スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


えんふねにのって

えんふねにのって
えんふねにのって
(2006/03)
ひがし ちから

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:ひがし ちから…1972年大分県に生まれ、筑波大学芸術専門学校を卒業しました。2004年にピンポイントピクチャーブックスで最優秀賞を受賞し、この絵本は新たに書き下ろしたものです。

♪その他の絵本を紹介
いま、なんさい?いま、なんさい?
(2009/04)
ひがし ちから

商品詳細を見る

ぼくのかえりみちぼくのかえりみち
(2008/10)
ひがし ちから

商品詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
幼稚園に通っているマキちゃんは、えんふねが大好き。
川の向こうを眺め、えんふねが来るのを待っていました。
ところで、えんふね…て??
園船ですよぉ~~~~~~~(^^)

「おはよう マキちゃん」と声をかけてくれたのは
園船に乗った、遠山先生とお友達
マキちゃんが園船に乗ると、さぁ~出発!!
船頭さんが園船を走らせました。

ゆっくりゆっくり河を下っていくと…マキちゃんのおばあちゃんが
橋の上で何かをつるして待っています。
それは??


ミヅポンの声(^♀^)/
ミヅポンも園船に乗ってみたい!! こんな船に乗って幼稚園に行けるなんて、きっと毎日楽しみで仕方ないんだろうなぁ~。園バスならば知っているけど…園船かぁ~いいなぁ。さてさて、マキちゃんのおばあちゃんはあるものをかごに入れて園船に降ろします。それはいったいなんでしょうね? ミヅポンの大好きなもの…ん~食べたい!!


スポンサーサイト
スポンサーサイト

じてんしゃにのるアヒルくん

じてんしゃにのるアヒルくん (児童図書館・絵本の部屋)
じてんしゃにのるアヒルくん (児童図書館・絵本の部屋)
(2006/06)
デイビッド シャノン

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:デイビッド・シャノン(David Shannon)…アメリカの絵本作家。ワシントン州のスポーケンで育ち、イラストレーターとしてニューヨークタイムズやタイムなどで活躍しています。カルデコット・オナー賞を受賞した「だめよ、デイビッド!」のほか数々の絵本を生み出している。

訳:小川 仁央

♪その他の絵本を紹介
こうしてぼくは海賊になった (児童図書館・絵本の部屋)こうしてぼくは海賊になった (児童図書館・絵本の部屋)
(2006/08)
メリンダ ロング

商品詳細を見る
クリスマスの大そうどう (児童図書館・絵本の部屋)クリスマスの大そうどう (児童図書館・絵本の部屋)
(2007/11)
デイビッド シャノン

商品詳細を見る



☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【デイビットがっこうへいく】
【だめよデイビット】
【あめふりのおおさわぎ】

あらすじФ(・♀・=)
ある日のアヒルくんは、とんでもないことを思いついた。
男の子がとめておいた自転車に、「よっこらしょ」と乗り込みこぎだした。

アヒルくんが雌牛の横を通り過ぎて声をかけた。
雌牛はもちろん驚くよねぇ~。
「自転車に乗るアヒルなんで見たことない」
(そりゃ、そうだ)

チャリチャリっと進むと…
羊のわきを自転車にのったアヒルが通りかかり声をかけた
まぁ~もちろん羊は目を見開いてアヒルをみるわね。
「気をつけて けがするわよ!」

調子に乗って自転車をこいでいると
横に犬がならんだ。
犬はアヒルに声をかけると…

ミヅポンの声(^♀^)/
ホントにアヒルが自転車に乗っていたらミヅポンだってビックリして他の動物と同じ顔になっていると思うなぁ。でも、だれもが思うこの気持…それは読んでからのお楽しみなんだけど。もし、自分が動物で自転車に乗っているアヒルをみたら同じ行動に出るだろうねぇ~。いっつもデイビッド・シャノンさんの絵本を読むと思うこと。それは、うんうん! その気持わかるよ!! ってことなんだよねぇ~。興味を引く絵本、すばらしい響きだわv(^♀^)v


