スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


トマトさん<こどものとも傑作集>

トマトさん (こどものとも傑作集)
トマトさん (こどものとも傑作集)
(2006/07/05)
田中 清代

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:田中 清代(たなか きよ)…1972年神奈川に生まれ、多摩美術大学油画・版画専攻。在学中に製作をはじめ現在に至る。

♪その他の絵本を紹介
おきにいりおきにいり
(1998/05)
田中 清代

商品詳細を見る
おばけがこわいことこちゃんおばけがこわいことこちゃん
(2000/04)
田中 清代

商品詳細を見る



あらすじФ(・♀・=)
夏の暑い日、ポトンと落ちたのは
大きな大きなトマトさん。
真っ赤に熟れたトマトさんを、カンカン照りの太陽がジリジリ…
小川の水の音が聞こえると
コロコロポチャンッと、何か水の中に入った音が…

それは小さな小さなミニトマトたち
しばらくすると浮き輪をつけたトカゲたちも水の中へ
トカゲたちが一緒に入ろうとトマトさんを誘ったのに
トマトさんはサラリとことわりました。
けれど…

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
完熟に熟れたトマト…ミヅポンとっても大好きです。これがまた旨い!! なんてトマトさんの前では口が裂けても言えませんが…。トマトさんこんなにカンカン照りの中でどうして水の中へ入らないのでしょうね? それにはわけがあるんです。そのわけとは絵本を読んでからのお楽しみ。暑い日は水の中に入るのが一番!! ミヅポンも浮き輪持って水の中へ入るかな(^^)そ~~~れ♪


スポンサーサイト
スポンサーサイト

ウポポ ウポポポ ポタージュスープ

ウポポ ウポポポ ポタージュスープ (ひまわりえほんシリーズ)
ウポポ ウポポポ ポタージュスープ (ひまわりえほんシリーズ)
(2006/09)
越智 のりこみうら しーまる

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:越智 のりこ(おち のりこ)…東京で生まれました。

絵:みうら しーまる…大阪で生まれ、老いるパステルを使った温かい画風で活躍中。

♪その他の絵本を紹介

パンになる夢パンになる夢
(2001/10)
越智 典子塩田 雅紀

商品詳細を見る

うんぽっとん (こどものくに傑作絵本)うんぽっとん (こどものくに傑作絵本)
(2003/11)
みうら し~まる

商品詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
お母さんの作ったポタージュスープ
もえこちゃんは、お母さんのスープが大好きです。
じっとスープを見ても…何が入っているのかわからない
においをかいでも…何が入っているのかわからない

すると
「ウポポ ウポポポポ♪」
ポタージュスープがしゃべった!!
かと思うと、もえこは
ぴゅ~~~~~ん…と、
スープの中!?

もえこの手からスプーンが抜け出して歌いだしました。
そこに流れ出したのは、牛乳です。
牝牛の姿になって歌いだしました。
♪♪♪♪

そこにやってきたのは、にんじんたちです。
スス~イ スス~イと泳いで歌いだす!!

次にコロコロ転がってきたのは?


ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
お母さんの作った栄養たっぷりのポタージュスープ。嫌いなものもポタージュスープのみんなで協力しちゃえば見えないよね。ポタージュスープを見ていたらなんだか歌が聞こえてきそうだよ。子どもはお母さんの気持ちとはウラハラに好き嫌いがあるものです。子どものためを思って一生懸命考えて作っているのに…食べてくれないと悲しくなっちゃうよねぇ。それに成長には色々な栄養をバランスよくとらないとね!! 好き嫌いが多いお子さんには、この絵本はピッタリかもぉ(^▽^*) 楽しく読んでたくさん食べてねっ♪


14ひきのかぼちゃ

14ひきのかぼちゃ
14ひきのかぼちゃ
いわむら かずお (1997/05)
童心社

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:3歳くらいから~
著者の紹介☆
作:いわむら かずお…1939年東京に生まれ、東京芸術大学美術学部工芸科を卒業しました。その後パッケージデザインやテレビアニメーションの仕事を経て絵本の世界に入ってきました。栃木県の益子に住んでいて、自然の中で見たままの姿をやわらかいタッチで表現されています。

