキュッ音がする。
楽しくなってドンドン歩きました。
遠くまで歩いてくると
木にとまった3羽のシジュウカラを見つけました。
とっても寒そうです。
もっと歩くと…
雪の中で寒さに凍えて倒れているシジュウカラを発見。
大変だぁ~!!キップコップは急いで暖め家に戻りました。
元気がないなぁ~大丈夫かな?
部屋を暖めご飯や水を用意すると…
ゆっくりシジュウカラは目を覚まし
「私よりも早く仲間に…ご飯を食べさせてあげてください…お願いします」と言ってまた横になってしまいました。
キップコップは弱わったシジュウカラが心配でしたが、さっきの3羽の仲間の元へ、クルミを2つもって雪道を歩きました……。

ミヅポンの声(^♀^)/
このキップコップとってもかわいいので、キップコップが好きになった人は多いのでは??とっても心のやさしいキップコップ。無事に雪道を抜けて、シジュウカラの友達の元へクルミを届けられるかな?長い道のりにはたくさんの困難があります。けれど、キップコップは、頭が良いので色々な事を考えついてグングン進んで行きます。皆もキップコップを応援してあげてね。そして家にいるシジュウカラと友達が助かる事を祈って下さいね。


うさぎちゃんとゆきだるま

うさぎちゃんとゆきだるま うさぎちゃんとゆきだるま
あだち なみ、あいはら ひろゆき 他 (2005/10)
教育画劇
この商品の詳細を見る

対象年齢:2歳くらいから~
著者の紹介☆
文:あいはら ひろゆき…宮城県の仙台で生まれ、聖ドミニコ学院幼稚園卒園。
絵:あだち なみ…多治見市に生まれ、小泉保育園卒園。

♪その他の絵本

くまのがっこう くまのがっこう
あだち なみ、あいはら ひろゆき 他 (2002/08)
ブロンズ新社
この商品の詳細を見る


うさぎちゃんとおひさま うさぎちゃんとおひさま
あだち なみ、あいはら ひろゆき 他 (2006/10)
教育画劇
この商品の詳細を見る


フラニーとメラニー もりのスープやさん フラニーとメラニー もりのスープやさん
あいはら ひろゆき (2006/08/26)
講談社

この商品の詳細を見る


うたのじかん〈1〉 うたのじかん〈1〉
あいはら ひろゆき、あだち なみ 他 (2005/10)
ひかりのくに
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
今年初めての雪が降りました。真っ白くてキラキラの雪。
わぁ~きれい!!
うさぎちゃんは、赤い帽子に赤い手袋、
赤いコートを着て外へ出ました。
新雪の上を歩くと、キュッキュツ音がなる。
あれれ??
こんな所に穴がある…?
誰かのお家みたいだけど、出かけているのかなぁ??
わぁ~!!
あんまり見すぎて…頭から雪の中へ倒れてしまいました。
うさぎちゃんは大きな声で笑うと
寒かったのがどこかへ行っちゃった♪
さて雪だるまを作ろう
小さい玉からコロコロ転がして中くらい…もっと転がして、大きな雪だるまの出来上がり!!
ママがそろそろ家に入りなさいって言ったよ。
けれど…うさぎちゃん考えて…??…おうちの中へ…それは??

ミヅポンの声(^♀^)/
この絵本に出てくる沢山積もった真っ白な雪は、紙の白!その白が一番白いのです(^♀^)私はついつい、色をペットリ塗ってしまうのよねぇ~。この作品のように、白を沢山残して雪の白さを表現したいです。ついつい…ここをもうちょっと塗って…
今年は反省しなくてはA(^♀^;)へへっ
勉強になりましたです。
さてさて絵本の話は、最後の1ページを残して…あらすじを書いちゃいました。果たしてそれをあらすじ?と言うのかしら?まぁ~あらすじと言うのでしょうf(^♀^;)
最後の1ページには、どんな事が起きているのかな?
それは読んでからのお楽しみって事で…。


かなり笑った?!

3日前くらいに歯が痛くて、今はなんともないけれど…
勇気を出して歯医者に行ってきました。

怖いよ~
ガリガリギシギシやるんだから…あぁ~怖い(>♀<)
2007.1.22-1.jpg

左頬を押さえ
み:「とにかく奥の銀歯が痛かったかったんです~!!」
み:「今は痛くないけど、虫歯だと思うのでよ~く見てください。」
み:「あとは…歯の掃除もして下さい」

2007.1.22-2.jpg

先生:「ここは痛いかな?」
み:「ひたふはりまへん(いたくありません)」
先生:「奥の下の歯なんですよね」
み:「はひ そこはひりひり…(はい そこがキリキリ)」

15分経過…(多分ね)

先生:「おかしいねぇ~虫歯じゃないみたいだよ。」
み:「ほかひいへすね~?(おかしいですね~?」
先生:「ここは銀歯と言ってもプラスチックので埋めてあるからねぇ。そこが割れてる感じもないし…虫歯でもないよ。ん~?」

プラスチックですと…??
プラスチックで埋めてあるって言ったような…プラスチックで埋めてあるって言った…プラスチックで埋めてある…プラスチックで埋めてある…プラスチックで埋めてある…プラスチックで埋めてある…プラスチックで埋めてある…プラスチックで埋めてある…

2007.1.22.3.jpg

あっ!!!!!!
先生!間違えました!!右です右!!

ハハハハッ(みんな大笑い)

先生:「あらら…そう言えば銀歯ってず~っと言ってたもんね。」
無駄な15分でありました。

結局ね~右も虫歯ではなかったのです。
だから何だったのかわからず…様子を見る事になりました。
はぁ~ドキドキしたのに損をしたじゃないかぁ(=´♀`=)
先生、左右を間違えてごめんね。


オレンジいろのペンギン

オレンジいろのペンギン オレンジいろのペンギン
葉 祥明 (2003/10)
佼成出版社

この商品の詳細を見る

対象年齢:4歳くらいから~
日本語と英語が同じページに書かれているので、英語の勉強にもなりますよん。
著者の紹介☆
文/絵:葉 祥明(よう しょうめい)…1946年熊本市に生まれ、1990年に『風とひょう』でボローニャ国際児童図書展グラフィック賞を受賞。1991年に神奈川県の北鎌倉に「葉祥明美術館」を開館しました。1997年には『イルカの星』でけんぶち絵本の里大賞を受賞。多数の絵本を手がける中、詩集も手がけています。

♪その他の絵本

あおいしか―The Story of Holy Bluebuck あおいしか―The Story of Holy Bluebuck
葉 祥明 (2000/11)
佼成出版社
この商品の詳細を見る


 
しろいおおかみ しろいおおかみ
葉 祥明 (2002/08)
佼成出版社
この商品の詳細を見る


 
イルカの星 イルカの星
葉 祥明 (1996/09)
佼成出版社
この商品の詳細を見る


ちいさなサンタさん…葉 祥明 / 佼成出版社 (1995/11)

あらすじ☆
真っ白な雪と氷の世界に、ペンギンたちが一緒に暮らしていました。
夏の間にお母さんペンギンは卵を1つ産むと、すぐ海に魚を捕りにでかけ栄養補給。
お父さんペンギンは2ヶ月もの間、卵を大事に温めます。
おや??
あのお父さんに抱かれている卵だけオレンジ色?!
どうしてだろう?