ゆきぐにれっしゃだいさくせん

ゆきぐにれっしゃだいさくせん (のりものえほん)
ゆきぐにれっしゃだいさくせん (のりものえほん)
(2008/12)
横溝 英一

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:5歳くらいから~

著者の紹介☆
作:よこみぞ えいいち(横溝 英一)…1930年神奈川県に生まれ、武蔵野美術短期大学を卒業。

♪その他の絵本を紹介
パワーショベルのブルくん (PHPのりものえほん)パワーショベルのブルくん (PHPのりものえほん)
(1999/02)
横溝 英一

商品詳細を見る

しんかんせんのぞみ700だいさくせん (のりものえほん)しんかんせんのぞみ700だいさくせん (のりものえほん)
(2001/05)
横溝 英一

商品詳細を見る

はしるはしるとっきゅうれっしゃ (かがくのとも傑作集)はしるはしるとっきゅうれっしゃ (かがくのとも傑作集)
(2002/11)
横溝 英一

商品詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
4年生の僕と2年生の弟がお父さんと犬の散歩をしていると
雪を乗せた列車を踏切のところで見たよ。
「この雪はどっから来ているのかな? 見に行きたいね」
そんな言葉に、お父さんが「二人で計画して行ってみたらどうだい?」と提案した。

僕たちは時刻表と地図をみて計画をすることに…
場所は新潟県の越後湯沢

さっそく緑の窓口で、お年玉を全部もって切符を買ったよ。
さぁ~日曜日の朝、僕たちは家の近くの駅から
高崎行きの211系快速電車にのって出発だぁ!!

ミヅポンの声(^♀^)/
電車が大好きなお子さんにはぴったりの絵本でしょうねぇ。甥っ子に読んであげようとおもっていたんですが、ちょっと文字量が多いのと3歳には難しいので話の流れを変えずに文を短くして読んでみました。すると、やっぱり電車が大好きなので絵と電車の名前を見て早速覚えていましたよ。ミヅポンは電車のことがわからないので??なるほどねぇ~(;^ω^Aって感じでしたが。この絵本を読んで私も妹と二人で同じ年頃に福島まで電車に乗って遊びに行っていたことを思い出しました。ワクワク・ドキドキ・ハラハラで田舎のおじさんが駅のホームで待っていてくれる笑顔を見ると、本当にホッとしていたことを思い出します。


ゆうえんちは おやすみ

ゆうえんちはおやすみ (おはなしトントン 9)
ゆうえんちはおやすみ (おはなしトントン 9)
(2007/12)
戸田 和代

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:小学校1・2年生くらいから~

2008年の夏休み推薦図書に選ばれています。

著者の紹介☆
作:戸田 和代(とだ かずよ)東京に生まれ、「ないないねこのなくしもの」で日本児童文芸協会新人賞、「くつねのでんわボックス」で浜田広介賞を受賞。
絵:たかす かずみ福岡県に産まれる。「きつねのでんわボックス」でも絵を手がけています。

♪その他の絵本を紹介
ぱぱごりたんのおおきなせなか (新しいえほん)ぱぱごりたんのおおきなせなか (新しいえほん)
(1999/06)
戸田 和代たかす かずみ

商品詳細を見る

おてんきてんしのおくりもの (おはなしたんけんたい)おてんきてんしのおくりもの (おはなしたんけんたい)
(2002/06)
戸田 和代たかす かずみ

商品詳細を見る



☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
「きつねのでんわボックス」
きつねのでんわボックスきつねのでんわボックス
(2006/07)
戸田 和代たかす かずみ

商品詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
今日は遊園地の休園日です。
警備員のおじさんが大きなあくびをしていると…

コツコツ…と、事務所のドアを叩く音がしていました。
「おじさん おじさん」
おじさんが、その音に気付き目をパチクリさせました。
目の前には、キツネの子どもがいたからです。

キツネは、空に手を伸ばして
「あれに のせて」と言いました。
あれって…観覧車のこと?
でも今日は遊園地の乗り物は全てお休みなんです。
残念…
「だからきたんだぁ~♪人間はお休みでも、動物はべつかなぁ~と思って」と
きつねは、おじさんに言いました。
「人間も動物もみ~んなお休みなんだよ」と、
おじさんが言うときつねはしっぽも下がるほどガッカリ。

そんなガッカリしたキツネの顔を見たおじさんは…
「一回だけだよ」と乗せてくれました。
きつねは、初めて見る空高く昇った景色に大満足!!

