スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


はじめてのキャンプ

はじめてのキャンプ (福音館創作童話シリーズ)
はじめてのキャンプ (福音館創作童話シリーズ)
(1984/01)
林 明子

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介☆
作:林 明子(はやし あきこ)…1945年東京に生まれ横はま国立大学教育学部美術科を卒業。主な作品に『こんとあき』『くつくつあるけのほん』シリーズ『クリスマス三つのおくりもの』シリーズなど他多数ある。

♪その他の絵本を紹介
とん ことり(こどものとも絵本)とん ことり(こどものとも絵本)
(1989/02/10)
筒井 頼子

商品詳細を見る

ぼくのぱん わたしのぱん (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)ぼくのぱん わたしのぱん (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)
(1981/01)
神沢 利子

商品詳細を見る

はっぱのおうち (幼児絵本シリーズ)はっぱのおうち (幼児絵本シリーズ)
(1989/05/25)
征矢 清

商品詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【おつきさまこんばんは】
【はじめてのおつかい】
【あさえとちいさいいもうと】
【おふろだいすき】
【あさえとちいさいいもうと】
【サンタクロースとれいちゃん】
【ふたつのいちご】
【ズボンのクリスマス】
【こんにちは おてがみです】
【もりのかくれんぼう】


あらすじФ(・♀・=)
小さななほちゃんとお隣のともこおばさんはお友達。
今日もともこおばさんのところに遊びに行くと
大きなお友達も来ていました。
おばさんは、明後日のキャンプの持ち物を紙に書いて配りました。

でも、なほちゃんには配られません。
「あたしも行く」と、なほちゃんは騒いだけれど…
大きなお友達は、小さい子は面倒くさいから駄目と言います。

なほちゃんはどうしても行きたかったので
荷物だってもてるし、薪も拾えるし
泣かない! 一人で夜にトイレ行けるんだからぁ。

ってことで、なほちゃんも用意の紙をもらってキャンプに参加することに。
だけど…荷物はとっても多い。
頑張ってなほちゃんキャンプに行けるかな…。

ミヅポンの声(^♀^)/
大きい子のところに小さい子が仲間入りすると、どうしてもこうなってしまいますよねぇ。なほちゃんはムリしてでもキャンプについて行きました。行く前から言っていた通りお兄さんお姉さんは手を貸してくれないよ。頑張って大きな子と同じようにできるかなぁ。手伝ってくれるのも良い経験だけれど、自分の力でやることも大切だよねぇ。


スポンサーサイト
スポンサーサイト

旅するベッド

旅するベッド
旅するベッド
(2003/01)
ジョン バーニンガム

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:ジョン・バーニンガム…1937年に生まれ、アルバイトをしながら各地を回りポスターや漫画の仕事をしていた。その後、初の絵本「ポルカ」でケイト・グリーナウェイ賞を受賞。

訳:長田 弘(おさだ ひろし)…1939年に生まれ、詩人です。

♪その他の絵本を紹介
くものこどもたちくものこどもたち
(1997/04)
ジョン・バーニンガム

商品詳細を見る

はたらくうまのハンバートとロンドン市長さんのはなしはたらくうまのハンバートとロンドン市長さんのはなし
(1999/04)
ジョン バーニンガム

商品詳細を見る

ハーキン―谷へおりたきつねハーキン―谷へおりたきつね
(2003/05)
ジョン バーニンガム

商品詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【クリスマスのおくりもの】
【いつもちこくのおとこのこの ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー】
【アボカド・ベイビー】
【ガンピーさんのふなあそび】
【バラライカねずみのトラブロフ】

あらすじФ(・♀・=)
ある日ママが言いました。
「このベッドは、もう小さいわね。新しいベッドをパパと買ってきなさい」
ジョージーはパパと車に乗ってショッピングセンターへ→Go

ところが行く途中で古い雑貨屋を発見。
中へ入ると店長さんにベッドがあるか聞いてみました。
店長さんは思い出したように、ベッドを出してくると不思議なことを言いました。
「この前の持ち主が どこへでも旅ができるベッドだって言ってたっけ」

ジョージーはこのベッドで旅ができると聞いただけでウキウキ
でも、ママはこの古いベッドが気に入らないようでしたけど…

早速、今日の夜は早くベッドに入って
どうやって旅をするかといいますと…。

ミヅポンの声(^♀^)/
わぁ!! このベッド欲しい:*:・( ̄∀ ̄)・:*: みんなはこのベッドがもし自分のものになったらどこに旅をしたいですか? ミヅポンは…あそことあそこと…と山盛りになってしまいそうなので、ココではあえて言いませんが、こんな楽しいベッドに出会いたいものです。きっとこの絵本を手にした人は、みんな同じことを思うんだろうなぁ(^^)寝るのが大嫌いなお子さんでもこれなら好きになっちゃうね。ミヅポンなんて絶対起きたくなくなっちゃうだろうなぁ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。