スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


てぶくろがいっぱい

てぶくろがいっぱい
てぶくろがいっぱい
(2008/11)
フローレンス スロボドキン

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介☆
作:フローレンス・スロボドキン(Florence Slobodkin)…1905-1994 アメリカニューヨークで生まれ、詩人であり作家。多数の作品を残しているが、どの作品にも夫のルイスが絵を担当している。

絵:ルイス・スロボドキン(Louis Slobodkin)…1903-1975 アメリカのニューヨークに生まれ美術学校を卒業後、彫刻家として活躍をしています。挿絵の担当したことから子供の本の仕事を始め、コルデコット賞を受賞するなどユーモアあふれる絵本を描いています。

訳:三原 泉(みはら いずみ)…1963年宮崎県に生まれ、東京大学文学部を卒業し、多数の翻訳をしています。

♪その他の絵本を紹介
スーザンのかくれんぼ (世界の絵本)スーザンのかくれんぼ (世界の絵本)
(2006/06)
ルイス スロボドキン

商品詳細を見る

百まいのドレス百まいのドレス
(2006/11)
エレナ エスティス

商品詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【ねぼすけ はとどけい】

あらすじФ(・♀・=)
ミシガンに住むネッドとドニーは双子の男の子。
ある冬に、二人の両親は旅行に出かけ
代わりにおばあちゃんがやってきました。

二人が外へ遊びに行く時には、必ずおばあちゃんはこう言います。
帽子かぶった? 手袋はめた? 上着のチャックはちゃんと閉めて!

ある日、ドニーがいつのものように手袋をはめようとすると…
赤い手袋の片方がありません。
お友達のジェイニーの家に忘れてしまったのかと家に行ってみると
ここにはないみたい。
それで、また家に戻って見ると2時間後にジェイニーがやってきて
赤い手袋は見つかりました。

ところが…次の日お隣のブラウンさんがやってきて言いました。
「ドニーの赤い手袋が落ちていたわよ」
ん? 手袋?? 昨日あったのがドニーの手袋なはずなんだけど
ブラウンさんの持ってきた手袋もドニーのにそっくり
そこで???

ミヅポンの声(^♀^)/
この絵本に出てくる手袋は、どんだけあるんでしょうね? だって、表紙をごらんください。おばあちゃんが木と木の間にぶら下げている赤い手袋の数。そしてドニーとネッドが両手いっぱいに持っている赤い手袋の数を!! この双子ちゃんは、赤い手袋をどんだけ持っているのかしら? その理由は…この絵本を見てね。


スポンサーサイト
スポンサーサイト

大雪

大雪 (大型絵本 (2))
大雪 (大型絵本 (2))
(2000)
ゼリーナ・ヘンツ

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:小学校低学年くらいから~(ふりがな付き漢字を含みます)

著者の紹介☆
作:セリーナ・ヘンツ

絵:アロワ・カリジェ

訳:生野 幸吉

♪その他の絵本を紹介
ウルスリのすず (大型絵本 (15))ウルスリのすず (大型絵本 (15))
(2000)
ゼリーナ・ヘンツ

商品詳細を見る

アルプスのきょうだい (岩波の子どもの本)アルプスのきょうだい (岩波の子どもの本)
(1954/09)
ゼリーナ・ヘンツ

商品詳細を見る




あらすじФ(・♀・=)
大雪になると、動物たちは大きなモミの木の下で体を寄せ合い
冬を越すのです。
でも、大雪では食事をすることができません。
そんな時、女の子のフルリーナがやってきては干し草を
動物たちに届けるのでした。
そのころ、兄のウルスリは家の動物たちのお世話をしています。
せっせと働き、動物たちは暖かい冬を過ごしていました。

ウルスリは、仕事を終えると家の机に向い
あしたのソリ大会の準備で大忙し。
フルリーナが帰ってくると、外からソリを取り出し言いました。
「ソリに飾りをつけるから街まで行って買ってきておくれ」
フルリーナは雪の中街まで降りなくてはならないので
泣きながらウルスリの言ったことに従いました。

フルリーナがお店につくと、店のおばあさんはお掃除中。
毛糸のふさを作るため意地の悪いおばあさんはフルリーナに掃除を任せました。
フルリーナはさぼることなく掃除を済ませ、おばあさんから毛糸のふさをもらいました。

そして、雪が吹雪いてきた暗い家路を急ぎます。
フルリーナが大きなモミの木のそばに来た時…

ミヅポンの声(^♀^)/
この絵本は、冬から春にかけての兄弟の様子や自然の様子を表現している絵本なんですよ。大雪で外に出るのはとっても恐ろしいことですよねぇ。スキー場に行った時に吹雪いて大変だった時のことを思い出しました。数分前には、前が見えていたのに突然1メートル先が見えない不安((>д<))きゃぁ~怖い。フルリーナは無事に家に帰ることができるのでしょうかね? まったくお兄さんなんだからウルスリ! 危ないことをお願いしてはダメですよ。


しろくまボビーとはじめての ゆき

しろくまボビーと はじめての ゆき (世界の絵本(新))
しろくまボビーと はじめての ゆき (世界の絵本(新))
(2006/11/25)
P. コラン

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:ピエール・コラン(Pierre Coran)…ベルギーのモンスで生まれ、教師の仕事を経て作家となりました。作品の多くは青少年文学と詩である。青少年文学では詩人大賞を受賞している。そして2001年にはそれまでの作品すべてに対し、アンデルセン賞の推薦賞に選ばれている。

絵:マリー・ジョセ・サクレ…1946年ベルギーのパティスに生まれ、リエージュ芸術アカデミーで絵を学んだ。80年にフランス文化大臣児童図書賞、82年に日本のみみずく賞、89年と90年には2年連続でボローニャ国際児童図書展エルバ賞を受賞している。

訳:木本 栄(きもと さかえ)…ロンドンに生まれ、ドイツのボン大学を卒業後、翻訳家として活躍。

その他の著者の本を紹介☆
かめのルドミラかめのルドミラ
(2002/12)
ピエール・コラン

商品詳細を見る

いぬのハンニバルいぬのハンニバル
(2002/10)
ピエール コランマリー・ジョゼ サクレ

商品詳細を見る



あらすじФ(・♀・=)
外は雪が降っています。
女の子のエマはお気に入りのぬいぐるみボビーを、
雪が見えるように高く持ち上げ外を見ました。

夜になるとエマはぐっすり夢の中です。
けれどボビーはソワソワして眠れません。
なんと言っても初めて白い雪を見たのですから…

ボビーは本物の白熊さんになって探検をしたいと思いました。
猫専用のドアから外へ出ると初めての雪の上で大喜び♪
ポンポンはずんで、振り返ってみると小さな足跡が残っていました。

「そうかぁ!この足跡があれば家に帰れるぞ!!」
ボビーは安心してどんどん歩き出しました。
途中、突然飛び出してきたウサギに出会い…ボビーはそのまま森の中へと入って行きました。

また雪が降り出し、雪がおちてくるのを見上げながら飛んだりはねたりしていると
雪が降り止まない様子にボビーはちょっと心細くなってきました。
「そろそろ…帰ろうかな…」帰り道の足跡を見ると、足跡がない!!!!

足跡は雪で全部消えてしまってしました…どおしよう……。

ミヅポンの声(=^♀^=)/
ボビーは初めての雪を見て冒険に出かけました。途中かわいらしい動物に出会ったり、色んな動物に助けてもらったりする姿がとってもかわいかったです。ボビーが無事にエマの家に帰れると良いのですが…。誰も歩いたことのない雪道を歩くのは、フシギな世界に足を踏み入れるような気持ちで、と~ってもワクワクしちゃいますよね。でも何も音のしない静かな雪の中で雪が落ちてくるのを見ていると、とても不安になりますよね。そんな雪の風景とボビーの楽しさや不安な様子がかわいい絵で表現されていました。そして、サンタさんを発見してしまいました。(みんなわかるけど…)サンタさんはこんな雪の中でも、みんなの喜ぶ顔を見るために頑張っているのね。お疲れさん!(^エ^)!


ワニぼうのゆきだるま

ワニぼうのゆきだるま
ワニぼうのゆきだるま
(2005/02)
内田 麟太郎高畠 純

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:4歳くらいから~
(「三」だけふりがななし漢字です。読んであげれば2歳くらいから~)

著者の紹介☆

文:内田 麟太郎…1941年福岡県に生まれる。『さかさまライオン』絵本にっぽん賞受賞。『うそつきのつき』で小学館児童出版文化賞を受賞。その他にも多数の絵本を独特の感性で書き上げています。

絵:高畠 純…1948年名古屋に生まれました。『だれのじてんしゃ』でボローニャ国際児童図書展グラフィック賞を受賞。『オースッパ』で日本絵本賞受
賞。

♪その他の絵本を紹介
おかあさんになるってどんなこと (PHPわたしのえほんシリーズ)おかあさんになるってどんなこと (PHPわたしのえほんシリーズ)
(2004/04)
内田 麟太郎

商品詳細を見る

かあさんから生まれたんだよ (わたしのえほん)かあさんから生まれたんだよ (わたしのえほん)
(2007/02)
内田 麟太郎味戸 ケイコ

商品詳細を見る

よこむいてにこっよこむいてにこっ
(1998/04)
高畠 純

商品詳細を見る

ピースランドピースランド
(1981/01)
高畠 純

商品詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【こわくない こわくない】
【うそつきのつき】
【ともだちまじない】
【あしたもともだち】
【ごめんねともだち】
【ともだちくるかな】
【ともだちひきとりや】
【ともだちや】
【あいつも ともだち】
【ありがとう ともだち】
【十二支のはなし】
【ワニぼうのこいのぼり】
【がたごと がたごと】
【わたしのおひなさま】
【こんにちは おにさん】
【ふくもうち おにもうち】
【さみしがりやのサンタさん】


あらすじФ(・♀・=)

ワニの親子のワニ坊とお父さんは雪だるまを作りました。
子ども雪だるまとお父さん雪だるまとお母さん雪だるま
でも…何だかさびしいねぇ~この雪だるま

「どうしてだろうね?お父さん」

それはね「こうだと思うよ」お父さんは言いました。
そして二人は…両端の雪だるまをヨイショヨイショ!!移動開始

「これだと楽しそうだね」雪だるまはとっても仲良しです。

次の日、お母さんワニも一緒に散歩にでかけると…
あれれ??まぁ~!!あっちの雪だるまもこっちの雪だるまも仲良しさん。
けれど遠くの雪だるまは、離れているよ…寂しそうだね

「どうしたのかな?」
三人は近づいてみました……離れた雪だるまは??