それからまた一週間が経ちました。
遊園地は今日もお休みです。
おじさんは、先週と同じように事務所の中で大きなあくびをしていました。
…トントン トントン…

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
みなさん観覧車好きですか? 私は…苦手なんですよぉ~高所恐怖症で、あの隙間から風がピュ~と吹きぬける感じとガタガタ揺れて昇る感じが絶景を見るよりも先にたってしまい…残念ながらその景色を見ることができません。妹は高いところが大好きで、小さい頃に遊園地に行くと大変でした。一度妹につられて、空中ブランコに乗ったことがあったのですが…あれはヤバイ( ̄□ ̄;)!! 足がブラ~ンとあんな勢いで高く上がって…回って…下に降りてきた時には、失神ですよぉ。まぁ~自分のお話は置いといて…このおはなし素敵なんですよ♪キツネのガッカリする顔をみて、やさしいおじさんは乗りたいとせがむキツネを観覧車に乗せてやりました。キツネの住む場所からは空まで上がる観覧車がとってもステキに見えたんでしょうね。そしてキツネの目に映る絶景はどんなだったのでしょうか? 次の週、またお客さんがやってきましたが…どうやら、またおじさんを困らせる出来事のようですよぉ~。おじさん頑張って!! 遊園地はみんなに夢を与える場所ですからねぇ~休園日と言えども夢を…♪♪


ごろごろ にゃーん

ごろごろにゃーん (こどものとも傑作集 68)
ごろごろにゃーん (こどものとも傑作集 68)
(1984/02)
長 新太

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:2歳くらいから~
著者の紹介☆
作:長 新太(ちょう しんた)…1927年東京生まれ。漫画やイラスト、絵本にエッセイなど幅広い分野で活躍をされています。たくさんの絵本を手がけロングセラーな絵本がた~くさんありますよん。

♪その他の絵本を紹介
おなら (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん)おなら (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん)
(1983/01)
長 新太

商品詳細を見る

ごめんなさいごめんなさい
(1999/07)
中川 ひろたか長 新太

商品詳細を見る

つきよのキャベツくん (えほんのもり)つきよのキャベツくん (えほんのもり)
(2003/08)
長 新太

商品詳細を見る



☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【おつきさんのき】
【魔女からの手紙】
【おしゃべりなたまごやき】

あらすじФ(・♀・=)

飛行機は「ごろごろ」と ネコ達は「にゃ~んにゃ~ん」泣きながら、
ボートで飛行機に近づいたネコ達は飛行機に乗っていきました。

ネコ達をたくさん乗せて「ごろごろにゃ~ん」と飛行機は飛んでいきます。
「ごろごろにゃ~ん」
飛行機の下の糸にくっついた魚達をつれて、飛行機は飛んでいるよ。

おぉ~!!ネコ達は、その魚を食べているよ。
窓から見えるネコ達の顔がうれしそうだわ。
「ごろごろにゃ~ん」っと、それでも飛行機は飛んでいます。

もうお気づきかもしれませんが、この絵本の言葉は同じなのですA(^♀^;)
読んだら、ず~っと同じ事にちょっと笑ってしまいました。

おっと!!「ごろごろにゃ~ん」飛行機が大変です。
大きな大きな○○○に狙われている!
でも、「ごろごろにゃ~ん」と飛行機は飛んでいます……

大丈夫かな?飛行機…


ミヅポンの声(^♀^)/
長新太さんの絵本ってどうしてこんなに面白いんでしょうね。この本はどちからかと言うと緑っぽい色で全体的に描かれています。全体的に表紙の色と同じなんだな。そして言葉も斬新な感じですが、その同じ言葉の繰り返しなのに、何がおこっているかどうなってしまうのかが絵から伝わるので興味シンシンになっちゃうのよね。不思議な感じが面白かった!って、ことは好き嫌いがあるのかなぁ~?まぁ~ぜひ読んでみてこの感じを味わってみてくださいね。あんなことやこんな事があるのに、飛行機は「ごろごろにゃ~ん」なんですよ♪


でんしゃにのって

でんしゃにのって
でんしゃにのって
とよた かずひこ (1997/06)
アリス館

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:とよた かずひこ…1947年宮城県に生まれ、早稲田大学第一文学部を卒業しました。

