スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おやすみなさい おつきさま

おやすみなさいおつきさま (評論社の児童図書館・絵本の部屋)
おやすみなさいおつきさま (評論社の児童図書館・絵本の部屋)
(1979/01)
マーガレット・ワイズ・ブラウン

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:2歳くらいから~

著者の紹介☆
作:マーガレット・ワイズ・ブラウン(Margaret Wise Brown)……1910年ニューヨークに生まれる。幼い子ども達の心を理解することに心を傾け、たくさんの本を書きました。3つのペンネームを使い分け90冊以上の絵本を出版し、42歳の若さでこの世を去りましたが、残した絵本は世界中の子ども達の心に語り継がれています。

絵:クレメント・ハード

訳:せた ていじ

♪その他の絵本を紹介
ぼくのせかいをひとまわり (児童図書館・絵本の部屋)ぼくのせかいをひとまわり (児童図書館・絵本の部屋)
(2001/10)
マーガレット・ワイズ ブラウン

商品詳細を見る

ぼくにげちゃうよぼくにげちゃうよ
(1976/09)
マーガレット・ワイズ・ブラウン

商品詳細を見る

ぶんぶんむしとぞう―おおきいものとちいさいもの (世界傑作絵本シリーズ・アメリカの絵本)ぶんぶんむしとぞう―おおきいものとちいさいもの (世界傑作絵本シリーズ・アメリカの絵本)
(2009/06)
マーガレット・ワイズ ブラウン

商品詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【こねこのみつけたクリスマス】
【ちいさなもみのき】


あらすじФ(・♀・=)
緑の部屋ではどうやらウサギが眠ろうとしているようです。
部屋には絵の額が2つ
夜空のお月様を跳び越す牛の絵と三匹のクマの絵

他には猫が2匹に大きなドールハウス
うさぎのおばさん「静かにおしっ!」っと、眠ろうとしているわが子に言ったのかな?

おやすみ お部屋
おやすみ お月様
おやすみ 額の中の牛さん
みんな みんな おやすみ

だんだんと電気が暗くなり なんだか眠くなってきたよぉ~……


ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
すごい演出だなぁ。B単調な言葉のつながりで物が変わるけれど設定は同じなんです。部屋の一つずつの物に「おやすみ」と声をかけていくんですが、ん~なんだか目がショボショボしてきたぞ。そしてページをめくるたびに部屋がだんだん暗くなってくると欠伸が自然に出てきてホントに眠くなってしまいました。夜遊びして眠りたくない!! なんて言っているお子さんにはこの絵本ぴったりかもぉ(^エ^;)みんながミヅポンのように単純ならば…この絵本を読んだら(@ ̄ρ ̄@)zzzzだろうねっ


スポンサーサイト
スポンサーサイト

ゆめのおはなし

Just a Dream
Just a Dream
(1990/10/29)
Chris Van Allsburg

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



ゆめのおはなし (BOOKS FOR CHILDREN)ゆめのおはなし (BOOKS FOR CHILDREN)
(1994/06)
クリス・ヴァン オールズバーグ

商品詳細を見る


対象年齢:小学校中学年くらいから(ふりがな付き漢字を含みます)

著者の紹介☆
絵・文:クリス・ヴァン・オールズバーグ(Chris Van Allsburg)

訳:さいごう ようこ

♪その他の絵本を紹介
魔術師アブドゥル・ガサツィの庭園魔術師アブドゥル・ガサツィの庭園
(2005/09)
クリス・ヴァン オールズバーグ

商品詳細を見る

ジュマンジジュマンジ
(1984/07)
クリス・ヴァン・オールズバーグ

商品詳細を見る



☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【まほうのほうき】
【急行「北極号」】



あらすじФ(・♀・=)
学校の帰り道ウォルターはいつものようにパン屋によると
ジャムドーナッツを買いドーナッツを口に加えるとゴミは
丸めてポイッと捨てた。

家まで戻ると、お隣に住むローズが誕生日に買ってもらった木に水をあげてた。
木なんて…
僕の誕生日には、ぜったいに買ってもらわないとローズに言ってやった。

夜、ゴミを捨てに外に出かけたけど
見たいテレビが始まっちゃう!!
ホントは分別しないといけないのに…急いでいたし面倒くさいから
ドサッと同じゴミ箱に…

夜眠る前にウォルターは考えた。
未来の世界に行って見たいなぁ~ !!
自分専用の飛行機にロボット、そして大好きなドーナッツを機械で何千個も作る
ゴミだってロボットに任せて……ムニャムニャ
(@ ̄ρ ̄@)zzzz

そしてウォルターは、未来にとんだ……

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
な~んにも考えなかったら、そりゃぁ~ウォルターのように生活したいもんですよ。でもねぇ~そんなことを考えても…一人ひとりの心がけってもんが頭の中に常にあるので、そうもいかないってのが現実です。何でもロボットがやってくれる生活は一度はしてみたいと思うけれど…人間としてどうなんだいアンタ!?  と言われているようで後ろめたいような…(^エ^;)まぁ~ウォルターは夜中に自分専用のベッドで未来に飛んでしまったわけですけど、ウォルターの未来にはどんな世界が広がっているのでしょうね。それがホントに現実になるかは、ウォルターの現在しだいなんだぞ!! みんなの想像する未来と比べながら読んでみてね。


