スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おしゃれなおたまじゃくし

おしゃれなおたまじゃくし (よみきかせ大型絵本)
おしゃれなおたまじゃくし (よみきかせ大型絵本)
(2003/08)
塩田 守男、さくら ともこ 他

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

(普通サイズの画像が悪かったので)こちらの画像は大型本での紹介です。
普通のサイズでの詳細は、下をクリックして下さいね。


おしゃれなおたまじゃくしおしゃれなおたまじゃくし
(1987/03/24)
さくら ともこ塩田 守男

商品詳細を見る




対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介☆
文:さくら ともこ…東京に生まれ、聖心女子大学講師。乳幼児教育研究会会長として歌や手遊びの作詞作曲をしています。
絵:塩田 守男…大阪府に生まれ、アニメーションの仕事に携わり、絵本作家となりました。また雑誌や教科書のカットも手がけています。

♪その他の絵本を紹介
おへそはどこかなかえるくん (わたしのえほん)おへそはどこかなかえるくん (わたしのえほん)
(1988/06)
さくら ともこ

商品詳細を見る

サンタさんだよかえるくん (わたしのえほん)サンタさんだよかえるくん (わたしのえほん)
(1989/11)
塩田 守男

商品詳細を見る

ねむっちゃだめだよかえるくん (わたしのえほん 15)ねむっちゃだめだよかえるくん (わたしのえほん 15)
(1987/11)
さくら ともこ

商品詳細を見る



あらすじФ(・♀・=)
大きな池には、7匹のオタマジャクシの兄弟が住んでいます。
ある日、空から何かが落ちてきました。
なになに……?

どうやら、うさぎの洋服屋さんの広告です。
そこにはどんな洋服でも作ると書いてありました…
どんな服でも?!

ええ!どんな服でもうさぎの洋服屋さんでは作ってくれますよ。
キツネの金ボタンのついたスーツだって
大きな熊の服だって
小さなネズミの兄弟の服だって…

そこで、7匹のオタマジャクシは…うさぎさんにお願いしました。
「おしゃれな洋服をお願いしま~~~~す。」
でも、うさぎさんはオタマジャクシの服は今までに作ったことがありません。
寸法を測って、さてミシンをチクチク…
ちゃんとできるかなぁ?
まず、布を袋みたいに作って…それから「しっぽがあるなぁ」穴を開けて…

それから10日後…

ミヅポンの声(^♀^)/
かわいいお話だなぁ~。ミヅポンも風ちゃんや鈴ちゃんの洋服を作るけど…なかなかピッタリにするのは難しいのよね。昔飼っていた犬のコロちゃんが高齢で心臓を悪くしていたので、洋服を何枚も作りました。誰かが幸せになるために何かを作るのって、とてもうれしいですよね。コロちゃんの時は、もっともっと長生きできるように一針一針一生懸命縫いました。このうさぎさんもオタマジャクシの兄弟の喜ぶ顔が見たくて一生懸命です。でも…オタマジャクシってさぁ~…おっと!!これより先は読んでみてね。うさぎさんがちょっとかわいそうにも思えるけど、みんなの喜ぶ顔がみたいよねぇ(*^♀^*)


スポンサーサイト
スポンサーサイト

そらはさくらいろ

そらはさくらいろ
そらはさくらいろ
(2002/01)
村上 康成

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:2歳くらいから~

著者の紹介☆
作:村上 康成(むらかみ やすなり)…創作絵本をはじめ、ワイルド・ライフ・アートなどのグラフィック関連で独自の世界を幅広く転回している自然派アーティスト。1986年1988年1989年ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞を受賞。1991年ブラチスラバ世界絵本原画展金牌などの受賞を重ねています。

♪その他の絵本を紹介
ことばあそび1年生 (ことばあそびの本)ことばあそび1年生 (ことばあそびの本)
(2001/03)
村上 康成

商品詳細を見る

ピンクとスノーじいさんピンクとスノーじいさん
(2000/09)
村上 康成

商品詳細を見る

さかなつりにいこう! (おはなしパレード)さかなつりにいこう! (おはなしパレード)
(1996/05)
村上 康成

商品詳細を見る

ようこそ森へようこそ森へ
(2001/04)
村上 康成

商品詳細を見る



☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【おにはうち】
【あけましておめでとう】
【さつまのおいも】
【ようこそうみ】
【みんなともだち】
【おおきくなるっていうことは】
【おつきみうさぎ】
【クリスマスオールスター】
【青いヤドカリ】
【はるのやまはざわざわ】

あらすじФ(・♀・=)

おぉ~桜が満開!!
桜が散って、桜と一緒に女の子が寝転んでみると
空って広いんだね。

そこに、ワンワン何してるの?っと来たのは、ワンちゃん。
桜がワンちゃんの上の青空をぴゅ~って舞い上がる。
なんて、きれいな青空 なんて、きれいな桜

また青空を見ていると、ヒラヒラ ヒラヒラ 何しているの?
っとやってきたのは、チョウチョさん。
ヒラヒラちょうちょと一緒に桜も青空を飛んでいるよ。

まだまだ青空を見ていると、ゲコゲコ ゲコゲコ 何しているの?
っとやって来たのは?

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
村上さんの絵は、どうして無駄がないのでしょうねぇ。すばらしい!!こんなに綺麗な青空が見れるとは(=^♀^=)読んでいて気分が良いのです。そして、そこに舞う綺麗な桜の花びら。ミヅポンもボ~っと青空に舞う桜の花びらをみていたいなぁ。そして何をしているの?って次々に現れる動物に桜をみているんだよぉ!って言いたいじょぉ~♪桜ってまさにこの絵本の気持ちのようですよねぇ。ぜひ、桜の花が咲く頃に読んで見てね。


はるかぜのホネホネさん

はるかぜのホネホネさん (こどものとも傑作集)
はるかぜのホネホネさん (こどものとも傑作集)
(2007/02/07)
にしむら あつこ

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:にしむら あつこ(西村 温子)…1972年に東京に生まれ、文化服飾学院で洋裁を学び、卒業後に絵本の制作をはじめました。

♪その他の絵本を紹介
ゆうびんやさんのホネホネさん (こどものとも傑作集)ゆうびんやさんのホネホネさん (こどものとも傑作集)
(2003/04)
にしむら あつこ

商品詳細を見る

ゆきのひのホネホネさん (こどものとも傑作集)ゆきのひのホネホネさん (こどものとも傑作集)
(2005/10)
にしむら あつこ

商品詳細を見る

野をこえて野をこえて
(2001/11)
にしむら あつこ

商品詳細を見る




☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【こんにちは、おてがみです】

あらすじФ(・♀・=)
ホネホネさんは、郵便屋さん。
しかも配達係なのねぇ。
今日も元気に、春の道を自転車で走って配達するよぉ。

ゆらゆら柳に着きました。
鳥のトリオちゃんにカワセミ君からお手紙です。

さ~ってどんなお手紙?
どうやら、春風祭りのお誘いのようです!

それを聞いたトリオ君は、竹を切り始めました。
ん~カワセミ君のお手紙には何が書いてあったのかな?
どうやら竹を使うみたいよ。

ホネホネさんは、綺麗な桜並木を通って次の配達に向かいます。
ここは、もじゃもじゃばやしの……


ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
この絵本は、昨年の春に書店に並んでいて…図書館から借りてこようと思っていたのに…す~っかり忘れていて今年の登場になってしまったんですよぉ。しかもホネホネさんシリーズを読むのは初めてだったので、表紙に、何だかフシギな気持ちにさせられました。皆さんはホネホネ(骸骨)好きですか?私は、昨年書店で見たときに「えぇ~骸骨?!」っとびっくりしちゃったんですぅ。でもページを開くと、かわいい骸骨のホネホネさんもいるのねぇ~っと思いました。それに一生懸命なホネホネさん。色々なところに配達しています。この絵本を開いて、一緒に配達に行って下さいね。


こぶたのブルトン はるはおはなみ

こぶたのブルトン はるはおはなみ
こぶたのブルトン はるはおはなみ
(2006/03)
市居 みか、中川 ひろたか 他

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介☆
作:中川 ひろたか…1954年生まれ。5年間保育園で保父さんとして勤務しました。デビュー作は、「さつまのおいも」で、1987年みんなのバンド「トラや帽子店」のリーダーです。みんなのバンド「トラや帽子店」のリーダーです。
絵:市居 みか(いちいみか)…1968年兵庫県に生まれ、多数の絵本を描いています。また挿絵の仕事も多数あり、絵に音楽をつけたり人形劇や朗読会など幅広い分野で活躍をされています。

その他の絵本の紹介♪
※中川さんの絵本は紹介することが多いので、今回は市居 みかさんの作品を紹介(^ε^)♪
イモムシかいぎイモムシかいぎ
(2007/10)
市居 みか

商品詳細を見る

からすとかばのかいすいよく (あいうえおパラダイス か)からすとかばのかいすいよく (あいうえおパラダイス か)
(2007/07)
二宮 由紀子

商品詳細を見る

すごいでしょ (ふれあいしかけえほん)すごいでしょ (ふれあいしかけえほん)
(2006/03)
市居 みか

商品詳細を見る




過去に紹介した著者の本★

(ブルトンシリーズ)
【こぶたのブルトン あきはうんどうかい】
【こぶたのブルトン なつはプール】

(中川さんの文)
【おにはうち】
【あけましておめでとう】
【さつまのおいも】
【ようこそうみ】
【みんなともだち】
【おおきくなるっていうことは】
【おつきみうさぎ】
【クリスマスオールスター】

あらすじФ(・♀・=)
こぶたのブルトンとイタチのアンドレが家の中でゲームをやっていると
窓いっぱいにあらわれたのは、だるまのタカサキさん。

「花見でもいかないか?!」と元気な声で、二人を誘いました。
二人は、そんなに花見に興味がないらしく…ノリノリではありません。
それとは、対照的にノリノリなタカサキさん。
飲み物も食べ物もゴッソリ持ったみたいよぉ~~~~。

さぁ~三人で場所取りに出発!!
お花見の場所は、タカサキ山…ん?誰かさんの名前と一緒だ。
この山は、サルが多いらしい。
けど、何でも「まっかせなぁ~い!!」のタカサキさんは大丈夫だよねぇ?
いえいえ、どうやらサルだけは苦手みたいよ。