ミヅポンの声☆
文字も少ないので小さな子でも読めると思うのですが…「三」だけが漢字なのです。親御さんぜひ教えてあげてくださいね(^♀^)この絵本の中にコラー ジュと言う技法が使われているのですが(紙や布をペタペタと貼ったもの)、テレビについているコラージュはお菓子かしら?写真がついてるよ。この絵本は幸せになれる絵本ですぞ。寒い季節だけど、元気に外に出て家族雪だるま作って、みんなくっつけて並べて、ホカホカになりましょう v(^♀^)v大家族の人は頑張って、た~くさん作って並べてね。ファイト!!


雪の写真家 ベントレー

雪の写真家ベントレー
雪の写真家ベントレー
(2000/01)
ブリッグズ マーティン ジャクリーン

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:小学校低学年くらいから~
(ふりがな付き漢字が含まれています)

著者の紹介☆
作:ジャクリーン・ブリッグズ・マーティン(Jacqueline Briggs Martin)…二人の子どもと夫とアイオワ州で暮らしている。ベントレーの雪に生涯をささげた努力とお金で買えない宝物を手に入れた彼の心に強く動かされこの絵本を完成させた。

絵:メアリー・アゼアリアン(Mary Azarian)…バーモント州のベントレーの故郷から1時間はなれた場所で生活しています。「A Symphony for the sheep」で手で彩色した木版画の豊かな情趣を高く評価される。

訳:千葉 茂樹(ちば しげき)…1959年北海道で生まれ、国際期督教大学を卒業後、児童書の編集に携わる。翻訳家としても活動中。

♪その他の絵本を紹介
天からのおくりもの―イザベルとふしぎな枝天からのおくりもの―イザベルとふしぎな枝
(2004/12)
ジャクリーン・ブリッグズ マーティンリンダ・S. ウィンガーター

商品詳細を見る

氷の海とアザラシのランプ―カールーク号北極探検記氷の海とアザラシのランプ―カールーク号北極探検記
(2002/03)
ジャクリーン・ブリッグズ マーティン

商品詳細を見る

ヘレンのクリスマスヘレンのクリスマス
(2007/11)
ナタリー キンジー‐ワーノック

商品詳細を見る

夜明けまえから暗くなるまで夜明けまえから暗くなるまで
(2006/02)
ナタリー キンジー‐ワーノック

商品詳細を見る




あらすじФ(・♀・=)
ある農村に、ウィリーという何よりも雪の大好きな少年がいました。
蝶や花は誰かに見せてあげられるけれど…
雪は解けてしまうから誰かに見せてあげることはできません。

春が過ぎ夏が過ぎ秋が過ぎ…冬がくると
ウィリーは大喜びです。
みんなが雪合戦や雪遊びをしていてもウィリーにはお構いなしでした。
母がくれた古い顕微鏡を手に雪の結晶を観察していました。

顕微鏡で見る雪の結晶は、同じ形が一つもなく美しいものでした。
ウィリーは何とかこの形を残したいと思い
雪の結晶を何年にもわたり描きとめました。

ウィリーは16歳になりました。
その年の冬、本に載っているあるものを見つけました。
それは…


ミヅポンの声(^♀^)/
すご~い!! 雪の結晶ってどれも同じものがないんですね。ほら、雪の結晶と言えば…あの形。みたいのがあるじゃないですか。私も顕微鏡で雪の結晶をみてみたい。でもなぁ~私の住んでいる地方は雪がめったに降らないのよね(^▽^;)ってことで、彼の雪の写真集を図書館で探してみよう。写真がなかった時代、ウィリーは年に100枚もの雪の結晶のスケッチを残したそうです。すごい努力ですよね。世間はそんな彼に見向きもしませんでしたが、諦めない心が人々の心を動かします。この絵本にはベントレーのお話の他に細かい説明がページの隅に書かれています。そちらもとっても興味深いことが書かれているので読んでみると、さらにベントレーについて知ることができますよぉ。


まほうのマフラー

まほうのマフラー (絵本の時間)
まほうのマフラー (絵本の時間)
(2002/01)
あまん きみこマイケル グレイニエツ

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介☆
作:あまん きみこ…1931年に満州に生まれ、大阪府立桜塚高校を経て日本女子大学を卒業しました。新日本童話教室第一期生です。「車のいろは空のいろ」で第一回日本児童文学者協会新人賞を受賞。その他多数の作品を書いています

絵:マイケル・グレイニケツ(Michael Grejniec)…ヨーロッパでイラストレイターとして活躍をしています。1996年に「お月さまってどんなあじ」で日本絵本賞を受賞しました。

♪その他の絵本を紹介
あまんきみこ童話集〈3〉あまんきみこ童話集〈3〉
(2008/03)
あまん きみこ荒井 良二

商品詳細を見る

あそびましょう (あまんきみこのあかちゃんえほん 2)あそびましょう (あまんきみこのあかちゃんえほん 2)
(1983/01)
あまん きみこ

商品詳細を見る

かばくん こっくりかっくり (世界の絵本)かばくん こっくりかっくり (世界の絵本)
(1995/11)
マイケル グレイニエツ

商品詳細を見る

どうしてかなしいの?・どこにいるの?どうしてかなしいの?・どこにいるの?
(1999/02)
マイケル グレイニエツ

商品詳細を見る



☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【天の町やなぎ通り】
【おにたのぼうし】
【おひさまえんのさくらのき】
【あしたもあそぼうね】
【ぽんぽん山の月】
【きつねのかみさま】

あらすじФ(・♀・=)
緑のマフラー
温かい、お父さんのだよ。

月曜日、お父さんのマフラーを首に巻いて学校へ行った。
ポストの角を曲がったら、大きな犬が「ワン」と言いたそうに待ち構えている。
僕は、父さんのマフラーを握りしめ
勇気を出して犬の横を走り抜けた。

火曜日、学校のみんなとおにごっこをした。
いつもは足が遅いからすぐにつかまっちゃうんだぁ~。
でも…今日は違うよ。
だってお父さんの緑色のマフラーがあるから。

水曜日…

ミヅポンの声(^♀^)/
小さい頃って、これを持っているとなんだか強くなったような、なんでもできるようになったような気になるってことありますよね。しかも、やってみるとうまくいっちゃったり。みなさんもそんな経験はありますか? この絵本に登場する男の子は、お父さんの緑色のマフラーがあれば何でも勇気を出して立ち向かっていけるようです。このまま私は頑張れ~と応援をして読み進めていたんです。ところが…「えっ!?」と最後に何とも言えない気持ちになりました。あぁ~ビックリした(/ω\)


あるきだした ゆきだるま

あるきだしたゆきだるま
あるきだしたゆきだるま
(1984/01)
ミラ=ローベ

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:4歳位から~

著者の紹介☆
作:ミラ・ローベ(Mira Lobe)…1913年ドイツに生まれ、女学校を卒業するとウィーンで児童文学の創作を始めました。童話「りんごの木の上のおばさん」でオーストリア児童文学国家賞、ウィーン市児童図書賞を受賞。

絵:ヴィンフリート・オプゲノールト(Verlag Heinrich)…1939年ドイツで生まれ、印刷所のある美術学校でグラフィックアートを学ぶ。デザインの仕事やカードの挿絵・教科書の挿絵や絵本の制作をしています。

訳:ささき たづこ…香川県に生まれ、早稲田大学東洋史学科を卒業しました。そのあとドイツに滞在しミューヘンでドイツ語を学ぶ。その後、ドイツの児童文学の研究や翻訳をしています。

♪その他の絵本を紹介
クルリンクルリン
(1999/10)
ミラ ローベ

商品詳細を見る

なまけものの王さまとかしこい王女のお話なまけものの王さまとかしこい王女のお話
(2001/06)
ミラ ローベ

商品詳細を見る

CD絵本 ティーナとリコーダー (CD絵本)CD絵本 ティーナとリコーダー (CD絵本)
(2007/12/15)
マルコ シムサヴィンフリート オプゲノールト

商品詳細を見る



あらすじФ(・♀・=)
リーザの家の庭では、古い帽子をかぶりニンジンの鼻をつけた
大きな雪だるまが作られていました。
どの家にも雪の日には作られているような平凡な雪だるま

リーザの家の中では、みんな温かい部屋でお茶を楽しんでいます。
窓の外を見たリーザは思いました。
「雪だるまさんかわいそう。熱いお茶を飲ませてあげるわね」
リーザは、お茶の入ったカップを持って雪だるまのところへ

そして、ゴクリ ゴクリと雪だるまに飲ませました。
すると…

ミヅポンの声(^♀^)/
雪だるまは外の方が良いのか? それとも温かいお部屋で一緒にお茶を楽しみたいのかな? リーザはとっても寒い外で一人ぼっちの雪だるま…って思ってしまったのね。やさしいリーザはお茶を雪だるまに飲ませました。すると不思議なことが起こったんです!!お茶を飲むと皆さんどうなりますか(*^_^*)読んでみてね。う~寒い!! ミヅポンもお茶をのもうと。これで心も体も○ッカ ポッ○♪♪


ふゆのあさ

ふゆのあさ
ふゆのあさ
(1997/11)
村上 康成

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:3歳位から~

著者の紹介☆
作:村上 康成(むらかみ やすなり)…創作絵本をはじめ、ワイルド・ライフ・アートなどのグラフィック関連で独自の世界を幅広く転回している自然派アーティスト。1986年1988年1989年ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞を受賞。1991年ブラチスラバ世界絵本原画展金牌などの受賞を重ねています。

♪その他の絵本を紹介
さかなつりにいこう! (おはなしパレード)さかなつりにいこう! (おはなしパレード)
(1996/05)
村上 康成

商品詳細を見る

ブルドッグブルブル (わははは!ことばあそびブック)ブルドッグブルブル (わははは!ことばあそびブック)
(2001/04)
中川 ひろたか村上 康成

商品詳細を見る

フライフィッシャーマンの絵本 (Be‐pal books)フライフィッシャーマンの絵本 (Be‐pal books)
(1998/04)
村上 康成

商品詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【そらはさくらいろ】
【おにはうち】
【あけましておめでとう】
【さつまのおいも】
【ようこそうみ】
【みんなともだち】
【おおきくなるっていうことは】
【おつきみうさぎ】
【クリスマスオールスター】
【青いヤドカリ】
【はるのやまはざわざわ】

あらすじФ(・♀・=)
女の子のしずちゃん
静かな朝に目を覚まし「なんだかいつもと違う!!」と、思いました。
そしてしずちゃんは心の中で願いながら
窓を開けて曇った窓を手で擦りました。
すると…

やっぱり!! 外は一面の雪世界

車の音もしない しずか
鳥だっていつも元気だけど しずかに飛ぶ
ねこは?