時は2ヶ月が過ぎ、とうとう卵の中からオレンジ色のヒナが誕生しました。名前はジェームズ。
他の子とは色が違うけれど、ペンギンはペンギン。他の子達とは変わりないと両親は、大切に×大切に育てました。
ジェームズはすくすく大きくなり、友達もたくさん出来ました。
「どうしてキミはオレンジなの?」と友達が聞くと
「僕もわからないよ」けれどジャームズは、このオレンジ色の体が大好きでした。
時はどんどん寒くなる季節に移り変わると、長い冬の始まりです。
ペンギン達は寒いのがヘッチャラだけれど…何日も続く吹雪はペンギン達を覆い次々と仲間達の命を奪ってゆきました。
ペンギン達はもうだめだ!!と諦めかけました。
その時…ものすごい風がビュ~ンと吹いて……ジェームズの体の雪を吹き飛ばすと……

ミヅポンの声(^♀^)/
この絵本はとても素敵な話でした。今の世の中にとても必要な絵本だと思います。生き物が生まれてくる事に完璧と言う物はありません。顔がそれぞれ違うのはその物の個性。性格が違うのも個性。だからと言って生きている事には、なんの関係もないのです。誰が完璧で誰が完璧でないかなど誰も決められないんだよねホントは。
ジェームズのように色が違ったって、その子にしか出来ない物が必ずある。それを皆がわかっていれば、平和にポカポカな世の中になると思うのにな~。


どんくまさんはほっかりこ

どんくまさんは ほっかりこ どんくまさんは ほっかりこ
柿本 幸造、蔵冨 千鶴子 他 (1992/06/01)
至光社

この商品の詳細を見る

対象年齢:3歳くらいから~
著者の紹介☆
文:蔵冨千鶴子…どんくまシリーズは25年目で23作にものぼります。作者さん言わく、ここまでくるとどんくまさんがどこかにいるのではないか?と思うようです。
絵:柿本幸造…1915年に広島で生まれ、小学館絵画商を受賞した経験もあり、「どんくま」シリーズや他の作品など、数多くの絵を手がけています。

♪その他の絵本
どんくまさん どんくまさん
柿本 幸造、蔵富 千鶴子 他 (1999/11)
至光社
この商品の詳細を見る

どんくまさん やったね どんくまさん やったね
柿本 幸造、蔵冨 千鶴子 他 (1995/06/01)
至光社
この商品の詳細を見る

どんくまさんみなみのしまへ どんくまさんみなみのしまへ
蔵冨 千鶴子 (1986/01)
至光社
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
寒い冬、ホントは長い冬眠中のハズ…が
どんくまさん、お腹を空かせて目を覚ました。
そうだ!うさぎの村に行って何か食べ物をもらおう。早速、ソリを出し、腹ばいになってソリに乗ると力いっぱいに足で地面を蹴飛ばしました。
やっほぉ~
どんくまさんの乗ったソリは、山をスイスイ滑り落ち止まりません。
ふもとでは子ウサギたちが、雪だるまを作っている真っ最中。
そこへ…
どんくまさんがすごい勢いで…
どいてぇ~!!ワァー
突っ込んだ!!!

ミヅポンの声(^♀^)ノ
どんくまさんシリーズは、23作もあるという事で、これから色んな、どんくまさんを読むのが楽しみです。絵もやわらかくてとってもかわいいし(=^з^=)♪♪どんくまさんシリーズの23作をすべて読んだ方はいますか??読み終わる頃には、文を書かれている蔵冨さんのように、森のどこかにどんくまさんがいるような気がするのかもしれませんね。楽しみだわ!
これからも季節やその時のテーマに合わせて、シリーズを読んでいきますので感想をお楽しみに♪


エルマーのゆきあそび

ぞうのエルマー〈8〉エルマーのゆきあそび ぞうのエルマー〈8〉エルマーのゆきあそび
デビッド マッキー (2002/11)
BL出版

この商品の詳細を見る

対象年齢:3歳くらいから~
著者の紹介☆
作:デビッド・マッキー(David McKEE)…1935年イギリス南デボン州生まれ。美術学校在学中から風刺漫画の仕事を始め、卒業後に雑誌や新聞などで絵を描く。『ぞうのエルマー』は20ヶ国以上で出版され、絵本の他にアニーションの制作などにも取り組んでいる。
訳:きたむら さとし…1956年に東京に生まれる。1979年イギリスに渡り、数年後に絵本を作り始めた。ハーウィン・オラム氏と作った『ぼくはおこった』でマザーグース賞を受賞&絵本にっぽん賞特別賞を受賞。その他にも多数の絵本を出版している。

♪その他の絵本
ぞうのエルマー〈1〉ぞうのエルマー ぞうのエルマー〈1〉ぞうのエルマー
デビッド マッキー (2002/04)
BL出版
この商品の詳細を見る

ぞうのエルマー〈2〉エルマー!エルマー! ぞうのエルマー〈2〉エルマー!エルマー!
デビッド マッキー (2002/05)
BL出版
この商品の詳細を見る

ぞうのエルマー〈3〉エルマーのたけうま ぞうのエルマー〈3〉エルマーのたけうま
デビッド マッキー (2002/05)
BL出版
この商品の詳細を見る

ぼくはおこった ぼくはおこった
ハーウィン オラム (1996/11)
評論社
この商品の詳細を見る



あらすじФ(・♀・=)
ある朝、仲間のゾウ達にパッチワーク色のエルマーが近づくと、みんな元気がありません。
「どうしたの?」
「寒くって…」ゾウの一匹が答えました。
「みんなついておいで!散歩に行こう」エルマーについてみんなは、いつも行かない方へ散歩にでかけました。
少し経つと坂道で…ゼェ~ゼェ~ハ~ァハ~ァ!
あっという間に寒さはどこかへ飛んで行ってしまいました。もっと頑張って山道を登って行くと…
今度は見た事のない形の違った木が沢山ありました。ゾウ達はエルマーの後ろで楽しそうです。
「さぁ~後少し頑張って登ろう♪いいものをみせてあげるよ」エルマーはグングン登って行きました。
そしてやっと、広い所へ出るとみんなは目を見開きました。
どこもかしこも真っ白!!
初めて見る雪は皆を楽しい気分にしました。雪の中で飛び込んではしゃいで大騒ぎ♪今度は氷った水の上を滑って、スイスイ
楽しい事に夢中のみんなは、いつの間にかエルマーがいない事に気付きませんでした。
すると、突然…
「わぁ~助けて!!!誰か…!」

ミヅポンの声(^♀^)/
パッチワークのゾウなんて発想がスゴい!なかなか想像がつかないですよねぇ~。キレイで表紙を見て図書館から借りて来ました。
エルマーは色んな色が保護色になっているのでしょうか?それとも自然の中ではとっても目立つのかな??動物はキレイな色が沢山、体にあっても自然の中にとけ込んでしまうからフシギ。動物が隠れている写真などを見ても、どこにいるのか…なかなかわかりません。
さてさて、エルマーは雪の中でみんなと遊んでいたのに一人で突然いなくなってしまいました。どこへ行ってしまったのでしょうね?そして、助けを呼ぶ声…それはエルマーの声なのかしら??読んでみて結末を見てね!!