さてさて、山に登る道には出店が並んでいます。
卵焼き屋さん発見!!
ふっくらアツアツの美味しそうな卵焼きにブルトンもアンドレも釘付け。
でも、タカサキさんが「なんぼでもあるわい!」と言うのでスルーです。

もっと山を登ると、ビール売りのキリンがいました。
「ビールにおつまみにジュースはいかがですかぁ」
ここでもタカサキさん、「ビールもつまみも売るほどあるわい!!」
すげぇ~~~~~!タカサキさん。
それならば、信用して買い物はしなくて良さそうね♪

3人は出店で何も買わずに、たかさき山のてっぺんに来ました。
もぉ~~~桜が満開で、桜見客でいっぱい。
どこに席をとるのかね?!
桜の下で、タカサキさんの持っている食べ物や飲み物が早く食べたいよぉ~。


ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
こぶたのブルトンシリーズ、みなさん知っていますか?春夏秋冬の絵本が出ているのですが、全部面白い!!書店や図書館で読むのは禁止ですなぜならば、ブヘェ~~( ̄▽ ̄)=3っと笑ってしまうからです。この絵本シリーズを何度読んでも笑ってしまう私は…(;^ω^Aあはははっ。キャラでは、タカサキさんが一番好きなんです!このタカサキさんのしでかす事に大笑いですよぉ(笑)みんなは、シリーズに出てくる人物…誰が好き?!さてさて、今回は春の楽しみであります、お花見にやってきましたぁ~まぁ~このシリーズで、笑わないところがあるわけもなく…テンションの高いタカサキさんについて綺麗な桜を見て食べ物を食べることができるかな?ぜひ、読んでみてねぇ~~~~~!!


うさぎのホッパーはるをさがしに

Flocon Trouve UN Ami/Hopper Hunts for Spring
Flocon Trouve UN Ami/Hopper Hunts for Spring
(1995/03)
Marcus Pfister

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


※画像が用意できなかったので、海外版です。日本版は下をクリックしてね。

うさぎのホッパー はるをさがしにうさぎのホッパー はるをさがしに
(1992/11)
マーカス フィスター

商品詳細を見る



対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介☆
作:マーカス・フィスター(Marcus Pfister)
…1960年スイスのベルリンに生れる。高校卒業後ベルリンの美術工芸学校を出て、グラフィックデザイナーになりました。1993年に『にじいろのさかな』でボローニャ国際児童図書展エルバ賞を受賞している。
訳:小沢 正(おざわ ただし)…1937年東京に生まれ、早稲田大学教育学部を卒業。在学中に幼年童話誌を創刊し、卒業後は出版社に勤務する。その後フリーとなり童話誌を創刊し現在に至る。

♪その他の絵本を紹介
にじいろのさかな   世界の絵本にじいろのさかな 世界の絵本
(1995/11)
マーカス フィスター

商品詳細を見る

ピートとうさんとティムぼうや (世界の絵本)ピートとうさんとティムぼうや (世界の絵本)
(2006/03)
マーカス フィスター

商品詳細を見る

クリスマスのほし (世界の絵本)クリスマスのほし (世界の絵本)
(1995/11)
マーカス フィスター

商品詳細を見る



☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【ミロとしまねずみ】
【こわくないよにじいろのさかな】
【たんじょうびはいつも】


あらすじФ(・♀・=)
お母さんが、うさぎのホッパーを起こしました。
「雪が溶けて、春が来たのよ」
ホッパーは、「わーい!春って子に会ってくるよぉ!」っと
家を勢いよく飛んで行ってしまい
お母さんのその後の言葉など聞いていません。

ホッパーが春を探しに行くと、土の盛り上がっているトンネルの前に行きました。
そこで「誰かいるの?」っと声をかけ土の中にもぐっていきました。
すると…ドスンっと何かにぶつかり
「春君?」って聞いてみました。
「いやいや 僕はモグラだよぉ」どうやら春君ではなかったみたいね。
モグラ君は、春はもっと大きいものだから森の中の大きな穴の方にいってごらん
っと教えてくれました。

そして、ホッパーは森の方に走っていきました。
でも…春君ってホントにいるのかな?

ミヅポンの声(^♀^)/
元気の良いホッパー。お母さんの言う事を最後まで聞かずに出掛けてしまったので、春というものがどんなのか知らずに行ってしまいました。春ってのはね…春ってのはね…。春ってのは…ポカポカで眠くなって、あちらこちらにお花が咲いて…花粉症がひどくて…それから…?!みんなは春ってどんなものを言いますか?季節を説明するのって結構難しいよねぇ。ホッパーのようにみんなの春を探してみてね。


まゆみのおはなみ

まゆみのおはなみまゆみのおはなみ
(1980/01)
大石 真

商品詳細を見る


※すみません。画像を用意できませんでしたぁ(/ω\)

対象年齢:5歳くらいから~(ふりがな付き漢字を含みます)

著者の紹介☆
作:大石 真
絵:津田 光郎


♪その他の絵本を紹介
カンカンカンでんしゃがくるよ (のりものだいすき)カンカンカンでんしゃがくるよ (のりものだいすき)
(1990/02)
津田 光郎

商品詳細を見る

川は生きている―自然と人間 (講談社青い鳥文庫 (76‐1))川は生きている―自然と人間 (講談社青い鳥文庫 (76‐1))
(1984/04)
富山 和子津田 光郎

商品詳細を見る

チョコレート戦争 (新・名作の愛蔵版)チョコレート戦争 (新・名作の愛蔵版)
(1999/02)
大石 真北田 卓史

商品詳細を見る




あらすじФ(・♀・=)
ある日、まゆみちゃんの家に一通の手紙が届きました。
どうやら従姉妹のふじこちゃんからです。
まゆみちゃんの家の近くのかぶと山にサクラが咲いたら家族で遊びに行くね!ですって。

まゆみちゃんが、うれしそうにお母さんに伝えると
どうやらお母さんは知っていたようです。

でも、かぶと山って桜が咲くの?っと、まゆみちゃんはフシギに思いました。
そうなんです。まゆみちゃんは一度も桜が咲いたのを見た事がなかったのです。
まゆみちゃんは、桜のお花が咲くのが楽しみでしかたがありません。

梅が咲いて…なの花が咲いて…
まだ桜が咲かないなぁ~。

ミヅポンの声(^♀^)/
桜が咲くのってどうして待ち遠しいのでしょうねぇ。私も毎年絵を描いたり写真を撮ったりと…桜が咲くのが楽しみなんです。今年は一眼レフを買ってもらって、それで撮影をしようと考えているんですが、サッパリ使い方がわからず…まだ箱から出してすぐにしまっちゃうのよねぇ。これじゃ~今年の桜は、デジカメで撮るしかなさそうよ (^▽^;)アララ…。さて、みなさんはかぶと山の桜がどんな風に咲くのかしっていますか?すんごいステキに咲くんですよ。その方法と言うのが…この絵本の中にあるので、ぜひ読んでみてね。ミヅポンこの幻想的に咲くステキなお話にポ~っとなってしまいました。


おともだちどっきり(12ヶ月のしかけえほんより)


作:きむら ゆういち
絵:いもと ようこ
出版社:教育画劇




対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介☆
文:きむら ゆういち(木村 裕一)…東京に生まれる。多摩美術大学を卒業。「あらしのよるに」1995年講談社出版文化賞絵本賞&産経児童出版文化賞を受賞しました。
絵:いもと ようこ…1944年兵庫県に生まれ金沢美術工芸大学を卒業後、教員生活を経て絵本の世界に入りました。独自の貼り絵の方法で心温まる世界観を表現しています。作品に『いないいないばあ』『こりすのはつなめ』『くりすますの いぬ』などなど他数あります。『ねこの絵本』や『そばのはなさいたひ』では2年連続ボローニャ国際児童図書展エルバ賞を受賞。『うたの絵本?』では1987年同賞グラフィック賞を受賞しています。

♪その他の絵本を紹介

ごあいさつあそび (あかちゃんのあそびえほん)ごあいさつあそび (あかちゃんのあそびえほん)
(1989/02)
木村 裕一

商品詳細を見る

いないいないばああそび (あかちゃんのあそびえほん)いないいないばああそび (あかちゃんのあそびえほん)
(1989/02)
木村 裕一

商品詳細を見る

はみがきあそび (あかちゃんのあそびえほん)はみがきあそび (あかちゃんのあそびえほん)
(1998/03)
きむら ゆういち

商品詳細を見る

どうぶつ〈1〉 (あかちゃんのためのえほん)どうぶつ〈1〉 (あかちゃんのためのえほん)
(1992/04)
いもと ようこ

商品詳細を見る

あそぼうよ〔おとうさんといっしょ〕 (あかちゃんのためのえほん)あそぼうよ〔おとうさんといっしょ〕 (あかちゃんのためのえほん)
(1995/04)
いもと ようこ

商品詳細を見る



☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【あめあがり】
【ぽよよんのはら】
【ねずみのすもう】
【もうすぐおしょうがつ】
【くりすますのいぬ】
【ねこの絵本】
【もうおねしょしません】
【おばけのがっこうへきてください】
【おともだちほしいなおおかみくん】
【あしたもあそぼうね】
【ぼくやってみるよ】
【たんじょうびのおきゃくさま】
【きつねとぶどう】
【みんなげんきで七五三】
【いもほりよいしょ】
【おおきなおおきな木】

あらすじФ(・♀・=)
こうさぎのぴっぴとみいみちゃんは、緑の風呂敷にお弁当をつめて
サクラを見に出掛けました。
あれれ?誰か先にお花見に来ているみたいよ。
サクラの木の下には、4匹のお客さんがいます。
一緒に入れてもらおうか…っと思ったら

クルリと振り向いた皆の顔が……
やまねこさんは、何だか冷たそう(意地悪そうにも見えるよなぁ~)
いのししくんは、乱暴そう(ん~ちょっと怖そうじゃない?!)
きつねさんは意地悪そう(つり目がそう見える)
いたちくんは、あやしい感じ(うんうん!企んでいそうだわねぇ)

その4人がこんなお話をしていたんです。
どんなおはなし??