「14ひきのあさごはん」絵本にっぽん賞
「14ひきのやまいも」小学館絵画賞
「ひとりぼっちのさいしゅうれっしゃ」サンケイ児童出版文化賞を受賞
14ひきシリーズでは14ヶ国に翻訳出版されています。

♪過去に紹介した著者の絵本
【ねずみのかいすいよく】
【ぱろ・ぴこ・ぽろの ゆうだち】
『お父さんのかさはこの子です』
『カルちゃんエルくん ねむいねむい』
『ゆきのひはあついあつい』
『ねずみのさかなつり』
『14ひきのあきまつり』
『14ひきのやまいも』
『のはらのひなまつり』

あらすじv(^♀^)v
ここの家は大家族!
おじいちゃんにおばあちゃん・おとうさんにおかあさん・そして子どもが10匹
合計14匹の大家族なんてす。
皆が集まった部屋でおじいちゃんが言いました。
「これは、かぼちゃの種。命の粒だよ」と子どもたちに教えました。

次の日、みんなで土を耕し草を抜いて穴をあけて、かぼちゃの種を埋めました。
「かぼちゃの芽 でないね」みんなが心配していたある日
やっと芽が出た生まれたよ。
葉っぱが5枚6枚、雨が降ってもぐんぐん伸びる。
あっ!花が咲いたよ。黄色い大きなお花。

ミヅポンの声(^♀^)/
いわむらさんの作品の中で、かぼちゃがグングン育っている様子が、わかりますよ。ねずみの家族と一緒にかぼちゃの成長を楽しんでね。そして最後においしいかぼちゃで、みんなお腹いっぱい食べて下さい!かぼちゃの煮付けもかぼちゃのコロッケもかぼちゃのスープも…なんでも食べるぞぉ!


すいかのたね

すいかのたね―ばばばあちゃんのおはなし    こどものとも傑作集
すいかのたね―ばばばあちゃんのおはなし こどものとも傑作集
さとう わきこ (1987/09)
福音館書店

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作・絵:さとう わきこ…東京に生まれ児童出版美術家連盟に所属しています。一時デザインの仕事につき音楽のパンフレットを担当していました。その後子どものイラストに興味を持ち絵本の世界に入りました。
彼女の絵本はブログでも何度も紹介をさせて頂いています。そちらもご覧下さいネェ♪♪
【おつかい】
【あめふり(ばばばあちゃんシリーズ)】
【あひるのたまご(ばばばあちゃんシリーズ】
【とりかえっこ】

その他の絵本を紹介♪
せんたくかあちゃん せんたくかあちゃん
さとう わきこ (1982/08)
福音館書店

この商品の詳細を見る

小さなわらいばなし (下) 小さなわらいばなし (下)
さとう わきこ、二俣 英五郎 他 (1981/06)
ポプラ社

この商品の詳細を見る

おーいおーい (0.1.2.えほん) おーいおーい (0.1.2.えほん)
さとう わきこ (1998/06)
福音館書店

この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
お日さまがポカポカしている時に、ばばばあちゃんは庭にスイカの種をまきました。
そして大事に祈りながら土をかけて家の中に入りました。

それを見ていたのは……こねこです。
「なんだ×なんだ?!何かだいじそうに埋めたぞ」
早速掘ってみると、スイカの種。なぁ~んだ…と種を埋めました。

けれど…それを見ていた人物がいました。子犬です。
「なんだ×なんだ?!何かだいじそうに埋めたぞ」
すぐに掘ってみると、スイカの種。つまらないなぁ~と種を埋めました……。

その後、しっかりと見ていた人物がいました。それはうさぎ。
やっぱりうさぎも土を掘ってみました。
これがやっぱり…スイカの種。そりゃ~みんなと同じようにガッカリです。

また同じ場所に種を埋めると、それをまた見ていた人物がいました。
それは……?


