スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゲド戦記

20061103222920.jpg
今日はみなさんよりもダイブ遅いのですが、ジブリ映画『ゲド戦記』を見に行きました。ゲド戦記スタートから不評の声もあって心配をしていたのですが、とっても楽しかったです。宮崎五郎監督のアジが出ていました。宣伝では父の宮崎駿監督と絵が似ているのかなぁ?なんて思っていたのですが、やはり個性がありよかったと思います。私はナゼ不評の声があがったのか不思議です(=^_^=;)

テルーの「いのちを大切にしない奴なんて大嫌いだ!」が心に響きますo(=>♀<=)o生は死の中にあるもの…光があるから影がある…生きる事は死ぬことでもある。ん~~簡単なような言葉は永遠のテーマと思うほど難しい事です。生と死については誰しも思うことで、死は1度しかこないから、とても怖い事。それを受け入れてどう生きるかは難しいですよね。人それぞれ生き方も違うし…考え方も違うし…そのテーマを映画で表現するのはとても難しい事です。私も絵本で子供たちに大切な事を伝えられる人になれたら、生きる事と死ぬ事の答えが少し見えるのかな~って思います。

最近、親が子を子が親を無差別に殺す事件ばかりです。この映画を見て、もう一度考えて欲しいです。

ホントは原作のゲド戦記を全て読んでから劇場に行きたかったのですが…時間がなくて見れませんでした。でも…終わってから「どうなのよ~?!」って事で読んでみたいと思ってます(=^♀^=)/

☆参考までにソフトケースのゲド戦記本を紹介します!!

ゲド戦記 全6冊セット Book ゲド戦記 全6冊セット

著者:アーシュラ・K・ル=グウィン
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

さらに映画で見逃してしまった方は、また見に行ってもOKだし…漫画でじっくり何度も読んで見て下さい(=^♀^=)/4巻ありますよ~♪♪

DVDは1年後なので待てない方は漫画で我慢です(=^_^=;)私も我慢です…。

ゲド戦記 1 (1) ゲド戦記 2 (2)

ゲド戦記 3 (3) ゲド戦記 4 (4)


スポンサーサイト
スポンサーサイト

トラックバックのお願い☆

いつもジアスのリトルアイランドをご覧になってくださりありがとうございます(=^♀^=)/

最近トラックバックなどに当ブログの内容とは全く関係のないものが貼られる事があり困っています。トラックバックやリンクは自由なものとしているのですが、あくまでも『ジアスのリトルアイランド』は子供に夢のある絵本の紹介や美術に関する紹介・自分の作品の紹介などを目的にしているブログです。同じ記事でのトラックバックのみでお願いします。

<注意>アダルト関係や悪質なものに関してはご遠慮くだいさすようお願い致します

これからもより良いブログを目指してまいりますのでジアスのリトルアイランドの応援ヨロシクお願いしますm(^♀^)m


トスカのおくりもの

トスカのおくりもの トスカのおくりもの
アン=モーティマー、マシュー=スタージス 他 (1992/06)
講談社

この商品の詳細を見る

著者の紹介☆

作:マシュー・スタージス…『イギリスの飼い猫』  がある。ユーフラテスという名前の猫といっしょに住んでいる。

絵:アン・モーティマー…イギリス人作家。ディフェッド・スクールオブアートで学んだ後、8年間イラストレーターとして日記・カレンダー・カードなどの仕事をしている。野生の生物や花の精密画を専門とし、王立精密画家協会会員。イギリス南西部でサマセット州で猫とくらしている。

あらすじФ(・♀・=)

ある日、トスカの家では春の大掃除がはじまりました。トスカはゆっくり眠っていられなくなりました。眠れる場所を探して、木陰で一休み。すると上からピヨピヨ…。ひな鳥が鳴いていました。どうやらご飯の時間だったようです。またトスカは移動をして池のほとりの草むらにきました。蛙が水の中に入って水しぶきがトスカに飛びました。トスカは急がなくてはなりません。そんな時………。

ミヅポンの声(=^♀^=)/

この絵本を見て下さい!!ホンモノの猫のようですよね。ちょっと写真の写りが悪いのですが、みなさんはどう思いますか??猫の表情をとてもよく観察して描かれています。さすが猫を飼っているだけありますね。私も猫を飼っているのですが、こんなにすばらしい猫は描けません。あぁ~この才能を分けて下さい。

さてトスカはなぜ落ち着く場所を探していたのでしょうね???トスカの贈り物はなんですかね~??とっても幸せになれるお話なのでぜひ読んでみてください。


とりかえっこ

とりかえっこ
とりかえっこ
さとう わきこ、二俣 英五郎 他 (1978/01)
ポプラ社
この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

この絵本は『よい絵本』に選ばれています。

対象年齢:幼児から

著者の紹介☆

作:さとう きわこ…東京に生まれる。児童出版美術家連盟会員。リアリズム作家の会同人。絵本に『おつかい 』『ねえ、おきて! 』『ねえ、まだねてるの! 』など多数ある。

絵:二俣 英五郎…北海道小樽市の出身。日本美術会リアリズム作家の会同人。作品に『きつねのおきゃくさま 』『こぎつねコンとこだぬきポン 』などの作品がある。

あらすじФ(・♀・=)

ある日、ひよこはヨチヨチ歩きで出かけて行きました。すると森の中でネズミさんにあいました。「ねぇ ねずみさん 鳴き声をとりかえっこしようよ」…ネズミさんはピヨピヨと鳴き、ひよこはチュ~チュ~と鳴き声がとりかえっこしてしまいました。また更に行くとブタさんに会いました。「ねぇ ブタさん 鳴き声をとりかえっこしようよ」…するとブタさんはチュ~チュ~と鳴き、ひよこはブーブー……さらに歩いて行くと猫に会いました。猫はひよこを食べようとします!!さてどうしよう……

ミヅポンの声(=^♀^=)/

色々な動物と声のとりかえっこをするなら皆さんはどんな動物ととりかえっこしたいですか??私は……犬や猫ですかね~。家にいる動物達と話がしてみたいです。でもご飯がまずいとか…言われると困るなぁ(=^_^=;)この絵本のページ事の右下にひよこの様子がちょこっとあるのですが、それもかわいいですよ。おみのがしなくご覧下さいませ☆