♪その他の絵本を紹介
バルボンさんのおしごと (ワニのバルボン) バルボンさんのおしごと (ワニのバルボン)
とよた かずひこ (1999/07)
アリス館
この商品の詳細を見る

雪わたり (宮沢賢治のおはなし) 雪わたり (宮沢賢治のおはなし)
とよた かずひこ、宮沢 賢治 他 (2004/12)
岩崎書店
この商品の詳細を見る

コトコトでんしゃ (あかちゃんのりものえほん) コトコトでんしゃ (あかちゃんのりものえほん)
とよた かずひこ (2007/10)
アリス館
この商品の詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【うみのおふろやさん】


あらすじФ(・♀・=)
うららちゃんは、電車にのっておばあちゃんのところにでかけます。
持ち物はと言うと…
おばあちゃんのお土産と切符
ぎゅっと握り締めて、「ここだ」駅までゴトゴト ガタゴト

ワニだぁ~ワニだぁ~(ワニダ駅に到着です。)
ドアが開いて、「は~い おじゃましますよ!」と乗ってきたのは
ワニの奥さんと、ワニの学生さんです。

ガタゴト乗っていると…次は、クマだぁ~クマだぁ~です。(次はクマダ駅に到着)
「はい!おじゃましますよぉ」
ドアが開いて乗ってきたのは、熊の奥さんと熊のサラリーマン

ワニの奥さんと熊の奥さんに挟まれて、うららちゃんはガタゴトガタゴト…
次はぁ~………(さてどこの駅なのかな?)

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
面白い駅が、い~っぱいあるのね。動物達がゾロゾロ乗ってきました。一人で電車に乗って心配じゃないのかな?私ならキョロキョロハラハラです。私ね、幼少の頃うちの妹と東京から田舎まで2人で電車でゴトゴト揺られた事があるんですよ。毎年冬休みと夏休みは、切符を握り締めかなりの長旅でした。乗り換えなしなので乗ってるだけと言われると(;^ω^Aなんですけど…結構子ども心に大変だったよぉ!お財布を盗まれないように妹と変わりばんこにトイレに行ったり、勇気を出して電車の中でお茶と冷凍みかんを買ったり。今となれば、かなりいい勉強になったけれど、よくママさんは私達を何時間もある電車に乗せるもんだなぁ~と…すごい母親と父親にビックリです。心配はないのだろうか……ヽ( )`ε´( )ノ
この絵本を読んで、その思いでがよみがえってきましたぁ((>д<))


ガッタン ゴットン

ガッタンゴットン (創作絵本シリーズ―Present to kids&you)
ガッタンゴットン (創作絵本シリーズ―Present to kids&you)
スズキ コージ (2006/06/13)
平凡社

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:2歳くらいから~
著者の紹介☆
文/絵:スズキ コージ…1948年2月28日静岡県に生まれ、「エンソくんきしゃにのる」小学館絵画賞、「おばけドライブ」第35回講談社出版文化賞絵本賞を受賞。

♪その他の絵本を紹介
エンソくんきしゃにのる (こどものとも傑作集) エンソくんきしゃにのる (こどものとも傑作集)
スズキ コージ (1990/09)
福音館書店
この商品の詳細を見る

おばけドライブ おばけドライブ
スズキ コージ (2003/08)
ビリケン出版
この商品の詳細を見る

おとうさんをまって (こどものとも絵本) おとうさんをまって (こどものとも絵本)
片山 令子 (2007/11)
福音館書店
この商品の詳細を見る


☆以前紹介した著者の本
【トコトコさんぽ】
【魔女からの手紙】
【こんにちは おてがみです】


あらすじФ(・♀・=)
トナカイ?がクマ?に押されて坂の線路を登っています。
ガッタン ゴットン
山を登ったら下り坂…クマさんにバイバイを言って
ゴットン ガッタン すごい勢いでかけぬける

船が下を通る、高い橋を渡って
ゴゴゴゴ ゴットン ゴットン
橋には犬が魚釣りをしているよ。

今度は洗濯物が干してあるのを最後に見てトンネルをくぐる
ガガガガ ガッタン ガッタン
おやおや?トンネルをぬけると帽子をかぶって電車が2両になっている
しかもお土産つきだし…