ミヅポンの声(^♀^)/
わぁ~ぴっぴちゃんとみいみちゃんは、怖いお花見に行ってしまったのかしら?何だか先にいた動物さん達は、ちょっと「一緒にお花見しませんか?」っと言えなそうだわよ。でもこんなポカポカな春の昼間にそんな事があるのかしら?ぜひ、読んでみて確認してみてぇ~!ミヅポンは読んでみましたが、うふふ(^▽^;)やっぱりねぇ~っと言う事になりました。さぁ~ってどんな展開になるのかな?そして、こちらの絵本はちょっとした仕掛け絵本になっていますよ。小さい子どもさんでもやぶれることはない!っと言いたいのですが、私の借りたこちらの絵本は仕掛けのところにテープが貼ってありました。って事で、対象年齢は4歳でどうでしょうか?


ぽよよんのはら

ぽよよんのはら
ぽよよんのはら
(1997/03)
いもと ようこ、板橋 敦子 他

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:板橋 敦子(いたばし あつこ)…東京に生まれ、明治学院大学を卒業しました。日本児童出版美術家連盟会員です。
絵:いもと ようこ…1944年兵庫県に生まれ金沢美術工芸大学を卒業後、教員生活を経て絵本の世界に入りました。独自の貼り絵の方法で心温まる世界観を表現しています。作品に『いないいないばあ』『こりすのはつなめ』『くりすますの いぬ』などなど他数あります。『ねこの絵本』や『そばのはなさいたひ』では2年連続ボローニャ国際児童図書展エルバ賞を受賞。『うたの絵本?』では1987年同賞グラフィック賞を受賞しています。

♪その他の絵本を紹介
ぶたさんちのプールぶたさんちのプール
(2004/06)
板橋 敦子

商品詳細を見る

クレヨンのはしごクレヨンのはしご
(2007/03)
板橋 敦子

商品詳細を見る

できるかな〈おしっこ〉 (あかちゃんのためのえほん)できるかな〈おしっこ〉 (あかちゃんのためのえほん)
(1994/04)
いもと ようこ

商品詳細を見る

ずっとそばに… (レインボーえほん 18)ずっとそばに… (レインボーえほん 18)
(2007/11)
いもと ようこ

商品詳細を見る



☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【ねずみのすもう】
【もうすぐおしょうがつ】
【くりすますのいぬ】
【ねこの絵本】
【もうおねしょしません】
【おばけのがっこうへきてください】

【おともだちほしいなおおかみくん】
【あしたもあそぼうね】
【ぼくやってみるよ】
【たんじょうびのおきゃくさま】
【きつねとぶどう】
【みんなげんきで七五三】
【いもほりよいしょ】
【おおきなおおきな木】

あらすじФ(・♀・=)
ポッカポカな春の野原「ぽよよんのはら」に、3人の子どもが遊びに来ました。
その子の名前は、しんこちゃん・ゆうすけくん・だいちゃんです。

ぽよよん野原に、一匹のうさぎが飛び跳ねているよ。
しんこちゃんが「一緒に遊ぼ!」っていったら
あれれ?
ぽよよ~~んっと、しんこちゃんもうさぎに変身しちゃったぁ!

今度は、ヘビがにょろにょろあらわれて
ゆうすけくんが「一緒に遊ぼ!」って言ったら…
これまた あれれ?


ゾウがのっしのっしとやってきたので、だいちゃんが言ったよ。
「一緒に遊ぼ!」って…
そしたら……

あらまぁ~!このぽよよん野原って、とっても不思議なことが起こるのねぇ~。
次は、どんなぽよよ~~んがあるの?


ミヅポンの声(^♀^)/
この絵本は、ちょっとした仕掛け絵本なんですが、小さい子でも切れちゃったりしないシンプルなしかけ絵本ですよ。でも、図書館のこの絵本にある仕掛けを開くと、「ぽよよ~ん」なのです(/ω\)何を言っているのか…って感じですが、ぜひ春のぽよよ~んっとした季節には読んでみて下さいね。私もぽよよん野原に行って、走り回りたいなぁ~。春はポッカポカで野原を走ったら気持良さそうだもんねぇ。


うさぎのくれたバレエシューズ


作:安房 直子
絵:南塚 直子

出版社:小峰書店




対象年齢:5歳くらいから~
この絵本は、第36回青少年読書感想文全国コンクール課題図書に選ばれています。

著者の紹介☆
作:安房 直子(あわ なおこ)…(1943-1993年)日本女子大学国文科に在学中、児童文学作品を発表し続け現在に至ります。小学館文学賞、野間児童文芸賞、新美南吉児童文学賞を受賞しました。

絵:南塚 直子(みなみづか なおこ)…1949年和歌山県に生まれ、津田塾大学卒業後、ハンガリーで油絵と銅版画を学びました。その後、児童書の仕事に携わっています。

♪その他の絵本を紹介

銀のくじゃく―童話集銀のくじゃく―童話集
(1975/07)
安房 直子

商品詳細を見る

てんぐのくれためんこてんぐのくれためんこ
(2008/03)
安房 直子

商品詳細を見る

窓のそばで窓のそばで
(1990/08)
竹下 文子南塚 直子

商品詳細を見る

おやゆびひめおやゆびひめ
(2001/11)
ハンス・クリスチャン アンデルセン南塚 直子

商品詳細を見る




あらすじФ(・♀・=)
女の子はバレーを始めて5年経つけれど
全然じょうずになりません。
けれど…音楽を聴くと体が踊りたくてしかたがないのに…

そんなある日、不思議な小包が女の子の所に届きました。
開けてみると、バレーシューズでした。
そこに手紙が添えられてあります。
「おどりがじょうずになりたいおじょうさんへ 山のくつや」(本文使用)
どうやらこれは、山の靴屋さんからのプレゼントでした。

女の子が靴を履いてみると、体が軽くなったように足が弾みだし
山道をぐんぐん走っていきました。

すると……

ミヅポンの声(^♀^)/
一生懸命練習しても上達しない時ってあるんですよねぇ。まぁ~私はピアノを習っていたのですが、泣く泣く嫌々で…全然うまくなりませんでした(^▽^;)でも、一生懸命練習している人にはきっと上手になると思うな。ミヅポンには努力が足りないから、そこから始めないとなんですけどねぇ。さてさて、この絵本は桜色のやさしいピンク色のバレーシューズで、春絵本ですよ。ピンクが好きな女の子なら、これはきっと好きな絵本になるんじゃないかしら?春のフワ~っとした感じを楽しんでみてねぇ。


たんぽぽのサラダ -春ー

たんぽぽのサラダ ほか4話 (いわさきちひろ・おはなしえほん)
たんぽぽのサラダ ほか4話 (いわさきちひろ・おはなしえほん)
いわさき ちひろ、立原 えりか 他 (1987/03)
講談社

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:小学校低学年くらいから~

著者の紹介☆
作:立原 えりか…1937年東京に生まれ、1957年に童話集を自費出版したのが童話を書き始めるきっかけとなりました。

絵:いわさき ちひろ…1918年東京に生まれ、府立第六高等女学校を卒業しました。女学校時代より岡田三郎助画伯に画を学び、後に中中谷泰、丸木俊さんに師事、書を藤原行成さんから学びました。子供の生涯を描いた絵は数多く9300点もの作品を残し、1974年55歳の若さでこの世を去りました。1977年に東京のアトリエ兼自宅に美術館を開館、その後1997年には安雲野みの美術館を開館しました。

♪その他の絵本を紹介
あおいとり (いわさきちひろ・名作えほん)あおいとり (いわさきちひろ・名作えほん)
(2005/09)
メーテルリンク立原 えりか

商品詳細を見る

はくちょうのみずうみ (いわさきちひろ・名作えほん)はくちょうのみずうみ (いわさきちひろ・名作えほん)
(2005/03)
立原 えりかいわさき ちひろ

商品詳細を見る

あきかぜのおくりもの ほか4話 (いわさきちひろ・おはなしえほん)あきかぜのおくりもの ほか4話 (いわさきちひろ・おはなしえほん)
(1987/10)
立原 えりかいわさき ちひろ

商品詳細を見る

はじめてのなつやすみ ほか4話 (いわさきちひろ・おはなしえほん)はじめてのなつやすみ ほか4話 (いわさきちひろ・おはなしえほん)
(1986/06)
立原 えりかいわさき ちひろ

商品詳細を見る



☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【おやゆびひめ】
【チョコレートのじどうしゃ】

あらすじФ(・♀・=)
この絵本には、5話のおはなしが詰まっています。
<いっしょにいこうよ>
なおこはビックリしました。
「いっしょに行こう!って言ったのは…あなた?」
なおこちゃんの前の小鳥は、きれいな声で歌うだけ…

また声がしました。
「あなたなの?」っと
なおこちゃんは、チューリップに話しかけます。
でもチューリーップは咲いているだけです…
……

<たんぽぽのサラダ>
うさぎの母さんとピョンは、春の野原に出かけました。
今日はたんぽぽサラダを沢山作るの。
小さいお日様みたいなたんぽぽをバスケットいっぱい詰めて。

家に帰ると、ピョンはたくさんのたんぽぽサラダを食べました。
ところが鼻がむずむずするよぉ~。
風邪を引いちゃったのかな?
ハックショ~ン!!
ピョンが大きなくしゃみをすると…

<わたしのひなまつり>
桃のつぼみが咲くと、そろそろひな祭り。
隣のお家では、大きな雛人形がかざってある。
でも…私の家には…

あんな雛人形が欲しい…とお願いするけど
狭い家には飾れない。

「つくってあげようねぇ~。春のお姫様」(本文使用)
っと言ったのは……?

<そらをとんだこいのぼり>
赤いこいのぼり
お空をゆうゆうと泳いでいます。
お日様の娘達が色々話している言葉にため息をつきました。
「私も遠くに行ってみたい…」
お日様の娘達は、その言葉を聞いて
力を合わせ鯉のぼりの糸をプツンっと切りました。
……

<いちばんいいもの>
みほちゃんには、まだ歩けない妹のまほちゃんがいます。
もうすぐ誕生日だからなにかいいものをあげたいなぁ~っと
みほちゃんは、思っているけど…
まほちゃんは何が欲しいのかな…?