ミヅポンの声(^♀^)/
雪が降っている日って、どうしてわかるんでしょうね? 私も冬になるといつも願っていました。「雪降らないかなぁ~今日は雪降るかなぁ~明日こそは雪降るかなぁ」って。夜中にシンシンと降る雪って、朝なんだか違うんですよね。「降ってる」って確信があって窓にへばりつくんです。その時の喜びったらないくらいうれしいですね。今じゃ~寒くて外に出る元気はなさそうですけど。あの感覚は忘れられません。この絵本も紙の白さを活かして、そんな雪の世界を表現しているすてきな絵本ですよ。


ぽとんぽとんはなんのおと

ぽとんぽとんはなんのおと (こどものとも傑作集 (71))
ぽとんぽとんはなんのおと (こどものとも傑作集 (71))
(1985/01)
神沢 利子平山 英三

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介☆
作:神沢 利子(かんざわ としこ)…1924年福岡県に生まれ、文化学院文学部を卒業しました。

絵:平山 英三(ひらやま えいぞう)…1933年愛知県に生まれ、東京芸術大学美術学部を卒業。その後、絵本の挿絵を描いています。

♪その他の絵本を紹介
くまの子ウーフ (続) (ポプラ社文庫 (A186))くまの子ウーフ (続) (ポプラ社文庫 (A186))
(1986/03)
神沢 利子井上洋介

商品詳細を見る

おはなしバスケット (神沢利子コレクション)おはなしバスケット (神沢利子コレクション)
(2006/01)
神沢 利子

商品詳細を見る

おにぎり (幼児絵本シリーズ)おにぎり (幼児絵本シリーズ)
(1992/09)
平山 英三平山 和子

商品詳細を見る

落ち葉落ち葉
(2005/09)
平山 和子平山 英三

商品詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【わたしのおうち】
【たまごのあかちゃん】
【あかいくつ】


あらすじФ(・♀・=)
野原は一面白い雪で覆われました。
し~~~~~んと静まりかえった野原。
お母さん熊と2匹の小熊は、冬ごもりで穴の中です。

「お母さん、カ~ン カ~ンって音がするよ、何の音?」
小熊が音に気づいてお母さんに尋ねました。
「きこりが木を切る音よ。でもここまでは来ないからゆっくりおやすみ」
と、優しく言うとまた眠りました。

またある日のこと
「ホッホ~ ホッホ~ って音がするよ、何の音?」
と、小熊はお母さんに尋ねました。
「この声はフクロウの声なの、夜眠らずに餌を探しているのよ。
さぁ~朝までおやすみ」と、母さん熊は小熊を抱きよせ眠りました。

またある日…

ミヅポンの声(^♀^)/
冬に外に出ずに穴の中で春を待つ熊の親子。初めての冬に小熊は、色々な音が気になります。そしてお母さんに何の音? と、聞くと…お母さん熊はやさしく答えてくれますよ。春の暖かい陽を待つ親子の熊、静かな冬と暖かな熊の親子。やさしい絵本をぜひ読んでみてね。春が来るのが楽しみね。


だるまちゃんとうさぎちゃん

だるまちゃんとうさぎちゃん (こどものとも傑作集 (46))
だるまちゃんとうさぎちゃん (こどものとも傑作集 (46))
(1977/04)
加古 里子

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


英語版もありますぞ

だるまちゃんとうさぎちゃん 英語版/CDつきだるまちゃんとうさぎちゃん 英語版/CDつき
(2005/12)
加古 里子

商品詳細を見る


対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:加古 里子(かこ さとし)…1926年福井県に生まれ、東京大学工学部を卒業後、民間研究所に勤務しながらも児童文学活動にも力を入れていました。教育文化、絵本、放送の分野で幅広く活躍。


♪その他の絵本を紹介
絵本への道―遊びの世界から科学の絵本へ絵本への道―遊びの世界から科学の絵本へ
(1999/05)
加古 里子

商品詳細を見る

だるまちゃんととらのこちゃん (こどものとも傑作集)だるまちゃんととらのこちゃん (こどものとも傑作集)
(1987/01)
加古 里子

商品詳細を見る

だるまちゃんとてんじんちゃん (こどものとも傑作集)だるまちゃんとてんじんちゃん (こどものとも傑作集)
(2006/10/04)
加古 里子

商品詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【だるまちゃんとてんぐちゃん】
【こんにちは おてがみです】
【からすのパンやさん】
【あめのひのおはなし】


あらすじФ(・♀・=)
雪がどっさり降った朝
だるまちゃんとだるまこちゃんは大喜びで雪遊び
コロコロ雪を丸めて雪だるまの完成!

「ん~雪だるまの目は何にする?」と、だるまちゃんは考えたすえ…
おかあさんからもらった りんごをポッコリとつけることに。

あっ!! りんごはポロリと雪だるまからこぼれて
コロコロ斜面を転がるよ。
大変!! 小さなりんごは雪を巻き込み…下へ下へ

ミヅポンの声(^♀^)/
雪遊びってどんなことをして遊びますか? この絵本にはストーリーの中で遊び方を紹介しているページが何度も出てきますよ。初めて遊ぶ子はこの絵本を参考にしてみてね。ミヅポンは雪が降ると大喜びなんです。どっさり降るとソリで遊び、さらにどっさり降るとカマクラを作って遊びました。大きくなると昼間に遊んでいると笑われてしまうので、こっそり夜に外に出てカマクラを作ったり♪でも、次の日には近所の子どもたちに取られてしまうんですが、「だれが作ったのかね?」と言いながらみんなの喜ぶ顔がかわいいのでOKです(^v^) ミヅポンが作ったんだよ♪


ゆきあそび

ゆきあそび?くまくんのふゆ ゆきあそび?くまくんのふゆ
おおとも やすお、なとり ちづ 他 (2005/04)
福音館書店

この商品の詳細を見る


対象年齢…2歳くらいから~
著者の紹介☆
文:なとり ちづ(名取 知津)…1960年に東京で生まれ、津田塾大学国際関係学科卒業。埼玉県在住(この絵本出版時)
絵:おおともやすお…(大友 康夫)…1946年埼玉県に生まれ、我が子に触発され絵本を描き始めた。埼玉県在住(この絵本出版時)
♪その他の絵本紹介
はたけづくり?くまくんのなつ はたけづくり?くまくんのなつ
おおとも やすお、なとり ちづ 他 (2005/04)
福音館書店
この商品の詳細を見る

まじょのおいもパーティー まじょのおいもパーティー
おおとも やすお、なとり ちづ 他 (2004/07)
童心社
この商品の詳細を見る

のうさぎホップのまほうのいし のうさぎホップのまほうのいし
おおとも やすお、なとり ちづ 他 (1999/09)
佼成出版社
この商品の詳細を見る


あらすじ☆
ブタ君がゆきだるまを作っていると、クマ君がやってきて
「僕が作ってあげる!!」
けれど…はりきり過ぎて、雪だるまは壊れてしまいました。
「クマ君とは遊んであげないよ~。」
ブタ君に嫌われてしまったので
今度はウサギさんの所に行きました。
ウサギさんは、滑り台を作って楽しそうに滑っています。
「僕も、滑らせて!!」
けれど…クマ君は重すぎて滑り台はぺっちゃんこ。
「あ~あ!クマ君とは遊んであげないよ~。」
ウサギさんにも嫌われてしまったので
今度はネズミちゃんの所に行きました。
ネズミちゃんは、みんなで雪合戦。
「僕も雪合戦に入れてよ~。」
けれど…クマ君の雪の玉は大きすぎて
ネズミちゃんにドッカリ当っちゃった!
「痛い!クマ君とは遊んであげないよ~。」
とうとうクマ君は
「いいよ~僕一人で遊ぶんだから。」
クマ君は一人で雪をどんどんどんどん積み上げて行きました……すると

ミヅポンの声(^♀^)/
短い文の中にクマ君はたくさん嫌われてしまいました。かわいそうに…(>♀<)力が強くて大きくて、みんなと仲良く遊びたいだけなのにね。けれどね、クマ君にしかこんなに雪集めをする事はできないのです。そこで何が出来るのかは、読んでからのお楽しみ!みんなと仲良くクマ君サイズで遊べる物ができたらいいね。


おふとんのくにのこびとたち

おふとんのくにのこびとたち おふとんのくにのこびとたち
でくね いく、おち のりこ 他 (2005/11)
偕成社

この商品の詳細を見る


対象年齢:3歳くらいから~(文字はほとんどなくて、コマ割されている絵本です)
著者の紹介☆
文:おち のりこ(越智典子)…1959年東京に生まれ、出版社勤務を経て執筆活動に入る。創作絵本や科学絵本や翻訳など多彩な面で活躍中。
♪その他の絵本紹介
ピリカ、おかあさんへの旅 ピリカ、おかあさんへの旅
越智 典子 (2006/07/05)
福音館書店
この商品の詳細を見る

はるさんがきた はるさんがきた
出久根 育、越智 のりこ 他 (2004/01)
鈴木出版
この商品の詳細を見る

ツーティのちいさなぼうけん―ハナグマの森のものがたり ツーティのちいさなぼうけん―ハナグマの森のものがたり
松岡 達英、越智 典子 他 (1999/07)
偕成社
この商品の詳細を見る


絵:でくね いく(出久根 育)…1969年東京に生まれ、銅版画、油彩画などの古典を開きながら、絵本や挿絵なども手がけている。1998年にボローニャ国際絵本原画展入選。2003年『絵本グリムの森 あめふらし』でブラティスラヴァ世界絵本原画展グランプリを受賞。
♪その他の絵本紹介
マーシャと白い鳥 マーシャと白い鳥
ミハイル ブラートフ、出久根 育 他 (2005/10)
偕成社
この商品の詳細を見る