クレオのゆきあそび

クレオのゆきあそび クレオのゆきあそび
キャロライン モックフォード、ステラ ブラックストーン 他 (2003/11)
教育画劇

この商品の詳細を見る

対象年齢:2歳くらいから~
著者の紹介☆
作:ステラ・ブラックストーン(Stella  Blackstone)…絵本の他に詩や歌、韻文なども手がけ幅広く活躍しています。趣味は散歩と庭いじり…それからぼんやりする事だとか。イギリス南部に在住。
絵:キャロライン・モックフォード(Caroline  Mockford)…ナーサリースクールにて教師として勤務経験を持つ。その経験を生かし絵本活動を始めました。アクリルで力強い絵を描いている。この絵本が出版された時には二次の母。
訳:俵 万智(たわら まち)…大阪で生まれ、早稲田大学第一文学部を卒業。86年に32回角川短歌賞を受賞。87年には32回現代歌人協会賞を受賞している歌人である。その他にもエッセイ、評論、紀行の執筆など幅広く活躍をされています。

♪その他の絵本
こねこのクレオ こねこのクレオ
キャロライン モックフォード、ステラ ブラックストーン 他 (2003/09)
教育画劇
この商品の詳細を見る

こっちおいでクレオ こっちおいでクレオ
キャロライン モックフォード、ステラ ブラックストーン 他 (2004/02)
教育画劇
この商品の詳細を見る

クレオのひっこし クレオのひっこし
キャロライン モックフォード、ステラ ブラックストーン 他 (2004/03)
教育画劇
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
ねこのクレオは朝目をさましあくびをしました。そして外に出ると…クレオは目を丸くしてびっくりしました。
それは…
外は寒くて一面真っ白の雪!
クレオはクンクン雪のニオイをかぎ、犬のキャスパーは雪にパクっとかみつきました。
遠くで男の子が読んでいるよ。「キャスパー、そりに乗ろうよ!!」
キャスパーは男の子と一緒にソリで丘をひと滑り…それぇ~♪♪
次はクレオの番です……

ミヅポンの声(^♀^)/
黒の線にペットリと塗ったオレンジと赤のクレオ。「ネコはコタツで丸くなる♪」と歌にあったのに…外に出ているなんて、大丈夫かな??
ウチのネコは寒いのが嫌いなので、家族の生活リズムをみて、毎日同じ動きをしています。
暖かい部屋へ→暖かい部屋へ…。
その様子を見ていると、ビックリするほど正確なのです。一日ヌクヌク快適に過ごせるネコはうらやましいですなぁ~。


三びきのコブタのほんとうの話

三びきのコブタのほんとうの話―A.ウルフ談 (大型絵本)
三びきのコブタのほんとうの話―A.ウルフ談 (大型絵本)
(1991/11)
いくしま さちこ、レイン スミス 他

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:6歳くらいから~
対象年齢をちょっと高めにしてあります。この話と三匹のコブタの話を読んでごちゃごちゃにならなければ何歳でもOK!

文:ジョン・シェスカ
絵:レイン・スミス
訳:いくしま さちこ
過去の記事に『くさいくさいチーズぼうや&たくさんのおとぼけ話 』を載せています。そちらもご覧下さい!!著者の紹介もそちらにありますよん♪詳しくは下を(↓)クリックしてね(=^エ^=)ノ~☆
v(^♀^)v『くさいくさいチーズほうや』ワ~プ

♪その他の絵本
2095年への旅 2095年への旅
ジョン・シェスカ、レイン・スミス 他 (1999/01)
岩波書店
この商品の詳細を見る


たのしいホッキーファミリー、いなかへいく! たのしいホッキーファミリー、いなかへいく!
レイン スミス (2005/08)
ほるぷ出版
この商品の詳細を見る


算数の呪い 算数の呪い
ジョン・シェスカ、レイン・スミス 他 (1999/01)
小峰書店
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
みんな「三びきのコブタ」の話は知っているけど、ホントの話を知っているヤツは誰もいない。
それはね…
「オレの言い分を聞いたヤツがいないからさ」
オレはアレクサンダー・T・ウスフ(オオカミ)=(あだ名は)アル。

オレが、そもそも何で悪者になったのか…みんなが知っている話は、
まったくの嘘っぱちなんだ。
オレがかわいい食べ物を食べてしまうと言うなら、
それは昔からそうなっているから仕方がない!

つまり…

悪いヤツってのもウソ!!
ホントはくしゃみと砂糖のせいなんだよ~。
これからホントの話をするからよ~く聞いてくれ!!

昔々のある日の事、ひどい鼻風邪を引いていたけれど、
ばあちゃんにバースデーケーキを作っていたんだ。
そしたら砂糖が切れてしまい、となりの(子ブタさんの)家に
砂糖をわけてもらいにいったんだ……。

ミヅポンの声(^♀^)/
「くさいくさいチーズ坊や」でも、この二人には笑わせてもらったけど、この絵本もおもしろかった。「三びきのコブタ」の話を知っているからこそ面白いのかもしれないけれど(^♀^;)まさかオオカミの目線になって見るとは思わなかったです。オオカミが風邪を引いていて、たまたまくしゃみをして、コブタの家が吹っ飛んだとは思ってもみなかったです。おっと!!!ず~っと話していると、絵本の話を全て話してしまうので、このへんにしておきますね。ぜひこのあらすじが気になった人は読んでみて下さい♪♪頭がこんがらがってしまう人にはおすすめできませんが(^^:)そのへんは、お任せいたしま~す!


ゆき!ゆき!ゆき!

ゆき!ゆき!ゆき! ゆき!ゆき!ゆき!
オリヴィエ ダンレイ (2005/12)
評論社

この商品の詳細を見る

対象年齢:3歳くらいから~
作/絵:オリヴィエ・ダンレイ(Olivier Dunrea)…ヴァイジニア州の田園地帯に生まれ、山あいの村に暮らしている。その生活を生かして昔ながらの農場や、そこに暮らす動物達の様子などが絵本の中に登場している。
訳:たなか まや(田中 まや)…1966年千葉県に生まれ、早稲田大学第一文学部日本文学科を卒業。

あらすじФ(・♀・=)
くらいくらい夜…さむいさむい夜…
ママは暖炉の側でゆりかごに入った坊やを優しくゆらし、
ママの頭がコックリコックリ。
坊やも指をしゃぶってコックリコックリ。
ママの暖炉をかき落とす音。
坊やのかすかに動く音
ママがお家のドアをあけて「ゆき!ゆき!!ゆき!!!」と言った。
「坊や外は雪が降っているわ」ママは弾む声で坊やに言った。
コートにふわふわのマフラーをつけて坊やを抱き上げ…雪の中へ

ミヅポンの声(^♀^)/
短い単語が詩のようで、寒い冬の夜に親子が暮らす様子や、雪の音…親子の気持ちがよ~く伝わってきました。長い文章で伝えるよりも、短い単語の方が気持ちをギュッと詰め込む事ができるのだなぁ~と勉強になりました。さて質問です。冬の夜に雪が降っています。我が子は雪を見た事がありません…子どもと一緒に外に出て初めての雪を見せてあげますか?それとも風邪を引いてしまうと心配をして家の中で雪の様子を見せてあげますか?この絵本のお母さんはとっても雪が大好きなんですね。子どもと一緒に雪の中へ出て、初めての雪を肌で感じさせ雪の中で遊んでいます。どっちの答えも間違っていないのです。私だったら…どうするのかな?雪が好きでソリを持って外に出たいのも本音。子どもの体を気遣う気持ちのあるし…う~ん困ったな??今は一人で外で遊べるけどね…。


プレゼント

The Wonderful Wizard of Oz: A Commemorative Pop-Up (The Childhood of Famous Americans Series) The Wonderful Wizard of Oz: A Commemorative Pop-Up (The Childhood of Famous Americans Series)
L. Frank Baum (2001/01/31)
Little Simon
この商品の詳細を見る

The Night Before Christmas: A Pop-Up (Classic Collectible Pop-Up) The Night Before Christmas: A Pop-Up (Classic Collectible Pop-Up)
Robert Sabuda、Clement Clarke Moore 他 (2002/10)
Little Simon
この商品の詳細を見る

今日紹介するしかけ絵本は、プレゼントで両親から頂いた
『しかけ絵本』なのです。
(忙しい中、両親の年賀状を頑張って作ったからなぁ~)
それにしてはダイブすご~いプレゼントを頂いてビックリ!!
来年分もど~んと来い
(*^♀^*)ノ


