スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ごくらくちょうちょ

ごくらくちょうちょ

ごくらくちょうちょ
(2008/09)
山下 明生

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:6歳くらいから~(ふりがな付き漢字を含みます)

著者の紹介☆
文:山下 明生・937年に生まれ、京都大学文学部仏文科卒業。数多くの賞を受賞するなどすぐれた児童文学を発表しています。

絵:はらだたけひで…1954年に生まれ。「パシュラル先生」でサンケイ児童出版文化賞推薦を受賞しました。その後日本人で初の国際絵本画家最優秀賞を受賞しました。

♪その他の絵本を紹介
かいぞくオネション (山下明生・海のどうわ)かいぞくオネション (山下明生・海のどうわ)
(1988/06)
山下 明生

商品詳細を見る
ありがとうをわすれると (新しい日本の幼年童話)ありがとうをわすれると (新しい日本の幼年童話)
(2002/03)
山下 明生

商品詳細を見る

パシュラル先生の冬パシュラル先生の冬
(2002/11)
はらだ たけひで

商品詳細を見る

パシュラル先生の春パシュラル先生の春
(2002/04)
はらだ たけひで

商品詳細を見る



あらすじФ(・♀・=)
ごくらくってところは、いつも晴れていてキレイな花が咲き
ごくらくの動物達が楽しく暮らしているんです。
死んだ人にしかごくらくの場所にはいけないから
みんなはその世界を知らないはず。

ごくらくで暮らすチョウチョは、ちょっと暇になって
あの世とこの世をつなぐ井戸に水を飲みに行きました。
おやおや? あの世からもこっちを見ている女の子がいます。

女の子はおじいちゃんを亡くして悲しんでいました。
そして井戸に涙がポロリと落ちると
あの世の極楽チョウチョがこの世にやってきて
女の子の悲しみをやさしく救ってくれました。

病院の庭で男の子が…


ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
極楽チョウチョが女の子の悲しみを救う為にこの世にやってきました。悲しい人・寂しい人・不安な人の涙を吸い取って極楽チョウチョは飛んで行きます。生きていると色々な出来事があるけど悲しいことを極楽チョウチョがそっと吸い取ってくれる姿がやさしい絵本です。この絵本の幻想的な表紙に引かれて借りてみた絵本。ジ~ンとしてやさしい気持になれますよ。


スポンサーサイト
スポンサーサイト

ずーっと ずっと だいすきだよ

ずーっと ずっと だいすきだよ (児童図書館・絵本の部屋)
ずーっと ずっと だいすきだよ (児童図書館・絵本の部屋)
(1988/12)
ハンス ウィルヘルム

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:5歳くらいから~

著者の紹介☆
作:ハンス・ウイルヘルム

訳:久山 太市


あらすじФ(・♀・=)
僕は生まれたときから、エルフィーと一緒に大きくなりました。
エルフィーってのは犬。
僕が成長するよりもエルフィーの方が早く大人になるんだよ。

エルフィーのことが大好き
家族だって、エルフィーのことが大好き

僕たちは毎日一緒に遊んだよ。
エルフィーはちょっといたずらっこなところもあるけれど…

僕の背がのびると、エルフィーはどんどん太った。
それはねっ…

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
うわぁ~ん うわぁ~ん うわぁ~ん(≧д≦)・゚゚・。この絵本…ハンカチなくして読めないじゃないのぉ。え? あらすじからはそんなの伝わらないって…!? そう言われましてもですねぇ~しょうがないのよ。涙でちゃってぇ┐( ̄ヘ ̄)┌ ってことで、これはぜひともみなさんに読んでいただいてですねぇ~。そうそう!! ハンカチはお忘れなく。


くまとやまねこ

くまとやまねこ
くまとやまねこ
(2008/04/17)
湯本 香樹実

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:小学校低学年くらいから~
著者の紹介☆
作:湯本 香樹実…1959年東京に生まれ、「夏の庭」で日本児童文学者協会新人賞・児童文芸新人賞を受賞しました。さらにこの作品は10カ国で翻訳され、ボストン・グローブ=ホーン・ブック賞、ミルドレッド・バチェルダー賞を受賞しました。

