スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ほんとのおおきさ動物園

ほんとのおおきさ動物園
ほんとのおおきさ動物園
(2008/03)
福田 豊文

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
監修:小宮 輝之(こみや てるゆき)…東京に生まれ、明治大学農学部を卒業後、多摩動物公園に勤務していました。ここでは日本産動物を担当し、カリガネの繁殖・ウサギの飼育では技術研究表彰を受けています。現在は上野動物園の園長となっています。

写真:福田 豊文(ふくだ とよふみ)…佐賀県に生まれ、犬やネコの撮影をしています。動物園の動物に関する著書も多数あり、有明海のムツゴロウを20年撮り続けている。

♪その他の絵本を紹介
ポケット版 学研の図鑑〈5〉鳥 (学研の図鑑 (5))ポケット版 学研の図鑑〈5〉鳥 (学研の図鑑 (5))
(2002/04)
小宮 輝之

商品詳細を見る

日本の哺乳類 (フィールドベスト図鑑)日本の哺乳類 (フィールドベスト図鑑)
(2002/03)
小宮 輝之

商品詳細を見る

どうぶつえんであそぼ しまうま (どうぶつえんであそぼ)どうぶつえんであそぼ しまうま (どうぶつえんであそぼ)
(2006/10/18)
中野 博美

商品詳細を見る

どうぶつえんであそぼ ぱんだ (どうぶつえんであそぼ)どうぶつえんであそぼ ぱんだ (どうぶつえんであそぼ)
(2006/10/18)
中野 博美

商品詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)

もくじを開くと、動物園にいる動物がこの絵本の中に入っているよ。
さぁ~じっくり見てみよう!!

これはこれは、白と黒の模様がかわいい
「パンダ」のコウコウ君です。
神戸市の王子動物園に住んでいるんだって。
パンダの目の周りはたれ目ちゃんの黒模様。
これで目を大きく見せているのかなぁ~。
あっ!! 知ってた? 
目と目の間につむじが2つあるよ( ̄□ ̄;)!!ビックリ
パンダはどんな生活をしているんだろうね。
ちょっと見てみてね。

うわぁ~~~~~~~!!
なんだぁ~Σ(~∀~||;)大きな欠伸をしていたダケなのね。
ガブッと食べるのかと思ったよ。
あぁ~ビックリした。
その正体…大きなトラのバイトくん。
群馬サファリパークにお住まいでございますか。
でもトラってこんなに顔が大きくて、歯なんて6cmもあるんです。
思わず定規で測ってしまいました。
これでガブッとやられたら…ホントに大変なことになっちゃうね。

次の動物は知ってるぞ!!
知ってるけど名前が出てこない…
「カピパラ」
あぁ~そうでした。カピパラのウミくんだそうです。
体の毛は、なんだかゴワゴワしていて…ちょっと触ると痛そうにも思えるなぁ。

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
この絵本は、大きいですぞ! 本屋さんや図書館でも大きな絵本なので目立つのではないかしら。図鑑のように動物達の写真が載っているけれど…この絵本の中には、動物のホントの大きさが写っているんですよ。大きなものは、動物の一部が…小さなものは、体型が一目でわかっちゃう。それに、ちょっとした動物の生活の様子が書かれてあるので、動物が大好きなお子さんにはたまらない一冊なのではないかしら? 家の近くに動物園があるなら、この絵本を持って見比べてみるのも楽しいかもね。夏場はちょっと匂いがプ~ンとしちゃうので、春や秋がおすすめかしら♪私の知っている方(母)で、小さい頃に動物園に行って具合を悪くした人がいます。色々な動物を観察しに行ったのに…身近な動物の観察になってしまいました。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。大丈夫…お母さん?!


スポンサーサイト
スポンサーサイト

日本どんぐり大図鑑

日本どんぐり大図鑑
日本どんぐり大図鑑
(2004/03)
徳永 桂子

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:どんぐりに興味があれば何歳からでも(;´▽`A
著者の紹介☆
作:徳永 桂子(とくなが けいこ)…1947年に生まれ、18歳の時より専門学校で美術を学び22歳でフリーのイラストレーターとなる。その後子供向けの絵を描き始めました。この図鑑は1994年よりどんぐりをかき始めました。2001年英国王立園芸協会ボタニカルアート部門金賞を受賞。
監修:北岡 明彦(きたおか あきひこ)…1954年名古屋大学農学部林学科を卒業しました。1982年日本自然保護協会認定の自然観察指導員となる。

あらすじФ(・♀・=)
秋になると、コロコロ森に落ちているどんぐり
みなさんは、何種類のどんぐりを知っていますか?
この図鑑には、どんぐりが40種類も載っています。
さらに、写真ではなく全て手書きで描かれていますよぉ(^▽^*)

この図鑑に載っていることってどんなこと?
左ページには、大きな(表紙にあるような)木が書いてあります。
この木の名前は:学術名:高さ:何月頃の木なのかな:
どこにこのどんぐりはあるの(日本地図で示しています。)

右ページを見ると
どんな花がさくのかな
新芽は、どんな風に木につくのでしょう
あっ!ちっちゃいけどどんぐりになりそうな形があるよ

冬の葉はどうなっているのかしら?
樹皮(樹皮)…木の皮の部分はどんな模様になっているんだろう

どんぐりって、どんな風に根が出て芽がでるのかな?

最後に、桂子さんのメモがありますよ

ページのところを見て、パラパラ紙をめくってごらん
どんぐりが コロコロ コロコロ 楽しく転がるよo(^∇^*o)(o*^∇^)o~♪


ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
この図鑑は遊びに来て下さった、「絵本で英語子育て」のえほんかあちゃんさんから教えてもらい、すぐに図書館に借りにいった図鑑です。この図鑑は、写真が一枚もないのですよぉ。すべてボタニカルアートなんです!!ボタニカルアートとは、植物の見たままの姿を精密に描くものなんですけど、徳永さんの根性がここに感じられました。季節ごとに待ってくれない植物は、その時を逃すと描くことができなんですよねぇ~。だからこの図鑑は、大変苦労をなさって描いたんだろうなぁ~って思います。私もボタニカルアートを学んでいるところなので、気持ちがわかります。秋の森にはどんぐりが沢山実っています。その土地にあったどんぐりが見られるので、この図鑑を開いて見比べてみると楽しいと思いますよぉ(^▽^*)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。