鼻をあげてもなめちゃうし…
首飾りをあげても、似合わないし…


ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
春と言えば、入園の季節ですね。1年生のなおこちゃんの気持ちが<いっしょにいこうよ>に詰まっていますよぉ。春は元気な色のお花でいっぱいになるよねぇ。我が家の庭にも少~しづつ、元気なお花が顔を出し始めましたよ。

うさぎの親子もたんぽぽを摘んでサラダにして食べたよ。けれど…ピョンは大きなくしゃみをしました。風邪かな?いえいえ春のクシャミです。わかるなぁ~。っと言っても花粉症ではないですよ!(先に言っておくのです)

家の雛人形もケースだから段飾りになった雛人形を飾っている家がうらやましくて×うらやましくて…たまりませんでした。でも女の子のはるなちゃんは大切なことに気づくんです。大きな愛で包んでくれた、お○○ちゃんのお話にジ~~ンです(/ω\)

下から見ていると、楽しそうに泳いでいる鯉のぼり。空を泳げるなんて、「なんとステキなのかしらぁ~」なんて下からウットリ見て思うけど、鯉のぼりには鯉のぼりなりの悩みはあるものねぇ。糸を切られた鯉のぼり…どうなっちゃうのかなぁ。私ならば、お空を…ん?空を泳ぐ鯉のぼりだから…空をってことはないわねぇ~。そんなら地面を掘って掘って…泳げないよね(^エ^;)やっぱし。

プレゼントを考えるのって、いくつになっても悩んでしまうものですよねぇ。しかもみほちゃんの妹は、とってもちっちゃな赤ちゃんです。何が一番良いと思う?そう考えていた時に、みほちゃんやまほちゃんを愛してくれている人物が登場しますよ。さっすが~○○○さん!!

この絵本には、やわらかなお話にやわらかな絵が描かれています。どのおはなしも春=ポカポカを感じますよぉ。でもちょっとお話が難しいかな?なんて思い、対象年齢に迷っています。ですので、親御さんが読んでみて対象年齢を決めてみてくださいませぇ~♪


カルちゃんエルくん ねむいねむい

カルちゃんエルくんねむいねむい
カルちゃんエルくんねむいねむい
いわむら かずお (1996/04)
ひさかたチャイルド

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:2歳くらいから~
著者の紹介☆
いわむら かずお…1939年東京に生まれ、東京芸術大学美術学部工芸科を卒業しました。その後パッケージデザインやテレビアニメーションの仕事を経て絵本の世界に入ってきました。栃木県の益子に住んでいて、自然の中で見たままの姿をやわらかいタッチで表現されています。

当ブログでもおなじみの、いわむらかずおさんの絵本です。以前に紹介をした絵本も見てね♪
下をクリックしてワープ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
『ゆきのひはあついあつい』
『ねずみのさかなつり』
『14ひきのあきまつり』
『14ひきのやまいも』
『のはらのひなまつり』

♪その他の絵本を紹介カルちゃんエルくんシリーズの紹介ですよん!
カルちゃんエルくんたかいたかい カルちゃんエルくんたかいたかい
いわむら かずお (2002/08)
ひさかたチャイルド
この商品の詳細を見る

カルちゃんエルくん いいないいな カルちゃんエルくん いいないいな
いわむら かずお (1998/10)
ひさかたチャイルド
この商品の詳細を見る

カルちゃんエルくん あついあつい カルちゃんエルくん あついあつい
いわむら かずお (1999/07)
ひさかたチャイルド
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
カルちゃんが「もう春だよ!」と言って外を見ました。
でも…エル君は??
眠い 眠い
カルちゃんがエル君を起こすけど…眠い眠い
エル君は起きません。

カルちゃんがエル君を外に連れ出して、まぶしいお日さまの光を浴びました。
でも、エル君は眠ったまま。

「ねぇ~ねぇ~エル君春の花が咲いているよ」
カルちゃんが一生懸命言っているのに、エル君は眠い眠い…

葉っぱについた水滴を、エル君に落とすけど…
エル君全く起きる様子がないよ。

一生懸命カルちゃんが、エル君を起こそうとあの手この手で大変なのに
エル君は起きてくれません。森にはた~くさんの春がやってきているのに。
どうする??
カルちゃんがエル君に春を木の上で教えていると……突然……!!

ミヅポンの声(^♀^)/
エル君ったら、と~っても熟睡しているのね。こんなに楽しい春が来たのに…ねぼすけさんですねv(^♀^)vこのまま気付かないと次の冬が来ちゃいますよ。さてさて、いわむらかずおさんの作品は、こちらのブログでも何度も紹介をしていますが、どの作品を見ても自然をテーマにしたとってもかわいらしく暖かい作品ばかりですよね。いつもはねずみが登場する作品が多いですが、今回はカエルのカルちゃんとエル君のコンビで楽しい絵本ですよ。


春のかんむり

春のかんむり 春のかんむり
門林 真由美、岡本 万里子 他 (1993/12)
ブックローン出版
この商品の詳細を見る

※画像がなくてごめんなさい。(´д`lll)
ニッサン童話と絵本のグランプリの作品ラインナップからごらん下さい。
アドレスはこちらをクリックして飛んでください。
http://www.nissan-global.com/JP/PHILANTHROPY/FAIRY/LINEUP/index.html

対象年齢:小学校低学年くらいから~(ふりがな付き漢字を含む)
      読み聞かせは4歳くらいから~

著者の紹介☆
作:門林 真由美(かどばやし まゆみ)…1967年大阪府に生まれ、大阪市立大学文学部を卒業。小学校時代より童話を書き始め現在に至ります。この絵本は、第9回ニッサン童話と絵本のグランプリで童話大賞を受賞しました。

絵:岡本 万里子(おかもと まりこ)…1954年京都生まれ、京都市立芸術大学を卒業。1993年「カメうみへいく」で第9回ニッサン童話と絵本のグランプリ絵本部門優秀賞を受賞しました。


あらすじФ(・♀・=)
土曜日の夜の七時ごろの話です。
美容院「かみふうせん」の山田さんの店に、一本の電話がかかってきました。
その声は若い声で、少しお願いしたいといいました。
山田さんは渋々OKをして、お客さんが来るのを待ちました。

やってきたのは、ほっそりした真面目そうな青年。
「じつは…髪を切りに来たのではないのです。頭に乗せる冠の作り方を教えてくださいませんか?」
「それがないと、彼女と結婚ができないのです。」
山田さんは何が何だかわからず…
「??これでは狐につままれているようですよ。」っと言いました。

「じつは…そうなんです!!僕はキツネなんです」
青年は一瞬にして消えて、そこにはキツネが座っていました。
訳を聞くと…
ーー春の祭りには、恋人に冠を作って贈る事になっているんです。けれど彼女には結婚を申し込んでいるキツネが沢山いるのです。みんなはお金持ちで、すばらしい冠を持ってくるでしょう。けれど僕はとてもできませんーー
って事で、美容院で髪を綺麗にできる山田さんにお願いしているってわけです。

「それを聞いた山田さん、明日の同じ時間にいらっしゃい。
その時までになんとか考えてみようじゃないか。」っと言いました。

次の日…山田さんは、色々考えてみましたが良い考えが浮かびません。
そんな時、近所の子どもに相談をして一緒に公園にでかけました。
「そうだ!いいことがあるよ!!」っと男の子は何やら考えついたようです。

その晩、若いキツネがやってきました。
山田さんは、「どんな冠にも、負けないよ!!」と言いダンボールと紙袋をキツネに渡しました。

お祭りには、予想通り美しい娘に求婚を迫るお金持ちのキツネが高価な冠を持って来ていました。
そして…その若いキツネが袋から冠を出すと………。
(山田さんと男の子が考えた誰にも負けない冠とは、どんな冠だったのでしょうね?と~っても素敵で甘い匂いの冠だよ)

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
ちょっとお話は長いけれど、読み聞かには、とっても素敵な話ですよ。山田さんと男の子が考えた冠は誰にも負けない一番の冠です。
私もそんな素敵な冠を作ってくれる人いないかなぁ~ | 壁 |д・)ジ~ィ…
私もニッサンの絵本グランプリには何度か応募しているのですが、もっともっと勉強をしないとダメだなぁ~と感じました。そしてこの絵本のようにステキな絵本を出してやるぞぉ!!
エイエイオォ~~~♪


はるかぜ とぷう

はるかぜとぷう
はるかぜとぷう
小野 かおる (1998/03)
福音館書店

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:4歳くらいから~
著者の紹介☆
作/絵:小野 かおる(おの かおる)
♪その他の絵本を紹介
われたたまご―フィリピン民話 われたたまご―フィリピン民話
小野 かおる (1997/11)
福音館書店
この商品の詳細を見る

こぶたかげこぶた こぶたかげこぶた
小野 かおる (2002/04)
福音館書店
この商品の詳細を見る

まーふぁのはたおりうた まーふぁのはたおりうた
小野 かおる (2001/12)
童話館出版
この商品の詳細を見る


あらすじ(=^♀^=)ノ
とぷうは春風の子ども
家族で丘のホテルでお泊りです
大きなかしの木ホテルは、春風達で満員のようす

次の朝、とぷうは春風の子どもたちとお散歩にでかけました
町の人たちは、とぷうが飛ぶと
「春風だ!暖かくなるぞぉ」と大喜びです。

おやおや幼稚園の子ども達がお出かけのようす…
着いていってみよう!!
そこは…動物園
とぷうたちが、あっちの動物…こっちの動物のところへいくと
動物は気持ち良さそうに、ムニャムニャ…

その時にぎやかな笑い声が聞こえてきました。
ライオンのところに居たのは、他の風の子達……
(これは大変な事になったぞ…。ケンカにならないといいけどねぇ。)

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
最近のポカポカ陽気は、風の子たちが通り過ぎた合図だったのね。でも昨日の強風は、風の子達がケンカをしていたみたいです。我が家の外にあるジョウロが、ゴロゴロンと飛んでいきました。買ったばかりなので、とぷうちゃん持って行かないでね。この絵本を読んで、春風についてなるほどなぁ~と思うところがたくさんありました。小野さんの表現豊なやさしい春の風を感じてみてくださいねぇヾ(@^▽^@)ノ


はるのてがみはなにいろ?