絵:酒井 駒子…1966年兵庫県に生まれ、東京芸術大学美術学部を卒業しました。「きつねのかみさま」で日本絵本賞、「金曜日の砂糖ちゃん」でブラティスラヴァ世界絵本原画展賞、「ぼくおかあさんのこと…」でPITCHOT(フランスの賞)・Zilveren Griffel賞を受賞。

♪その他の絵本を紹介
夏の庭―The Friends (新潮文庫)夏の庭―The Friends (新潮文庫)
(1994/03)
湯本 香樹実

商品詳細を見る
春のオルガン (新潮文庫)春のオルガン (新潮文庫)
(2008/06/30)
湯本 香樹実

商品詳細を見る

BとIとRとDBとIとRとD
(2009/06)
酒井 駒子

商品詳細を見る

Pooka+―酒井駒子 小さな世界Pooka+―酒井駒子 小さな世界
(2008/06)
酒井 駒子

商品詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【よるくま クリスマスのまえのよる】
【ゆきがやんだら】
【ロンパーちゃんとふうせん】
【よるくま】
【金曜日の砂糖ちゃん】
【きつねのかみさま】


あらすじФ(・♀・=)
ある朝、クマは泣いていました。
仲良しの小鳥が死んでしまったからです。

クマは、小鳥のためにきれいな箱をつくり花で箱の中を飾ると
そっと小鳥を入れてやりました。

その姿は美しく
小鳥はすやすやと眠っているだけのようにみえました。

クマは小鳥と話した昨日のことを思い出していました…。


ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
うぇ~~~んうぇ~~~ん 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。オロロン オロロン 昨日までいたのに…昨日まで話していたのに…今は居ない。命は必ず生まれたら死ぬものと決まっていますが、わかってはいるけれど悲しいね。その生き物のことを愛していれば愛しているほど。その悲しみは大きいものです。この作品は、命について深く知ることができる絵本ですよ。ぜひ、命の大切さと悲しみを知ってください。酒井さんの描いた原画は、再生紙に黒い画材のみで描かれています。このおはなしにピッタリで、色がない絵本なのに二人の作家さんのすばらしい表現力で色がついたように見えますよぉ~ ! ぜひ読んでみてねっ♪


いぬはてんごくで…

いぬはてんごくで…
いぬはてんごくで…
(2000/03)
シンシア ライラント

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介☆
作:シンシア・ライラント(Cynthia Rylant)…1954年アメリカで生まれ、「メイおばあちゃんの庭」でニューベリー賞を受賞しました。児童書・絵本など幅広く活躍をされています。この絵本では初めて自分で絵も描いたそうです。

訳:中村 妙子…1923年東京に生まれ、東京大学西洋史学科卒業。

♪その他の絵本を紹介
ヴァン・ゴッホ・カフェヴァン・ゴッホ・カフェ
(1996/11)
シンシア ライラントささめや ゆき

商品詳細を見る

名前をつけるおばあさん名前をつけるおばあさん
(2007/02)
シンシア・ライラント

商品詳細を見る

十月のみずうみ十月のみずうみ
(1998/10)
シンシア ライラントエレン ベイアー

商品詳細を見る


過去にブログで紹介した本の紹介♪
【ながいよるのおつきさま】

あらすじФ(・♀・=)
知っていますか?
犬が天国に行く時には、翼はいらないそうです。
それはどうしてでしょう??
それはね、神様が犬が走るのが大好きなことを知っているから
天国までの道のりに、広い野原をくれるんです。

だから、天国にいる犬は走り回っているんですよ。
それに…
天国には、湖もあるんです。
鳥達と楽しく騒ぐ犬を見ると、神様もうれしいみたいね。

天国には、たくさんの子ども達もいるんですよ。
それはね…

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
なるほどねぇ~天国の世界ってみんなそれぞれ違った感覚を持っていたり想像したりしますよね。私の知っているところで天国には、ご先祖様や今まで一緒に過ごしてくれた動物達がいます。この本を読むと、きっと我が家の18年生きたコロちゃんも走り回っているのだろうなぁ~って思います。そういえば、最近夢に出てくれないと思ったら、楽しくて走り回っているのねっ!! 元気ならばそれで良し(=^♀^=)ノこの絵本は、天国についてやさしく描いた絵本ですよ。天国に…なんて聞くと、やっぱりさびしい気持ちになったりするけど…この絵本でみんなが元気に暮らしているんだなぁ~っと思ったら、やさしい気持ちになれる気がするなぁ。


げんきでね

20080820.jpg

※Amazonに画像がなかったのでスキャナーで取り込んだ画像です。
詳細は、をクリックして下さいね!!