ミヅポンの声(^♀^)/
ふふふっ!次に登場するのは誰でしょうね。アンタもかい!!って思う人ですよ。ばばばあちゃんの作品は、何度か紹介をさせて頂いているんですが、とっても楽しいですよね。こんな元気なばばばあちゃんが居たら私もお友達になりたいなぁ~。みんなもそう思う?さてさて、このスイカの種は頑張って芽を出して美味しいスイカが食べられるといいねぇ~!私は今年は1度しかスイカを食べていませんぞA(^♀^;)も~っと食べたいなぁ。


くもり ときどき ミートボール

くもりときどきミートボール
くもりときどきミートボール
ジュディ バレット、ロン バレット 他 (2004/06)
ほるぷ出版

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:小学校中学年くらいから~
著者の紹介☆
作ジュディ・バレット…絵本のお話を書く他、他の人の本を書評したり子どもに絵を教えている。多数の賞を受賞し、毎日絵本のアイデアを考えている。
絵:ロン・バレット…現在ニューヨークに在住でホットケーキが落ちて来る所に住んでいるとか。彼いわく…ミートボールの絵を描いたけれど、おすすめはし
ないそうです。なんでもベジタリアンだそうで…。

♪その他の絵本を紹介
どうぶつにふくをきせてはいけません どうぶつにふくをきせてはいけません
ジュディ バレット、ロン バレット 他 (2005/12)
朔北社
この商品の詳細を見る


あらすじ(^∀^)ノ
今日はホットケーキの日。
おじいちゃんはせっせとホットケーキを孫の為に焼いています。
おっと…ネコと犬のケンカにまきこまれ、ホットケーキは孫のヘンリーの頭に。
熱いけど笑いながら全部食べました。

その夜、おじいちゃんは孫達におかしな話をしました。
遠く離れた所に「カミカミゴックン」と言う街がありました。
そこには、毎日3度のご飯が落ちて来るというのです。
だからこの街には食べ物を売っている店は一軒もありません。
今日のご飯はお天気次第…
雨かと思うと、スープやジュースが降って来るし、雪かと思うとポテトやグリーンピース。
みんな出掛ける時には、お皿にフォークを持っていつでも食べられるようにしていたんだ。
けれど、ここで大変なのは食べ物を取り除く作業でした。
落ちた食べ物を動物にやったり、海や土に捨てて自然の役に立てた。

けれど、それが毎日続くと天候は悪くなり物が大きくなったり大量に降るようになって
人々は大混乱!!そして………


ミヅポンの声(^♀^)/
この絵本は大人気なのかしら???私は図書館で3人待ちしましたA(^♀^;)空からご飯が落ちて来たら…なんと幸せなのかしらぁ~~~!!なんて思って読んでいる人はそのうち大間違いに気付くんだろうな。街の人達は、最初は喜んでいたけれど、だんだん天候が悪くなり大変な事になっていましたよ。独特 の絵なので好き嫌いが別れてしまうかもしれませんが、興味のある人は読んでみて下さいね。私は表紙と中の想像していたイメージが違っていたので、ビックリしました。けれど、へんちょこりんなお話は面白かったなぁ~♪♪


こんやはどんなゆめをみる?