この絵本を購入したきっかけは…ブログで仲良くさせて頂いている、らぴ~♪さんから「洋書のバーゲンをアマゾンでやっているよ!」とお聞きしまして、そこで初めて注文をして購入してみました。
(^^)らぴ~♪さん教えてくれてありがとぉ~☆
このしかけ絵本は、以前の記事で紹介をしましたが、伊勢丹で絵本展をやっていた時に見て気に入り、欲しかったのです。
けれど…高くて…グッと我慢した絵本なのです(^♀^;)
だから我が家に届いた時には大喜び♪♪
何度ページを開いたかわかりませんです。
ハイ!(=^エ^=)!
そのくらいこの『しかけ絵本』は、ホントすばらしいですよん。繊細に尚且つ精密にできているので、1ページをめくるのも真剣になってしまいます。きっとこの絵本を開いた人は気持ちがわかるはず…。

お話の紹介もしたいのですが
残念ながら英語が読めませんので私は…
そのうち翻訳ソフト君に頼って訳してみたいと思います。
「変テコに訳さないでぇ~」と、
ドキドキしながらパソコンに向かって翻訳を開始しますかぁ~。

こう言う時は、ホンキで学生の時に英語をもっと頑張れば良かったと思います。(その他も、まぁ~頑張ってないけれど…^^;)
当時は「日本から出なければいいのだぁ~!!うん!これで問題はないv(-エ-)vイエ~ス」と思っていたのになぁ
o(>♀<)o
浅はかだったぁ!!!!

ちくしょぉ~!
まぁ~過去は振り返らない性格って事で、この世の中にできない事はないのだぁ(=^д^=)なので頑張って訳します♪
エイエイお~♪
♪その他の絵本を紹介
Encyclopedia Prehistorica : Sharks and Other Sea Monsters Encyclopedia Prehistorica : Sharks and Other Sea Monsters
Robert Sabuda、Matthew Reinhart 他 (2006/04)
Candlewick Pr

この商品の詳細を見る

Encyclopedia Prehistorica: Mega Beasts (Sabuda Encyclopedias) Encyclopedia Prehistorica: Mega Beasts (Sabuda Encyclopedias)
Robert Sabuda、Matthew Reinhart 他 (2007/04/02)
Candlewick Pr

この商品の詳細を見る

Encyclopedia Prehistorica Dinosaurs Encyclopedia Prehistorica Dinosaurs
Robert Sabuda、Matthew Reinhart 他 (2005/07/12)
Candlewick Pr

この商品の詳細を見る


こねずみとえんぴつ

こねずみとえんぴつ?12のたのしいおはなしとえのほん こねずみとえんぴつ?12のたのしいおはなしとえのほん
ステーエフ、松谷 さやか 他 (1982/09)
福音館書店

この商品の詳細を見る


著者の紹介☆
作/絵:ステーエフ(B.Cyteeb)…1903年モスクワに生まれる。画家であり絵本作家でもあります。1928年国立映画大学舞台装置科を卒業。1924年頃から、子どもの為の新聞や雑誌で活躍をしています。ソビエトのアニメーション映画の創始者として絵を描き、監督脚本家としても名作を生み出しています。
訳:松谷 さやか(まつや さやか)…東京に生まれ、早稲田大学露文科修士課程修了。在学中に早大童話会に所属、児童図書の編集に携わりロシア・ソビエト児童文学の翻訳を始めました。

♪その他の絵本
あめのひ きのこは…… あめのひ きのこは……
ステーエフ、ミラ=ギンズバーグ 他 (1976/01)
偕成社
この商品の詳細を見る

ニャーンといったのはだーれ / ステーエフ、西郷 竹彦 他
ちいさなちいさなふね / ステーエフ、松谷 さやか 他

あらすじФ(・♀・=)
この絵本は、12の小さなお話が入っています!もくじと簡単なあらすじを紹介!
1.ひよことあひるのこ
卵が割れてアヒルが生まれると、すぐその横の卵が割れてヒヨコの子どもが生まれました。二人はいつも一緒。何をするにも一緒。アヒルにできる事はひよこにも出来る!けれど……これはできる?

2.三びきのこねこ
白と黒と灰色の三びきのネコ。ネズミを追って小麦粉の入ったバケツの中へ!!おやおや??みんな白いネコになっちゃったぁ~。どれがホントの白いネコなの?外へ出るとカエルがピョンピョン飛んでいるよ。三匹は追いかけて……

3.きのこのかさ
急に雨が降って来て、アリはキノコの傘で雨宿り。でも雨はマスマスひどくなってきました。そこへ飛べなくなったチョウチョがやってきて、チョウチョもキノコの傘の中へ…そして…

4.にゃーおといったのはだれ?
子犬が眠っていると、どこからか『にゃ~お』と声がしました。どこから泣いているの?部屋の中を探して昼寝の邪魔をしたヤツが見つからない。窓の外を見ると雄鶏が散歩をしていました。「あいつだな!」雄鶏に「にゃ~お!と鳴いたのは君かい?」と訪ねました。すると……

5.いろんなおおきさのくるまのわ
小さな家には雄鶏とハリネズミとハエとカエルが仲良く暮らしていました。みんなで森にでかけると、原っぱで車の大きさが全て違った古い荷車を見つけました。そこにウサギがやって来て言いました。「これはね、クマさんが作って途中でやめてしまったんだ」そこで4人は家にもって帰る事に……。

6.ちいさなふね
子どものカエル・ヒヨコ・ネズミ・アリ・てんとう虫が散歩にでかけました。そして小川にやってくると、カエルは水の中に飛び込んで「みんなおいでよ~」と言うのです。けれど、ほかのみんなは泳げません。カエルは大笑いでからかいました。そこでみんなは考えました。そして……

7.たすけぼう
ハリネズミが家に帰る途中ウサギを見つけて一緒に帰ることにしました。道に通せんぼするように長い棒が落ちていました。ウサギはその棒で転びそうになり、蹴飛ばしました。けれどハリネズミはその棒を持って歩き始めました。すると帰り道に小川がありました。ウサギはヒョイっと向こう岸へ…そしてハリネズミをからかうのです。ハリネズミは棒を小川の真ん中に突き刺して、向こう岸へ!ヒョイ!ウサギはちょっとハリネズミを尊敬しちゃいました。けれどハリネズミは「この飛び越え助け棒のおかげさ」と言いました。それからもっと歩くと沼地がありました。ウサギはピョンピョン飛んで、遅いハリネズミを馬鹿にするのです。所が足を滑らせてウサギは沼にドボ~ン。そしてブクブク沈んでいきます。「助けてぇ~!」ハリネズミは棒をウサギに渡して引っ張りました。ウサギは「引っ張り助け棒」のおかげで助かりました。またまた、さらに行くと………

8.りんご
秋もそろそろ終わりの頃、ウサギは森でりんごを見つけました。でも高くて届きません。そんな時カラスがやってきてリンゴを落としてくれました。ウサギがリンゴを取ろうとすると…ハリネズミが持っていてしまいました。「あっ!僕のリンゴだぞぉ~!!」ハリネズミは「僕の所に落ちてきたんだ」と言います。そこにカラスがやってきて「いいえ!これは私が落としたのよ!!」さてさて誰のリンゴ??3人は大喧嘩…そんな時やってきたのは……

9.こねずみとえんぴつ
男の子のボーバの机に鉛筆が一本。そこへ夜中にネズミがやってきてその鉛筆を持って行きました。「離してよ!!」鉛筆は言いました。ネズミは歯がかゆくて仕方がありません。そこで鉛筆をガリガリやろうとしています。鉛筆は「最後に絵をかかせてくれよ~。」とネズミに言いました。ネズミは最後に絵を描かせる事にしました。さて鉛筆は何の絵をかくのでしょうか??