ねむい ねむい おはなし

ねむいねむいおはなし
ねむいねむいおはなし
(2006/09)
ユリ シュルヴィッツ

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:ユリ・シュルヴィッツ…1935年ポーランドに生まれました。「ゆき」コルデコット受賞、「空とぶ船と世界一のばか」コルデコット受賞。
訳:さくま ゆみこ…1947年東京に生まれ、東京都立大学仏文科卒業しました。出版社勤務を経て現在はフリーの翻訳家です。また玉川大学で講師も勤めています。

♪その他の絵本を紹介
たからものたからもの
(2006/05)
ユリ シュルヴィッツ

商品詳細を見る

ぼくとくまさんぼくとくまさん
(2005/05)
ユリ シュルヴィッツ

商品詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
ねむいねむい夜が来ると、お月様もお家も ねむいねむい
家の中では、テーブルもカーテンもイスも
イスの上にいるネコだって、み~んな ねむいねむい
ねむいベッドの上の男のだって くまのぬいぐるみもおもちゃも
み~~~~~~~~んな ねむい夜では 目を閉じて眠っています。

ねむい家に、窓から飛び込んで来たのは 楽しい歌 
ラッパの音やにぎやかな音符
すると、眠っていたイスがカタコトカタコト
目を開けてユラユラユラユラ…
眠っていたお皿だって…眠っていた…だって…眠っていた…だって

ミヅポンの声(^♀^)/
この絵本は、いつも遊びに伺っているブログ「絵本のたまご」さんの紹介で知った絵本です。でも…いくこさんの紹介を読んでいるだけで眠くなっちゃったんだよね。「ねむいねむい」って言葉を聞くだけで、ホント眠くなってきちゃうのに…こんなに静かな絵でねむい絵を見ていたら、読み聞かせしているお母さんが先に眠ってしまうかもA(^♀^;)私なら確実に眠ってしまうね。でも、静まりかえた眠い眠い夜に、飛び込んで来たのは…楽しい調べ。みんなが起きて…どうなっちゃうのかしら?!みなさんも眠れない時にはこの絵本を読んで、「ねむい ねむい」と脳に言い聞かせてみてね。


おひるねのいえ



The Napping House  (Board book)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

The Napping House (Board book)
Audrey Wood (2000/09/01)
Red Wagon

この商品の詳細を見る

※ごめんなさいねぇ~日本語版の画像がないので、海外版です。日本語版の詳細は下をクリックしてね。

おひるねのいえ / オードリー ウッド、ドン ウッド 他

ニューヨーク・タイムズ選定最優秀イラストレーテッド・ブックス/ゴールデン・カイト賞/アメリカ図書館協議会推薦

対象年齢

著者の紹介☆
ドン・ウッド(Don Wood)…雑誌や絵本で活躍中のアメリカのイラストレーター。オードリーは妻です。共作絵本も多く「King
Bidgood's in the Bathtub」はカルデコット賞を受賞した。彼はカリフォルニア大学サンタバーバラ校から学士号/カリフォルニア美術造形大学からは博士号を授与されている。

オードリー・ウッド(Audrey Wood)…アメリカのアーカンサス州で生まれ育ち、アーカンサス美術センターで脚本と美術を学ぶ。本/輸入品の店を経営するほか子どものための脚本や美術を教えている。現在は子どもの本の執筆と等身大の人形作りをしている。

訳:えくに かおり(江國 香織)…1964年東京に生まれ、多数の翻訳絵本を出版している。またウッド夫妻の「おふろじゃ おふろじゃ」も翻訳を手がけている。

ウッド夫妻の作品は以前も紹介しています。そちらも下をクリックしてご覧くださいね(^^)
どうする どうする ねずみくん
おふろじゃ おふろじゃ

あらすじФ(^♀^=)
雨が降り、霧がかかって中に一軒の家がありました。その家はお昼寝の家…お昼寝の家ではみんな眠っています。

お家の中にはベッドがある。そう気持ちの良いベッド
お昼寝の家は皆が眠っている…

ベッドの上にはおばあちゃん。ベッドの下には気持ちの良いベッド
お昼寝の家ではみんなが眠っている……

おばあちゃんの上には夢を見る坊やがのっかって眠っている。
坊やの下には、いびきのおばあちゃん
おばあちゃんの下には、気持ちの良いベッド…
(何度も言うが)
お昼寝の家ではみんなが眠っている………

坊やの上には、○○がのかって眠っている。

ミヅポンの声(^♀^)/
この本も面白かったなぁ~。以前紹介をした本「おふろじゃ おふろじゃ」「どうするどうするねずみくん」2冊同様繰り返される話に楽しさが感じられました。そしてこの本は、2冊のタッチとまた違った感じで、ホントに眠くなるんです(私だけかも)おばあちゃんのあくびを見ていたら…ホントにあくびがでて、目がトロ~ンとしちゃいました。きっとお昼寝が大嫌いな子どもが読んだら、眠っちゃうんじゃないかなぁ~A(^♀^;)困っている方は試してみて下さい。あらすじの○○の後にも3つでてきますよ。それはどんな○○かしらねぇ~?!読んでからのお楽しみ。そしてその最後の○○が、眠りのお家を脅かすことになりますよ~。
お昼寝の家はどうなっちゃうのぉ~!!!!寝よ(u♀u)Zzzzzz…


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。