あめふらし あめふらし
出久根 育、グリム兄弟 他 (2001/11)
パロル舎
この商品の詳細を見る

山のタンタラばあさん 山のタンタラばあさん
出久根 育、安房 直子 他 (2006/09)
小学館
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
ひさこちゃんは今日は熱があってお布団から出られません。
ママが熱をはかり、「今日はおとなしく寝ていましょうね。」とやさしく言って部屋をでた。
(ここからは、ほとんど言葉がないコマ割なので、私の感想になりますが聞いてくださいませませ♪)
熱にうなされて、ボ~っとしているひさこちゃん
「熱いなぁ~」ゴロゴロしながら、顔の前にできた布団のお山を見て…もっとお山を大きく作ろう…
あれ?あれ??あれあれ???
お山がホントの雪山になってるぅ~?!
雪山はどんどん広くなり布団を雪で覆ってしまった。
雪山からスキーをしながら小人が降りてきた…。
「(小人語)ヨホレイホ~!(=ヨロレイヒ~って事なのか?!)」
次々、小人は増えて家も立ち並び…あっと言う間に雪国に住む町ができた☆
そして町は、みんなでパーティーの様子です。テーブルの上には、ご飯を持ち寄って楽器の演奏で踊ったり楽しそう。
(あれれ?ひさこちゃんは…?しばらく小人の様子を見ていました。そして…)
うふふっ
(小人達の楽しい様子に笑ってしまいました…こりゃ~たいへん)
一気にテーブルのご飯も小人達も飛ばされて…雪の中!!
小人達はヒソヒソ「レマァ~」「レマァ~」といいました。(やっと、ひさこちゃんが寝ていることに気づいた感じ!…今頃かよ~(^^;))
村長さんが小人たちを静かにさせると、ひさこちゃんの耳元にヨボヨボじ~さんと村人達がやってきて…髪の毛をつたっておでこにあがりました。ポンポン…小さな聴診器がおでこにあたると…また相談。
(つまりヨボヨボじいさんは、町のお医者さんだったわけです)
また雪山に戻り、町の小人総出で、木を切ったり…組み立て始めました。(いったい何がはじまるの?ひさこちゃん&ミヅポン何が起こるのか不安&興味シンシン)

ミヅポンの声(^♀^)ノ
この本、ず~っと読みたかったくせに未読で、しまいには忘れていたのです。(何たる不覚!!)それを思い出させて下さったのは、いつも遊びに伺っている、わかなさんの記事でした。あぁ~思い出させてくれてありがとう♪♪おかげでとっても楽しい気分で読み満足です。お布団の上に雪の町ができちゃうなんてスゴ~イ。熱で幻想を見ているのか…はたまた、熱の時は雪山の小人が熱を下げてくれるのか…?みなさんはどう思いますか?そして高熱が出た人は小人を見た事がありますか??ぜひ見た人は報告お願いしま~す。そして、この絵本のページの最後に載っている小人達がつくった物の図面が載っています。これで同じものを作った人は、私に教えてください(=^エ^=)♪♪


スキーをはいたねこのヘンリー

スキーをはいたねこのヘンリー スキーをはいたねこのヘンリー
エリック イングラハム、メリー カルホーン 他 (2002/03)
リブリオ出版

この商品の詳細を見る

対象年齢:小学校低学年前後(ふりがなつき漢字が含まれます)
著者の紹介☆
文:メリー・カルホーン(Mary Calhoun)…最初の児童図書は1957年に発行。 それ以来、彼女は受賞作者として50個以上の絵本を出版しています。ヘンリーの作品はシリーズで出ています。
絵:エリック・イングラハム(Erick Ingraham )…1950年フィラデルフィアで生まれました。 彼の芸術的な才能は幼い頃にであった先生や母親の影響が高い。そして物に対する見方を引き出したのは父である。何冊も絵本の挿絵を手がけ活躍をされています。
訳:猪熊 葉子…聖心女子大学の大学院を卒業し、その後オックスフォード大学に留学。帰国後、児童文学博士などすばらしい学歴を持っている。JBBY(国際児童図書評議会日本支部)の会長を務め、児童書では100冊もの訳書を出版している。

♪その他の絵本紹介
とびねこヘンリー とびねこヘンリー
メリー・カルホーン (2007/01)
リブリオ出版
この商品の詳細を見る

クリスマスのねこへンリー クリスマスのねこへンリー
エリック イングラハム、メリー カルホーン 他 (2006/12)
リブリオ出版
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
ヘンリーは後ろ足で立つ事ができるシャム猫なのです。
ハエを追っかけた事がことの始まり。それから家族がいない時には音楽に合わせて2本足で踊ってします。
(まぁ~家族は気づいているけど)
ある日、クロスカントリーが好きな家族は、ヘンリーを連れて山小屋にでかけスキーを楽しんでいました。
男の子は、ふと思いました。ヘンリーは2本足で立つからスキーができるんじゃない??
早速、男の子は屋根板を見つけスキー板を2本作りました。
ストックは??
葉っぱのついた松の枝がちょうどいいぞ!これで完成!!
男の子はヘンリーにスキーの板を履かせると2本足で立たせ…雪の中へおろしました。
「ニャ~オ!」
あっと言う間にヘンリーの体は、雪の中に倒れて四つんばい。
「お前にはスキーは無理だったね」男の子はあきらめました。
もちろんヘンリーもスキーなど楽しいとは思いませんでした。

次の日、家族は身支度を整え、家に帰ることになりました。
ヘンリーはすでに車の中。
「大変だ!!」
ヘンリーは毛糸のぬいぐるみのネズミを、小屋の中に忘れた事に気づきました。車から降りて、小屋にネズミを取りに行くと…
車のエンジン音が…
外に急いで出ると、車は雪道をどんどんどんどん…走って……
やがて車の姿は見えなくなりました。
ヘンリーは一人小屋に取り残されました。
「どうしよう??」
車を運転していたのは、ヘンリーの事があまり好きでないお父さんなのです。ヘンリーは、ぜったいに引き返してくれないと思いました。
小屋の中に入るにもヘンリー専用のドアは、中からは出られても外からは入る事ができない仕組み。(つまりスカンク対策)
ますます、困った
こうなったら最後の手段!
あれで追いかけよう!!
そうと決まったらガレージでネズミを捕まえ、ボロキレに包みしっぽに巻きつけ…
アレを履いて一足踏み出した!

ミヅポンの声(^♀^)ノ
この絵本はとっても面白かったです。先日遊びに伺った、「えほんのまいにち」の新歌さんのブログで紹介していた絵本なんです。私は猫が好きなので、この2本足で立つヘンリーにとっても興味シンシンです。家族を追って雪の中をたくさんの動物と出会いながら、長い道のりを旅するなんてなんと感動してしまい、なんと応援したくなる絵本なのでしょう。怖い森には怖い動物もつき物です。きっと普通の猫ならば家族のもとへはたどり着けないでしょう。けど、忘れてはいけない、2本足で歩くヘンリーなのです。最後の結末は猫らしいと言えば猫らしい!!みなさんも読んだらきっとそう思うだろうなぁ。つまり猫は頭の良い動物なのです♪♪


ゆきがふったら

ゆきがふったら ゆきがふったら
レベッカ ボンド (2005/11)
偕成社

この商品の詳細を見る

対象年齢:3歳くらいから~
著者の紹介☆
作:レベッカ・ボンド(Rebecca Bond)…アメリカのバーモンド州に生まれる。ブラウン大学卒業後にデザイン学校でイラストレーションを学ぶ。暖かくてやわらかい曲線で描いたタッチは、大人から子どもに人気がある。この絵本は子どもの頃の体験を元に描かれた作品だそうです。
訳:さくまゆみこ…東京に生まれ、出版社勤務を経て翻訳家となり、編集者でもありアフリカ文学研究者としても活躍をされています。

♪その他の絵本紹介
あかちゃんのゆりかご あかちゃんのゆりかご
レベッカ ボンド (2002/01)
偕成社
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
一晩降り続いた雪は
家の屋根に綿帽子をかぶせ
車をスッポリつつみ…
辺り一面を真っ白な世界に変えた。
朝から除雪車がすごい音をたてて雪をおしのけおしのけ
固めて小山に積み上げる。
子ども達は飛び起きて大喜び
急いで暖かい服を着て
朝ごはんも大急ぎ!
外に出ると小山が大山になっている。
何を作ろう?何にする??
うん!!これにしよう!そうしよう♪♪
(さてさて、子ども達が考えた雪遊びは何でしょう?)

ミヅポンの声(^♀^)ノ
冬はやっぱこの元気ですなぁ~(^^)私も除雪車にお願いしたら、大きな山ができたのかぁ~。いつも雪が降ると、ソリをするのにジャンプ台を作って1日が終わるのよ。あぁ~あf(^♀^;)子どもの頃にそれに気づけばなぁ~残念(>♀<)でも雪が降るとこの絵本のようにホント楽しかったよなぁ~。子どもの頃に雪で作ったものに大喜びしていた気持ちを思い出しました。ぜひ子どもの気持ちを忘れてしまった大人はこの絵本を読んで楽しかった頃を思い出してみてね。
今年は暖冬だからなぁ~。私はまだ雪を見れませぬ(;♀;)
毎年作る「小雪だるま」すら、できません。


ゆきのひはあついあつい

ゆきのひはあついあつい ゆきのひはあついあつい
いわむら かずお (1984/01)
至光社

この商品の詳細を見る

対象年齢:3歳くらいから~
著者の紹介☆
みなさんおなじみ=当ブログでも何度も紹介をさせていただいています、いわむらかずおさんです。
いわむら かずお…1939年東京に生まれ、東京芸術大学美術学部工芸科を卒業しました。その後パッケージデザインやテレビアニメーションの仕事を経て絵本の世界に入ってきました。栃木県の益子に住んでいて、自然の中で見たままの姿をやわらかいタッチで表現されています。

*以前紹介した絵本
(こちらもおすすめですよん。それぞれクリックしてご覧下さい(^^))
『14ひきのやまいも』
『14ひきのあきまつり』
『ねずみのさかなつり』

♪その他の絵本紹介
かんがえるカエルくん かんがえるカエルくん
いわむら かずお (1996/04)
福音館書店
この商品の詳細を見る

ひとりぼっちのさいしゅうれっしゃ ひとりぼっちのさいしゅうれっしゃ
いわむら かずお (1985/12)
偕成社
この商品の詳細を見る

風といっしょに 風といっしょに
いわむら かずお (2002/03)
理論社
この商品の詳細を見る

今回は3つの違った描き方の、本を紹介してみました!