げんきでねげんきでね
(2008/08)
フレンド 広子
商品詳細を見る


対象年齢:5歳くらいから~

著者の紹介☆
作:フレンド・広子(ふれんど・ひろこ)…神奈川県に生まれ、青山学院大学を卒業。その後アメリカの大学でジャーナリズムを専攻し、帰国後は新聞や雑誌の取材や編集・通訳など幅広い分野で活躍をされています。この絵本は彼女のデビュー作です。

絵:タカオカ ヨウスケ…愛媛県で産まれました。漫画や絵本などで活躍するほか、東京の新大久保駅の高架下に大きな壁画を描きました。

♪その他の絵本を紹介
(タカオカさんの作品)
デッカイノがやってきたデッカイノがやってきた
(2008/02)
高岡 洋介

商品詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
男の子ジェイが生まれたときには、家族の中にラブがいました。
ラブって?
おばあちゃん犬です。

ジェイが大きくなる側にはいつもラブがいる
ジェイが大きくなれば、ラブだってもっとお年寄りになる。

ラブはね、真っ白でフワフワの犬
まるで空に浮かぶ雲のよう
ジェイが空を見上げると、フワフワのラブ雲を発見!!

ジェイがサッカーボールも上手に蹴れるようになった夏休みのころ
なんだかラブは元気がありません。
大好きな散歩だって…
今まで食べていたご飯だって…

………

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
ビエェ~~~~~ン。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。大泣きですわぁ!!!! この絵本を書いた方はブログでもお世話になっているお友達【迷えぬ羊の独り言】の羊さんの作品なんです。彼女のデビュー作のこの絵本。動物と一緒に暮らしている方にはグッとくる絵本ですよ。私の家族にも動物がいるので、この絵本はハンカチ無くして読めない絵本でした。相棒と「ええ話やなぁ~~~」とオロオロしてたんですよ。生き物には必ず誕生したら限りがくるんだよね。その命について深く考える絵本です。フレンド・広子さんが大切に温め力を注いだ作品です。ぜひ、命の大切さをこの絵本を通じて感じてみてねっ。


おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん

おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん
おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん
(2000/07)
長谷川 義史

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:3歳くらいから~
著者の紹介☆
絵:長谷川 義史(はせがわ よしふみ)…1961年大阪府に生まれ、「おたまさんのおかいさん」で34回講談社出版文化賞を受賞。「いろなにほへと」で日本絵本小を受賞している。

♪その他の絵本を紹介
ぼくがラーメンたべてるときぼくがラーメンたべてるとき
(2007/08)
長谷川 義史

商品詳細を見る

いいからいいからいいからいいから
(2006/10)
長谷川 義史

商品詳細を見る

れいぞうこのなつやすみ (とっておきのどうわ)れいぞうこのなつやすみ (とっておきのどうわ)
(2006/05)
村上 しいこ長谷川 義史

商品詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【きみたち きょうからともだち】
【いろはのかるた奉行】
【おたんじょうびのひ】
【うん このかあちゃん】
【おへそのあな】
【生麦生米生卵】
【いろはにほへと】
【おじいちゃんのごくらくごくらく】
【ぼくのえんそく】
【おたんじょうびのひ】


あらすじФ(・♀・=)

黄色い帽子にキックボードを持っているのがボク
5歳の幼稚園タンポポ組です。

そんでもって、魚をヒョイっと釣り上げているのが
お父さん38歳です。

そして、こちらの白いヒゲが素敵な人が
ボクのおじいちゃん72歳。
ボクのお父さんのお父さんってこと。
おじいちゃんに聞いてみた。
「おじいちゃんのお父さんはどんな人?」