はらぺこあおむし

はらぺこあおむし Book はらぺこあおむし

著者:エリック カール
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

誰もが知っているロングセラー作品『はらぺこあおむし』今ではこの青虫くんのぬいぐるみなどが出るほど大人気なキャラクターです。

この絵本は『よい絵本』に推薦されています。

著者の紹介☆

エリック・カール…アメリカ合衆国生まれ、西ドイツで育つ。1968年に『1、2、3どうぶつえんへ―かずのほん 』でボローニャグラフィック大賞以来絵本作家として活躍しています。彼は自分の描いた絵にこだわりと深い愛情をもっています。初期の『はらぺこあおむし』を全て描き直してこの絵本を作り上げました。その他の作品に『みつばちとどろぼう 』『さびしがりやのほたる 』など他多数の作品がある。

あらすじФ(・♀・=)

おひさまがのぼった暖かい日曜日の朝。ぽん!とたまごから青虫が誕生しました。青虫はお腹がペコペコ。月曜日にリンゴを食べて、まだ足りない…火曜日に梨を2つ食べてもまだ足りない…水曜日にスモモを3つ食べてもまだ足りない…お腹がいっぱいにならないはらぺこな青虫。とうとう土曜日に、ケーキやアイス…他にも沢山食べてしまいました。はらべこ青虫は……。

ミヅポンの声(=^♀^=)/

このお話は、青虫くんが卵から幼虫→さなぎから蝶になる過程をみごとに描いた作品です。色鮮やかな青虫くんに穴の開いた仕掛け絵本にとても楽しく読むことができますよ。さてお菓子を食べ過ぎた青虫くんはどうなってしまうのでしょうね???みなさんこの絵本を読んで青虫くんがキレイな蝶になるように見守ってあげてください☆


見てみて☆

今日は陶芸作品の紹介です(=^♀^=)/

陶芸を習って1年半くらいたちましたが、友人が引越しをしたので

新築祝いにプレゼントした品です。

土瓶と湯呑み5個セットにプラス2個のおまけ湯呑みつきです。

この作品の作り方は、赤粘土で湯飲みの形を作って素焼きをしました。それから白化粧をして絵を描き還元をかけて焼きます!!できあがり(=^♀^=)/簡単なようで気に入る作品ができるまで、かなりの時間がかかりました。土瓶も同じ方法でできています。これは蓋・取っ手・土瓶・注ぎ口の簡単にわけて4つのパーツからできています。右の湯呑み2つは最初の湯飲みの逆です。白い粘土に黒い色をのせて焼きました。

※この写真は友人に撮ってもらいましたo(^♀^=o)腕が良いので、自分の陶芸の作品が更に良く写っているのですo=^エ^)oへへへっ☆ありがとう~!!

この作品が今まで作った中で新しい作品なのでこれからもっと紹介できるように頑張ります!!古い作品も順次更新したいと思いま~す(^^)/また見に来てくださいね☆


おふろじゃおふろじゃ

King Bidgood's In The Bathtub   (Caldecott Honor Books)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
King Bidgood's In The Bathtub (Caldecott Honor Books)
Audrey Wood (2000/09/01)
Red Wagon

この商品の詳細を見る
※日本語版の画像がなかったので、海外版になっています。ごめんね♪ 日本語版の詳細は下をクリックして下さいね。
おふろじゃ おふろじゃ―バスタブ王ビドグッド おふろじゃ おふろじゃ―バスタブ王ビドグッド
オードリー ウッド、ドン ウッド 他 (1993/02)
ブックローン出版
この商品の詳細を見る
コールデコット賞受賞作品よい絵本』『アメリカ図書館教会』に推薦されています。

対象年齢:小学校高学年(漢字が含まれます。難しい漢字にはふりがながあり!)

著者の紹介☆

作:オードリー・ウッド…アメリカ・アーカンサス州生まれ。アーカンサス美術センターで脚本と美術を学ぶ。本と輸入品の店を経営したり・こどものための脚本・美術を教えたり、インディアンの民族芸術を学ぶためメキシコに旅をしたりと数多くの経験をもつ女流作家。

絵:ドン・ウッド…雑誌や絵本で活躍しているアメリカのイラストレーター。オードリーを妻にもち共作絵本も多い。数多くの受賞作品があり、カリフォルニア大学サンタバーバラから学士号を、カリフォルニア美術造形大学からは修士号を授与されている。

あらすじФ(・♀・=)

「お知恵拝借(おちえはいしゃく)!お知恵拝借!!」お小姓(おこしょう)が叫びます。お風呂の大好きなビドグッド王様はお風呂からでません。「どなたかお力をおかしください」まず初めに騎士が挑戦しました。「お出ましください。戦争をばいたしましょう」といいました。すると王様は風呂の中に呼び込みます。ブクブク泡風呂に騎士を入れてお湯にたくさんの船やら兵士を浮かべて戦争を始めてしまいました。騎士はまいった顔とびしょぬれの体でお風呂からでてきました。お次にお力をお貸しするのは……?

ミヅポンの声(=^♀^=)/

この絵本は表紙もさることながら絵本を開くとちょっとした美術館にいるような作品です。油絵で描かれたこの作品は王様とのやり取りの中での顔の表情豊かな所に注目したですね。みんな着飾っているのに…お風呂から出てくる時にはとんでもない姿で出てくるのがとても笑えます…まるでコントのようです。こどもと一緒に笑いながら読める作品ですね。漢字があるので小さなこどもにはぜひ読んであげてください☆でも絵のすばらしさは、◎です!!!!


ぽんぽん山の月

ぽんぽん山の月 (えほんのもり 7)
ぽんぽん山の月 (えほんのもり 7)
あまん きみこ (2005/02)
文研出版

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

この絵本は『よい絵本』に選ばれています。

対象年齢:幼児(漢字にふりがながふってあります)

著者の紹介☆

作:あまんきみこ…以前『きつねのかみさま 』で紹介した事があります。

『きつねのかみさま』もよい絵本に指定されているので、

ご覧下さい!!

