スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジローとぼく

ジローとぼく
ジローとぼく
(1999/07)
大島 妙子

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介☆
作:大島 妙子(おおしま たえこ)…東京に生まれ、出版社を退職後絵本を描き始めました。

♪その他の絵本を紹介
いがぐり星人グリたろう (あかね・新えほんシリーズ)いがぐり星人グリたろう (あかね・新えほんシリーズ)
(2006/10)
大島 妙子

商品詳細を見る

おかあさんおかあさんおかあさん…おかあさんおかあさんおかあさん…
(2005/11)
大島 妙子

商品詳細を見る

オバケやかたのひみつ―まんげつのよるになにかがおこるよ (日本の絵本)オバケやかたのひみつ―まんげつのよるになにかがおこるよ (日本の絵本)
(2001/09)
大島 妙子

商品詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【こわくない こわくない】
【魔女からの手紙】

あらすじФ(・♀・=)
子犬を拾ったよ。
名前はジローて言うんだ。
布団でいつも一緒に僕とジローは眠っている。
あんなに小さかったジローは…
いつの間にやら僕と同じくらい大きくなった。

だから、お父さんと僕で大きなジローの小屋を作ったよ。
屋根に窓なんてついちゃってカッコイイ!
でも…ジローは乗り気じゃないのよね。

ジローと僕は初めて別れて寝ることになったけど
ジローは外で「ウォ~ン」と鳴いている。
かわいそうになって僕は、ジローの小屋で一緒に眠ったんだ。

そしたらね…

ミヅポンの声(^♀^)/
ずっと一緒に寝ていたのに、突然「外で寝るんだよ」なんて言われたら、ミヅポンだって乗り気じゃなくなっちゃうよぉ。ジローの気持はわかる!! ミヅポンが初めて飼った犬のコロちゃんは、外で飼われていたんだけど、初めて外で眠る生後4ヶ月くらいはジローのように鳴いてかわいそうだったなぁ~。ミヅポンもコロちゃんと一緒に外で眠っていたら、同じことになっていたもしれないなぁ。


スポンサーサイト
スポンサーサイト

ブルくんとかなちゃん

ブルくんとかなちゃん (幼児絵本シリーズ)
ブルくんとかなちゃん (幼児絵本シリーズ)
(2007/11)
ふくざわ ゆみこ

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:ふくざわ ゆみこ…東京生まれ。絵本作家・漫画家です。


♪その他の絵本を紹介
いないよいないよいませんよ (むしのかくれんぼ)いないよいないよいませんよ (むしのかくれんぼ)
(2004/06)
ふくざわ ゆみこ

商品詳細を見る

みずたまりのメダカくん―アマガエルくんとなかまたち (PHPにこにこえほん)みずたまりのメダカくん―アマガエルくんとなかまたち (PHPにこにこえほん)
(1998/04)
ふくざわ ゆみこ

商品詳細を見る

おひるねネコさんおひるねネコさん
(2007/07)
ふくざわ ゆみこ

商品詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【ねずみのチッチ】
【あめのもりのおくりもの】
【めざめのもりのいちだいじ】
【もりいちばんのおともだち】
【ふゆじたくのおみせ】

あらすじФ(・♀・=)
ブルドックのブルちゃん、小さい女の子かなちゃんの家にやってきました。
ブルくんは、かなちゃんとお友達になりたいなぁ~って思ったんだ。
そして、ご挨拶にほっぺをペロリ!!

かなちゃん……
ビックリして大きな声で大きな涙。

ん~どうやって仲良くなれるのかな?

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
私は小さな頃からずっと犬が欲しい子どもでした。何と言っても大きな体にフカフカの毛、このワンちゃんにドッカリ乗っかりたかったのです(^▽^*)ブルくんもかなちゃんにとってはダイブ大きなワンちゃんですよ。せっかくお友達になりたいと思っていても、かなちゃんは心を開いてくれません。いったいどうしたら仲良くなれるのかしらねぇ??みんなでブルくんを応援してあげて♪


ビルはたいくつ(Bored Bill)

ビルはたいくつ
ビルはたいくつ
リズ ピーション (2005/10)
くもん出版

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:4歳くらいから~
著者の紹介☆
作:リズ・ピーション(Liz Pichon)
訳:ほむら ひろし


♪その他の絵本を紹介
イエスさまがおしえてくださった主のいのり イエスさまがおしえてくださった主のいのり
ロイス ロック、リズ ピーション 他 (2000/09)
女子パウロ会
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
表紙からして…この顔とっても退屈そうです。
ページを開くと、おばさんがビルにボールを蹴っています。
けれど…ビルは、たいくつのし~らんぺA(^♀^;)

ビルはどうやら…体がとけてしまうくらいたいくつなんです。
「つまんない つまんない つまんちん┐( ̄ヘ ̄)┌」

ビルの飼い主さんピックルおばさんは、たいくつしらず。
本を読んだり・庭いじりをしたり
美味しい料理を作ったり・カンフーだって上手。
なのにビルは、たいくつで何にも興味がない犬なんです。

ある日、ピックルおばさんがビルを連れて散歩にでました。
ビルは嫌々むりやり外にでました。
ところが…外はひどい天気(>♀<)
風がゴ~ゴ~と吹いています。
「なんてこったぁ~」とビルがボソっとつぶやいた時…
すごい風がビュ~と吹いて
ピックルおばさんとビルは、空に飛んで行ってしまいました。
おばさんは後に救助されましたが、ビルは○○○にひとっ飛び…