はいご紹介しましょう!
この茶色い服を着て赤い頬に青いヒゲが生えているのが
おとうさん。つまりボクのひいおじいちゃんです。

ちなみに、スーツ姿に丸い目眼鏡をかけているのが
ワシのお父さんのお父さん
ボクからすると、ひいひいおじいちゃんになるわけ…

じゃ~このひいひいおじいちゃんに聞いてみましょう。
「ひいひいおじいちゃんのお父さんはどんな人?」
それはね………

ミヅポンの声(^♀^)/
どなたか、このひいひいひい…おじいちゃんを全部言えた人はいますかな?私は途中までは、かなり頑張った…でもねぇ~ここまで来ると長谷川さんに負けてしまいましたぁ。きっと読んでいるみんなも「ひい」に挑戦するんだろうなぁ。頑張って!そして、自分の祖先を知るはず。これを読んだお友達は、自分のお父さんに聞いておじちゃんに聞いて、ひいおじいちゃんに聞いて…とさかのぼってみて下さいね。私は、おじいちゃんが亡くなってしまったので、お父さんでStopこの先は、夢の中で「ねぇ~ねぇおじいちゃんのおじいちゃんはさぁ~フニャフニャ…」


ぼく、うまれるよ!

こちらの絵本画像がありませんでしたぁ(;´▽`A
ごめんなさいm(・♀・)m
楽天さんのこちらのURLに飛ぶと見れますので、参考までに載せておきます。
「ぼく、うまれるよ!」に飛ぶ

対象年齢:小学校高学年くらいから~(けっこう難しい言葉が含まれているんです)
読み聞かせ:4歳くらいから~

著者の紹介☆
駒形 克己…紙そのものの色や質感を生かし、特殊な紙を使い多種多様な方法と想像力でこの絵本を作っています。

♪過去に紹介した著者の本
【グリーントゥーグリーン】
【イエロートゥーレッド】
【ブルートゥーブルー】


あらすじФ(・♀・=)
お母さんのお腹に、た~くさんの星が広がったよ。
そのお星さまは、1つだけ違う世界に入る事ができるんです。

別世界に入った星は、大切に揺られ2つになった。
さらに揺られて4つになった。

おや?!小さな小さな命の誕生です。
ゆっくり大きくなり、やがて体がマンマルになってきたね。

お母さんのお腹はとっても温かくて居心地がいい。
お母さんの声だって、やさしく聞こえるよ!

お母さんに声をかけると
どんどん体が押されてきたぞ!
どこに行くの………

ミヅポンの声(^♀^)/
駒形さんがこの絵本を作ったきっかけは、ご自分の愛娘が4歳になった時だそうです。娘さんは、お母さんのお腹の中にいた時の事を話してくれました。私なんてそんなのぜ~~~~~んぜん覚えていません。そんな未知の世界からこの話が生まれるなんて、神秘的だわぁ~!なかなか子どもにどこから生まれて来たの?と言われると答えられないと言う声を聞いた事があるので、この絵本なんてどうかしら?ただ、お母さんと子ども用に言葉がわかれていて、大きい文字は子ども用で補足で書いてある事がお母さん用なのかなぁ~なんて思います。この絵本は紙質にこだわっているのと、娘さんのお話を聞いてお腹の中の色を再現しているそうです。もしかしたら、みなさんのお子さんも…「そ~言えばママのお腹の色こんなだったよ!そんでね…」なんてお話してくれるかも知れませんよ。


わすれられないおくりもの

わすれられないおくりもの (児童図書館・絵本の部屋)
わすれられないおくりもの (児童図書館・絵本の部屋)
スーザン・バーレイ (1986/10)
評論社

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:小学校低学年くらいから~
読み聞かせは4歳くらいから~

著者の紹介☆
作:スーザン・バーレイ(Susan Varley)…イギリスに生まれ、電力会社のアナグマのコマーシャルでも有名になった彼女。絵本作家を目指し美術大学の在学中、卒業制作として『Badger's Parting Gift(わすれられないおくりもの)』で絵本作家としてデビューしました。それから数々の絵本を手がけ、たくさんの賞を受賞しています。
訳:小川 仁央