こちらをクリック→→→「きつねのかみさま」まで出発~☆

絵:渡辺 洋二(わたなべ ようじ)…東京生まれ。絵本・さし絵に活躍。『やい トカゲ 』でさし絵にっぽん賞受賞。その他『うさぎのモコ 』『ふとんかいすいよく 』などその他多数の作品を出している。

あらすじФ(・♀・=)

母親の帰りを待っているうさぎさん。でもお母さんウサギは猟師に鉄砲で撃たれてしまい、二度とこどもの元へ戻る事はありません。そんな時、お月さまをみあげると…お母さんが餅つきをしていました。「おかあさんお腹がすいたよ~。早くおりてきて…」そんな様子をみていたのは山に住むやまんばでした。やまんばは、うさぎのお母さんが猟師に撃たれた事を知っていたのです。やまんばは……。

ミヅポンの声(=^♀^=)/

この絵本はお母さんが死んでしまってそれを知らずに、けなげに待っている悲しいお話です。けれど、みんなに守られて子うさぎは強く生きていくのだと知ります。人は一人では生きてゆけません。どこかで誰かが…そっと見守ってくれてる人、いつも怒ってばかりいるけど自分の事を心配してくれる人。いつもはそっけないけど、肝心な時に助けてくれる救世主。その表現方法は様々です。みなさんは見守っている人や見守られている人はいますか?私は、見守られている事が多いです。感謝×感謝o(^♀^=o)(o=^エ^)o


はなをくんくん

はなをくんくん
はなをくんくん
ルース・クラウス、マーク・シーモント 他 (1967/03)
福音館書店

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

この絵本は『良い絵本』に選ばれています。

対象年齢:幼児(文字が少ないので初心者でも◎)

著者の紹介☆

ルース・クラウス…アメリカ、ポルティモア生まれ。ピーボディ芸術学院で絵と音楽の勉強をした後、ニューヨークのバーソンスクール応用美術科卒業。20冊以上のもの児童書を手がけ、『A Very Special House 』など優れた作品が多く、こどもの実生活から焦点を置き絶えず見出そうとしている作家として高く評価されている。

マーク・シーモント…1915年パリで生まれる。パリで本格的に絵の勉強をし、フレスコ画も学び更にニューヨークのデザインアカデミーで勉強した。3年軍隊で生活をし、その後教師・肖像画家・さしえ画家・ビルディングの壁画家として働く。有名なところではワシントンの国会図書館の壁画は彼の手によるものだ。さし絵では1951年『POLLY'S  OATS』を出し作家として認められ絵本1957年『A TREE IS NICE』でコールデコット賞を受賞。

あらすじФ(・♀・=)

雪が降っている冬のある日、リスやクマや野はぐっすり自分のおうちで眠っていました。すると…目を覚まし鼻をクンクンしはじめました。あっちでもこっちでもクンクン…クンクン。みんなその匂いのする方へかけていきます。その匂いの先には…??

ミヅポンの声(=^♀^=)/

この絵本は白黒絵本なのですが、雪のシンシンシンシン降る寒い季節に冬眠している様子がよくわかります。そして読んでいるうちに動物達があわただしくなって、匂いの先に何があるのかと急ぎます。そんなころには自分の中に色がついていました。最後に色がつくのですが…ヒントは元気な色です。みなさんも読んで見て発見してください☆


アリ…あり?

9.22-1.jpg

今日は絵本の話を考えながら

昆虫図鑑をペラペラとめくってました。

するとアリが目につきました

(・♀・=)

……でもねぇ ……でもねぇ~

アリの写真が上からと

遠い写真しかないのだよ~。

こうなったら探すしかないでしょぉ~

エイエイお~(=^♀^=)/

さっそく庭に出て

アリ…アリ…あり??

アリがいません。

9.22-2.jpg

なんで…????

どこへ…

30分フラフラしてやっと

見つけたら

カメラが壊れてて

ボケまくり…(=^_^=;)

けっきょく…

バグズ・ライフ バグズ・ライフ
ジョン・ラセター、 他 (2006/06/16)
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント

この商品の詳細を見る

『バグズ。ライフ』見て

あぁ~楽しかったo(^♀^=o)(o=^エ^)o


お月さまってどんなあじ?

お月さまってどんなあじ? Book お月さまってどんなあじ?

著者:ミヒャエル グレイニェク
販売元:セーラー出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この絵本は『よい絵本』に選ばれています。

対象年齢:幼児~

著者の紹介☆

マイケル・グレイニエツ(Michael Grejniec)

1955年ポーランドに生まれる。ヨーロッパでイラストレーター

として活躍。この作品は1996年日本絵本賞翻訳絵本賞受賞。

その他の作品『クレリア―えだのうえでおきたできごと

だれかさんの目 』『にじいろのはな 』…など多数ある。

あらすじФ(・♀・=)

動物達はいつも、お月さまはどんな味なのか気になっていました。

甘いの?

しょっぱいの?

でもどんなに手や足をのばしてもとどきません。

あるひ、カメは決心しました。一番高い山に登ってお月さまを

かじってみよう!!

でも小さいカメには、お月さまにはとどきません。

カメはゾウを呼びました。

カメの背中にゾウが乗りました。なが~いお鼻で月にとどくかな…

あと少し…ヒョイ!!お月さまは上ににげました。

ゾウさんがとどかなかったので、長い首のキリンさんを呼びました。

今度はどうかな????

ミヅポンの声(=^♀^=)/

この絵本はデコボコの紙ににじみや影の技法を凝らして

描かれているかわいい作品です。

お山の様子や動物達の柔らかさ・お月さまの形がこの

デコボコで和紙を貼ったような絵本に見えますよ。

お月さまがどんな味かなんて考えた事がありませんでした。

だからこの絵本に興味シンシン(=^_^=;)

動物達がお月さまにとどくように、どんどん上をめざして

高くなっていきます。でもお月さまはゲームだと思って

ヒョイ!と上にあがってしまいます。みんなお月さまを食べる

事ができるのかな??みなさんも動物達がお月さまを

食べられるように応援してあげてください。そして食べられた

時には一緒に喜んで下さいね!(=^♀^=)!


ながいよるのおつきさま

ながいよるのおつきさま
ながいよるのおつきさま
(2006/01)
マーク シーゲル、シンシア ライラント 他

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


作者の紹介☆

作:シンシア ライラント1954年アメリカのバージニア州に生まれる。「ばあちゃんの庭」でニューベリー賞受賞。友情・家庭・愛・喪失などについて深く描いた作品を絵本から長編小説にわたり幅広く発表し、数多くの賞を受賞している。

絵:マーク・シーゲル…新進の画家・作家であるとともに児童書のブックデザインも手がける。彼はこの作品を手がけた時にアクリルや絵の具・油絵を試してみるもこの作品にあふれる魔法を表現するには及ばないと考え数ヶ月もの間ニューヨーク州スリーピー・ホロウのそばのロックフェラー・ファームで、何度も月夜の散歩にでかけたそうだ。そして偶然にも木炭で絵を描く事を思いつき月の柔らかな輪郭を表現し、ベルベットのような神秘的な光を手に入れることができた。

その他の本を紹介♪

天国に近い村天国に近い村
(2001/05)
ささめや ゆき、シンシア ライラント 他

商品詳細を見る

いぬはてんごくで…いぬはてんごくで…
(2000/03)
シンシア ライラント

商品詳細を見る

名前をつけるおばあさん名前をつけるおばあさん
(2007/02)
シンシア・ライラント

商品詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)

