スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大きな古時計

大きな古時計
大きな古時計
(2003/11)
伊藤 正道Henry Clay Work

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:4歳くらいから~
著者の紹介☆
作:伊藤 正道…1956年に横浜で生まれ、イラストレーターであり絵本作家。広告や挿絵の分野でも活躍をしています。鎌倉に2002年鎌倉にギャラリーをオープン

作詞・作曲:Henry Clay Work

♪その他の絵本を紹介
オレンジ・シティに風ななつ (講談社青い鳥文庫)オレンジ・シティに風ななつ (講談社青い鳥文庫)
(2008/12/16)
松原 秀行

商品詳細を見る

じどうしゃアーチャーじどうしゃアーチャー
(2009/07)
片平 直樹小林 彰太郎

商品詳細を見る
マフィーくんとジオじいさんマフィーくんとジオじいさん
(2000/04)
伊藤 正道

商品詳細を見る

☆過去にブログで紹介をした著者の絵本

あらすじФ(・♀・=)
♪大きなのっぽの 古時計
おじいさんの 時計
百年 いつも動いていた
ご自慢の 時計さ

おじいさんが生まれた朝に 買ってきた時計さ
いまは もう 動かない その時計

百年休まずに チク タク チク タク
おじいさんと いっしょに
チク タク チク タク
今はもう動かない その時計♪


ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
みなさんこの歌を知っていますか? あらすじと言いながら歌詞を書いただけ…ってウワサもあるんですが(^エ^;)この歌を歌うと切ない気持ちになってしまいますよねぇ。さらに伊藤さんのやさしい絵がつくと、ジ~ンとしちゃいますよ。この絵本は、絵本雑誌Moeの2003年に書き下ろし絵本として誕生したそうです。そして更に絵を加え修正して単行本となりました。最後のページには全部の歌詞と楽譜がついているので、歌ってみて下さいなっ♪


スポンサーサイト
スポンサーサイト

ねぼすけ はとどけい

ねぼすけはとどけい
ねぼすけはとどけい
(2007/09)
ルイス スロボドキン

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:小学校低学年くらいから~(文章がちょっと長いのと、ひりがな付き漢字を含みます)

著者の紹介☆
作:ルイス・スロボドキン(Louis Slobodkin)…1903年にアメリカでニューヨークで生まれ、美術学校を卒業後、彫刻家として活躍をしました。「元気なモファットきょうだい」の挿絵を手掛けたことから子どもの本の仕事を始め「たくさんのお月さま」ではコルデコット賞を受賞し、多数の絵本を残し1975年に亡くなりました。

訳:くりやがわ けいこ(厨川 圭子)…1924年中国東北部に生まれ、慶応義塾大学英文科を卒業。

♪その他の絵本を紹介
王さまとかじや王さまとかじや
(2001/09)
ジェイコブ ブランク

商品詳細を見る

スーザンのかくれんぼ (世界の絵本)スーザンのかくれんぼ (世界の絵本)
(2006/06)
ルイス スロボドキン

商品詳細を見る

百まいのドレス百まいのドレス
(2006/11)
エレナ エスティス

商品詳細を見る



あらすじФ(・♀・=)
スイスの山奥には小さな村がありました。
そこの時計屋さんには、たくさんのハト時計があります。
いつも時間がくると「ボ~ン」と時間の数だけ音を鳴らし
時計がなると、扉の中からハトが出てきて「ポッポ」と鳴きます。
み~んな時間どおりなるのに…どうしてか1つのハト時計のハトは
少し遅れて鳴くんです。

村の子供たちは、このハトを見るのが楽しみです。
時計屋さんはいつかこの時計を直そうと思っているのですが
大忙しで、この時計の事は後回し。

でも、村の人はこの遅れたハトを気に入っていたので
その姿を見て家に帰ります。
もちろん、この時計のことを知らないお客さんには
正確じゃないお店と言って出て行ってしまいますが…

そんなある日のことでした。



ミヅポンの声(^♀^)/
不思議ですよねl~。ハト時計って。コチコチ時を刻んで時間がくると「ボーン」となってハトが「ポッポ」っと出るなんで、みなさん一度は欲しいと思ったことがあるのではないかしら?? 私今でも欲しいです(^v^) この遅れたハトさんでもOKなんだけどなぁ(笑)さてさて、この遅れたハト時計が今後に大きな出来事を起こしてしまうんですよ。さて、どんなことなのかは読んでからのお楽しみ。対象年齢は文章の量から小学校低学年くらいとしていますが、面白い本だと思いますよ。小さい子には、少しずつ読んであげて下さいね。でも、ハト時計が気になっちゃって最後まで読んでしまうかしら:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


サバンナのとけい

サバンナのとけい (講談社の創作絵本)
サバンナのとけい (講談社の創作絵本)
(2000/12)
青山 邦彦

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:5歳くらいから~

著者の紹介☆
作:青山 邦彦(あおやま くにひこ)…1965年東京に生まれ、早稲田大学理工学部建築学科を卒業しました。建築設計事務所に勤務し、その後独立し絵本を描き始めました。第17回講談社絵本新人賞や2002年ボローニャ国際絵本原画展ノンフィクション部門で入選、第20回ブラティスラバ世界絵本原画展に出展するなど、数多くの賞を取っています。


♪その他の絵本を紹介
おんがくのまちおんがくのまち
(1997/07)
青山 邦彦

商品詳細を見る



☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【おおきなやかたのものがたり】
【ドワーフじいさんのいえづくり】

あらすじФ(・♀・=)
サバンナを走るジープが岩に弾んで
車から時計が落ちた。

この時計は、毎日家族のために時間をチクタクチクタク刻んでいます。
何時何分何秒までしっかりと。
町でも他の時計が狂うことなく大活躍。
これがないと、町の人たちは生活ができません。

けれど…ここは、サバンナ。
だ~れも、時間のことなど考えたことがない。

時計がポツンと一人で居ると
サイが現れて、時計を鼻のツノでヒョイッっと持ち上げた。
時計は、サイが遊ぶもんだから怒ってしまい

ジリジリジリジリ!!

初めて聞いた音に、サイも他の動物も…

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
青山さんの絵本を以前2冊紹介したことがあるのですが、すばらしいほど丁寧な絵なんですよねぇ。建築設計をされているのでその緻密さがこの絵にも出ているんだと思いますよ。サバンナに陽が昇って月が出ての間で時計を必要としている動物もいないし、さらには時計の音など聞いたこともない…そんな動物達が、時計の甲高い音を聞いたらどうなってしまうかわかりますよねぇ。もし、ホントにサバンナで時計がなったらこんな風になっちゃうんだろうなぁ~と、絵を見て納得してしまいました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。