♪その他の絵本を紹介
アナグマさんはごきげんななめ (児童図書館・絵本の部屋) アナグマさんはごきげんななめ (児童図書館・絵本の部屋)
スーザン バーレイ、ハーウィン オラム 他 (1998/06)
評論社
この商品の詳細を見る

わたしのおとうと、へん…かなあ (児童図書館・文学の部屋) わたしのおとうと、へん…かなあ (児童図書館・文学の部屋)
スーザン バーレイ、マリ=エレーヌ ドルバル 他 (2001/09)
評論社
この商品の詳細を見る

はじめましてスミレひめよ はじめましてスミレひめよ
ハーウィン オラム、スーザン バーレイ 他 (1999/02)
評論社
この商品の詳細を見る


★以前に紹介した著者の本
【まじょからの手紙】
【ふかい森のふたりはなかよし】

あらすじФ(・♀・=)
アナグマは、とても物知り
だからみんなから、したわれていたし
アナグマ自身もみんなにやさしく接していました。

アナグマは年寄り、足もずいぶん鈍ってしまい
友達と走り回る事はもうできません。
自分の死がそう遠くないことを知っていました。
けれど、自分が死ぬことを恐れてはいません。
死んでも心は残る事を知っていたから。

夜になって、全てのことをすますと
揺りイスに座り、机に向かい手紙を書いていました。
ユラユラ揺られるうちに、ぐっすり寝入ってしまいました。
そしてフシギな夢をみました。
足が動かなかったはずなのに走って、なが~いトンネルをくぐっている夢…
足が軽くて自由に動ける夢……

そして次の朝…

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
わぁ~~~~~んわぁ~~~~~ん。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。アナグマさんが…この絵本を「死」について語っています。大切な人を失う事は、とっても悲しいこと。居ないことを認識し前に進めるかは、人によって時間がそれぞれに違います。その人を愛していればいるほど、時間はかかるもの。けれどアナグマさんが言ったように「心は残るもの」どんな風に?それはこの絵本を読んでみてね。確かにそうだぁ~っと思って、今悲しい気持ちでいる人も元気がでたらいいなぁ。そしてその人の分も生きて前へ進んでもらいたいです。また悲しい気持ちを持った事がある人は、その人の事を思い出してあげてね。


おじいちゃんがおばけになったわけ

おじいちゃんがおばけになったわけ
おじいちゃんがおばけになったわけ
エヴァ エリクソン、キム・フォップス オーカソン 他 (2005/06)
あすなろ書房

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:小学校低学年くらいから~
読み聞かせは:4歳くらいから~

著者の紹介☆
文:キム・フォップス・オーカソン(Kim Fupz Aakeson)…1958年デンマークに生まれる。子どもに常に接した仕事に就き、その後作家・漫画家・イラストレーターとして活躍をしました。現在は日本の映画脚本家としても活躍中です。この絵本は、日本以外で8カ国で翻訳され、多くの人に愛されています。
絵:エヴァ・エリクソン(Eva Eriksson)…1949年スウェーデンに生まれ、日本でも人気のイラストレーターです。
訳:菱木 晃子(ひしき あきらこ)…1960年東京に生まれ、慶應義塾大学を卒業。北欧の児童書を中心に翻訳をされています。

♪作者の絵本
みどりの谷のネズミしょうぼうたい みどりの谷のネズミしょうぼうたい
ウルフ ニルソン、エヴァ エリクソン 他 (2002/01)
BL出版
この商品の詳細を見る


おばけやしきへようこそ! おばけやしきへようこそ!
エヴァ エリクソン、キッキ ストリード 他 (1996/07)
偕成社
この商品の詳細を見る


パパが宇宙をみせてくれた パパが宇宙をみせてくれた
エヴァ エリクソン、ウルフ スタルク 他 (2000/10)
BL出版
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
男の子のエリックには、大好きなおじいちゃんがいました。
けれど、大好きなじいじはもういません。
道で心臓発作で倒れ、亡くなってしまいました。