あらすじФ(・♀・=)
森に雪が積もると、子リスのぱろ・ぴこ・ぽろは大喜び。パジャマ姿でドアを開け、外の雪で遊んでいます。
お父さんも顔を出し「う~さむい さむい」
朝ごはんを食べると、子リス達は外に出たくて仕方がありません。
お父さんを誘うと…
じゃ~お母さんを誘ってみると…
仕方なく子リス達は3人で雪の中へ出かけていきました。
ぱろが…ひっぱる
ぽろが…ふんばる
ぴこが…おす
(さて何をしているのかな?)
これじゃ~うまく滑らないよ…お父さんを呼んでこよう!!
寒くて外に出たくなかったお父さんを、やっとこ連れてきました。
ぽろは待ちきれず…ぱろとぴこも後ろに乗って
さぁ~お父さんが引っ張って出発進行♪♪
お父さん、うんと引っ張って疲れてしまい坂に任せる事に…
それぇ~!!
あんまり勢いがつきすぎて……

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
この本を読んでいると、いわむらさんの住んでいる栃木の冬はこんな感じなのかな?と想像をします。動物たちが寒い冬を冬眠して春まですごしているのに、リス達が外にでて遊んでいる様子をみるとホントは動物たちも外で雪遊びをしているのかな?なんて思って読んでいました。タイトルにあるように…「ゆきのひは あつい あつい」何で暑いの?寒いの間違いじゃないの??と皆さんは思いましたか?私も何だ?と思いました。でもこの絵本を読んで納得o(*^♀^*)o私もこれなら暑い暑いなのです♪♪


ゆきのなかのキップコップ

ゆきのなかのキップコップ ゆきのなかのキップコップ
マレーク ベロニカ (2005/02)
風濤社

この商品の詳細を見る

対象年齢:4歳くらいから~
著者の紹介☆
文/絵:マレーク・ベロニカ(Marek Veronika)…1937年ハンガリーのブダペスト生まれ、国立人形劇場のスタッフとして勤務後、絵本作家になりました。その作品は世界中の子ども達に愛されています。
訳:羽仁 協子(はに きょうこ)…1929年東京に生まれる。ライプツィヒ音楽大学を卒業後、ブダペスト音楽大学の講師になりました。帰国後、音楽を通して子どもの心を豊かにする独自の教育に力を入れています。

♪その他の絵本
キップコップのこどもたち キップコップのこどもたち
マレーク ベロニカ (2006/10)
風濤社
この商品の詳細を見る


キップコップのクリスマス キップコップのクリスマス
マレーク・ベロニカ、羽仁 協子 他 (2005/10)
風涛社
この商品の詳細を見る


ラチとらいおん ラチとらいおん
マレーク・ベロニカ、とくなが やすもと 他 (1965/07)
福音館書店
この商品の詳細を見る


ブルンミとゆきだるま ブルンミとゆきだるま
マレーク ベロニカ (2004/11)
風濤社
この商品の詳細を見る



あらすじ☆
台所の片隅に住んでいるキップコップは
トチの木の子どもトチの実。
ある日、キップコップは寒くて目を覚ましました。
いったい何がおきたんだ?
キップコップは外に出てビックリ。
世界中が真っ白!!!
キップコップが歩くとキュッキュッ音がする。
楽しくなってドンドン歩きました。
遠くまで歩いてくると
木にとまった3羽のシジュウカラを見つけました。
とっても寒そうです。
もっと歩くと…
雪の中で寒さに凍えて倒れているシジュウカラを発見。
大変だぁ~!!キップコップは急いで暖め家に戻りました。
元気がないなぁ~大丈夫かな?
部屋を暖めご飯や水を用意すると…
ゆっくりシジュウカラは目を覚まし
「私よりも早く仲間に…ご飯を食べさせてあげてください…お願いします」と言ってまた横になってしまいました。
キップコップは弱わったシジュウカラが心配でしたが、さっきの3羽の仲間の元へ、クルミを2つもって雪道を歩きました……。

ミヅポンの声(^♀^)/
このキップコップとってもかわいいので、キップコップが好きになった人は多いのでは??とっても心のやさしいキップコップ。無事に雪道を抜けて、シジュウカラの友達の元へクルミを届けられるかな?長い道のりにはたくさんの困難があります。けれど、キップコップは、頭が良いので色々な事を考えついてグングン進んで行きます。皆もキップコップを応援してあげてね。そして家にいるシジュウカラと友達が助かる事を祈って下さいね。


うさぎちゃんとゆきだるま

うさぎちゃんとゆきだるま うさぎちゃんとゆきだるま
あだち なみ、あいはら ひろゆき 他 (2005/10)
教育画劇
この商品の詳細を見る

対象年齢:2歳くらいから~
著者の紹介☆
文:あいはら ひろゆき…宮城県の仙台で生まれ、聖ドミニコ学院幼稚園卒園。
絵:あだち なみ…多治見市に生まれ、小泉保育園卒園。

♪その他の絵本

くまのがっこう くまのがっこう
あだち なみ、あいはら ひろゆき 他 (2002/08)
ブロンズ新社
この商品の詳細を見る


うさぎちゃんとおひさま うさぎちゃんとおひさま
あだち なみ、あいはら ひろゆき 他 (2006/10)
教育画劇
この商品の詳細を見る


フラニーとメラニー もりのスープやさん フラニーとメラニー もりのスープやさん
あいはら ひろゆき (2006/08/26)
講談社

この商品の詳細を見る


うたのじかん〈1〉 うたのじかん〈1〉
あいはら ひろゆき、あだち なみ 他 (2005/10)
ひかりのくに
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
今年初めての雪が降りました。真っ白くてキラキラの雪。
わぁ~きれい!!
うさぎちゃんは、赤い帽子に赤い手袋、
赤いコートを着て外へ出ました。
新雪の上を歩くと、キュッキュツ音がなる。
あれれ??
こんな所に穴がある…?
誰かのお家みたいだけど、出かけているのかなぁ??
わぁ~!!
あんまり見すぎて…頭から雪の中へ倒れてしまいました。
うさぎちゃんは大きな声で笑うと
寒かったのがどこかへ行っちゃった♪
さて雪だるまを作ろう
小さい玉からコロコロ転がして中くらい…もっと転がして、大きな雪だるまの出来上がり!!
ママがそろそろ家に入りなさいって言ったよ。
けれど…うさぎちゃん考えて…??…おうちの中へ…それは??

ミヅポンの声(^♀^)/
この絵本に出てくる沢山積もった真っ白な雪は、紙の白!その白が一番白いのです(^♀^)私はついつい、色をペットリ塗ってしまうのよねぇ~。この作品のように、白を沢山残して雪の白さを表現したいです。ついつい…ここをもうちょっと塗って…
今年は反省しなくてはA(^♀^;)へへっ
勉強になりましたです。
さてさて絵本の話は、最後の1ページを残して…あらすじを書いちゃいました。果たしてそれをあらすじ?と言うのかしら?まぁ~あらすじと言うのでしょうf(^♀^;)
最後の1ページには、どんな事が起きているのかな?
それは読んでからのお楽しみって事で…。


オレンジいろのペンギン

オレンジいろのペンギン オレンジいろのペンギン
葉 祥明 (2003/10)
佼成出版社

この商品の詳細を見る

対象年齢:4歳くらいから~
日本語と英語が同じページに書かれているので、英語の勉強にもなりますよん。
著者の紹介☆
文/絵:葉 祥明(よう しょうめい)…1946年熊本市に生まれ、1990年に『風とひょう』でボローニャ国際児童図書展グラフィック賞を受賞。1991年に神奈川県の北鎌倉に「葉祥明美術館」を開館しました。1997年には『イルカの星』でけんぶち絵本の里大賞を受賞。多数の絵本を手がける中、詩集も手がけています。

♪その他の絵本

あおいしか―The Story of Holy Bluebuck あおいしか―The Story of Holy Bluebuck
葉 祥明 (2000/11)
佼成出版社
この商品の詳細を見る


 
しろいおおかみ しろいおおかみ
葉 祥明 (2002/08)
佼成出版社
この商品の詳細を見る


 
イルカの星 イルカの星
葉 祥明 (1996/09)
佼成出版社
この商品の詳細を見る


ちいさなサンタさん…葉 祥明 / 佼成出版社 (1995/11)

あらすじ☆
真っ白な雪と氷の世界に、ペンギンたちが一緒に暮らしていました。
夏の間にお母さんペンギンは卵を1つ産むと、すぐ海に魚を捕りにでかけ栄養補給。
お父さんペンギンは2ヶ月もの間、卵を大事に温めます。
おや??
あのお父さんに抱かれている卵だけオレンジ色?!
どうしてだろう?

時は2ヶ月が過ぎ、とうとう卵の中からオレンジ色のヒナが誕生しました。名前はジェームズ。
他の子とは色が違うけれど、ペンギンはペンギン。他の子達とは変わりないと両親は、大切に×大切に育てました。
ジェームズはすくすく大きくなり、友達もたくさん出来ました。
「どうしてキミはオレンジなの?」と友達が聞くと
「僕もわからないよ」けれどジャームズは、このオレンジ色の体が大好きでした。
時はどんどん寒くなる季節に移り変わると、長い冬の始まりです。
ペンギン達は寒いのがヘッチャラだけれど…何日も続く吹雪はペンギン達を覆い次々と仲間達の命を奪ってゆきました。
ペンギン達はもうだめだ!!と諦めかけました。
その時…ものすごい風がビュ~ンと吹いて……ジェームズの体の雪を吹き飛ばすと……

ミヅポンの声(^♀^)/
この絵本はとても素敵な話でした。今の世の中にとても必要な絵本だと思います。生き物が生まれてくる事に完璧と言う物はありません。顔がそれぞれ違うのはその物の個性。性格が違うのも個性。だからと言って生きている事には、なんの関係もないのです。誰が完璧で誰が完璧でないかなど誰も決められないんだよねホントは。
ジェームズのように色が違ったって、その子にしか出来ない物が必ずある。それを皆がわかっていれば、平和にポカポカな世の中になると思うのにな~。


どんくまさんはほっかりこ

どんくまさんは ほっかりこ どんくまさんは ほっかりこ
柿本 幸造、蔵冨 千鶴子 他 (1992/06/01)
至光社

この商品の詳細を見る

対象年齢:3歳くらいから~
著者の紹介☆
文:蔵冨千鶴子…どんくまシリーズは25年目で23作にものぼります。作者さん言わく、ここまでくるとどんくまさんがどこかにいるのではないか?と思うようです。
絵:柿本幸造…1915年に広島で生まれ、小学館絵画商を受賞した経験もあり、「どんくま」シリーズや他の作品など、数多くの絵を手がけています。

♪その他の絵本
どんくまさん どんくまさん
柿本 幸造、蔵富 千鶴子 他 (1999/11)
至光社
この商品の詳細を見る

どんくまさん やったね どんくまさん やったね
柿本 幸造、蔵冨 千鶴子 他 (1995/06/01)
至光社
この商品の詳細を見る

どんくまさんみなみのしまへ どんくまさんみなみのしまへ
蔵冨 千鶴子 (1986/01)
至光社
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
寒い冬、ホントは長い冬眠中のハズ…が
どんくまさん、お腹を空かせて目を覚ました。
そうだ!うさぎの村に行って何か食べ物をもらおう。早速、ソリを出し、腹ばいになってソリに乗ると力いっぱいに足で地面を蹴飛ばしました。
やっほぉ~
どんくまさんの乗ったソリは、山をスイスイ滑り落ち止まりません。
ふもとでは子ウサギたちが、雪だるまを作っている真っ最中。
そこへ…
どんくまさんがすごい勢いで…
どいてぇ~!!ワァー
突っ込んだ!!!