ミヅポンの声(^♀^)/
この表紙笑ってしまいますよねぇ~。こういう退屈な犬の顔が面白くて大笑い♪♪私はマヌケ顔が好きらしいです。なんでも退屈に思っているビルは、風に吹かれてどこへ行ってしまったのでしょうね?でも、この風のおかげで退屈犬が→忙し犬になってしまうのです。ぜひこの絵本を読んでビルの事を見届けてみてくださいね!!でも、ミヅポンは退屈ビルの顔が好きだなぁv(^♀^)v


ミスター・ランチひこうきにのる

ミスター・ランチひこうきにのる ミスター・ランチひこうきにのる
ジェイ・オットー シーボルド、ヴィヴィアン ウォルシュ 他 (2005/05)
ソニーマガジンズ

この商品の詳細を見る


著者の紹介☆
文/絵:ジェイ・オット‐・シーボルド(J・Otto Seibold)…1960年ハリウッドに生まれる。絵本の他に広告やアニメーションなどでも活躍をするイラストレーターデザイナー。日本でも有名なのがNTTタウンページのキャラクターデザインがあります。
文:ヴィヴィアン・ウォルシュ(Vivian Waush)…夫であるジェイ・オット‐・シーボルドと共に沢山の絵本を出版している。二人の代表作として『トナカイになったオリーブ』『かたつむりのグレーイのおはなし』など他多数ある。
訳:青山南…福島県に生まれ数多くの翻訳を手掛けています。ジョン・シェスカ&レイン・スミスの『算数の呪』レイン・スミスの『たのしいホッキー・ファミリー!』ジョン・バーニンガム『アボガド・ベイビ』など。

♪その他の絵本
ミスター・ランチ カヌーのたび ミスター・ランチ カヌーのたび
ジェイ・オットー シーボルド、ヴィヴィアン ウォルシュ 他 (2005/07)
ソニーマガジンズ

この商品の詳細を見る
ミスター・ランチをすくえ! ミスター・ランチをすくえ!
ジェイ・オットー シーボルド、ヴィヴィアン ウォルシュ 他 (2005/09)
ソニーマガジンズ

この商品の詳細を見る
かたつむりのグルーイのおはなし かたつむりのグルーイのおはなし
ヴィヴィアン・ウォルシュ、J.オットー・シーボルド 他 (2002/12)
旺文社

この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
ある日、鳥をおいはらってから家の中に入ると一本の電話がなりました。「鳥をおいはらう名人芸をぜひテレビで見せて下さい」テレビ局の司会者からでした。喜んでミスター・ランチはオッケー!!そして飛行機に乗る為に勉強をしました。パスポートを取ったり地図を眺めたり必要な物をカバンに詰めてさぁ~。ところが空港に着くと「犬は下と」書かれてあり、ミスター・ランチは荷物と一緒に荷物室に連れて行かれてしまいました。こんな事で悲しむミスター・ランチではないのです。人のカバンを開けて。

ミヅポンの声(=^♀^=)/
かわいいミスター・ランチですが飛行機の荷物室で人のカバンを開けてしまって大丈夫かな?ちゃんともとに戻して無事テレビ局で鳥を追い払う事ができるのか心配です。この絵本は絵の中に文字が書いてあるので、物や動物や人のちょっとした勉強になると思いますよ。私もね~こんなにかわいい英語の本があったら、きっと今頃は英語が話せる人になっていただろうに。NTTタウンページのキャラクターかぁ~!
家の中のタウンページを探してみますね!!これか???


アンジュール~ある犬の物語~

アンジュール―ある犬の物語 アンジュール―ある犬の物語
ガブリエル バンサン (1986/05)
ブックローン出版

この商品の詳細を見る

著者の紹介☆
ガブリエル・バンサン…ベルギーのブリュッセルに生まれる。美術学校で絵画を学び、長期に渡りデッサンを学びました。この絵本は彼女の初の作品でその他木炭デッサン絵本では『たまご』インクデッサンでは『セレスティ-ヌ~ア-ネストとの出会い』がある。2作品共にボローニャ国際児童図書展グラフィック賞を受賞している。水彩の作品には『くまのア-ネストおじさん』『ちいさなコアラ~ピクニック』などがある。
たまご‐L’OEUF たまご‐L’OEUF
ガブリエル バンサン (1986/10)
ブックローン出版

この商品の詳細を見る
セレスティーヌ―アーネストとの出会い セレスティーヌ―アーネストとの出会い
ガブリエル バンサン (1988/04)
ブックローン出版

この商品の詳細を見る
くまのアーネストおじさんAセット 全9巻 /

あらすじ&ミヅポンの声(=^♀^=)/この絵本には文字がなく、木炭で描かれた57枚の絵で表現されています。まるで美術のデッサンの本を読んでいるような感じにも思えてしまいます。この絵本を以前紹介をしました、「絵本原画展」で見て、不思議な気持ちになりました。近くで見ると荒々しい木炭の線だけど、一歩離れるとバランスの良い迫力のある作品になります。色がないのに…あるような…不思議な作品に思いました。この絵本は個々の感じ方で違う一冊です。文字のない絵本では『木のうた』『火曜日のよる』でも紹介をしていますよん。みなさんはぜひこの絵本を見て感じて下さいませ。私のあらすじの紹介です。まぁ~文字がないので思った事を書きますね!!

ある日の事です。家族の乗った車から1匹の犬がほおりだされてしまいました。そう犬は捨てられたのです。犬は必死に車をおいかけましたが、車の速度が早くて追い付く事ができず、とうとう車の姿は見えなくなり独りぼっち。犬は途方にくれました。道で臭いをかぎ、あっちに行こうか…こっちに進もうか…ウロウロしていた犬は車に気付かず車の前に飛び出してしまったのです………犬は……

絵本作家原画展?のブログはこちらから→「絵本原画展」にGo!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。