昔むかし人々は空に浮かぶ,おつきさまに名前をつけた。
1年12ヶ月ひとつひとつの満月に名前をつけた。

『1月は』あらしのおつきさま
霧の中で…おつきさまは光輝

『2月』雪のおつきさま
ぴりぴり冷たい息の中で…

ミヅポンの声(=^♀^=)/



表紙にキレイなおつきさまが光輝いている絵本。手に取らずにはいられないです。ホント眩しくて不思議な世界に誘い込まれそう!雪景色の中に一人立ち止まると夜の寒い風がヒュ~っと。でも、暖かいおつきさまは柔らかい光で私達を見守っている。そんな事を思わせる絵本だと思いました。この本を読んで、おつきさまとおかあさんは似てると思うなぁ。いつもそっとこどもの成長を見守っている力強くて暖かい光…。皆さんはこの絵本を読んで何月の月が好きですか?私は3月のおつきさまのうたが好きでした。私は太陽よりもおつきさまが好きです。毎日、月を見て研究していた事もあります。さて何を研究していたんでしょうね???UFO探しをしていたら…あまりに月がキレイでただ見ていただけ…ってウワサも(=^_^=;)



しゅくだい

しゅくだい Book しゅくだい

著者:宗正 美子,いもと ようこ
販売元:岩崎書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この絵本はよい絵本に選ばれています

作:宗正 美子…長年学校現場で教員として活躍。その体験を

ふまえ「しゅくだい」が第33回JOMO童話賞の佳作に選ばれた。

その作品をモチーフにこの絵本が誕生した。

絵:いもと ようこ…兵庫県生まれ。金沢美術工芸大学油絵科卒。

『ねこの絵本 』『そばのはなさいたひ』で

ボローニャ国際児童図書展エルバ賞2年連続受賞

彼女は絵だけを描いている作品も多いが

著者としても大活躍です。

あらすじФ(・♀・=)

めえこ先生がいいました。

「みなさん、今日の宿題は”抱っこ”です。」

みんな笑ったり、やだ~なんて言ったりしていたけど、

モグラのもぐくんは急いでお家に帰りました。

でも、もぐくんの家には赤ちゃんが産まれたばかり…。

お母さんはこどもに付きっきりでなかなか宿題を

言い出せません。

みんなが集まった夜のこと…もぐくんは言えたかな?

ミヅポンの声(=^♀^=)/

おかあさん・おとうさん・おじいちゃん・おばあちゃん…

こどもを抱っこしてギュっ~としてあげてますか??

めえこ先生はみんなの元気の顔が見たくて大切な

宿題をだしたんだろうなぁ~。

ギュ~っとするのは簡単な事なのかもしれないけど、

バタバタしてしまって…つい明日…になってたり

するのかもしれません。この絵本を読んで

おかあさんからギュ~・おとうさんからギュ~

してあげて下さい!!

冬でもポカポカになるよ~(=^♀^)Y☆Y(^エ^=)


ひとまねこざる

ひとまねこざる Book ひとまねこざる

著者:H.A.レイ,光吉 夏弥
販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この絵本は良い絵本に紹介されているロングセラー作品です。

対象年齢:3歳から

著者の紹介☆

ユダヤ系ドイツ人の独学の絵本作家

ハンス・アウグスト・レイ(1898-1977)とバウハウスで

教育を受けたマーガレット・レイ(1906-96)は

1935年にブラジルで結婚しました。

この作品は夫婦による絵本です。日本には1954年に紹介され、

12ヶ国後に翻訳され世界中で愛されています。

シリーズに『ひとまねこざるときいろいぼうし

ひとまねこざるびょういんへいく

じてんしゃにのるひとまねこざる

など多数ある。

あらすじ☆

ある日、知りたがりやの「おさるのジョージ」は

かかりのおじさんが、うっかりしているすきにカギを盗んで

動物園から逃げ出しました。

でもどこに行ったらよいのかわかりません。

その時ジョージの頭にアフリカで知り合った黄色いおじさんの

事を思い出しました。

バスに乗り…町の様子を見て

レストランに入りいたずらをして…皿洗いをさせられ

そこでレストランのおじさんに紹介されて

ホテルの窓拭き係になりました。

窓を拭いていると、部屋でペンキ塗りをしている

人たちをみかけました。知りたがりやのジョージは

部屋に入り部屋をペンキでジャングルに変えてしまいす。

お部屋の主がやってきて、皆に追いかけられ…

ジョージは階段から飛び降りて足を痛めてしまいました。

その様子が新聞に載り、ジョージが探していた黄色い

おじさんの目にとまりました。黄色いおじさんは映画の監督です。

ジョージを撮りたいといいました。

さてジョージは……???

ミヅポンの声(=^♀^=)/

この話は知りたがりやのジョージが色んな事に挑戦して

失敗してそれでも次のことが知りたくなる…そんな

楽しいお話です。

こどもの頃に「ね~ね~どうして?「なんでぇ~?」「どうやるの?」と

お母さんやお父さんや色んな人に言った事を覚えてます。

みんなそうやって大きくなるのだけど、こどもの興味シンシンな

年頃と同じ目線でジョージをモデルに描かれています。

こどもが読んだらきっとジョージがする事に

ワクワク・ドキドキしちゃうんだろうな。

ぜひ読んであげてください(=^♀^=)/


これはすごい☆

9.17-2.jpg

今日は東京都江東区にあります

東京都現代美術館

2006年7月15日~9月24日まで行われている

ディズニー・アート展に行って来ました。

12:00に付いたのに…

9.17.jpg

入場口が人・人・人……で

とにかくすごい人です。

待ち時間は2時間…(-♀-〆)

ココはディズニーランドなのか???でも3連休だし

ソロソロ終わってしまうから仕方ないのかなぁ(=^_^=;)

どのくらいすごいって

9.17-4.jpg

このくらいすごいのさ…(=:♀;=)

びっくり!!!!!

ココに自分が並んで

入場したこともスゴイ☆

中に入って3階・1階が

展示室になってします。

しかし、すごいですなぁ~o(=;♀;=)o

主に背景に使っている画材が紙と水彩だと

言う事に驚きでした。すごい細かな所まで

こだわって描いている所もあれば、そうでもない

所もあって…それが1枚の絵になると統一感が

生まれてバランスのとれた作品になってしまうなんて…

これまたスゴイ☆☆

そして人や動物を

描く時の表情の豊かさは、DVDをみるよりも

もっと×もっと感じられました。

9.17-3.jpg

描いた絵に命を吹き込むというのは、

その人物や動物がどんな性格なのか

どんな表情をするのか…などを

研究しつくさなければ、できないことですよね。

でもナゼか描いた本人に似ている気がします。

それだけ描いている人が作品を大切に

してるからですよね!(=^♀^=)!