はるのてがみはなにいろ?

はるのてがみはなにいろ?
生源寺 美子、二俣 英五郎 他 (2002/04)
教育画劇

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

対象年齢:5歳くらいから~
著者の紹介☆
作:生源寺 美子(しょうげんじ はるこ)…1914年奈良県に生まれ、幼少時代は東北や韓国で暮らす。「草の芽は青い」で講談社新人賞&サンケイ児童出版文化賞、「雪ぼっこ物語」で野間児童文芸賞を受賞しました。
♪その他の絵本を紹介
草の芽は青い (1977年) / 中山 正美、生源寺 美子 他

雪ぼっこ物語 / 生源寺 美子

絵:二俣 英五郎(ふたまた えいごろう)…1932年生まれ。「とりかえっこ」で絵本にっぽん賞を受賞し、そのほか多数の絵本を出版しています。
以前ブログで「とりかえっこ」を紹介した事があります。そちらもご覧下さいねヾ(@^▽^@)ノ下をクリックでワ~プ☆
【とりかえっこ】

♪その他の絵本を紹介
こぎつねコンとこだぬきポン こぎつねコンとこだぬきポン
松野 正子 (1977/09)
童心社
この商品の詳細を見る

トチノキ村の雑貨屋さん トチノキ村の雑貨屋さん
茂市 久美子、二俣 英五郎 他 (1998/11)
あすなろ書房
この商品の詳細を見る

だいこんどのむかし だいこんどのむかし
渡辺 節子、二俣 英五郎 他 (1984/01)
ほるぷ出版
この商品の詳細を見る

あらすじФ(・♀・=)
深い海の海草の中には、たくさんの鯛が一緒にくらしていました。
鯛は春の来るのをじっと待っています。

でも子鯛だけは、海に出たくてたまりませんでした。
「つまらないなぁ~」っと海草からちょっと顔を出してみると…
「まだダメよ。春の手紙がこないもの…。春の手紙が来ないと、海の水は冷たくて泳げないのよ」
母さん鯛が言いました。
子鯛は「春の手紙」がとても気になりました。そして楽しみでなりません。

夜中に春の手紙か来ていないか…ちょっと顔を出しました。
そこへ海老のおじいさんが通りかかり、「あなたは春の手紙なの?」と聞いてみました。
「何を言っておるのか?」
(どうやら違うみたいね。)

次の日、坊やがお腹まで海草から出てみると…
カニが通りかかりました。
「あなたが、春の手紙なの??」
「知るかぁ~」ポワンと泡を吹いて行ってしまいました。
(カニさんも、またまた期待はずれ)

今度は大きな亀が現れました。
「もしかして、あなたが春の手紙???」
(さてさて、春の手紙は誰が運んでくれるのかなぁ~?そしてどんな形をしているのかな?)

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ春の声は色々なところから聞こえてきますが、皆さんの春を感じる時はどんなときですか?子鯛に春の手紙はとどくのでしょうかねぇ。でも、どんな手紙かわからなかったら…海のみんなに声をかけてしまいますよね。じつは…春の声は遠いところからやってくるのですよ。さて、子鯛に春の手紙が届くように、応援してあげてね。


はるのおおそうじ

はるのおおそうじ
はるのおおそうじ
K・エミリー ハッタ、アトリエ・フリィップ ハーシー 他 (2005/06)
フレーベル館

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:4歳くらいから~
著者の紹介☆
作:K・エミリー・ハッタ
絵:アトリエ・フィリップ・ハーシー
訳:もき かずこ


♪その他の絵本を紹介
ゆかいながっきあそび ゆかいながっきあそび
リサ・アン マーソリ、アトリエ・フリィップ ハーシー 他 (2005/06)
フレーベル館
この商品の詳細を見る

おうちはどこ? おうちはどこ?
キャサリン マックキャファティ、アトリエ・フリィップ ハーシー 他 (2005/06)
フレーベル館
この商品の詳細を見る

みずのふしぎ みずのふしぎ
K・エミリー ハッタ、アトリエ・フィリップ ハーシー 他 (2005/06)
フレーベル館
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
外は春の雨。さてさてピグレットは家の中で部屋の掃除をすることにしました。
押入れをあけると………
ザザァ~~ゴロゴロゴロ…
大変!!ガラクタがどっさり流れ込んできました。
「困ったなぁ~。(´д`lll) 」とピグレットが思っていると
そこへ、くまのプーさんとトラのティガーとカンガルーの子どもルーが遊びに来ました。
さぁ~みんなでお片付けをしよう!!
けど…どうやって?
そうだぁ!ピグレットが良いことを思いつきました。
(その方法は、いったいどんなお片付けかしら?)

ビーチボールと浮き輪が出てきました。
夏には、あんな事があったっけ~。こんなこともあったけぇ~♪
夏の日の事を思い浮かべました。
そこへ、ラビットがやってきて
他にも夏の思い出と一緒に、夏の道具をお片付け。

他の季節はどんなことがあったっけ?
っと思ったら、ラビットがうっかり…どんぐり拾いのバスケットに足を突っ込んで
慌ててさらに…落ち葉をかき集めるレーキを踏んで顔にゴッツンコ!!
ちょっと~!!これはどの季節??
バスケットとレーキは………

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
春にお片づけは気持ちが良いですね。早くお掃除をして…きれいなお部屋でポカポカ昼寝をしたい気分です。さて、ピグレットの部屋はきれいに掃除ができるかしら…思い出に深く入り過ぎないように気をつけて、どんどんお片づけをしてくださいね。みんなでお話をしながら掃除をすれば楽しいね。でも私の部屋は一人でお方付け…。あぁ~めんどくさいなぁ。ホントは風ちゃんと鈴ちゃんと3人の部屋なんだけどなぁ~v(≧∀≦)v


はるふぶき

はるふぶき
はるふぶき
加藤 多一、小林 豊 他 (1999/03)
童心社
この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:小学校中学年くらいから(ふりがな付き漢字を含む)

著者の紹介☆
文:加藤 多一(かとう たいち)…1934年北海道の北部で生まれました。サラリーマンを経て、農業地帯で文筆をはじめました。
♪その他の絵本を紹介
ホシコ―星をもつ馬 ホシコ―星をもつ馬
加藤 多一、早川 重章 他 (2006/05)
童心社
この商品の詳細を見る

子っこヤギのむこうに 子っこヤギのむこうに
加藤 多一 (2007/02)
くもん出版
この商品の詳細を見る

牧場・風がゆくところ 牧場・風がゆくところ
加藤 多一 (2001/10)
北海道新聞社
この商品の詳細を見る


絵:小林 豊(こばやし ゆたか)…1946年東京の下町に生まれました。舞台演出の仕事に就き、その後イギリス留学中に画家を志しました。1979年日展初出品で入選。1983年、上野の森美術館で特別優秀賞を受賞。
♪その他の絵本を紹介
せかいいちうつくしいぼくの村 せかいいちうつくしいぼくの村
小林 豊 (1995/12)
ポプラ社
この商品の詳細を見る

ぼくの村にサーカスがきた ぼくの村にサーカスがきた
小林 豊 (1996/11)
ポプラ社
この商品の詳細を見る

せかいいちうつくしい村へかえる せかいいちうつくしい村へかえる
小林 豊 (2003/08)
ポプラ社
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
初めて町へ行くマサルが、木の下を通ったおはなし…
春の雪が積もる頃、小麦としょうゆがなくなって丸太を売らなければならない。
お母さんは風邪ででかけられない。だからマサルが行くんだ。

丸太を運んでもらい、黒くて大きな馬のアオにつけてもらう。
マサルは丸太の上に乗り、アオの背中を見ながら出発だ。

雪の森を抜けて、銀色の道を通り、町までやってきた。
「ホントに一人で来たのかい?」と町の人は言うけれど…
僕はアオと二人で来たんだい…!!

小麦としょうゆと母さんのお土産と、弟と自分とアオのお土産を買い
アオの蹄鉄を替えてもらうと、横に並ぶ小さな体の子馬も怖がりながら働いている。
頑張れ! 頑張れ!!

帰り道、人通りも少なくなり急に春の吹雪がやってきた。
「急げ 頑張れアオ 頼むっ!」 急いで帰らなくては…
森に重い雪がアオとマサルの体を凍らす。
とうとう前に進めなくなってしまった…

その時、誰かのフシギな声が聞こえてきた。
(その声はだれなの??)

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
春に雪??と思う人もいると思いますが、今では少なくなったかもしれませんが北陸では春にでも雪が降っていたんですよね。東北の親戚の家では、やっと数日前に雪囲いを取ったとか。(雪囲いとは家を雪から守るために、家の側面を板なので囲うものです)この絵本では、初めてのおつかいをマサルがするのですが、その中での厳しさや強さなどが感じられる作品です。春はポカポカで、たくさんの花や動物達が元気に走り回っている様子を思い浮かべるのですが、この絵本を読むと春の違った一面を見ることができますよ。


はるのやまはザワザワ

はるのやまはザワザワ
はるのやまはザワザワ
村上 康成 (2001/01)
徳間書店

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:4歳くらいから~
著者の紹介☆
村上 康成(むらかみ やすなり)…創作絵本をはじめ、ワイルド・ライフ・アートなどのグラフィック関連で独自の世界を幅広く転回している自然派アーティスト。1986年1988年1989年ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞を受賞。1991年ブラチスラバ世界絵本原画展金牌などの受賞を重ねています。
村上さんの絵本はブログでも紹介しています。そちらは絵を担当されています。その作品を見るには、下をクリックしてワ~プしてね☆
【みんなともだち】
【おおきくなるっていうことは】
【おつきみうさぎ】

♪その他の絵本を紹介
もみじちゃんとチュウ もみじちゃんとチュウ
村上 康成 (2000/09)
ひかりのくに
この商品の詳細を見る

青いヤドカリ 青いヤドカリ
村上 康成 (2001/06)
徳間書店
この商品の詳細を見る

ふゆのあさ ふゆのあさ
村上 康成 (1997/11)
ひかりのくに
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
冬の山では、動物の音が静かな森を抜けて消えてしまう
リスが…
木の枝に積もった雪が…
キツツキが…

…春ですよぉ~
グルル起きて!!
グルルは、寝てばかりの小熊です。
耳をすましてごらん。春の声きこえるよ。
(春の音ってどんなおと?)
母さんとハチミツを探しにでかけよう。
(春の音ってどんなおと?)
土から顔を出すのは?
川の中では?
森の中では??


ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
村上さんの美術館を見に行ったとき、とてもかわいい作品で言葉のテンポがいいなぁ~と思いました。この絵本もテンポが良くて、春らしい元気のある絵と文ですよ。ぜひこの絵本を読んで、春の声をきいてみてくださいねヾ(@^▽^@)ノ


ワニぼうのこいのぼり

ワニぼうのこいのぼり
ワニぼうのこいのぼり
内田 麟太郎、高畠 純 他 (2002/04)
文溪堂

この商品の詳細を見る


対象年齢:2歳くらいから

著者の紹介☆
作:内田 麟太郎…1941年福岡県に生まれる。
・「さかさまライオン」…絵本にっぽん賞受賞
さかさまライオン / 内田 麟太郎、長 新太 他

・「うそつきのつき」…小学館児童出版文化賞を受賞。
うそつきのつき うそつきのつき
内田 麟太郎、荒井 良二 他 (1996/05)
文溪堂
この商品の詳細を見る



絵:高畠 純…1948年愛知県に生まれる。
・「だれのじてんしゃ」…ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞を受賞。
だれのじてんしゃ / 高畠 純


あらすじФ(・♀・=)
おとうさんがワニぼうの為に、鯉のぼりを買ってきました。
青い鯉のぼりが空を自由に泳いで
お父さん…腕組して「いいねぇ~」の一言
ワニぼう…まねして「いいねぇ~」
でも…お母さん「ちょっとさびしいね」

次の日、お父さん…またまた鯉のぼりを買ってきて
青い子供鯉のぼりもうれしいそうだねぇ~!

青い空を自由に泳ぐ黒と赤と青の鯉のぼりをみて
お父さんは、鯉のぼりがうらやましく思いました
そして………??
(えぇ!!!!!ワニの一家ビックリの展開?!)
(そして…周りを見ると…もっとビックリの展開!!)


ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
今日はこどもの日、天気も良くて家族ででかけるにはピッタリね。でもGWの帰国ラッシュであっちもこっちも混んでいます(^^;)
さてさて、内田さんの文にはいつもおどろかされますが、今回もビックリの展開で楽しませてもらいました。私もその中に混ざりたいけど、怖くないかしら?
でもあんな事できたら、気持ち良いだろうなぁ~ヾ(@^▽^@)ノ


はるかぜのたいこ

はるかぜのたいこ―くまのがっきやさん はるかぜのたいこ―くまのがっきやさん
安房 直子 (1980/01)
金の星社

この商品の詳細を見る

※残念だわ…画像がありませんでした。ごめんなさいm(^♀^;)m

対象年齢:3歳くらいから~
著者の紹介☆
作:あわ なおこ(安房 なおこ)…東京に生まれ、日本女子大学国文科を卒業。山室静氏に師事。1970年日本児童文学者協会新人賞を受賞。1973年小学館文学賞を受賞。
♪その他の絵本を紹介
きつねの窓 きつねの窓
安房 直子 (1977/01)
ポプラ社

この商品の詳細を見る
なくしてしまった魔法の時間 なくしてしまった魔法の時間
安房 直子 (2004/03)
偕成社

この商品の詳細を見る
山のタンタラばあさん 山のタンタラばあさん
安房 直子、出久根 育 他 (2006/09)
小学館
この商品の詳細を見る


絵:葉 祥明(よう しょうめい)…1946年熊本県に生まれ、立教大学を卒業しました。
以前ブログで葉さんの絵本を紹介した事があります。そちらも下をクリックしてワ~プしてみてね♪
【オレンジいろのペンギン】

♪その他の絵本を紹介

おなかの赤ちゃんとお話ししようよ おなかの赤ちゃんとお話ししようよ
葉 祥明 (2000/03)
サンマーク出版
この商品の詳細を見る

かみさまへのてがみ かみさまへのてがみ
葉 祥明 (1994/07)
サンリオ
この商品の詳細を見る

ヒーリング・キャット ヒーリング・キャット
葉 祥明 (2004/02)
晶文社
この商品の詳細を見る

あらすじФ(・♀・=)
秋が終わり、すすきが枯れて…寒い季節がやってきた日のこと
さむがりのウサギが、やってきました。
ウサギの服装は…セーターにオーバー
分厚い靴下にブーツ…手袋にマフラー・マスクと寒さをしのぐのに
必死といった装いです。
そのうさぎが、くまの楽器屋さんにやってきました。
「誰かと思えばウサギさん。風邪でもひいたので?」クマは店から声をあげました。
「寒くて×寒くて…なにか良い方法はないかしら??」とクマさんに尋ねました。
……
クマは「良い楽器がありますよ」っと言いました。
よっこいしょ!と大きな太鼓を持ち上げて、うさぎの前に出しました。
「まぁ~ひとつたたいてごらんなさい!!暖かくなるから」
なんだかわからなかったけれど、うさぎは太鼓をド~ンとたたいてみました。
すると………
(さて、大きな太鼓をド~ンとたたくとどうなるのかしら?)

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
私も超寒がりなのです。真冬は何枚服を着込んでいるかわからないほどです。そしてちょっとでも寒くなるとあくびが出て眠くなってしまうのです。だから遭難して凍死するなら、きっと一番だと自分でも思います。うさぎの装いを見ていると…まるで自分を見ているようだわ(^^;)さて、この太鼓…たたくとどうなるのでしょうねぇ~?ヒントは、これを春の絵本にした事です。わかるかな??


山のはなまつり

やまの花まつり やまの花まつり
高木 あきこ、土田 義晴 他 (1994/03)
リーブル
この商品の詳細を見る

※画像がなくてごめんなさい(;´▽`A

対象年齢:小学校低学年くらから~
著者の紹介☆
作:たかぎ あきこ…東京に生まれ、東京学芸大学の在学中に詩を書き始め、1972年「たいくつな王様」詩集で日本児童文学者協会新人賞を受賞。
♪その他の絵本を紹介
たべものうた たべものうた
たかぎ あきこ、やまわき ゆりこ 他 (2006/03)
リーブル

この商品の詳細を見る


絵:つちだ よしはる…山形に生まれ、日本大学芸術学部油絵科を卒業しました。
その他の絵本を紹介♪
ほしぞらでポロロン ほしぞらでポロロン
つちだ よしはる (1997/07)
佼成出版社
この商品の詳細を見る

わっはっはっえほん わっはっはっえほん
つちだ よしはる (1996/01)
リーブル
この商品の詳細を見る

うたえほん うたえほん
つちだ よしはる (1988/04)
グランまま社
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
もうすぐ5月。子どもたちは花祭りの日のお花を摘んでいるよ。
それはね…おしゃか様の通る道に、お花をまくんだって。
赤や黄色の元気の良いお花が春にはたくさん咲いているから
取っても取ってもなくならないね。

5月の3日には、みんな大忙し!!
摘んだ甘茶の葉を火にかけて、甘茶を作るんだ。(作り方は絵本を見てね)
それに夕方は、しまっておいた花や木の実で花御堂(はなみどう)を作るんだ。
花御堂って知ってる?
お釈迦様を置く花でかざったお堂の事。(つまり…おしゃか様のお家なのかしら??)
みんなでおうちの屋根に、色とりどりのお花のつぼみを貼って
とってもキレイな屋根ができあがりぃ~♪
そして明日は………

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ私はこんな行事がある事を知りませんでした。昔から受け継がれているものを絵本にして読む事も大切ですよね。なかなか1年の行事ごとに参加する機会がすくなくなったので、せめて忘れないようにしないとね(^^;)みなさんは、1年の色々な行事に参加していますか??あっ!そう言えば2月に節分はやっていますよ。3月は雛人形を出してひな祭りをしたし…なかなかミヅポンもやるじゃない?!ヽ(*^ω^)人(^ω^*)ノ


はるのやまで&はるのかだんで

はるのやまで / ひらやま かずこ
はるのかだんで / ひらやま かずこ
※画像がなくてすみません。

対象年齢:4歳くらいから~
著者の紹介☆
作/絵:ひらやま かずこ

あらすじФ(・♀・=)ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
この絵本は、お花が好きな人にはぴったり絵本です。子どもとお花屋さんに行った時に春のお花の名前が言えるかな?山登りしたときに、絵本の中のお花を見つける事ができるかな?