10.おんどりとえのぐ
男の子のボーバは雄鶏の絵を描きました。ところが色を塗るのを忘れて雄鶏はでかけてしまいました。雄鶏は水溜りに映る自分の姿にこまっていました。そこへ犬がやってきて言いました。「えのぐさんの所へいってごらん」雄鶏は筆を持った絵の具さんの所へやってきてお願いをしました。雄鶏は綺麗な色に塗ってもらえるのかな??

11.きまぐれなめすねこ
女の子が絵を描いていると、暇なトラ猫がやってきて見物をはじめました。「何を描いているの?」と尋ねると、女の子は「お前のおうちよ!」と答えました。赤い屋根に煙突からモクモク煙…窓もドアも描いて…「あれ?じゃ~散歩はどこでするの?」猫はまたまた尋ねました。「ここよ」と更に絵を描き足しました。すると猫は「これがお庭なの?お庭はこんなもんじゃないわよ」と馬鹿にしました。女の子は更にお庭に木や野菜畑に花を描きました。それから……。

12.おしょうがつのもみのきまつり
今日は12月31日のカレンダーの最後の日。もみの木祭りです!!けれど、肝心のもみの木がありません。そこで、さむさむおじいさんに手紙を書き、外の雪だるまの郵便屋さんにお願いをしました。子ども達がいなくなると…「まいったなぁ~大変なお願いをされたぞ!」と雪だるまの郵便屋さんは思いました。そこへ犬のボービックが来て一緒にでかける事に。雪だるまの郵便屋さんとボービックは森の中へ歩いて行くと、ウサギに会いました。さむさむおじさんの家を聞こうと思ったのに、ウサギはキツネに追われて大忙し。それにつられてボービックもウサギを追いかけて行ってしまい、雪だるまは一人でお手紙を届けなくてはなりません。そこへ強い風が吹いて…雪だるまをサラサラの雪に変えてしまいました……手紙はどうなってしまうの???


ミヅポンの声(^♀^)/
12番に冬の絵本が入っていたので、この絵本を紹介してみました。この絵本は12個のミニミニなお話が、入っていたので楽しかったです♪子どもさんと一緒に今日はこのお話ね!と話しながら読むのも楽しいのではないでしょうか?私は4日にわけてチビチビ読んでいましたよん(^^)みなさんは12個のミニミニ絵本の中でどの作品が好きですか?私は……どれだろう??


ゆきがやんだら

ゆきがやんだら ゆきがやんだら
酒井 駒子 (2005/12)
学習研究社
この商品の詳細を見る

対象年齢:4歳くらいから
著者の紹介☆
酒井駒子…1966年兵庫県に生まれる。東京芸術大学美術学部卒業。絵本を中心に挿絵やイラストレーションでも活躍しています。2005年には『金曜日の砂糖ちゃん』でブラティスラバ世界絵本原画展(BIB)金牌受賞。
酒井駒子さんの作品は過去の記事でも紹介をしていますので、そちらからごらんくださいませぇ★(下をクリックしてね)
『きつねのかみさま』
『よるくま』
『金曜日の砂糖ちゃん』
『ロンパーちゃんとふうせん』

♪その他の絵本
ぼく おかあさんのこと… ぼく おかあさんのこと…
酒井 駒子 (2000/05)
文溪堂
この商品の詳細を見る
赤い蝋燭と人魚 赤い蝋燭と人魚
酒井 駒子、小川 未明 他 (2002/01)
偕成社
この商品の詳細を見る

ぐらぐらの歯―きかんぼのちいちゃいいもうと〈その1〉 ぐらぐらの歯―きかんぼのちいちゃいいもうと〈その1〉
ドロシー エドワーズ (2005/11)
福音館書店
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
ウサギの男の子が朝、目を覚ますと「まだ眠っていていいのよ」とママが言いました。「なんで?」と聞いたたら…今日は幼稚園がお休みになったのです。それはね…昨日からの雪でバスが動かなくなったから。僕は急いで外に出ようと靴を履きました。けれどママに止められてしまった。僕はママの目を盗んでベランダに出てみた。雪はおやつの時間になってもやまず、ママも買い物に行けないから僕とトランプをして遊んだよ。パパは今日帰るはずだったけれど、飛行機が飛ばないから帰れない…。夜になって外を見ると雪が降ってないよ!!ママにお願いをした。「外に出てもいい?」……。

ミヅポンの声(=^♀^=)/
酒井駒子さんの絵は、「よるくま」などのかわいらしい表現と、大人な感じのこの絵本のような感じにわかれているのですが、私は両方とも好きです(^^)今回は、お母さんと子供のやりとりも良いのですが、雪の白さがとても好きでした。雪がた~くさん降ると、外は車の通りもなくなり静かな音しか聞こえなくなります。絵本を読んでいると、その景色の中にいるような寒さが伝わってくるような気がしました。雪が降ると何時になっても、遊びたいものですよね~!夜は真っ暗なはずなのに、雪で明るくなるなんて幻想的ですよね。私はみんなが寝静まった頃に、かまくらを作った記憶があります。今では寒くて…とても無理だけど…(^^;)そして完成して、中に入ってみかんを食べるのが最高なのです…うひひ!でも朝になると、近所のこどもにとられてしまうんだよね。「これ誰が作ったのかね~?」なんて話が聞こえてくると、心の中で「私だよ~ぉ」と、ちょっと笑ってしまいます。


エビ

我が家に新しい家族が増えました!!
2007.1.13-2.jpg

エビちゃん×5なのです(=^♀^=)名前は…あり?何だっけ…レッド…何とか??
しまった忘れてしまったo(>エ<)o
とにかくエビちゃんなのですぅ~!

このエビ、ペット屋さんが言うには…
真っ白な色をしていると
価格が50万円近くもするとか…ビックリ!!!
赤が少ないほどお高いらしいっす。
ちなみにうちは見ての通り。うひひ
でも私は
赤と白のシマシマの方がかわいいと思うのですがね(^^;)
まぁ~奥が深いのでしょう♪

結構繊細なエビちゃんなので、お水に気をつけて
大切に育てるぞぉ~!!
子供が生まれたらまた紹介しますね。
お楽しみにぃ~(^^)

2007.1.13.jpg


冬(ふゆ)

冬
五味 太郎 (1981/03)
絵本館

この商品の詳細を見る

対象年齢:4歳くらいから~(ふりがな付き漢字を含む)
著者の紹介☆
五味太郎…1945年東京に生まれ、桑原デザイン研究所ID科修了。工業デザイン・グラフィックから絵本の世界に入り350冊以上のユニークな絵本を生み出している。サンケイ児童出版文化賞・ボローニャ国際絵本原画展・路傍の石文学賞など多数受賞している。
以前ブログで紹介をした『メイシーちゃん』では翻訳をされています。そちらもご覧下さい♪下をクリックしてね。
Go!Go!!→『メイシーちゃんおたのしみひろばへゆきます』ワ~プ
その他にも、過去のブログから五味さんの作品を見てね♪
Go!Go!!→『あきはいろいろ』へワ~プ

Go!Go!!→『ふゆはふわふわ』へワ~プ

♪その他の絵本
ん・ん・ん・ん・ん ん・ん・ん・ん・ん
五味 太郎 (1995/04)
偕成社
この商品の詳細を見る


ぬぬぬぬぬ ぬぬぬぬぬ
五味 太郎 (1994/06)
偕成社
この商品の詳細を見る


どどどどど どどどどど
五味 太郎 (1992/10)
偕成社
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
氷のくにの深い谷から、ひゅ~っと生まれでた風は
雪の原を滑って、白フクロウの翼をかすめ…トナカイの角の間をするりとぬけて……
空気を冷やし雲を凍らせ……
陸に飛び込み、勢いを増して…
山をかけこえて…やがて…

ミヅポンの声(=^♀^=)/
これまでに五味さんの作品を何冊か読んだ事がありますが、いままで同様に文字の少ない絵本ですが、この絵本は、「勢いが違う!!」と感じたのは私だけかしら??
読んでいるうちにだんだん力が入ってきて、最後に吹き抜ける風はとても心地よく、絵本の中の○○をふきあげました。ぜひみなさんも読んで、この冬の冷たく、たくましい風を感じてみてください♪
何じゃ??この読み終わった後の爽快感は??(=0^♀^)0こんなに短い文の中に、こんなに思いをこめられる五味さんを尊敬しちゃいます!!