まだ間に合うので、ディズニー好きな人

そうでもないけど絵が好きな人は

ぜひ見に行ってはいかがでしょうか??

かなり高度な作品を見る事ができますよ(=^♀^=)/


まっくろネリノ

まっくろネリノ Book まっくろネリノ

著者:ヘルガ=ガルラー,やがわ すみこ
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

メイン画材:パステル

対象年齢:幼児

この絵本は良い絵本に選ばれています。

☆著者の紹介

1939年オーストラリアのウィーンに生まれる。

美術工芸学校を卒業後、イタリアやアメリカで織物や室内装飾

映画のアニメーションの仕事など幅広く活躍しています。

この作品は1968年に描かれた初めての絵本で、その年の

オーストラリアのこどもの本の最優秀賞に選ばれました。

その他の作品に『二人の星どろぼう』『銀の王子様』

『にこにこちゃんといやいやいやちゃん』などがある。

あらすじФ(・♀・=)

まっくろネリノは5人兄弟の一番末っ子。

4人の兄弟はキレイな色をしているのに…ネリノは真っ黒。

だからいつも仲間はずれの一人ぼっち。

ある日、4人の兄弟が帰ってこなくなってしまい

お父さんもお母さんもネリノも探したよ。

お兄さん達はかごの中に閉じ込められていました。

さあ大変!真っ黒ネリノはその黒い体を利用して…

ミヅポンの声(=^♀^=)/

この絵本は色々な色の紙にパステルで描いてあってシンプルだけど

とっても可愛い絵本です。

ひとりだけ兄弟と違った色をいているネリノ。

どうしたらキレイな色になれるのか、

お花に聞いたり…キレイな色の薬を見たり…

仲間外れにされてしまってかわいそう(=:♀;=)

でも真っ黒ネリノにしかできない方法で兄弟達を助けるなんて

すごいよね~。

やっぱりねぇ~イジメはいかん(-♀-〆)

ちょっとぐらい色が違うのがなんだ~!!

ネリノは心のやさしい良い子なんだぞぉo(=>♀<=)o

最近はイジメでの事件が多いけど、

この絵本を読んで友達や兄弟と仲良くしてもらいたいです。


かようびのよる

かようびのよる
かようびのよる
デヴィッド ウィーズナー (2000/05)
徳間書店

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

この絵本は良い絵本に選ばれています。

対象年齢:文字がない絵本なので幅広い年齢にオススメです。
著者の紹介☆

デヴィッド ウィーズナー …アメリカニュージャージ州に生まれ、ロード・アイランド美術大学を卒業しました。その後、子どもの本の仕事を始めます。
【フリーフォール】 コールデコット賞に推薦され【かようびのよる】で受賞しました。

※コールデコット賞…アメリカでもっともすぐれた本に与えられる賞です。

あらすじФ(・♀・=)ミヅポンの声(=^♀^=)ノ

これまでに「あらすじ」と「ミヅポンの声」を一緒に書いた事は、
このブログを初めて一度もないのです(;´▽`A

…………なぜかって????

それはこの絵本にあります。
この絵本…時間と曜日の文字しかない…!!なにぃ~Σ(・ω・ノ)ノ!
この絵本は絵をみて感じとてください。
自分で話が出来上がって→曲も流れるかも?!
私はアメリカ映画を見ているようで、ナゼか頭のなかに曲が流れました(=^_^=;

なんとこの絵本は自分が話を考えた、世界に一つの絵本になるのです。

こんな絵本見たことない!

しかも2度目・3度目読むと…
違う話になってたりするでしょうね~。

しかし恐ろしい…蛙の群れが蓮に乗って火曜日の夜に
池から町をめざして飛び始めるだなんて…

火曜日の夜は窓辺でキョロキョロ様子を伺っていることにしよう。

おっと…これ以上は言えませぬ(* ̄Oノ ̄*)ナイショ

ぜひぜひ、こちらの絵本を手にとってページを開いてみてくださいね。
そして細かいところまで見てください!
面白いものが見えてきますぞぉ♪♪


なつのいちにち

なつのいちにち
なつのいちにち
はた こうしろう (2004/07)
偕成社

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ブラティスラヴァ世界絵本原画展に出展

画材:紙・水彩・ガッシュ

☆著者の紹介

1963年兵庫県西宮市に生まれる

味わい深い描線で絵本やイラストレーション、デザイン

などの世界で活躍している。

作品にショコラちゃんシリーズショコラちゃんのレストラン ショコラちゃんはおいしゃさん―Chocolat Book〈4〉

クーちゃんマーちゃんシリーズクーとマーのおぼえるえほん〈1〉ぼくのいろなあに クーとマーのおぼえるえほん〈2〉このかたちなあに

などなどその他多数ある。

あらすじФ(・♀・=)

夏の暑い日、今日はぜったいつかまえる。

ぼくが一人でつかまえる。

青い海を抜けて…線路をわたり

くさ~い牛小屋のまえを全力で走って

ひとやすみ。

川を渡って

いた!!!!!クワガタ

それ!!!!…

ミヅポンの声(=^♀^=)/

クワガタをつかまえるために

グングン…グングン グングン…グングン

走って×走ってやっと「げんじの谷」までつきました。

ページをめくるのがどんどん早くなってしまって

あった言う間に読み終わってしまいました(=^_^=;)

なので2回も3回も読み直して…でも

やっぱり絵に勢いがあってスピードが出るのよね~。

元気の出る夏の青空と緑の広がりがイキイキして

この本は夏の香りがいっぱいします!!

本の匂いをかいだけど…やっぱ本だったo(=>♀<=)o

みんな夏の香りをいくつ感じる事ができるかな??


チリとチリリ

チリとチリリ Book チリとチリリ

著者:どい かや
販売元:アリス館
Amazon.co.jpで詳細を確認する

この絵本はブラティスラヴァ世界絵本原画展に出展されています

著者の紹介☆

1969年東京に生まれる。東京造形大学デザイン科卒業。

絵本作品に『パンちゃんのおさんぽ 』『やまねのネンネ

いたずらコヨーテキュウ 』(BL出版)その他多数。

同じチリとチリリのシリーズで『チリとチリリ まちのおはなし

などがある。

あらすじ☆

早起きをしたある日、チリとチリリは自転車を走らせて森の中へ。

森の喫茶店に行ったり森のサンドイッチ屋さんによったり…

森のお客さんに合わせてすべての物に大きさが色々。

チリとチリリは池のほとりでサンドイッチを食べて、

水遊びをしました。

やがてお日さまが沈みかけてくると自転車を走らせ、

森のホテルにやってきました。

そこでチリとチリリが素敵なもをみたのは…

ミヅポンの声(=^♀^=)/

この絵本の画材は紙に色鉛筆を使っています。

とても淡くてやさしい色使いでページをめくる事に

森の動物やチリとチリリのポカポカした様子が

伝わってきます。

チリとチリリは姉妹かなぁ???