ミヅポンの声(^♀^)ノ
どんくまさんシリーズは、23作もあるという事で、これから色んな、どんくまさんを読むのが楽しみです。絵もやわらかくてとってもかわいいし(=^з^=)♪♪どんくまさんシリーズの23作をすべて読んだ方はいますか??読み終わる頃には、文を書かれている蔵冨さんのように、森のどこかにどんくまさんがいるような気がするのかもしれませんね。楽しみだわ!
これからも季節やその時のテーマに合わせて、シリーズを読んでいきますので感想をお楽しみに♪


エルマーのゆきあそび

ぞうのエルマー〈8〉エルマーのゆきあそび ぞうのエルマー〈8〉エルマーのゆきあそび
デビッド マッキー (2002/11)
BL出版

この商品の詳細を見る

対象年齢:3歳くらいから~
著者の紹介☆
作:デビッド・マッキー(David McKEE)…1935年イギリス南デボン州生まれ。美術学校在学中から風刺漫画の仕事を始め、卒業後に雑誌や新聞などで絵を描く。『ぞうのエルマー』は20ヶ国以上で出版され、絵本の他にアニーションの制作などにも取り組んでいる。
訳:きたむら さとし…1956年に東京に生まれる。1979年イギリスに渡り、数年後に絵本を作り始めた。ハーウィン・オラム氏と作った『ぼくはおこった』でマザーグース賞を受賞&絵本にっぽん賞特別賞を受賞。その他にも多数の絵本を出版している。

♪その他の絵本
ぞうのエルマー〈1〉ぞうのエルマー ぞうのエルマー〈1〉ぞうのエルマー
デビッド マッキー (2002/04)
BL出版
この商品の詳細を見る

ぞうのエルマー〈2〉エルマー!エルマー! ぞうのエルマー〈2〉エルマー!エルマー!
デビッド マッキー (2002/05)
BL出版
この商品の詳細を見る

ぞうのエルマー〈3〉エルマーのたけうま ぞうのエルマー〈3〉エルマーのたけうま
デビッド マッキー (2002/05)
BL出版
この商品の詳細を見る

ぼくはおこった ぼくはおこった
ハーウィン オラム (1996/11)
評論社
この商品の詳細を見る



あらすじФ(・♀・=)
ある朝、仲間のゾウ達にパッチワーク色のエルマーが近づくと、みんな元気がありません。
「どうしたの?」
「寒くって…」ゾウの一匹が答えました。
「みんなついておいで!散歩に行こう」エルマーについてみんなは、いつも行かない方へ散歩にでかけました。
少し経つと坂道で…ゼェ~ゼェ~ハ~ァハ~ァ!
あっという間に寒さはどこかへ飛んで行ってしまいました。もっと頑張って山道を登って行くと…
今度は見た事のない形の違った木が沢山ありました。ゾウ達はエルマーの後ろで楽しそうです。
「さぁ~後少し頑張って登ろう♪いいものをみせてあげるよ」エルマーはグングン登って行きました。
そしてやっと、広い所へ出るとみんなは目を見開きました。
どこもかしこも真っ白!!
初めて見る雪は皆を楽しい気分にしました。雪の中で飛び込んではしゃいで大騒ぎ♪今度は氷った水の上を滑って、スイスイ
楽しい事に夢中のみんなは、いつの間にかエルマーがいない事に気付きませんでした。
すると、突然…
「わぁ~助けて!!!誰か…!」

ミヅポンの声(^♀^)/
パッチワークのゾウなんて発想がスゴい!なかなか想像がつかないですよねぇ~。キレイで表紙を見て図書館から借りて来ました。
エルマーは色んな色が保護色になっているのでしょうか?それとも自然の中ではとっても目立つのかな??動物はキレイな色が沢山、体にあっても自然の中にとけ込んでしまうからフシギ。動物が隠れている写真などを見ても、どこにいるのか…なかなかわかりません。
さてさて、エルマーは雪の中でみんなと遊んでいたのに一人で突然いなくなってしまいました。どこへ行ってしまったのでしょうね?そして、助けを呼ぶ声…それはエルマーの声なのかしら??読んでみて結末を見てね!!



クレオのゆきあそび

クレオのゆきあそび クレオのゆきあそび
キャロライン モックフォード、ステラ ブラックストーン 他 (2003/11)
教育画劇

この商品の詳細を見る

対象年齢:2歳くらいから~
著者の紹介☆
作:ステラ・ブラックストーン(Stella  Blackstone)…絵本の他に詩や歌、韻文なども手がけ幅広く活躍しています。趣味は散歩と庭いじり…それからぼんやりする事だとか。イギリス南部に在住。
絵:キャロライン・モックフォード(Caroline  Mockford)…ナーサリースクールにて教師として勤務経験を持つ。その経験を生かし絵本活動を始めました。アクリルで力強い絵を描いている。この絵本が出版された時には二次の母。
訳:俵 万智(たわら まち)…大阪で生まれ、早稲田大学第一文学部を卒業。86年に32回角川短歌賞を受賞。87年には32回現代歌人協会賞を受賞している歌人である。その他にもエッセイ、評論、紀行の執筆など幅広く活躍をされています。

♪その他の絵本
こねこのクレオ こねこのクレオ
キャロライン モックフォード、ステラ ブラックストーン 他 (2003/09)
教育画劇
この商品の詳細を見る

こっちおいでクレオ こっちおいでクレオ
キャロライン モックフォード、ステラ ブラックストーン 他 (2004/02)
教育画劇
この商品の詳細を見る

クレオのひっこし クレオのひっこし
キャロライン モックフォード、ステラ ブラックストーン 他 (2004/03)
教育画劇
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
ねこのクレオは朝目をさましあくびをしました。そして外に出ると…クレオは目を丸くしてびっくりしました。
それは…
外は寒くて一面真っ白の雪!
クレオはクンクン雪のニオイをかぎ、犬のキャスパーは雪にパクっとかみつきました。
遠くで男の子が読んでいるよ。「キャスパー、そりに乗ろうよ!!」
キャスパーは男の子と一緒にソリで丘をひと滑り…それぇ~♪♪
次はクレオの番です……

ミヅポンの声(^♀^)/
黒の線にペットリと塗ったオレンジと赤のクレオ。「ネコはコタツで丸くなる♪」と歌にあったのに…外に出ているなんて、大丈夫かな??
ウチのネコは寒いのが嫌いなので、家族の生活リズムをみて、毎日同じ動きをしています。
暖かい部屋へ→暖かい部屋へ…。
その様子を見ていると、ビックリするほど正確なのです。一日ヌクヌク快適に過ごせるネコはうらやましいですなぁ~。


ゆき!ゆき!ゆき!

ゆき!ゆき!ゆき! ゆき!ゆき!ゆき!
オリヴィエ ダンレイ (2005/12)
評論社

この商品の詳細を見る

対象年齢:3歳くらいから~
作/絵:オリヴィエ・ダンレイ(Olivier Dunrea)…ヴァイジニア州の田園地帯に生まれ、山あいの村に暮らしている。その生活を生かして昔ながらの農場や、そこに暮らす動物達の様子などが絵本の中に登場している。
訳:たなか まや(田中 まや)…1966年千葉県に生まれ、早稲田大学第一文学部日本文学科を卒業。

あらすじФ(・♀・=)
くらいくらい夜…さむいさむい夜…
ママは暖炉の側でゆりかごに入った坊やを優しくゆらし、
ママの頭がコックリコックリ。
坊やも指をしゃぶってコックリコックリ。
ママの暖炉をかき落とす音。
坊やのかすかに動く音
ママがお家のドアをあけて「ゆき!ゆき!!ゆき!!!」と言った。
「坊や外は雪が降っているわ」ママは弾む声で坊やに言った。
コートにふわふわのマフラーをつけて坊やを抱き上げ…雪の中へ

ミヅポンの声(^♀^)/
短い単語が詩のようで、寒い冬の夜に親子が暮らす様子や、雪の音…親子の気持ちがよ~く伝わってきました。長い文章で伝えるよりも、短い単語の方が気持ちをギュッと詰め込む事ができるのだなぁ~と勉強になりました。さて質問です。冬の夜に雪が降っています。我が子は雪を見た事がありません…子どもと一緒に外に出て初めての雪を見せてあげますか?それとも風邪を引いてしまうと心配をして家の中で雪の様子を見せてあげますか?この絵本のお母さんはとっても雪が大好きなんですね。子どもと一緒に雪の中へ出て、初めての雪を肌で感じさせ雪の中で遊んでいます。どっちの答えも間違っていないのです。私だったら…どうするのかな?雪が好きでソリを持って外に出たいのも本音。子どもの体を気遣う気持ちのあるし…う~ん困ったな??今は一人で外で遊べるけどね…。


ゆきがやんだら

ゆきがやんだら ゆきがやんだら
酒井 駒子 (2005/12)
学習研究社
この商品の詳細を見る

対象年齢:4歳くらいから
著者の紹介☆
酒井駒子…1966年兵庫県に生まれる。東京芸術大学美術学部卒業。絵本を中心に挿絵やイラストレーションでも活躍しています。2005年には『金曜日の砂糖ちゃん』でブラティスラバ世界絵本原画展(BIB)金牌受賞。
酒井駒子さんの作品は過去の記事でも紹介をしていますので、そちらからごらんくださいませぇ★(下をクリックしてね)
『きつねのかみさま』
『よるくま』
『金曜日の砂糖ちゃん』
『ロンパーちゃんとふうせん』

♪その他の絵本
ぼく おかあさんのこと… ぼく おかあさんのこと…
酒井 駒子 (2000/05)
文溪堂
この商品の詳細を見る
赤い蝋燭と人魚 赤い蝋燭と人魚
酒井 駒子、小川 未明 他 (2002/01)
偕成社
この商品の詳細を見る

