スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


つみきのいえ

つみきのいえ
つみきのいえ
(2008/10)
平田 研也

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


アニメーション「つみきのいえ」はフランス・アヌシー国際アニメーションフェスティバルで「クリスタル賞」最高の賞を「こども審査員賞」広島国際アニメーションフェスティバルで「広島賞」を受賞。

対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介☆
作:加藤 久仁生(かとう くにお)…1977年鹿児島県に生まれ、多摩美術大学グラフィックデザイン科を卒業。アニメーションを手がける仕事につき2003年に監督をした「域る旅人の日記」で国際的にも高い評価を得ている。

文:平田 研也(ひらた けんや)…1972年奈良で生まれ、青山学院大学文学部仏文科を卒業。テレビドラマや劇場映画の脚本手がけました。


あらすじФ(・♀・=)
海に浮かぶ家!?
そう、この町は海の水がだんだん上がってきてしまうのです。
だから住人は家が沈むとまた、家の上に家を建てる。
つみきのような家が海の底から立ち上がっています。

ある家にはおじいさんが一人くらしています。
そして冬の夜のこと
とうとう、またしてもおじいさんの家の床に水が上がってきました。

おじいさんはケガをしないように用心しながら
昔の家の上に家を作り始めました。
こんな生活を嫌がって、引っ越す者もいましたが
おじいさんは、そうは決してしませんでした。
それは…

ミヅポンの声(^♀^)/
じ~~~~~~ん。良い話じゃないですか(>♀<) 何よりもこの優しいセピア調の色がステキ。私こういったやわらかい感じの絵は好きですよ。おじいさんの家はつみきのいえ、でもその積み木の家にはおじいさんと共に生きた人であったり思い出であったり、物語があるんです。そのおじいさんの思い出に入ってみてくださいね。でもさ~~~~私は引っ越すのあんまり好きじゃないからおじいさんの想いがわかるなぁ。今日はビデオ屋さんに行ってみたら、「つみきのいえ」のDVDがレンタル開始になっていました。早速借りてみてみよぉ~っと!! 絵本とおんなじイメージだといいなぁ(^^)


スポンサーサイト
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。