『はるのやまで』
ここで登場するお花を紹介
ふき・福寿草・カタクリ・いちりんそう・にりんそう・雪割りそう・スズラン・いわうちわ
この中で見たことがあるお花はあるかな?
左のページにはツボミ・右のページにはポッと咲いた花が描かれてありますよ。
ちなみに我が家の庭には、福寿草とスズランが今年も咲いています(^^)

『はるのかだんで』
ここで登場するお花を紹介
クロッカス・ヒヤシンス・水仙・パンジー・桜草・雛菊・チューリップ
この中で我が家の花壇に植わっているお花は…
クロッカス・水仙・パンジーです。チューリップは今年はやらなかったのよね(^^;)

お花屋さんに行くと冬は色が少なかった店が、春のお店には色とりどりの元気の良いお花で
いっぱいですよね。それを見るとつい買ってしまうので、庭にはお花がいっぱいになっていまいます。
この時期、他にもカラーやボタン・忘れな草などなど…がキレイに咲いていますよ。


こすずめのぼうけん

こすずめのぼうけん
こすずめのぼうけん
ルース エインズワース、堀内 誠一 他 (2003/11)
福音館書店

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:4歳くらいから~
著者の紹介☆
作:ルース・エインワース
絵:堀内 誠一(ほりうち せいいち)
訳:石井 桃子(いしい ももこ)


♪その他の絵本を紹介
黒ねこのおきゃくさま 黒ねこのおきゃくさま
ルース エインズワース、山内 ふじ江 他 (1999/10)
福音館書店
この商品の詳細を見る

ふゆのものがたり ふゆのものがたり
ルース エインズワース (1999/10)
福音館書店
この商品の詳細を見る

魔女のおくりもの 魔女のおくりもの
ルース・エインズワース、河本 祥子 他 (1997/02)
岩波書店
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
木ツタのツルの中に、お母さんすずめと子どものすずめが住んでいました。
ある日、母さんすずめが飛び方を子すずめに教え始めました。

子すずめは、お母さんに言われた通り
巣の淵に立ち、胸をはって羽をパタパタとしました。
すると…

驚いたことに…地面は遠くパタパタと浮かんでいます。
こすずめは、飛ぶことに自身がついてしまって、
どこまでも飛べる気になりました。
だからお母さんの言いつけも聞かずに、石垣を飛び越えてしまいました。
けれど、子すずめは急に疲れてしまい……
木のてっぺんに、小枝でできただらしない巣を見つけてとまりました。
「すみません。中で休ませていただけませんか?」
子すずめが、巣の主に話しかけると…
「おまえ!かぁ~かぁ~と鳴けるのか?鳴けないなら入れてやらないよ」
といわれてしまいました。
すずめの鳴き声は…「ちゅんちゅん」です。
断られると、こすずめはまた飛び立ちました……
(すずめはこの先も、色々なところで休憩を求めます。
さてさて、休憩のできる仲間には、であえるのかな?頑張れすずめちゃん)

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
春には卵が孵って、緑が青々とする季節に鳥たちは飛ぶ練習をします。今頃がそろそろな時期なのかな?子どもの成長と、子すずめの成長に重ね合わせて、この時期にお勧め絵本です(^^)子すずめは、勇気を出して飛んだけど…ちょっと無理をしてしまった様子ね。けれど、初めて出会う仲間ではない鳥に冷たくされてしまいます。ちゃんと飛んで仲間に会えるといいね。そしてこの絵本は鳥の鳴き方と、鳥の種類・鳥の家の様子などもわかるようになるので、鳴き声と鳥の種類の勉強にはお勧めよ♪


14ひきのぴくにっく

14ひきのぴくにっく・英語版
14ひきのぴくにっく・英語版
いわむら かずお (2005/08)
童心社

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

※日本語絵本の画像がなかった為、こちらの画像は海外版になります。

14ひきのぴくにっく 14ひきのぴくにっく
いわむら かずお (1986/11)
童心社
この商品の詳細を見る


対象年齢:2歳くらいから~
著者の紹介☆
いわむら かずお…1939年東京に生まれ、東京芸術大学美術学部工芸科を卒業しました。その後パッケージデザインやテレビアニメーションの仕事を経て絵本の世界に入ってきました。栃木県の益子に住んでいて、自然の中で見たままの姿をやわらかいタッチで表現されています。

当ブログでもおなじみの、いわむらかずおさんの絵本です。以前に紹介をした絵本も見てね♪
下をクリックしてワープ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:
『ゆきのひはあついあつい』
『ねずみのさかなつり』
『14ひきのあきまつり』
『14ひきのやまいも』
『のはらのひなまつり』

あらすじФ(・♀・=)
今日はとっても天気がいい。
14人のねずみの家族は、春の野原にお弁当を持って出発!!
森はもう春だね。
上を見ると、鳥の○○の赤ちゃんが生まれているよ。
歩いている途中も、○○や○○が芽を出している。
あちらこちらに、山のお花がいっぱいだぁ~♪
森を抜けたら広い野原に到着……
(この後は、絵本を読んで何が出てくるか楽しんでねo(^∇^*o)

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
いわむらかずおさんの絵本は、春夏秋冬の森の様子がとってもよくわかりますね。自然を愛して自然とともに暮らしているんだなぁ~と、とても素敵に思います。春と言えば、すぐに思い浮かぶのは桜の花だと思いますが、他にも目をやると色々な花が咲いていますよね。土手だったりお庭の花壇だったり…。それを見ているだけでも、散歩が楽しくなりそうねヾ(@^▽^@)ノ


おひさまのたまご

おひさまのたまご
おひさまのたまご
エルサ ベスコフ (2001/03)
徳間書店

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:5歳くらいから~
著者の紹介☆
作/絵:エルサ・ベスコフ(Elsa Beskow)…1874~1953。ストックホルムで生まれ、芸術学院を卒業後、母校で絵画の先生になりました。その後、結婚を機に教師を退職し絵本作家になりました。「ピーターラビットのおはなし」の作者ビアトリクス・ポターに匹敵するほど有名なスウェーデンの絵本作家で33冊もある絵本は世界中の子どもに長年愛されています。1952年には子どもの絵本のスウェーデンの最高賞二ルス・ボルゲンソン賞を受賞しました。
以前にもブログでエルサさんの絵本を紹介した事があります。そちらもごらんください!
ヾ(@^▽^@)ノ下をクリックしてね♪

『ちゃいろおばさんのたんじょうび』
『ペッテルとロッタのクリスマス』
『ペレのあたらしいふく』

訳:石井 登志子(いしい としこ)…1944年生まれ。同志社大学卒業。スウェーデンのルンド大学でスウェーデン語を学びました。



あらすじv(^♀^)v
春・秋・冬には、森の妖精はダンスを踊ります。けれど、夏だけは森の中の楽しい事、で忙しい毎日を過ごしていました。鳥の子ども巣から落ちていると、仲良しな妖精は卵を巣にもどしてやります。今日も森を探検していると…大きな橙色の丸い物が落ちていました。ん?これは、おひさまの卵かしら??妖精はこのニュースを、松ぼっくりの妖精のお友達コッテに知らせに行きました。やがて、この珍しい橙色のおひさまの卵(?)は森の皆に知れ渡り、卵の前に集まりました。いたずらなコッテは、ちょっとけとばしてみたり…りすが卵をちょっとかじってみたら、苦くてビックリ!そんな時、ズアオアトリ(鳥)が飛んで来ていいました。これはね……
(さ~てなんでしょうか??)

ミヅポンの声(^♀^)/
エルサ・ベスコフさんはブログでも何度か登場した事がありますが、お話は長めだけど…人物の設定や背景の様子などが絵からだけではなく、文章からも伝わってきますよ。だからちょっと大きめなお子さんにピッタリかな。文字だけでは、読むのにあきてしまう子もいるかもしれないけど、ちょっと絵にプラスして頭の中で想像してみる事は良いことですよぉ(^^)さてさて、この橙色の太陽の卵?は何でしょうね??気になる人は、この絵本を読んでみて下さいなv(^♀^)v


おなべ おなべ にえたかな?

おなべおなべにえたかな?
おなべおなべにえたかな?
小出 保子 (1997/08)
福音館書店

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:3歳くらいから~
著者の紹介☆
作:こいで やすこ(小出 保子)…福島に生まれ、桑沢デザイン研究所を卒業。『とんとん とめてくださいな』ではオランダの絵本賞と銀の石筆賞を受賞しています。 

あらすじФ(^♀^=)
春の日にキツネのきっこちゃんは、タンポポを持ってイタチのちいとにいと山向こうのおおばあちゃんの所に行きました。おばあちゃんは、只今おいしいにんじんスープを作っています。そこへ母さんカラスが飛んできて、「助けて!子ガラスが喉に骨をひっかけてしまったの」といいました。急いで山の名医であるおおばあちゃんは、子ガラスの所にとんでいきました。……って事は、スープはきっこちゃんとちいとにいが見てなくてはなりません。塩コショウで味付けをして、もう煮えたかな?お鍋に聞くと…「煮えたどうだか食べてみよ!フツ」と言いました。3人は味見をして何か足りないわね。それで足しては食べを繰り返しているうちに…スープはカラッポ(^^;)そうこうしている間に、鍋はカラッポで焦げだしました。大変!!!!鍋が慌てて3人に言いました。みんな~急いで!!!!

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
そう言えば…何かの歌の途中に「煮えたかどうだか 食べてみよう!モグモグモグ♪」ってありましたよね~。曲名しっていますか?ん~どこで聞いたのかな?私が子どもの頃から知っている歌なんだけどなぁ??さてさて、おおばあちゃんの美味しいスープ飲んでみたかったなぁ~!カラッポになった鍋はどうなっちゃうんでしょうね?お鍋さんの言葉を信じてページをめくってみると、最後には春の美味しい香りがしてきますよ。お腹がグ~ッっとなってしまわないように気をつけて、この絵本を読んで見てね。あぁ~お腹が空いてきた(;´Д`)ノグルグルルル…♪


いちご

いちご
いちご
平山 和子 (1989/04)
福音館書店
この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


※大きな画像がなくてごめんなさい A(^♀^;)

対象年齢:2歳くらいから~

著者の紹介☆
作:平山 和子(ひらやま かずこ)…1934年に東京で生まれ、東京芸術大学美術部図案科を卒業しました。

♪その他の絵本を紹介
くだもの くだもの
平山 和子 (1981/10)
福音館書店
この商品の詳細を見る

やさい やさい
平山 和子 (1982/09)
福音館書店
この商品の詳細を見る

おにぎり おにぎり
平山 英三、平山 和子 他 (1992/09)
福音館書店
この商品の詳細を見る


あらすじ(*^♀^*)
「私はいちごです」といちごの苗が言いました。
けど…
みんなの知っている、真っ赤ないちごの姿は見えません。

雪に隠れたいちごの苗は言いました。
「いちごのは、暖かくなったらね~。それまで待っていてね」

早くポカポカの春が来ないかと、いちごはウズウズしながら待っているよ。
てんとう虫がいちごの苗にとまる頃、春はやってきました。

(さて、いちごの苗はどんな風にいちごのをつけるのかな?
絵本を読んで観察してみよう!!)


ミヅポンの声(^♀^)/
この絵本は水彩画だと思うのですが、イチゴの実がなるまでの様子を生き生きと描いていますよ。そして最後に美味しいイチゴが沢山でてくる所では、あま~くて「パクっ!!」っと食べたくなるようなイチゴです。昨日食べたけど、また今日も食べたくなったな~。この季節はイチゴ狩りに行きたいぞv(^♀^)vみなさんは、イチゴ狩りに行った事がありますか?私は初めて行った時に、100個以上食べました(^∀^)ノ食べ過ぎ?!それとも平均個数なのかな??美味しいイチゴがた~くさん食べられるとうれしさ倍増だねヾ(@^▽^@)ノ
すいませ~ん!ミルクくださ~い!((:^^)/まだ食べるのかい!)