ぐらぐらの歯―きかんぼのちいちゃいいもうと〈その1〉 ぐらぐらの歯―きかんぼのちいちゃいいもうと〈その1〉
ドロシー エドワーズ (2005/11)
福音館書店
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
ウサギの男の子が朝、目を覚ますと「まだ眠っていていいのよ」とママが言いました。「なんで?」と聞いたたら…今日は幼稚園がお休みになったのです。それはね…昨日からの雪でバスが動かなくなったから。僕は急いで外に出ようと靴を履きました。けれどママに止められてしまった。僕はママの目を盗んでベランダに出てみた。雪はおやつの時間になってもやまず、ママも買い物に行けないから僕とトランプをして遊んだよ。パパは今日帰るはずだったけれど、飛行機が飛ばないから帰れない…。夜になって外を見ると雪が降ってないよ!!ママにお願いをした。「外に出てもいい?」……。

ミヅポンの声(=^♀^=)/
酒井駒子さんの絵は、「よるくま」などのかわいらしい表現と、大人な感じのこの絵本のような感じにわかれているのですが、私は両方とも好きです(^^)今回は、お母さんと子供のやりとりも良いのですが、雪の白さがとても好きでした。雪がた~くさん降ると、外は車の通りもなくなり静かな音しか聞こえなくなります。絵本を読んでいると、その景色の中にいるような寒さが伝わってくるような気がしました。雪が降ると何時になっても、遊びたいものですよね~!夜は真っ暗なはずなのに、雪で明るくなるなんて幻想的ですよね。私はみんなが寝静まった頃に、かまくらを作った記憶があります。今では寒くて…とても無理だけど…(^^;)そして完成して、中に入ってみかんを食べるのが最高なのです…うひひ!でも朝になると、近所のこどもにとられてしまうんだよね。「これ誰が作ったのかね~?」なんて話が聞こえてくると、心の中で「私だよ~ぉ」と、ちょっと笑ってしまいます。


冬(ふゆ)

冬
五味 太郎 (1981/03)
絵本館

この商品の詳細を見る

対象年齢:4歳くらいから~(ふりがな付き漢字を含む)
著者の紹介☆
五味太郎…1945年東京に生まれ、桑原デザイン研究所ID科修了。工業デザイン・グラフィックから絵本の世界に入り350冊以上のユニークな絵本を生み出している。サンケイ児童出版文化賞・ボローニャ国際絵本原画展・路傍の石文学賞など多数受賞している。
以前ブログで紹介をした『メイシーちゃん』では翻訳をされています。そちらもご覧下さい♪下をクリックしてね。
Go!Go!!→『メイシーちゃんおたのしみひろばへゆきます』ワ~プ
その他にも、過去のブログから五味さんの作品を見てね♪
Go!Go!!→『あきはいろいろ』へワ~プ

Go!Go!!→『ふゆはふわふわ』へワ~プ

♪その他の絵本
ん・ん・ん・ん・ん ん・ん・ん・ん・ん
五味 太郎 (1995/04)
偕成社
この商品の詳細を見る


ぬぬぬぬぬ ぬぬぬぬぬ
五味 太郎 (1994/06)
偕成社
この商品の詳細を見る


どどどどど どどどどど
五味 太郎 (1992/10)
偕成社
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
氷のくにの深い谷から、ひゅ~っと生まれでた風は
雪の原を滑って、白フクロウの翼をかすめ…トナカイの角の間をするりとぬけて……
空気を冷やし雲を凍らせ……
陸に飛び込み、勢いを増して…
山をかけこえて…やがて…

ミヅポンの声(=^♀^=)/
これまでに五味さんの作品を何冊か読んだ事がありますが、いままで同様に文字の少ない絵本ですが、この絵本は、「勢いが違う!!」と感じたのは私だけかしら??
読んでいるうちにだんだん力が入ってきて、最後に吹き抜ける風はとても心地よく、絵本の中の○○をふきあげました。ぜひみなさんも読んで、この冬の冷たく、たくましい風を感じてみてください♪
何じゃ??この読み終わった後の爽快感は??(=0^♀^)0こんなに短い文の中に、こんなに思いをこめられる五味さんを尊敬しちゃいます!!


ゆきのひのおみやげ

2007.1.12.jpg

こじまのもりのゆきのひのおみやげ / あんびる やすこ

対象年齢:3歳くらいから
著者の紹介☆
あんびる やすこ…群馬県に生まれ、東海大学文学部日本文学科を卒業。テレビアニメーションなどの美術設定を担当していました。それから玩具デザイナーとして活躍をしています。

♪その他の絵本

こじまのもりの はるになったらしたいこと こじまのもりの はるになったらしたいこと
あんびる やすこ (2006/02)
ひさかたチャイルド

この商品の詳細を見る
こじまのもりのきんいろのてがみ こじまのもりのきんいろのてがみ
あんびる やすこ (2004/09)
ひさかたチャイルド

この商品の詳細を見る
はこをあけると… はこをあけると…
あんびる やすこ (2006/09)
ひさかたチャイルド

この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
ひんやりとした夜のこと…そろそろ冬のお休みをする季節がやってきました。今夜から春まで眠るのです。やまねの親子も眠るはずでしたが、小さい双子のやまねは、何か起きないかとワクワクしていました。「冬の森はどうなるの?」と双子のやまねが尋ねると「そうねぇ~。りすさんが言うには、真っ白になるんですって…」やまねのお母さんは、眠っているので冬がどんな風景になるのか知りませんでした…そしてやまね親子は春までの眠りにつきました…ところがある日、双子のやまねが目を覚ましてしまいました。けれど、お母さんは眠ったまま。双子はあたりを見回すと、お母さんからの手紙を見つけました。双子は手紙を開いてみると、「目がさめてしまったら、刺繍ねずみさんの家に行ってくださいね♪」と書いてありました。早速、双子のやまねは身支度を整え、楽しさいっぱいで出かけて行きました……。

ミヅポンの声(=^♀^=)/
動物は冬眠すると…ず~っと春まで眠っているけど、よく眠っていられるなぁ~(^^;)と思っていました。でも子供のやまねちゃんたちは、冬がこんな風なのかわからず、ワクワクしていたようですね!!起きてしまう気持ちがよくわかります。私だって冬眠しなくてはならないとしても、外が気になってしまいます!この絵本の刺繍ねずみさんの家に行ってどんなことをするのでしょうかねぇ~?それは読んでからのお楽しみなのです。


ゆうびんでーす!

ゆうびんでーす! ゆうびんでーす!
間瀬 なおかた (2005/12)
ひさかたチャイルド

この商品の詳細を見る

対象年齢:4歳くらいから~
著者の紹介☆
作/絵:間瀬 なおたか(ませ なおたか)…愛知県で生まれ、法政大学文学部を卒業しました。日本児童出版美術科連盟会員です。

その他の絵本♪
でんしゃでいこうでんしゃでかえろう でんしゃでいこうでんしゃでかえろう
間瀬 なおかた (2002/01)
ひさかたチャイルド

この商品の詳細を見る
わがままなながれぼし わがままなながれぼし
間瀬 なおかた (1996/02)
フレーベル館

この商品の詳細を見る
バスでおでかけ バスでおでかけ
間瀬 なおかた (2006/11)
ひさかたチャイルド

この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
やまおくむらの郵便屋さんは今日もバイクに乗って雪道を走っています。川を渡り…山を越え…どんなところでも郵便を届けます。郵便屋さんの元気な声は、やまおくむらに響きわたりました。「ごんべえさん、郵便で~す!」「…さん郵便で~す!!」やっと全部郵便を届けたと思って、かばんの中をのぞくと…「あれ?こんな郵便あったかな??」一通郵便物が残っていたのです。宛名を見てみると、「おや??変わった住所だなぁ」それは…
(絵本の絵より)
やまおくむら どんぐりやま
さらさらがわ のぼる
いっぽんばし わたり
しらかばばやし ぬける……

不思議な住所だけれど、住所がちゃんと書いてあるんだから届けなくては!と郵便屋さんはバイクに乗り、どんぐり山に向かいました。どんぐり山のふもとに来ると、「サラサラ川はどこだぁ??」郵便屋さんが困っていると、「サラサラ川、知っているよ~。」と声が聞こえてきました。その声は…カワウソ君です。カワウソ君はバイクの後ろに飛び乗り、道案内を始めました。そしてサラサラ川にある一本橋を渡ると、次に白樺林かぁ~。「どこか知ってる?」郵便屋さんが尋ねると、カワウソ君も知りませんでした。そんな時「私知っているわよ~。」声がしました。それは……。

ミヅポンの声(=^♀^=)/
この絵本は楽しかったですよ。書店で見つけて図書館で借りました。一生懸命、配達をしている郵便屋さん。けれど封筒には不思議な住所が書いてありました。ところが郵便屋さんは、どんぐり山に届けるのは初めてなので道がわかりません。そこでやさしく声をかけてくれた動物が4匹います。無事に手紙を渡す事はできるのでしょうかねぇ??ぜひ読んでみてくださいね。本当は雪が解ける頃のお話なのですが、年賀状を届ける季節なので記事にしちゃいました。郵便屋さんはすごいですよねぇ!たくさんの家にたくさんの郵便物を、間違うことなく届けてくれるのですから(^^)年賀状の時期は特に大変でしょうねぇ~頑張ってください(=0^♀^)0私宛ての年賀状を楽しみに待っていま~す♪年賀状はデザインや文章に、個性が出るので見るのがとても楽しみです。(ワクワク!!)