ゆきのひのおみやげ

2007.1.12.jpg

こじまのもりのゆきのひのおみやげ / あんびる やすこ

対象年齢:3歳くらいから
著者の紹介☆
あんびる やすこ…群馬県に生まれ、東海大学文学部日本文学科を卒業。テレビアニメーションなどの美術設定を担当していました。それから玩具デザイナーとして活躍をしています。

♪その他の絵本

こじまのもりの はるになったらしたいこと こじまのもりの はるになったらしたいこと
あんびる やすこ (2006/02)
ひさかたチャイルド

この商品の詳細を見る
こじまのもりのきんいろのてがみ こじまのもりのきんいろのてがみ
あんびる やすこ (2004/09)
ひさかたチャイルド

この商品の詳細を見る
はこをあけると… はこをあけると…
あんびる やすこ (2006/09)
ひさかたチャイルド

この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
ひんやりとした夜のこと…そろそろ冬のお休みをする季節がやってきました。今夜から春まで眠るのです。やまねの親子も眠るはずでしたが、小さい双子のやまねは、何か起きないかとワクワクしていました。「冬の森はどうなるの?」と双子のやまねが尋ねると「そうねぇ~。りすさんが言うには、真っ白になるんですって…」やまねのお母さんは、眠っているので冬がどんな風景になるのか知りませんでした…そしてやまね親子は春までの眠りにつきました…ところがある日、双子のやまねが目を覚ましてしまいました。けれど、お母さんは眠ったまま。双子はあたりを見回すと、お母さんからの手紙を見つけました。双子は手紙を開いてみると、「目がさめてしまったら、刺繍ねずみさんの家に行ってくださいね♪」と書いてありました。早速、双子のやまねは身支度を整え、楽しさいっぱいで出かけて行きました……。

ミヅポンの声(=^♀^=)/
動物は冬眠すると…ず~っと春まで眠っているけど、よく眠っていられるなぁ~(^^;)と思っていました。でも子供のやまねちゃんたちは、冬がこんな風なのかわからず、ワクワクしていたようですね!!起きてしまう気持ちがよくわかります。私だって冬眠しなくてはならないとしても、外が気になってしまいます!この絵本の刺繍ねずみさんの家に行ってどんなことをするのでしょうかねぇ~?それは読んでからのお楽しみなのです。


ひちろの絵のひみつ

ちひろの絵のひみつ ちひろの絵のひみつ
ちひろ美術館 (2006/07/22)
講談社

この商品の詳細を見る


著者の紹介☆
いわさき ちひろ…福井県に生まれ、東京で育ち東京府立第六高校女学校を卒業。絵を岡田三郎助、中谷泰、丸木俊さんに師事、書を藤原行成さんから学びました。子供の生涯を描いた絵は数多く9300点もの作品を残し、1974年55歳の若さでこの世を去りました。1977年に東京のアトリエ兼自宅に美術館を開館、その後1997年には安雲野みの美術館を開館しました。

♪その他の絵本
しらゆきひめ しらゆきひめ
いわさき ちひろ、グリム 他 (2005/07)
講談社

この商品の詳細を見る
にんぎょひめ にんぎょひめ
アンデルセン、曽野 綾子 他 (1967/01)
偕成社

この商品の詳細を見る
はくちょうのみずうみ はくちょうのみずうみ
いわさき ちひろ、立原 えりか 他 (2005/03)
講談社

この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
この本は、ちひろさんの絵画の技法を色々なかたちで紹介をしている本です。画材(筆・絵の具・パステル・スケッチブック)や、ちひろさんの絵画の色のはなし…構図の決め方や、ちひろさんの技法でにじみの効果を生かしたテクニックの紹介・鉛筆画での線の効果などなど…この1冊にたくさんの素敵な絵を入れて紹介しています。

ミヅポンの声(^♀^)/
先日「ちひろ美術館」に初めて行ったときに、展示室の作品を見て…なんてステキな作品なのだろう!!と感動してしまいました。絵本で見るのもステキだと思っていたのに…、私は何を見ていたのだ?と思うほど、すご~い感動をしてしまいました。この絵本を読んで水彩の効果をマネしてみるのですが、私にはとっても無理でしたぁ。何だか濃い色を混ぜてしまったようで目がチカチカしちゃいました。でもこんなすばらしい技術を使って描けるように何度も練習したいと思いま~す。美術館でみた作品の中に、背景をにじみで表現し、ススキを塗らずに紙の白を残しているのが印象に残っています。紙の白さでススキを表現した存在感ったらないですよ~。そして水彩だけではなく鉛筆画なのですが「雪のなかで」という作品の女の子の横顔がとても気に入って、ポストカードを買ってきました。色がないのに色があるような、その気持ちが伝わってくるような感じで、と~っても好きになりました。みなさんはちひろさんの作品で好きなのはありますか??絵本もた~くさんあるので読んでみて下さいね(^^)♪


ゆきだるまのクリスマス!

ゆきだるまのクリスマス! (児童図書館・絵本の部屋)
ゆきだるまのクリスマス! (児童図書館・絵本の部屋)
マーク ビーナー、キャラリン ビーナー 他 (2006/11)
評論社

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:3歳くらいから~
著者の紹介☆
文:キャラリン・ビーナー/絵:マーク・ビーナー…8人の子供の両親で、(この絵本が紹介された時)アメリカのユタ州に住んでいます。夫婦で一緒にたくさんの絵本をこの世に送り出していますが、最初の「ゆきだるまは、よるがすき」が大人気となりこの絵本が誕生しました。
訳:せな あいこ…東京生まれ。同志社大学文学部を卒業。

『ゆきだるまはよるがすき』は以前、ブログで紹介をしました。下をクリックして過去のブログも見るとさらに好きになるかも…ぜひ参考にしてくださいませ^^)
『ゆきだるまはよるがすき』にワ~プ(o^♀^)o

その他の絵本♪
ゆきだるまはよるがすき! ゆきだるまはよるがすき!
マーク ビーナー、キャラリン ビーナー 他 (2005/12)
評論社

この商品の詳細を見る
ゴリラのマービンにげちゃった ゴリラのマービンにげちゃった
キャラリン ビーナー、マーク ビーナー 他 (1996/10)
徳間書店

この商品の詳細を見る
ふうせんばたけのひみつ ふうせんばたけのひみつ
マーク ビーナー、H.ジャーディン・ノーレン 他 (1998/02)
徳間書店

この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・)
クリスマスイヴに僕は大きな雪だるまを作った。
クリスマスが待ちきれなくて、今にも動き出しそうな雪だるま。
どんなことをするのかな?!

夜になって僕がクリスマスのごちそうの夢を見ていたころ、
雪だるまは走り出して、とおりを抜けて…

ピカピカ光る町の広場にやってきた。

広場はパーティーの準備中。
仲間の雪だるまがみんな広場にやってきて、
「やぁ~!」と手を振ったり、うれしそうな雪だるまたちでいっぱい。

子供たちは駆け回り、
雪だるまママのご自慢のお菓子は、もちろんアイスクリームとかき氷!
バイオリンの音が鳴り出すとみんなでダンスの始まりだよ~。

そんな時、誰かが…「シィ~静かに!(>ж<)!」と言った。
丘を越えて、鈴の音が遠くから聞こえてきたよ…

それは雪だるまの○○○○に乗った○○○さん!! 