2両だけかと思っていたら…
今度は女の子を乗せた車両と氷を載せた車両が増えているよ。
それでも
ゴットン ゴットン ガッタン ガッタン
列車が通ります。ヤギが踏切でまっていますよぉ~
………

ミヅポンの声(^♀^)/
言葉がガッタン ゴットン ガガガガ ゴゴゴゴ……少しの音だけなのに、絵を見て沢山の事を想像できる絵本ですよ。ず~っと読みたくていつも図書館で絵本がいっぱいになってしまい借りそびれていた1冊です。ここで借りて読む事ができてよかったぁ(*^♀^*)とっても楽しい絵本で想像力が膨らみます。ぜひ手に取って何度も読んでみて下さいね。スズキコージさんの特徴のある絵で細かい所もお見逃しなくごらんあれぇ♪♪


マットくんのしょうぼうじどうしゃ

マットくんのしょうぼうじどうしゃ
マットくんのしょうぼうじどうしゃ
ピーター シス (1999/11)
BL出版

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:2歳くらいから
著者の紹介☆
作:ピーター・シス(Peter Sis)…1949年プラハに生まれ、プラハとロンドンで絵の勉強をしました。この絵本は消防自動車が大好きな我が子に送った絵本です。また「星の使者」ではコールデコットオナーに選ばれるなど、数々のすばらしい作品をうみだしています。
訳:中川ひろたか…1954年に生まれ、保育園に5年勤務後バンド「トラやの帽子店」を結成しました。児童音楽や文学の分野から幅広く活動をしています。また挿絵作家さんと組んで色々な世界を表現しています。

♪その他の絵本を紹介
星の使者―ガリレオ・ガリレイ 星の使者―ガリレオ・ガリレイ
ピーター シス、大川 修 他 (1997/11)
徳間書店
この商品の詳細を見る

三つの金の鍵―魔法のプラハ 三つの金の鍵―魔法のプラハ
ピーター シス (2005/03)
BL出版
この商品の詳細を見る

ずーっとしあわせ ずーっとしあわせ
ピーター・シス、二宮 由紀子 他 (1996/06)
ブックローン出版
この商品の詳細を見る


★過去に紹介した著者の絵本
【生命の樹】

あらすじФ(・♀・=)
男の子のマットは、消防自動車が大好き
だからお部屋の中は、消防自動車でいっぱい…
それどころか、自分も全身真っ赤な服と帽子
話せる言葉は、もちろん「消防自動車」

そんなある日、マット君が目を覚ますと
自分が消防車になっちゃったぁ~!!
さてさてマットくんの車に乗ってある物と言えば…
隊員1名…もちろんマットくんでしょ。
ホース3本
ヘルメット5個………
さぁ~マット君サイレンを鳴らして走り回って!

ミヅポンの声(^♀^)/
男の子は、消防車とか仕事する車が大好きですよね。でもこのマット君は、超マニアなんですよ。部屋中消防車だらけですからねぇ~。夢で自分が消防車になってしまうなんて、楽しそうだな。私も子どもの頃には、ちょっと眠るとなりたい物に変身できていたっけ。この絵本は物の数え方の勉強にもなりますよ。ぜひ物の数え方を覚えながらマット君と一緒に楽しんでみてくださいね。ところでこの絵本は中川さんが翻訳をされているのですねぇ~。文章も書くし歌も歌うし…野球もやるし、何でもできるんだなぁ~v(^♀^)v


はたらきもののじょせつしゃ けいてぃー

はたらきもののじょせつしゃけいてぃー
はたらきもののじょせつしゃけいてぃー
ばーじにあ・りー・ばーとん、いしい ももこ 他 (1978/03)
福音館書店

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介☆
文:バージニア・リー・バートン
絵:いしい ももこ

♪その他の絵本を紹介
名馬キャリコ 名馬キャリコ
バージニア・リー バートン (1979/11)
岩波書店
この商品の詳細を見る

せいめいのれきし―地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはなし せいめいのれきし―地球上にせいめいがうまれたときからいままでのおはなし
バージニア・リー・バートン、いしい ももこ 他 (1964/12)
岩波書店
この商品の詳細を見る