こんやはどんなゆめをみる?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

こんやはどんなゆめをみる?
工藤 ノリコ (2006/07)
学習研究社

この商品の詳細を見る

対象年齢:2歳くらいから~
著者の紹介☆
工藤ノリコ(くどう のりこ)…1970年神奈川県に生まれ、女子美術短期大学を卒業しました。その後絵本作家になりました。

♪その他の絵本を紹介
マルガリータとかいぞく船 マルガリータとかいぞく船
工藤 ノリコ (2006/12)
あかね書房
この商品の詳細を見る

ピヨピヨスーパーマーケット ピヨピヨスーパーマーケット
工藤 ノリコ (2003/12)
佼成出版社
この商品の詳細を見る

セミくんいよいよこんやです セミくんいよいよこんやです
工藤 ノリコ (2004/07)
教育画劇
この商品の詳細を見る


あらすじФ(^エ^=)
よいしょ!よいしょ!!
子ブタの五つ子ちゃん達は、しましまのパジャマを着てお腹が冷えないように果物柄の腹巻きを着けて、最後のトイレによって2回のベッドにあがりました。
ママにおやすみを言うと…
さぁ~今夜はどんな夢を見る??
4人の子ブタちゃんはジャングルで探検している夢をみています。
(おっと!バクがいるぞぉ。夢を取られないでね)
いいねぇ~!でもこういうのはどう??
今度の夢は…この設定はなんだ???4人は、白馬に乗った王子様&お姫様とぬいぐるみの馬に乗った子ブタと、明かりをともす子ブタ…(何だ?この設定は?)
いいねぇ~!!でもこういうのはどう??
寒~い氷の張った海で魚釣りをしたりアザラシと絵本を読んだり、くじらに乗ったり…2人は犬ぞり(5人になったでしょ。やっと一人が絵本を読み終わり夢の世界にやってきました)
いいねぇ~!!!でもこういうのはどう???
(さてこの次の夢はどんなゆめをみるのかしら???)

ミヅポンの声(^♀^)/
この絵本は文字がちょこっとしかないので、2歳以下のお子さんでも絵を見て楽しめると思いますよ。この子ブタちゃんだけではなく、脇役に登場している子子ブタちゃん達もおもしろいですよぉ。
皆さんに質問ですv(^♀^)v
夢の夢って見た事ありますか??私ねぇ~学生の時に、目覚ましがなってウダウダしていたんです。そこにママさんがやって来て「時間よぉ~そろそろ起きなさい!!」とお越しに来ました。それで、渋々起きると……
また目覚ましがなってウダウダしているんです。そして階段を上がるママの足音…「時間よぉ~そろそろ起きなさい!!」とお越しに来て、更に渋々起きると……目覚ましが鳴って………4度目でホントに起きられてよかった。朝から散々な夢です。次の日から目覚ましの音で何としてでも起きました。あ~疲れたA(^♀^;)


いやだあさまであそぶんだい

いやだあさまであそぶんだい
いやだあさまであそぶんだい
ヘレン クーパー (2004/05)
アスラン書房

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


著者の紹介☆
作:ヘレン・クーパー(Helen Cooper)…1963年にロンドンに生まれ、湖水地方のカンブリア州で育ちました。この絵本は1997年にケイト・グリーナウェイ賞を受賞しました。彼女の作品は、『かぼちゃスープ』と『こしょうできまり』で紹介をしています。この絵本よりも後に出ているのですが読んでみて下さい。おもしろいですよ!!下(↓)をクリックすると絵本の紹介を見る事ができます。

Go!Go!!→『かぼちゃスープ』に進め
Go!Go!!→『こしょうできまり』に進め

訳:ふじた しげる(藤田 繁)…彼女の作品にはケンブリッジ留学中に当時3歳だった我が子に読んでやった事で出会ったそうです。
あらすじФ(・♀・=)
夏の夜の事、そろそろこどもの眠る時間になりました。でも坊やはママの言う事も聞かずに、「いやだ~い!ひとばんじゅうおきているんだ~い」と言って、自分の車に乗り外に出てしまいました。力一杯ペダルを踏んで、すごいスピードで出かけてしまったのでママは追い付く事ができませんでした。しばらく坊やは車を走らせると……。

ミヅポンの声(=^♀^=)/
この絵本は感動絵本だよなぁ~うんうん!前回彼女の作品を読んだ時とは全く違う感情を持ちました。ますます好きになったぞ!!絵の感じも違うのでこのお話にはとってもバッチリな絵本です。坊やが立ち寄った場所の風景や声などが浮かんでくるようです。
こどもの頃はたくさん遊びたくて,なかなか眠りたくなかった記憶があります。一晩中起きてようと思っても気付くと眠ってしまっているのだよね~。この子は色んな人や動物達にあって声をかけるけれど、みんな眠りの時間になってしまい、誰一人遊んでくれる人がいません。最近は遅くまで起きているこどもが増えましたけど、みなさんのお子さんはいかがですか?睡眠は成長にはと~っても大切な物なのですよ。いっぱい良い夢を見て次の日も元気にたくさん遊んでもらいたいです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。