ミヅポンの声(^♀^)/
この絵本はクリスマスに紹介したかったのですが、図書館で予約待ちをしている間に年が明けてしまいました(^エ^;)けれどかわいいし…今年の12月までなんて長すぎて待てないし…せっかくなので紹介をさせてください♪♪以前、過去のブログで紹介をしました「ゆきだるまは、よるがすき」が気に入ってしまいましてねぇ~!ゆきだるまがとってもかわいいんだもん(^^)この絵本を読んだ方は、雪の中などに隠れている、猫・うさぎ・サンタの顔・ティラノザウルス・小さなねずみくんを探すことができたかな?私はみつけましたよ~。発見できる幸せがある絵本は楽しくて好きです。ぜひクリスマスはすぎてしまいましたが、まだまだ寒い冬は続くので、この絵本を読んでみてくださいね☆


行ったよん!

2007.1.9-1.jpg


東京都練馬区にあるちひろ美術館に行ってきましたぁ(^♀^)/
上井草駅から10分くらい天気の良い中、テクテク歩き…民家の静かな一角に、茶色い建物がありました。そこが東京のちひろ美術館なのです☆

ちひろさんの絵もとても好きなのですが、1月31日までやっているロシアの絵本作家さんでユーリー・ノルシュテインさんの原画展が見たくて今回行ってきました。
前々から、ちひろさんの美術館があることを知っていて、一度は行きたいと思っていたので、この機会に行く事ができてよかったです♪♪

ちひろさんの絵は水彩でにじみの効果を生かした淡くて柔らかい絵で、真似のできないすばらしい構図と素敵な色が美術館の中に広がっていました。美術館は30年にもなるようです。そして長野にも美術館があるみたいで、そこも今度行ってみたいと思います(^^)

ノルシュテインさんは,以前このブログでも絵本を2冊紹介した事があるのですが、肉厚な…といいますか、しっかりした絵の具で描かれていて、私の好きな作品でした。チタニウムホワイトを紙の上に塗って、その上に絵の具で描いているようです。「なるほど~♪」と勉強になりました。

両者共にとても素敵な作品で感動しちゃいましたぁ~。行ってよかった!ぜひ興味のある方は足を運んでみて下さいね。

♪以前紹介したノルシュテインさんの絵本は、下をクリックして見てね(^エ^)♪♪
『きつねとうさぎ』にワ~プ(^∀^)ノ
『きりのなかのはりねずみ』にワ~プo(^♀^)o

2007.1.9-2.jpg

(館内にあったパンフレットから拝借)
ちひろ美術館はこちらからHPをごらんください!
『ちひろ美術館』にワ~プ(*^♀^*)




ミスター・ランチひこうきにのる

ミスター・ランチひこうきにのる ミスター・ランチひこうきにのる
ジェイ・オットー シーボルド、ヴィヴィアン ウォルシュ 他 (2005/05)
ソニーマガジンズ

この商品の詳細を見る


著者の紹介☆
文/絵:ジェイ・オット‐・シーボルド(J・Otto Seibold)…1960年ハリウッドに生まれる。絵本の他に広告やアニメーションなどでも活躍をするイラストレーターデザイナー。日本でも有名なのがNTTタウンページのキャラクターデザインがあります。
文:ヴィヴィアン・ウォルシュ(Vivian Waush)…夫であるジェイ・オット‐・シーボルドと共に沢山の絵本を出版している。二人の代表作として『トナカイになったオリーブ』『かたつむりのグレーイのおはなし』など他多数ある。
訳:青山南…福島県に生まれ数多くの翻訳を手掛けています。ジョン・シェスカ&レイン・スミスの『算数の呪』レイン・スミスの『たのしいホッキー・ファミリー!』ジョン・バーニンガム『アボガド・ベイビ』など。

♪その他の絵本
ミスター・ランチ カヌーのたび ミスター・ランチ カヌーのたび
ジェイ・オットー シーボルド、ヴィヴィアン ウォルシュ 他 (2005/07)
ソニーマガジンズ

この商品の詳細を見る
ミスター・ランチをすくえ! ミスター・ランチをすくえ!
ジェイ・オットー シーボルド、ヴィヴィアン ウォルシュ 他 (2005/09)
ソニーマガジンズ

この商品の詳細を見る
かたつむりのグルーイのおはなし かたつむりのグルーイのおはなし
ヴィヴィアン・ウォルシュ、J.オットー・シーボルド 他 (2002/12)
旺文社

この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
ある日、鳥をおいはらってから家の中に入ると一本の電話がなりました。「鳥をおいはらう名人芸をぜひテレビで見せて下さい」テレビ局の司会者からでした。喜んでミスター・ランチはオッケー!!そして飛行機に乗る為に勉強をしました。パスポートを取ったり地図を眺めたり必要な物をカバンに詰めてさぁ~。ところが空港に着くと「犬は下と」書かれてあり、ミスター・ランチは荷物と一緒に荷物室に連れて行かれてしまいました。こんな事で悲しむミスター・ランチではないのです。人のカバンを開けて。

ミヅポンの声(=^♀^=)/
かわいいミスター・ランチですが飛行機の荷物室で人のカバンを開けてしまって大丈夫かな?ちゃんともとに戻して無事テレビ局で鳥を追い払う事ができるのか心配です。この絵本は絵の中に文字が書いてあるので、物や動物や人のちょっとした勉強になると思いますよ。私もね~こんなにかわいい英語の本があったら、きっと今頃は英語が話せる人になっていただろうに。NTTタウンページのキャラクターかぁ~!
家の中のタウンページを探してみますね!!これか???


まんまるねこダイナ

まんまるねこダイナ まんまるねこダイナ
西村 香英 (2005/06)
小学館

この商品の詳細を見る


著者の紹介☆
西村 香英(にしむら かえ)…愛知県に生まれ国際基督教大学で美術史を学び、アイルランドの国立美術大学・ボストン美術館付属校、アメリカのアートスクールで学び、絵本作家となる。この絵本のオリジナル版”Dinah!a cat adventure"はニューヨークのイラストレーターズ「オリジナルアートショー2004」に入選しました。
センターフォーチルドレンズブックからも推薦図書として認定されるなど現代を代表する絵本作家さんです。

♪その他の絵本
そのままのキミがすき そのままのキミがすき
西村 香英、木村 裕一 他 (2003/10)
PHP研究所

この商品の詳細を見る

アイスクリームごっこ? アイスクリームごっこ?
にしむら かえ、二宮 由紀子 他 (2003/09)
ポプラ社

この商品の詳細を見る

♪翻訳なし絵本
Bunny Lune Bunny Lune
Kae Nishimura (2007/08/20)
Clarion Books

この商品の詳細を見る
I am Dodo: Not A True Story I am Dodo: Not A True Story
Kae Nishimura (2005/09/12)
Clarion Books

この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
ある日、お父さんとお母さんと男の子の3人家族に、新しいシマシマ猫が増えました。名前はダイナ。みんなダイナが大好きで、お父さんは隠れてたまごを(おひめさま…みんなには内緒だよ~。)・お母さんはみんながいない時にミルクを(かわいいおちびちゃん…みんなにはな内緒ねぇ~)・男の子は内緒でお菓子を半分こ(だって友達だもん…みんなにヒミツね)とダイナにご飯をあげました。ダイナは気付けばマルマルとした猫になってしまったのです。ダイナは外に出た事がありません。どんな世界なのか気になり外を眺めようと思ったら、「うわぁ~!!」窓からコロコロ転がって、外の世界に飛び出してしまいました…ダイナはどうなってしまうの?