はだかの王さま はだかの王さま
ハンス・クリスチャン アンデルセン、バージニア・リー バートン 他 (2004/09)
岩波書店
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
けいてぃーとは、赤いキャタピラのついているトラクターです。
引っ張る力は55馬力…つまり馬が55頭分
けいてぃーは、強くて大きくてどんな仕事でもこなしちゃうんだぁ。
(けいてぃーがどんなことをするのかみてごらん)

けいてぃーには、いろんな部品がついているよ。
ブルトーザーをつければ、沢山の土をグングン押していける。
除雪機をつけると、重い重い雪を「どんなもんだ!」とかき分ける。

けいてぃーが働いているところを知っているかい?
彼はね、町のお役所・道路管理部のジェオポリスで働いているんだ。
道路管理部ってのはね
夏は道路をなおして、冬は雪の片付けをしてるってわけよ。
そのお陰で、街のバスや車・みんなが住みやすくなってるんだねぇ。

ジェオポリスの街がどうなっているのかみてごらん。
(街の様子は、地図に番号がふってあって、周りに建物の名前が書いてあるよ)

今度は、けいてぃーの仕事ぶりを見てみよう。
(なんて力持ちで、たよりになるけいてぃーなの。街では人気者だね)

冬が来た。
雪がシンシン降ってきて、たくさんのトラクターには除雪機をつけました。
もちろん、けいてぃーにもね!!
けれど、トラクターは街に出かけて仕事をしているのに…
けいてぃーといえば……
まだ、車庫の中。
けいてぃーは力持ちで、とっても大きいんだ。だからちょっとの雪では出発できないの。

夜になっても雪はやまずに、ドンドン ドンドン降り続きます。
ちょっとの雪では、他のトラクターで雪をかきました。
けれど、止まない雪は、街に真っ白な毛布をかけ
乗り物を覆い隠してしまいました。
これでは、誰一人外に出て動くことができません。
ただ一人を除いては……

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
この絵本は、きっと自動車とかが好きな子どもには、とっても楽しい1冊なのではないかしら?私はそこまで興味はないのですが…とっても楽しく読んでしまいました。「ふ~ん!そうなんだぁ!!」なんて思いながらね(^▽^*)でもけいてぃーがいるおかげで街は大助かりだし、安心して暮らせるのね。これからも大変な作業だけど、街のために頑張って下さいね♪♪


アニーのちいさな汽車

アニーのちいさな汽車 アニーのちいさな汽車
colobockle (2004/06)
学習研究社

この商品の詳細を見る


著者の紹介☆
コロボックル(colobockle)…本名:立本倫子。1976年に金沢で生まれました。大阪芸術大学視覚情報デザイン科を卒業しデザイン事務所に3年勤務しフリーになりました。co;pbpckleの名でグラフィックデザインやイラストレーションなどでも幅広く活躍中である。この絵本がはじめての絵本です。

てぶくろ てぶくろ
colobockle (2005/10/30)
ブロンズ新社

この商品の詳細を見る
はだかの王さま はだかの王さま
アンデルセン、中井 貴恵 他 (2005/01)
ブロンズ新社

この商品の詳細を見る
サンタさんにあっちゃった サンタさんにあっちゃった
colobockle、薫 くみこ 他 (2004/10)
ポプラ社

この商品の詳細を見る


HP…http://www.colobockle.jp

あらすじ☆
こぐまのアニーのパパは、森の汽車の車掌さんです。毎日森のみんなを乗せて走っています。パパみたいな車掌さんになるのがアニーの夢。アニ-のパパはアニーの誕生日に小さな汽車を作ってくれました。アニーは大喜びで森へでかけました。シュッシュポッポ ポー!アニーは鳥たちに会いました。「お誕生日おめでとう!!」鳥たちは沢山の木の実をアニーの汽車に乗せてくれました。シュッシュポッポ ポ~!!次にあったのは????
 
>ミヅポンの声(=^♀^=)/
この絵本のアニーニ最初に出逢ったのは、カレンダーでした。見て一目惚れ!!だってとってもかわい~んだもん!!それからHPを見て絵本を読みました。紙の白さが多いのに多才な色使いでバランスがとっても良くて、かわいらしいキャラクター達に絵本を読むのが楽しくなって、気持ちがはずんできそうな一冊です。こんな沢山の色を使ったかわいらしい絵本を自分も描けたらいいなぁ~と読んで勉強しています。エイエイオ~♪♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。