それとも仲の良いお友達なのかなぁ??

これは誰のイス??こっちは誰のカギ???

なんて想像して読むと楽しいですよo(^♀^=o)

この絵本のようにステキな夜がやってきたらいいね~


ありがとうともだち

ありがとうともだち (おれたち、ともだち!)
ありがとうともだち (おれたち、ともだち!)
(2003/06)
降矢 なな、内田 麟太郎 他

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


原画展で紹介をしていたのはコノ絵本!

対象年齢:4歳くらいから~


著者の紹介☆
作:内田 麟太郎(うちだ りんたろう)…1941年福岡県に生まれる。個性的な文体と独自の世界を持っている。『さかさまライオン』『がたごとがたごと』『うそつくのつき』など受賞作品『わにぼうのこいのぼり』『なつはうみ』その他多数の絵本を手がけている。

絵:降矢なな(ふりや なな)…1961年東京に生まれる。スロヴァキア共和国のブラチスラヴァ美術大学で石版画を学ぶ。卒業後結婚をされてブラチスラヴァにお住まいとか。出版を日本でされているので情報のやり取りが大変ではないでしょうか。この作品の画材は紙とガッシュです。作品に『めっきらもっきらどおんどん』『きょだいなきょだいな』『おっきょちゃんとかっぱ』など作品多数。

この絵本は、シリーズです。
ともだちや    あしたもともだち あいつもともだち (おれたち、ともだち!)
ごめんねともだち ともだちおまじない (おれたち、ともだち!) ともだちくるかな
ともだちひきとりや (「おれたち、ともだち!」絵本)

あらすじФ(・♀・=)
オオカミの家にキツネが泊まりに来ました。
キツネは、初めてのお泊りで眠れません。
そんなキツネに、オオカミは海の話をしてやります。

でも…つい…オオカミは大きな事を言ってしまいました。(´д`lll) シマッタァ

「巨大なカジキマグロを吊り上げたんだ!!」と…(涙)

そんなすごいものを吊り上げたオオカミさんのことを狐は尊敬のまなざしで見てるし。

ってことで…

そして次の日、二人は海に出かけました。
キツネとオオカミは釣りを始めました。

すると…キツネはヒョイヒョイと魚を釣り上げること 吊り上げること

でも、オオカミは…一匹も釣り上げられません。
これじゃ~昨日大きな口をたたいたのに面子がたたないよぉ。

その時です!!
オオカミの釣竿に…グイッと大きな手ごたえが…?


ミヅポンの声(=^♀^=)/
この絵本を世界の絵本原画展で見る前にテレビで見た事があります。その時も降矢さんの画風にぴったりの内田麟太郎さんの文が印象的でした。誰しもツイ…ほんのちょっと大きく?!言ってしまうことはありますよね~(…ないですか(=^_^=;)オオカミはだいぶ大きな事を言ってしまいましたが、結果的にキツネとオオカミは海に出かけてお互いの違う喜びを見つける事ができました。そして友達の大切さなども描かれています。さてキツネはオオカミの嘘に最初から気付いていたのでしょうかね~?絵本を見て想像して下さいね(^^)


ブログ見えますか?

いつも遊びに来て下さってありがとうございます~(=^♀^=)/

パソコン環境についてのお知らせです。

11.2

パソコンでマック(Macintosh)をお使いの方は

Internet Explorerを使用してブログを見るとバグってしまう

事があるようです。

Safari(サファリ)を使用して

ジアスのリトルアイランド

見ていただくとバグる事なく見れるようなので

これからも宜しくお願いします!!


かいじゅうたちのいるところ

かいじゅうたちのいるところ Book かいじゅうたちのいるところ

著者:神宮 輝夫,Maurice Sendak,モーリス・センダック
販売元:冨山房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

著者の紹介

モーリス・センダック

1928年アメリカニューヨーク生まれ。

アート・スチューデンツ・リーグに学ぶ。作品に

くつがあったらなにをする? 』(福音館)

そんなときなんていう? 』(岩波書店)

ミリー―天使にであった女の子のお話 』(ほるぷ社)

などがある。

あらすじ

ある晩の事、マックスは狼の着ぐるみを着て大暴れ。

それをお母さんに叱られ、夕ご飯抜きで寝室に閉じ込められました。

するとニョキニョキ木がはえてきて…

どんどん大きくなり…いつの間にか森になりました。

波がザブリと打ち寄せてマックスは船にのって

一年航海をして、たどり着いた先は…

「かいじゅうたちのいるところ」

マックスは大きな怪獣たちに出会い

怪獣達の王様になった。

踊って…

木に登り…

遊びすぎたマックスは王様になることに疲れてしまった。

その時です…遠い 遠い世界の向こうから…

ミヅポンの声(=^♀^=)/

この本は「よい絵本」にも選ばれていて

ロングセラーになるほどの大人気絵本です。

イタズラっ子マックスはとても元気な子でママにも

負けず、怪獣の王様になってしまうほどの男の子です。

そんな強い男の子でもやっぱり長い旅は家を(お母さんを)

思いだしてしまうものです。

子供の頃、自分は一人前になったつもりで強くなったり

なんでもできる!と思ったことはありませんか?

私は多々ありました(=^_^=;)

でも安心できる場所があるからできるのかもしれませんね。

そんな事を思い出せる作品でした。

皆さんも冒険の心や安心できる場所を

思い出してみてください☆


よるくま

よるくま Book よるくま

著者:酒井 駒子
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

以前にも紹介しました酒井駒子さんの絵本です!(=^♀^=)!

きつねのかみさま 」ではココをクリック→o(^♀^=o)移動開始☆

そして×そして

金曜日の砂糖ちゃん 」ではココをクリック→(o=^エ^)o飛ぶのだ★

すると…酒井駒子さんの事がも~っと良くわかりますよ。

あらすじ

「ママあのね 夜中にかわいいこが来たんだよ。」

そのこは くまのこ「よるくま」って言うんだ。

よるくまはお母さんを探して僕の所にやってきたんだ。

男の子はよるくまのおかあさんを探しに一緒にでかけて

よるくまの好きなハチミツ屋さんを見たり…

よるくまのよく行く公園に行ったり…

でもお母さんの姿は見えません。

「もう家に帰ったのかもしれない」と思って家に戻ったんだ。

でもやっぱりいないんだ。

よるくまの真っ黒な涙で回りも真っ黒になって

僕は流れ星にお願いしたんだ。

その時…ヒョイっと!!!!!

