スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ルフラン ルフラン2 本のあいだのくにへ

ルフランルフラン2 ~本のあいだのくにへ~
ルフランルフラン2 ~本のあいだのくにへ~
(2006/05/01)
荒井 良二

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:荒井 良二(あらい りょうじ)…小学館児童文化賞、ボローニャ国際児童図書展特別賞、講談社出版文化賞絵本賞、児童文学界のノーベル賞と称されるアスリッドリングレーン記念文化賞など数々の賞をとり日本を代表する絵本作家です。


♪その他の絵本を紹介
ぼくのおとぎ話からの手紙―Letters from Fairytaleぼくのおとぎ話からの手紙―Letters from Fairytale
(2007/11)
荒井 良二

商品詳細を見る

ルフラン ルフランルフラン ルフラン
(2005/05)
荒井 良二

商品詳細を見る

スースーとネルネルスースーとネルネル
(1996/05)
荒井 良二

商品詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【へびのせんせいとおさるのかんごふさん】
【うしさんおっぱいしぼりましょ】
【はんすのダンス】
【うそつきのつき】
【そのつもり】
【十二支のはじまり】
【魔女からの手紙】

あらすじФ(・♀・=)
ピンクの髪の毛のルフランは、引っ越しが大好き
今日も ルフラン ルフランと車に乗って
山道を登っていきます。

すると
ザァ~~~~~~~~~
と、風が吹いて地面が本のページのようにめくれて
ルフランは中に吸い込まれてしまいました。

ルフランが車から降りると、辺りは真っ白な世界
これからどうなる??


ミヅポンの声(^♀^)/
ルフランの1を読んでもいないのに…なぜか飛び越えて2です(笑) まぁ~ホントは1から読んだ方が良いと思いますが、2からでも楽しめますよ('-^*)/ ルフランは引っ越しの最中に風と共に絵本の中へ吸い込まれてしまいましたね。さて、どうなってしまうのでしょうか? 荒井さんの絵は見ているだけでも隅々まで楽しさが満載ですが、お話の中にも自由があってとても素敵です。幅広い方に人気があるのは読めばわかるって感じですよねぇ。


スポンサーサイト
スポンサーサイト

ハンスのダンス

ハンスのダンス
ハンスのダンス
(2008/03)
中川 ひろたか荒井 良二

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介☆
作:中川 ひろたか…1954年埼玉県に生まれる。保育士として5年保育園に勤務。バンドを結成してそのリーダーを努める。1995年「さつまのおいも」で絵本デビュー。「ないた」では日本絵本大賞を受賞している。

絵:荒井 良二(あらい りょうじ)…小学館児童文化賞、ボローニャ国際児童図書展特別賞、講談社出版文化賞絵本賞、児童文学界のノーベル賞と称されるアスリッドリングレーン記念文化賞など数々の賞をとり日本を代表する絵本作家です。

♪その他の絵本を紹介

☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
(中川さんの作品)
【きみたち きょうからともだち】
【こぶたのブルトン はるはおはなみ】
【こぶたのブルトン あきはうんどうかい】
【こぶたのブルトン なつはプール】
【おにはうち】
【あけましておめでとう】
【さつまのおいも】
【ようこそうみ】
【みんなともだち】
【おおきくなるっていうことは】
【おつきみうさぎ】
【クリスマスオールスター】

(荒井さんの作品)
【うそつきのつき】
【そのつもり】
【十二支のはじまり】
【魔女からの手紙】


あらすじФ(・♀・=)
ハンスはオッチョコちょい。
レストランでお皿洗いをすると…今日だけで3枚割っています。
あぁ~次のお皿を持って来ちゃ~ダメですよ…また割れちゃうから。

あんまりハンスが失敗ばかりするので、支配人がハンスをクビにしちゃいました。
ガッカリしたハンスが歩いていると、一匹のカエルに出会いました。
カエルにクビになったことを伝えると
ハンスはダンスがやりたいと言いました。

カエルは、ハンスの踊りをみるとキレがないと言います。
そして手を振りながら道を渡ろうとすると…
一台の車が突進してきました
「あぶなぁ~~~~~~い!!」
カエルとハンスは??

ミヅポンの声(^♀^)/
この絵本はずっと読みたいと思っていたんですよぉ。やっと読めたって感じです。荒井さんと中川さんのコンビはどんな絵本になっているのかなぁ~と思いながら読み進めて行ったらやっぱり笑っちゃうんだよねぇ~♪レストランの支配人の怒りっぷりに大笑いでした。中川さんのお話は勇気をもらえるし、荒井さんの絵は元気をもらえる絵本でした。ぜひ読んでみてね!!