ミヅポンの声(=^♀^=)/
うちにもダイナに近い男の子の猫がいました。重くってね~(=>♀<=)なにせ10キロ近くも体重があるのですから、猫のトイレの砂を持っているのか、猫をもっているかと言うくらい重かったです。顔なんて私の一回り小さいくらいで猫の顔ってこんなに大きいの?と言った感じでした。うちの猫が外に出た時も大変でした。何せ近所の猫はこんなに大きな猫を見た事がないのですから。ケンカとなると目を合わせてビックリして後ずさり。あっ!!でもウチの猫はケンカの仕方を知らないので突っ込んで行くしかないのですけど。そんなわけで、この絵本はとても私の家に近い話だったのです。みんなが大好きでご飯やお菓子をちょこっとずつ多くあげてました。この絵本を先に見ていたら反省したのに~。


福福袋

1年の始まりは
やっぱ福袋でしょっ(=0^♀^)0♪

2007.1.6-2.jpg


私の好きなジブリグッズの福袋なのです!
今年は、昨年と同じく2個です。
福袋は1個=3千円。去年は2千円でだったけど…。

でもこ~んなに沢山
かわいのが入っているなんて幸せだにゃ~p(^♀^)q
同じ物が入っていても、なんのその♪♪

毎年これが楽しいのよね~(=^3^)/

家に帰ってから、水苔と多肉植物を買って素焼きのトトロポットに植えてみました。
2007.1.6-1.jpg

おぉ~満足です!!

相棒よ!福福袋を買ってくれてありがとう♪
来年も宜しくね(^♀^)


ペネロペゆきあそびをする

ペネロペゆきあそびをする ペネロペしかけえほん
ペネロペゆきあそびをする ペネロペしかけえほん
(2004/08)
アン・グットマン、ゲオルグ・ハレンスレーベン 他

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:2歳くらいから~(しかけ絵本)
著者の紹介☆
文:アン・グットマン…1970年フランスのパリに生まれる。夫のヘレンスレーベンと2人の娘とパリ在住の絵本作家。夫とのコンビで描いた『リサとガスパール』シリーズは『ペネロペ』シリーズと共に、ぬいぐるみや生活用品・文房具などキャラクターのかわいさが大人気です。
絵:ゲオルグ・ハレンスレーベン…1958年ドイツに生まれる。幼い頃からデッサンや水彩画を学び、19歳で初の個展開催後、画家として活躍してきました。日本でも幅広く多数の絵本が出版されています。

♪その他の絵本
森のかいぶつドギモヌキ―ポリーヌちゃんがんばる 森のかいぶつドギモヌキ―ポリーヌちゃんがんばる
ゲオルグ・ハレンスレーベン、今江 祥智 他 (2001/12)
ブロンズ新社

この商品の詳細を見る
目をつむるのよ、ぼうや 目をつむるのよ、ぼうや
ゲオルグ ハレンスレーベン、ケイト バンクス 他 (2002/12)
ブロンズ新社

この商品の詳細を見る
夜になると 夜になると
アン グットマン、ゲオルグ ハレンスレーベン 他 (2005/12)
BL出版

この商品の詳細を見る


「ペネロペ」シリーズと「リサ&ガスパール」シリーズは以前も紹介をしているのでぜひごらんくださいませ!!

Go!Go!!→「おなかすいたね、ペネロペ」ワ~プ

Go!Go!!→「メリークリスマス、ペネロペ」ワ~プ

Go!Go!!→「リサとガスパールのクリスマス」にワ~プ

あらすじФ(・♀・=)
今日はペネロペ雪あそびの準備をしています。あれ??手袋はどこにあるんだ??
?たんすの中を探してごらん
ないなぁ~
?ベッドの中かな?!
さて準備はできました。
?最後に靴を履けばOK「よ~し外で遊ぼう!」
お外は雪がいっぱい積もっています。ペネロペは大喜び
大きな丸い玉を作ったよ。
?一緒にユキダルマを作るお手伝いをしてね
今度は雪合戦
?ペネロペの雪のボールに気をつけて!
今度は何をして遊ぼうかなぁ~。
そうだソリで遊ぼう…あれ?ソリはどこ??
?みんなに手伝ってもらって探さないと~ぉ
………?

ミヅポンの声(=^♀^=)/
やっぱりペネロペはかわいいねぇ!!とっても大好きです。NHKでペネロペをやっていた時は、毎日楽しみにビデオに撮って見ていたのにぃ(=>♀<=)終わってしまうなんて…大ショック。でも春頃にDVDが出るとか…うふふ…それを聞くと幸せになれる私。ペネロペの絵本もしかけ絵本も幸せになれる一冊です。今回のしかけはひっぱる事が中心でめくるところがちょっとありますよ~。ペネロペと一緒に、ひっぱって雪遊びを楽しんでねぇ~(=^3^)そう言えば…今年は神奈川県に、雪が降らないなぁ~。た~くさん降ったら、夜にユキダルマ作ってソリに乗ってすぺるんだぁ~。雪が降ると夜でも明るくて、雪の反射がキレイですよね。早く降らないかなぁ~(=0^♀^)0雪よ来い♪♪
雪の沢山降る地方は大変かと思います。怪我のないように注意して、雪かきをしてくださいね。


ねことまほうのたこ

ねことまほうのたこ ねことまほうのたこ
ヘレン クーパー (1988/05)
岩波書店

この商品の詳細を見る

対象年令:小学校低学年から(ふりがな付き漢字が含まれます)
著者の紹介☆
作:ヘレン・クーパー(Helen Cooper)…1963年にロンドンに生まれ、湖水地方のカンブリア州で育ちました。「いやだあさまであそぶんだい」は、1997年にケイト・グリーナウェイ賞を受賞しました。1999年には、さらに「かぼちゃスープ」で2度目の同賞するという快挙を成し遂げた。

♪その他の絵本
かぼちゃスープ かぼちゃスープ
ヘレン クーパー (2002/05)
アスラン書房

この商品の詳細を見る
こしょうできまり こしょうできまり
ヘレン クーパー (2005/11)
アスラン書房

この商品の詳細を見る
いやだあさまであそぶんだい いやだあさまであそぶんだい
ヘレン クーパー (2004/05)
アスラン書房

この商品の詳細を見る


3つ共に過去の拙ブログで紹介をしていますので、下の各項目をクリックして過去の記事に進んで下さいませ♪

『こしょうできまり』にワ~プ(=>♀<=)
『かぼちゃスープ』にワ~プp(^♀^)q
『いやだあさまであそぶんだい』にワ~プ(=^3^)/

訳:掛川恭子…東京に生まれ、津田塾大学英文科を卒業しました。数多くの訳書を出版しています。

あらすじФ(・♀・=)
ある日キットはぼんやり庭に座って、やることもなく暇をもてあましていました。「つまらないな~家を飛び出して広い世界がみたいな」と思っていると、黄色いタコが空から落ちてりんごの木に挟まってしまいました。キットはりんごの木に近付くと、タコは糸がなく七色の長いしっぱがついていました。どうやらその長いしっぽが木にからまってしまったようです。キットが七色のしっぽに捕まると…「びっくりした!!魔法のタコなんだからね、」キットはびっくりしました。「魔法のタコだって?!」「そうさ。僕は魔法のタコ!どこへだって飛んで行けるんだ。木にからんだしっぽを取ってくれたら好きな所に連れて行ってあげるよ。」やったぁ~キットの夢がかなったのです。キットはタコに乗って狭い庭から出かけていきました……。

ミヅポンの声(=^♀^=)/
ヘレン クーパーさんの絵がかわいいので、この絵本で4作目の紹介になりました。この作品は残念ながら画像がないのです。3匹のネコ・アヒル・リス君のシリーズとは感じが違うし、「いやだあさまであそぶんだい」ともちと違う感じなので、3作品の違った作品を感じる事ができました。みなさんはどの作品が好きですかな??私は……?!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。