ミヅポンの声(=^♀^=)/

「よるくま」の絵本は以前紹介した絵本に比べて

色がとっても鮮やかです。絵のタッチも大分違いますね。

でもよるくまやよるくまの涙は真っ黒なんです。

黒の存在感は違っていても、その作品に与える黒の影響は

もちろん健在です!!

この本は僕の出来事をお母さんに眠る前に話しているのですが、

よるくまが心配している様子やお母さんに会えた時の

喜びがとてもよかったです。

子供の頃に迷子になって不安になった気持ちを思い出しました。

この作品はよるくまのお母さんと僕のお母さんの

暖かさ(愛情の深さ)がポカポカ伝わってくる絵本です。

ぜひこの本を寝る前に読んであげてください。

幸せな夢が見られるだろうなぁ~(^^)


マジック革命セロ!見た☆

9.8-2.jpg

今日は東京国際フォーラムで

9月5日~10日の

MAGIC REVOLUTION

マジック革命セロ!

を見てきましたぞ!!

すごいの!すんごいの~!!

カッコいいし…カッコいいし…

マジックすごいしo(^♀^=o)(o=^エ^)o

近くで見ても、どうなっているのかさっぱりですo(=>♀<=)o

ホント色々なマジックを見せてくれましたよ。

お金が増えたり・カードが壁にくっついたり・人が入れ替わったり…

一番すごかったのは…

セロのサインとお客さんのサインした

トランプがいつの間にか開封してない

ワインの中に入っているんだから!!!

写真でわかりますか??

携帯なので画像悪くてスイマセン 。

(この写真は公演が終わってから写真攻めにあってたので

その並にのってワインの瓶を取らせてもらいましたぁ)

9.8.jpg

書いてしまうとたいした事ないように思えますが、

ホントにすんごいんです(ノ=^♀^=)ノ⌒☆

テレビとは違ってミュージックに乗せて

見た事のないショーを見ることができました。

興味のある方はぜひ次の公演がある時に行って見て下さい☆

私は次もぜ~ったい行くよぉ(=^♀^=)/

次こそは選んでもらえるように頑張るのだ~!(=^♀^=)!


金曜日の砂糖ちゃん

金曜日の砂糖ちゃん Book 金曜日の砂糖ちゃん

著者:酒井 駒子
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

※過去のブログ「きつねのかみさま」を見てから

今日のブログを読むともっと

酒井駒子さんについて知りますよ!(=^♀^=)!

横をクリックしてみて下さい→「きつねのかみさま

以前「きつねのかみさま 」で紹介をしましたが、

今度は著者としての紹介です。

ロンパーちゃんとふうせん 』(白泉社)

ぼく おかあさんのこと… 』(文渓堂)

赤い蝋燭と人魚 』(偕成社)などがあります。

金曜日の砂糖ちゃんは世界の原画展に出展してます。

あらすじ

「金曜日の砂糖ちゃん」と呼ばれている小さな女の子は

お昼ねをしていました。

とても可愛らしい金曜日の砂糖ちゃんを見ようと

庭のあちこちからお客がやってきます。

でも女の子の事が大好きなカマキリがお客を

必死に追い払うのです…

やがてお母さんが起こしに来ました。

でもカマキリは…

ミヅポンの声(=^♀^=)/

不思議な名前の女の子「金曜日の砂糖ちゃん」

沢山の黒に少しのクリーム色を使いそして

ほんの×2少しの赤が可愛いらしさや強さを表している

作品です。

金曜日の砂糖ちゃんがぐっすり眠れるようにいつまでも

カマキリが見張りをしている所が印象的です。

私は彼女の作品の小さな子供が

ちょっと横を向いている(マニアック?!)所が

とても可愛らしくて大好きです。皆さんはどうですか?

この「金曜日の砂糖ちゃん」は

1冊の中に「草のオルガン」と「夜と夜のあいだに」が

入ってます。どの作品にも酒井駒子さんの不思議な空間が

広がっているお話ですよ。興味のある方は見て下され☆


やくそく

やくそく やくそく
成田 雅子 (2004/04)
講談社

この商品の詳細を見る

著者の紹介

成田雅子(なりた まさこ)

東京生まれ。

多摩美術大学油画科卒業。講談社絵本新人賞において

1993年『猫の紳士』1994年『ふしぎなあかいはこ』で佳作入選。

『いちょうやしきの三郎猫』『もうひとりのアドロ 』(講談社)

ふしぎなあおいバケツ 』『はらぺこなしろくまくん

サナのゆきのでんしゃ 』(ポプラ社)

など著書が多数。

あらすじ

猫の「よも」は、「ゆうじさん」と小さな家に住んでします。

休みの日には魚釣りをしたり一緒に歌ったり楽しく過ごすのです。

しかしゆうじさんが新しい仕事につくと

忙しくて遊ぶ時間もなくなりました。

そのころから少しずつ家の様子が変わり始めたのです。

よもはゆうじさんと約束をしました。

「ぼくとのんびり釣りでもしない?」

「また、こんどね」                            

「やくそくだよ、きっとだよ」

なのにゆうじさんは家に帰らないほど忙しくなり

家の物も小さな家もゆうじさんもいなくなってしまったのです。

よもはひとりぼっちになってしまい大きな涙を流しました。

すると…

ゆうじさんが帰ってきました。そう約束を思い出したのです。

ミヅポンの声(=^♀^=)/

この本はとても×とても難しい絵本ですぞ。

世界の絵本原画展に出店されている作品で、

油絵で描かれている彼女の絵には

寂しさや冷たさ孤独や喜びが伝わってくる作品です。

ゆうじさんが自分の家の変化にも気付かないほど忙しくて

よもの心配している様子は、とても心が痛くなります。

犬や猫を飼っている人はわかるかもしれませんが、

動物は飼い主が帰ってくると飛んで喜びます。

(そうじゃないのもいるけど…)

飼い主が帰って来るまで、一人でよものような気持ちで待っている

のだろうなぁ?と思いました。

ゆうじさんは仕事の忙しさで自分の大切な物を失いかけた事に

気付いて、よものもとに帰って来ました。

ゆうじさんはこれからも忘れずに一緒にいられるのかは

皆さんの想像に…なんですけど、皆さんはどう思いますか?