エリックの大粒の涙にママは言いました。
「じいじは、天国へ行ったのよ」そして僕のほっぺをやさしくなでてくれた。

教会でじいじが木の箱に入れられ、たくさんのお花でかざられました。
おじいちゃんは、どうなっちゃうの?と僕がお父さんに聞くと
「土になるんだよ」とやさしく言いました。

え??ママは天国に行くっていったけど…パパは土に帰る…どっちなの?
エリックがそんな事を考えていた晩のこと、じいじがタンスの上に座っていました。

おばけになったはずのじいじがどうしてここにいるのか…エリックはフシギです。
そして、お化けになったはずのじいじがここにいるのか…じいじもフシギ。

じいじがこの世に下りてきてしまったのは、どうやら大切な忘れ物があるから。
それをじいじとエリックは探すことができるのかな??……

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
とちゅう色々な笑いどころもあって楽しく読んでいたのだけど、じいじが大切な忘れ物を思い出した一言に大粒の涙を流してしまいました。じいじの生死を通じて命の大切さと命の生まれ変わりを表現しているこの絵本。命がどうなってどこへ行くか…誰もわからない事ですが命についてのオススメ絵本だと思います。おじいちゃんと孫の愛情あふれる絵本を読んでみてくださいね。


きみがしらないひみつの三人

きみがしらないひみつの三人
きみがしらないひみつの三人
ヘルメ・ハイネ (2004/03/19)
徳間書店

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:小学校低学年くらいから~
      読み聞かせは4歳くらいから~
著者の紹介☆
作/絵:ヘルメ・ハイネ(Helme Heine)…1941年ベルリンに生まれる。大学で美術と経済学を学びました。1976年絵本作家としてデビューし、独特の絵と言葉で温かみのある絵本を多数手がけています。また、その結果はlボローニャ国際児童図書展などで賞を取るなど、その他でも多数の賞をもらうほどの実力者であります。
訳:天沼 春樹(あまぬま はるき)…1953年埼玉に生まれ、中央大学大学院博士課程を修了。著書の他にも、翻訳本も多数手がけている。

♪その他の絵本を紹介
ともだち ともだち
ヘルメ ハイネ (1996/04)
ほるぷ出版
この商品の詳細を見る

ボヨンボヨンだいおうのおはなし ボヨンボヨンだいおうのおはなし
ヘルメ ハイネ (2006/04)
朔北社
この商品の詳細を見る

ぼくらさんびき ぼうけんたい ぼくらさんびき ぼうけんたい
ヘルメ ハイネ (1997/07)
小学館
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
きみが生まれた日、三人の友達はやってきた。
一人は「頭博士」…赤ちゃんの頭の中の屋根裏部屋で見たもの・聞いたもの・匂いをかいだものすべてのデータをカードに書きとめているんだ。けど…時々間違えてしまって、眠っている間に怖い夢を見せることもあるんだけどね。

二人目は「ハートおばさん」…赤ちゃんの左胸に住んで、いろんな気持ちの世話係。泣いてビショビショの心は干して乾かす。大事な気持ちは大切に箱の中。

三人目は「いぶくろおじさん」…胃の中の台所で腕利きのコックです。きみが食べたものを料理しなおして、冷たいもの・温かいもの・食べると危険な物をちゃんと分けてくれるんだ。

そんな三人はいつも協力をして仲がいいけれど、時々ケンカをするときがあるんだ。
それはつまり……ってわけ。

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
この絵本は、いつもお世話になっているわかなさんのブログで紹介をされていて、とってもお話に興味があったので、借りてみました。やっぱりとっても楽しい感動絵本でした。ほっほぉ~!!こんな風に一生を描いているなんて、天才だ♪と感動してしまいました。この三人組は人間にも動物にもいるわけですけど、私の頭博士は…よく×よく居眠りをしたり、カードを間違えるんだよねぇ~!だいぶ、前世の所でよ~く働いてくれた頭博士なのかもね。お疲れなのだよ。そして、いぶくろおじさんは大活躍!私はすぐに食べたものを呑んでしまうから、いぶくろおじさんはご苦労様だろうに…気をつけるよ。ハートおばさんは、最近涙もろくなったので洗濯が大変だろうなぁ~(^-^)皆さんはどうですか?


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。