ねずみのさかなつり

2007.1.3.jpg

ねずみのさかなつり / いわむら かずお
対象年齢:4歳くらいから~
著者の紹介☆
作:山下 明生(やました はるお)…1937年に生まれ、広島県の能美島で育つ。京都大学文学部を卒業後、幼年童話の世界に入った。

てがみをください てがみをください
山下 明生 (1976/12)
文研出版

この商品の詳細を見る
ねずみのでんしゃ ねずみのでんしゃ
いわむら かずお、山下 明生 他 (2005/02)
チャイルド本社

この商品の詳細を見る


絵:いわむら かずお…1939年東京に生まれ、東京芸術大学美術部工学科を卒業しました。その後、パッケージデザインやテレビアニメーションの仕事を経て絵本の世界に入ってきました。
14ひきのせんたく 14ひきのせんたく
いわむら かずお (1990/05)
童心社

この商品の詳細を見る
タンタンのずぼん タンタンのずぼん
いわむら かずお (1976/01)
偕成社

この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
寒い冬、ねずみの7つ子ちゃんはとっても元気です。ちゅうがっこうから帰ると、お母さんに湖に行ってスケートしてくると言って、出かけていきました。湖につくとすぐに靴を履き、カチコチの氷の上をみんなで滑っています。すると…どこからか、こーんこーんと音が響いてきました。行ってみると、イタチ君とお父さんが氷に穴をあけていました。「何しているの??」イタチ君の様子を7つ子は興味しんしんで見ていると、今度は穴に釣り竿を下ろして…少し待つと、銀色の魚がぐんぐん釣れました。ねずみ達は家に帰り、今日の話をお父さんとお母さんに話ました。「明日皆で魚釣りに行こうよ。」「お母さんはね、魚釣り上手だったのよ~。でも氷の上なんて行ったら転んでしまうわ。」そこで7つ子&お父さんは考えました。その晩、お母さんに内緒で何やら始めた様子……そして、つぎの日…。

ミヅポンの声(^♀^)/
いわむらかずおさんの絵に載せて、お話がとてもかわいらしかったです。この話ではお母さんが、とってもすご~い事をするんですよ~。それは読んでからのお楽しみなのです。みなさんは、氷に穴をあけて釣りをした経験はありますか?私は釣り自体あまりやったことがないです。やっても地球を釣ってしまうか、小タコば~っか(^♀^;)そして、寒いのがものすご~く苦手(>♀<)自慢じゃないけれど、服を何枚着ている事やら。でもこの絵本を読んだら、やってみたいかも…なんて思ってみました。じ~っとは待つのは苦手なタイプな私ですけど…(^∀^)ノ


てぶくろ

てぶくろ―ウクライナ民話 てぶくろ―ウクライナ民話
エウゲーニー・M・ラチョフ、うちだ りさこ 他 (1965/11)
福音館書店

この商品の詳細を見る

ウクライナ民話(ロシア絵本)
対象年齢:4歳くらいから~(数字の漢字が含まれています)
著者の紹介☆
作:エウゲーニー・M・ラチョフ…1906年にシベリアで生まれ、クバン美術学校やキエフ美術学校を卒業しました。ロシアの有名な絵本作家さんです。この絵本はロングセラーとなって多くの人に読まれています。
♪その他の絵本
もりのようふくや / エウゲーニー・M. ラチョフ、オクターフ パンク・ヤシ 他

訳:うちだ りさこ(内田 莉莎子)

あらすじФ(・♀・=)
おじいさんが子犬と森の中を歩いていると、手袋の片方を落としている事に気づかずそのまま行ってしまいました。そこへねずみがやってきて、手袋にもぐりこんで言いました。「ここで暮らすことにするわ」…そこへカエルがぴょんぴょんやって「手袋に住んでいるのはだ~れ?」と聞きました。「僕は食いしんぼねずみ」と言いました。「だぁれ?あなたは?」カエルは、「ピョンピョンカエルよ!私も入れて」といいました。どうぞ…手袋の中は2匹になりました。(手袋が柱の上に乗っていてハシゴがあります…ねずみさん頑張ったのね。)
今度はウサギがやってきて「手袋に住んでいるのはだ~れ?」と言いました。「あなたはだぁ~れ?」2匹はたずねました。「ピョンピョンうさぎよ!僕も入れて。」どうぞ…手袋の中は3匹になりました。(3匹になると…柱にドアと屋根がついています…3匹で住みやすくしたのね。)
今度はキツネがやってきて言いました………。(4匹になると手袋の上には煙突なるものが…本格的に住んでいるのね。)

ミヅポンの声(=^♀^=)/
おじいさんの落として行った手袋に沢山の動物が入っていきます。ネズミさんやカエルさんなら手袋の中に入る事ができるけれど、ウサギさんやキツネさん、それから○○○○や今年の干支の○○○○や○○さんは(あらすじの後に3匹でてきますよ♪)、足くらいしか…足すらも入らないかもしれないのに、皆でギュウギュウになって入っている様子がとてもかわいらしいです。もしかすると、おじいさんはジャックと豆の木に出てくる大男くらい大きいのかな?そうすれば、皆入れるもんね(^^)手袋に入る動物が増えるたびにプラスαで、はしご・ドア・煙突・窓・しまいには呼び鈴なんてついてしまって…とってもにぎやかですばらしい家(手袋)ができました。絵がこの文にピッタリです!ぜひ寒い日にはこの絵本を読んで心を暖めてくださいね(*^♀^*)最後はどうなったかは、読んでからのお楽しみ…。


ゆきのふるよる

12.31.jpg
ゆきのふるよる / ニック バトワース
対象年齢:4歳くらい~(ふりがな付き漢字があります)
著者の紹介☆
作:ニック・バトワース…英国のロムフォード生まれ。ナショナルチルドレンホームの印刷部門で、活版印刷デザイナーとして働き、その後フリーのグラフィックデザイナーになりました。子どもの出版物は40冊以上にも及びます。
訳:はやし まみ…東京に生まれ、聖心女子大学外国語外国文学科で学ぶ。児童文学に興味を持ち4年商社で働いた後、翻訳の仕事にたずさわる。
♪その他の絵本

おこりんぼのウサギ―パーシーとゆかいななかまたち おこりんぼのウサギ―パーシーとゆかいななかまたち
ニック バトワース (1996/07)
金の星社

この商品の詳細を見る
ふうせんのすきなハリネズミ ふうせんのすきなハリネズミ
ニック バトワース (1996/09)
金の星社

この商品の詳細を見る
おふろぎらいなアナグマ おふろぎらいなアナグマ
ニック バトワース (1996/09)
金の星社

この商品の詳細を見る

あらすじФ(・♀・=)
冬になると公園はとっても寒くなるんだ。けれど公園に住むパーシーはへっちゃら…だって暖かいコートに大きなマフラー・毛糸の靴下に長靴まで履いているんだから。パーシーの丸太小屋は、公園のど真ん中。寒くてたまらない日には、いつも小屋の中…それはね、温かくて気持ちがいいから。公園に住む動物はみんな小屋の事を知っているよ。だからサンドイッチもわけっこするんだ。ある冬の夜。一段と外は寒くて今夜は毛布をもう一枚足して、そろそろ眠りにつくか…と眠る用意をしていると、トントン トントン ドアのたたく音がしました…「こんな夜中に誰がくるんだ?」パーシーはドアを開けました……。パーシーが下を見ると1匹のリスがいました。「ねむれないんだよ~パーシー。」リスの家はベッドが雪で埋もれて眠れないのです。パーシーは、リスを中に入れて一緒に眠りました。そしてやっとポカポカになったころ…トントン トントン。

ミヅポンの声(=^♀^=)/
私もパーシーと一緒で、とっても沢山の洋服を着ています!なんと言っても、かなりの寒がり(*'♀'*)沢山服を着ているのに…外に出ると寒いのはどうしてだろ~?といつも考えて、家の中にいます。パーシーはとってもやさしい気持ちの持ち主なんだ。だからサンドイッチもみんなでわけあうし…夜中にドアをたたいてやってきたお客さんにも、ベッドをわけあうのです。だからあっという間にベッドがいっぱいになってしまうんですよ。次から次と来るお客さんはどんな動物かしら??これは読んでからのお楽しみ♪♪写真の絵本は大きいサイズで記載しましたが、私が図書館から借りた、この絵本は縦横約12センチのミニミニサイズなんです。持ち運びも軽い軽い…ちょっとしたお出かけに一冊もって行ってもへっちゃらですよ。

♪こちらが小さいサイズ(=^3^)
ゆきのふるよる / ニック バトワース


はじめてのゆきのひ

はじめてのゆきのひ はじめてのゆきのひ
セバスチャン ブラウン、バーネット フォード 他 (2006/11)
評論社

この商品の詳細を見る

対象年齢:3歳くらいから~
著者の紹介☆
文:バーネット・フォード(Bernette Ford)…ニューヨークに生まれ、小さい時から絵本に囲まれて育った。コネチカット・カレッジを卒業後、子どもの本の出版に携わり、それから自ら出版会社を立ち上げるなど、編集者としての長い経験を持っています。
絵:セバスチャン・ブラウン(Sebastien Braun)…フランスに生まれ、ストラスブルグの大学で美術を専攻し、独特のやわらかいタッチの絵を生み出した。
おにいちゃんにははちみつケーキ おにいちゃんにははちみつケーキ
セバスチャン ブラウン、ジル ローベル 他 (2006/04)
主婦の友社

この商品の詳細を見る
もっかい! もっかい!
セバスチャン ブラウン、イアン ホワイブロウ 他 (2005/11)
主婦の友社

この商品の詳細を見る

訳:たなか まや(田中 まや)…1966年千葉県に生まれ、早稲田大学第一文学部日本文学科を卒業しました。翻訳の絵本に『ゆき!ゆき!ゆき!』『ジョージ・マウスはじめてのぼうけん』『メルローズとクロック』シリーズなどあります。以前『メルローズとクロック』シリーズはクリスマスの絵本でも紹介しているので、そちらもご覧下さい。
『メルローズとクロック きみとであったクリスマス』に進め(=^3^)/クリック!!

あらすじФ(・♀・=)
暗い冬の夜。月はぼんやりと薄明かり…「あっ雪!」最初はゆっくりと、ふわりと落ちてスッととける。次は速く、風と共にくるくる渦を巻き…あっというまに野原を白く染めました。その真っ白な野原の下で子うさぎ達がお母さんと一緒に体を寄せ合い眠っていると、1匹がピクッと耳を立て目をさまし、外へ出かけていきました。鼻先にツンと冷たい空気がふれ、初めての冷たい雪。次々とウサギの兄弟が出てきてきらめく野原を駆け回る…あっ遠くで動く影…。ウサギたちは様子を伺いました……。

ミヅポンの声(=^♀^=)/
この絵本は、はじめての雪に触る感じをキレイな詩にのせて、やわらかい絵で描いています。ず~っと読んでいくと何だか寒さが伝わってきそうです。皆さんはいつ頃、雪を触ったり初めて見たりしましたか?私は記憶にないくらい小さい時からです。田舎が東北地方なので、雪が沢山あると大喜び♪カマクラを作ったり、ジャンプ台なるものを大人に手伝ってもらって作り、ソリやスキーを楽しみました。雪遊びの後は、洗濯物が増えて大変だった事はたしかです!!あと直径5センチの長さ30センチくらいあるツララを屋根から落として、アイス代わりに食べてました。今は無理だけどね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。