ぜひ難しい話ですが一度読んでみて下さい☆

きっと自分にとっての大切な物にも、改めて気付きますよ(^^)


かかしごん

かかしごん Book かかしごん

著者:成田 聡子
販売元:BL出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

著者の紹介

1970年生まれ。愛知県立芸術大学美術学部デザイン科卒業、

富山市立ガラス造形研究所造形科同研究科卒業。

2000年New Glass Review22入選

2002年高岡クラフトコンペで金賞を受賞

2003年日産童話と絵本のグランプリ」絵本の部優秀賞受賞

2004年20回同グランプリ絵本大賞受賞

あらすじ

案山子は朝から晩まで一人ぼっちで畑を守ってます。

鳥やねずみが話しに来たり、時には蛇が怖い話をしたり…。

案山子の望みはただ一つ

「みんなのように自由に世界をみてみたい」

ところがある日

案山子に指がはえて腕が動かせるようになりました。

その手をパタパタさせて空を鳥のように飛んで

今度はスイスイ海の中

疲れたら一休み

案山子は自由に色んな世界を見たのです。

そんな時、草のにおいで畑を思い出しました。

そして……

ミヅポンの声(=^♀^=)/

この絵本は世界絵本原画展に出展されています。

そこでこの絵本と出会いました。

クリーム色の紙に黒とグレーの醸し出す版画のような作品で

他にはない癒しが絵本の中にありました。

案山子は暑い日も寒い日も動くことなく田んぼの見張りを

しています。案山子は人間のように作られているから

もしかしたらホントに動きたいなぁ~なんて思っている

のかも知れませんね。その中には動いてしまった

案山子もいるかもしれません(=゜▽゜=)

それを想像しながら、この絵本を

読むと、自分が案山子だったらやりたい事は…??

この絵本の通りです(=^_^=;)

皆さんも想像しながら読んでみて下さい。

自分らしい案山子と世界の色がつくのでは

ないでしょうか。


ドワーフじいさんのいえづくり

ドワーフじいさんのいえづくり (フレーベル館の秀作えほん)
ドワーフじいさんのいえづくり (フレーベル館の秀作えほん)
青山 邦彦 (2003/10)
フレーベル館

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

著者の紹介

1965年東京都に生まれる。

早稲田大学理工学部建築学科を卒業し同大学院修士課程を終了後

建築事務所に入社。そして独立し絵本を描き始めた。

第17回講談社絵本新人賞入選

2002年ボローニャ国際絵本原画展、ノンフィクション部門入選

その他の作品

こびとのまち 』『おんがくのまち 』『ねじまき鳩がとぶ

サバンナのとけい 』などがある。

あらすじ

森に気難しいドワーフおじいさんが住んでいました。

「狭くて暗い洞穴ぐらしとはもうたくさん!森に見晴台のある

家を作ろう」と家の設計をして早速とりかかりました。

しかしおじいさん一人では材木ひとつ持ち上げるのも一苦労。

その時…くまがやって来ていいました。

「手伝うから僕の部屋も作ってよ。」と

おじいさんは仕方なく手伝ってもらい

くまの部屋を増やす事にしました。

骨組みができて今度は屋根づくり。

しかし、くまは登る事ができません。

「やれやれ、おじいさん一人で材木を持ち上げるのか。」

そう思ったとき…お次にやってきたのは?

そうして次から次と動物達がやって来て、

おじいさんが最初に考えていた二階建ての

見晴台のある部屋とはいかなくなってしまいました。

いったい、どんな大きなおうちができるんでしょうね?!

何匹の動物だちが一緒に暮らすんだろう??

ミヅポンの声(=^♀^=)/

8月30日に紹介したブラティスラヴァ世界絵本原画展に

この作品が出展されていて読んでみました。

建築家である彼の作品は本当に家が建ってしまうのでは?!

思うほどみごとに家が建てられる様子を水彩絵の具を使って

描いています。

緻密に描かれた作品は彼の建築家ならではの

特徴なのかなぁ~なんて思います。

動物達が増えてきて…しまいには勝手に手を出されてしまい

ドワーフおじいさんの不機嫌になっていく様子や

部屋がどんどん×どんどん増えていく様子は

1ページごとにめくるたびおかしくて笑ってしまいます

この本は子供と一緒にめくる楽しさがあると思いますよ!!


新作ですぞ2☆

夏もソロソロ終わりですねぇ~(=^♀^=)/

9.2.jpg

そんなワケで夏の花

ひまわり』なんぞ

載せてみました。

今年は天候が悪くて花も

イマイチだったんですけど、

絵の中の『ひまわり』は

元気良く咲いていますヨ!!

※ちょっとスケッチブックが大きかった

のでパソコンでつなげ合わせてます

スイマセン(=^_^=;)


きつねのかみさま

きつねのかみさま (絵本・いつでもいっしょ)
きつねのかみさま (絵本・いつでもいっしょ)
酒井 駒子、あまん きみこ 他 (2003/12)
ポプラ社

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

著者の紹介

作者…あまん きみこ

1931年に旧満州に生まれる。

その他の作品『車のいろは空のいろ 』『ちいちゃんのかげおくり

『おっこちゃんとタンタンうさぎ』など

数多くの受賞作品を世に送り出している。 

画家…酒井 駒子  

1966年兵庫県に生まれる。東京芸術大学美術学部卒業。

その他の作品『リコちゃんのおうち 』『よるくま

金曜日の砂糖ちゃん 』など多数の自作絵本を出している。

対象年齢…幼児から

あらすじ

りえちゃんとけんちゃんがおやつを食べていると…

公園に縄跳びを忘れた事に気付きました。

そして二人で公園に縄跳びを探しに行くよ。

すると風にさそわれなにやら声が聞こえてきました。

声のしょうたいは……?

10匹のきつねが楽しそうに縄跳びで遊んでいるよ。

木の影からきつねを見ていた

お姉ちゃんのりえちゃんと弟のけんちゃんは…。

ミヅポンの声(=^♀^=)/

絵本を開くと「りえちゃんは、きつねたちの 

かみさまに なったのよ。そのわけはね…」

とても興味シンシンな始まりでワクワクしてしまいました。

この話を読んで子供の頃の事を思い出しました。

幼い頃、もし動物と話ができたら…とか、

この森をぬけると不思議な世界につながってるんだぁ~

などと思った事を思い出す絵本でした。

きっとこの本を読んだ皆さんはりえちゃんの笑った顔がいつまでも

忘れられなくなるだろうなぁ~って思います。

この本はりえちゃんの目線で伝えてあって、

弟とお姉ちゃんの言葉の違いや心の動きなんかも

とてもよく表現されています。

この本は全国学校図書館協議会発行の『よい絵本』

になっているので、おすすめです☆ぜひ読んでみて下さい!!

   


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。