はるです はるのおおそうじ

はるです はるのおおそうじ (幼児絵本シリーズ)
はるです はるのおおそうじ (幼児絵本シリーズ)
こいで やすこ、こいで たん 他 (1993/03)
福音館書店

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:こいで たん(小出 淡)
絵:こいで やすこ(小出 保子)


あらすじФ(・♀・=)
赤い屋根の小さな家には3匹のねずみが住んでいました。
今日は、せっせと春の大掃除をしています。
家の荷物を外に運んでいると…
りすの親子が通りかかり、言いました。
「まぁ~素敵なカーテン!私も子供部屋にこんなカーテンをかけたいと思ってたのよ」

すると…掃除中のねずみは言いました。
「よかったらどうぞ!…(^^)」
ねずみはカーテンを譲りました。
りすの親子は、カーテンをもらうとニコニコ顔で帰って行きました。

掃除を続けていると…今度は、2匹のうさぎがやってきました。
「なんて素敵な鳩時計!こんな時計があったら、朝起きるのが楽しみね」
外に出した鳩時計を見てうっとりしていました。

「よかったらどうぞ!…(^^)」
ねずみは、またまた譲ってしまいました。
うさぎは大喜びで、鳩時計を持って帰りました。

「いい陽気ですね~!」次に春の大掃除をしていたねずみに声をかけたのは??

(大掃除って…まさか…物が1つもなくなるって事ではないわよね??)
どうなってしまうの?ねずみさんの家の物と大掃除?!

ミヅポンの声(^♀^)/
とってもやさしいねずみさん。せっせと大掃除をしているのに物はどんどんなくなってしまいますね。まぁ~いらない物ならば、持っていてもらった方が掃除には助かるけれど…これはいらない物なのかしら??春のポカポカ陽気にピッタリの大掃除絵本です。ぜひ興味のある方は読んでみて下さいね。さぁ~って!!私も天気の良い日は大掃除でもしてみるかな?でもなぁ~コタツをしまうのもまだ寒いから辛いのよね(^^;)




ぐりとぐらとくるりくら

ぐりとぐらとくるりくら
ぐりとぐらとくるりくら
なかがわ りえこ、やまわき ゆりこ 他 (1992/10)
福音館書店
この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


※海外版もありますぞ!!
ぐりとぐらとくるりくら 英語版 ぐりとぐらとくるりくら 英語版
中川 李枝子、山脇 百合子 他 (2005/05)
チャールズイータトル出版
この商品の詳細を見る


対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:中川 李枝子(なかがわ りえこ)…札幌で生まれ、保母さんとして働きながら児童文学グループの同人として創作活動を続けた。1962年「いやいやえん」は、厚生大臣賞・NHK児童文学奨励賞・サンケイ児童出版文化賞・野間児童文芸賞推奨作品賞を受賞。
いやいやえん―童話 いやいやえん―童話
中川 李枝子、大村 百合子 他 (1962/01)
福音館書店
この商品の詳細を見る


絵:大村 百合子(おおむらゆりこ)…東京に生まれ、上智大学卒業。多数の挿絵を手がけ、作者である中川さんとは実姉です。二人のコンビで楽しい絵本が高く評価され海外版も出版されています。

あらすじФ(^♀^=)
今日は4月の1日。ぐりとぐらが窓をあけると、お日様が部屋いっぱいに入ってきました。とても気持ちの良い日なので、二人はサラダにサンドイッチをどっさりかごに入れて、歌いながらはらっぱに出かけました。
木下を通りかかった時、ぐりとぐらの帽子が木の中へひっぱられてしまいました。誰がやったの?おやおや…?木の上に帽子を二つ乗せたうさぎがいました。でもなんだか変だぞ…なにが変って?!……(それは読んでからのお楽しみ)

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
春の絵本はお花が咲いていて、ぽかぽかピクニックに行きたくなるような感じがします。今日もぐりとぐらはお弁当を持って、はらっぱに出かけたよ。けどねぇ~フシギなウサギさんにであったんだ。みんなはすぐにわかったなか?私はすぐにわかったよ。けど…ちょっと苦手な感じ(;´Д`)ノうさぎはかわいいけど…○○がビョ~ンってなるのは…(^m^)言えないので話が伝わらないのです。さてさて「くるりくら」とは何のことでしょうねぇ~?ぐりとぐらの春絵本読んでみてください♪


がたごと がたごと

がたごとがたごと
がたごとがたごと
内田 麟太郎、西村 繁男 他 (1999/04)
童心社
この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:2歳くらいから~
著者の紹介☆
作:内田 麟太郎…1941年福岡県に生まれ、独特の文で沢山の絵本を生み出しています。
絵:西村 繁男…1947年高知県高知市に生まれる。

♪その他の共作絵本
おでんさむらい―こぶまきのまき おでんさむらい―こぶまきのまき
内田 麟太郎、西村 繁男 他 (2006/01)
くもん出版
この商品の詳細を見る


あらすじФ(^♀^=)
※まず最初に!文は3つです(^^)なので絵本の文をそのまま使用します。
「おきゃくさまがのります ぞろぞろ ぞろぞろ」
「がたごと がたごと」
「おきゃくさまがおります ぞろぞろ ぞろぞろ」

ここから私の絵から察するイメージで、あらすじを書きますね。
みなさんは、手にとって読んでみて下さい(=^♀^=)ノでは行ってみよう!!

シュッシュ~ッ  シュ~ッ=3
電車は8時33分に駅に到着しました。
駅では沢山のお客さんが電車にのります。
みんな どこへ行くの??
列車に乗る前にお土産を買ってる人、友達と別れる人、あらら冠婚葬祭でもあったのかしら…
観光で来ている人もいるみたいね。
みんな急いで!!
ピ~車掌さんの笛の音で、35分に駅を出発!!

「がたごと がたごと」
電車は町の駅から出発すると、あたり一面に広がる田んぼの中を気持ちよく走る。
犬も電車に向かって元気よく、ワンワンほえる。
猫も日向ぼっこして眠っていたのに、
ワンワンほえる犬に起こされて電車をみちゃうさ。

田んぼを過ぎると、当電車は山の中に入ります。
「がたごと がたごと」
山の上流は水が綺麗だから、チョウチョがヒラヒラ楽しげに飛んでいます。

おくやま駅に到着(=^♀^=)ノ
あれ れれれ?????
みんな 動物の姿になっちゃった…?

ん?元の姿が動物で…町に行くのに化けていたって事??
ん~フシギな出来事:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

(さぁ~今度の駅から出発するお客さんは、どんなお客さんかな??→みんなどこへ行くの??)


ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
この絵本の表紙は、桜が咲いている中を気持ちよさそうに走っている電車の絵本なので、分類を「春」にしましたが…中をのぞいてみると、ぜんぜんそんなこともなかったです。この展開の面白さに私は気に入りました(*^♀^*)人間が電車に乗ったのに、山あり谷ありを超えた先に着いた駅には動物が降りちゃうだなんて面白いでしょ。でも次に「がたごと がたごと」行くと…(^m^)これから先は言えませぬ。まぁ~面白い絵本だと言うことは確かなので、読んでみて下さいね♪♪


めざめのもりのいちだいじ

めざめのもりのいちだいじ―おおきなクマさんとちいさなヤマネくん
めざめのもりのいちだいじ―おおきなクマさんとちいさなヤマネくん
ふくざわ ゆみこ (2005/01)
福音館書店

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:3歳くらいから~
著者の紹介☆
ふくざわゆみこ…東京生まれ。絵本作家・漫画家です。以前秋の絵本の『ふゆじたくのおみせ』『もりいちばんのおともだち』で紹介をしました。そちらから見るともっと楽しめますよ。
下をクリックしてワ~プ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

『ふゆじたくのおみせ』
『もりいちばんのおともだち』

♪その他の絵本を紹介
イノザブロウとあたらしいともだち イノザブロウとあたらしいともだち
ふくざわ ゆみこ (2007/03/17)
PHP研究所
この商品の詳細を見る

いないよいないよいませんよ いないよいないよいませんよ
ふくざわ ゆみこ (2004/06)
教育画劇
この商品の詳細を見る

ミミちゃんのぬいぐるみ ミミちゃんのぬいぐるみ
ふくざわ ゆみこ (2006/09/13)
福音館書店
この商品の詳細を見る


あらすじФ(^♀^=)
冬に降った雪が解け始めた頃、ず~っと眠っていたヤマネくんが目を覚ましました。
春のにおいをかぎながら、雪の中を走っていると…
ブ~ン ブブ~ンとにぎやかな音が聞こえてきます。
音のする方へかけていくと

ミツバチさんの家が、崖の上で今にも倒れそう!!
雪解けで崖がくずれそうになっているんだ。
でもその中には、ミツバチの卵や赤ちゃんがいるんだよぉ~。

ヤマネくんは急いで力持ちのクマさんを起こしに行きました。
けれど、クマさんは夢の中…「春はまだ来てないよ~」と熟睡しています。
これは困った…だって急いでミツバチさんを助けてあげないと…
そこでヤマネくん、春のにおいをクマさんに届けようと外に飛び出しました…
そして……
(さてさて、ヤマネくんは森一番の力持ちのクマさんを起こすことができるかな?
そして、崖っぷちのミツバチさんの家を助けてあげられるのかな??)

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
ハラハラドキドキどうなっちゃうの~ぉ絵本です((≧m≦))ヤマネくん急いで…急がないと間に合わないよ。春の森は雪解けで大変な事になっています。人間も雪崩に注意だけど、たくさんの動物は雪崩がおきると家がなくなったり大怪我をしてしまうからね。このお話でも、力持ちのクマさんを起こして、早くミツバチさんを助けに行ってあげたいね。心配(;´Д`)ノ頑張ってぇ~ヤマネくん!!!読み聞かせではちょっと急ぎ気味で、ヤマネ君の気持ちになって読むとハラハラドキドキが伝わるかな?!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。