うそつきのつき

うそつきのつき
うそつきのつき
(1996/05)
内田 麟太郎荒井 良二

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:内田 麟太郎(うちだ りんたろう)…1941年に福岡県に生まれ、特徴のあるお話は幅広い年齢層に愛されています。「さかさまライオン」では絵本にっぽん賞を、「がたごとがたごと」では第5回日本絵本賞を「うそつきのつき」では小学館児童出版文化賞を…と数多くの賞を受賞したくさんの絵本を出版しています。

絵:荒井 良二(あらい りょうじ)…小学館児童文化賞、ボローニャ国際児童図書展特別賞、講談社出版文化賞絵本賞、児童文学界のノーベル賞と称されるアスリッドリングレーン記念文化賞など数々の賞をとり日本を代表する絵本作家です。

♪その他の絵本を紹介
とってもいいこととってもいいこと
(2005/08)
内田 麟太郎荒井 良二
商品詳細を見る

おばけの花見 (キラキラえほん 1)おばけの花見 (キラキラえほん 1)
(2008/04)
内田 麟太郎
商品詳細を見る

ぼくのおとぎ話からの手紙―Letters from Fairytaleぼくのおとぎ話からの手紙―Letters from Fairytale
(2007/11)
荒井 良二
商品詳細を見る



☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
(内田さんの絵本)

【ともだちまじない】
【あしたもともだち】
【ごめんねともだち】
【ともだちくるかな】
【ともだちひきとりや】
【ともだちや】
【あいつも ともだち】
【ありがとう ともだち】
【十二支のはなし】
【ワニぼうのこいのぼり】
【がたごと がたごと】
【わたしのおひなさま】
【こんにちは おにさん】
【ふくもうち おにもうち】
【さみしがりやのサンタさん】

(荒いさんの絵本)
【そのつもり】
【十二支のはじまり】
【魔女からの手紙】



あらすじФ(・♀・=)
マンマルの黄色い顔に帽子をかぶり、スーツ姿のこのおじさん
このおじさんは、ぜったいに笑わないんです。
ホントかなぁ~??

ニワトリがニワ(2羽)トリ(鳥)を飼っていても。 
笑わないねぇ~?
だって、ニワトリがトリトとトリコっていうニワトリを飼っているだなんてぇ
ププッ(^m^)
しかもさぁ~飼い主のニワトリさんの家もニワトリ小屋なんだよぉ。

(なぜに…このおじさん笑わない??)

亀がカメをカメ(噛め)ないでいても。
(おじさんは笑わないんだよ。)

他の亀達は、ビデオまわしたりカメラで撮っているのに…
亀のカメを噛む姿はなかなかないからねぇ~。

イタチが、年を二十歳(ハタチ)と言っても。
あり?これ私のことか??ごまかしてるぅ~~~~~~。

ラクダの旅は楽(ラク)だぁ~っと言っても…。
(これは、おかしくて笑うんじゃないのぉ~。
ミヅポン、そんな~~~~~っと大笑いだったのにぃ。)

他にも沢山の笑いどころがあるのに…おじさんは笑わないの。
何でかって?…

ミヅポンの声(^♀^)/
内田さんの独特なお話に荒井さんの独特な絵で、なんと贅沢な絵本なんざましょ。この絵本は表紙が気になっていて、ず~~~っと読みたかったのだけど…何だか色々借りるのが多くて、今まで借りられなかったのですよぉ。!やっと読めて荒井さんのユーモアあふれる絵に大笑い。文字が少ないのに細かなところにまで笑いどころがあって、とっても楽しい絵本でした。おっかしいなぁ~(^エ^;)この表紙でちょっと暗い感じの絵本なのかぁ~っと思っていたんだけど、私の思い違いでした。あり?みなさんは、最初からこの絵本が面白いってことを知っていました?でも、この表紙からして独特だよなぁ~~~~~面白い!!




そのつもり

そのつもり
そのつもり
(1997/12)
荒井 良二

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:荒井良二(あらい りょうじ)…1956年山形県に生まれ、日本大学芸術学部を卒業しました。絵本や広告舞台美術など幅広い分野で活躍しています。講談社出版文化賞や小学館児童文化出版賞などなど多数の受賞歴があります。

♪その他の絵本を紹介
はっぴぃさんはっぴぃさん
(2003/09)
荒井 良二

商品詳細を見る

しりとりあそびえほんしりとりあそびえほん
(2002/05)
石津 ちひろ荒井 良二

商品詳細を見る

さるのせんせいとへびのかんごふさんさるのせんせいとへびのかんごふさん
(1999/11)
穂高 順也荒井 良二

商品詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【十二支のはじまり】
【魔女からの手紙】
【二つの展示会】

あらすじФ(・♀・=)
緑の葉がワサワサした森は
「そのつ森」って名前。

この森では、ず~っと昔から会議が開かれてきました。
議題はもちろん、森にある空き地をどうするか

でも…何年も何年も決まらずにここまで来ています。
今日も空き地に動物が集まって、フクロウの挨拶で会議が始まるよ。

まず…猿の意見は
「ぜひ穴を掘って温泉にしましょう!」
みんなは……少し考えてみる
そして「いいねぇ~~~~~~~~~」と言って
そのつもりになって、温泉に入った気分になってみた
ほえぇ~~~~~~~~~~~~~

そこに「僕たちは」と言ったのはオコジョ
「山よりも高い物を作りたいなぁ」と言ってみた
少しみんなも考えて「いいねぇ~~~~~~」っと
そのつもりになって想像してみた。
山よりも高~い木のてっぺんに、大きな板を乗せ
みんなで高いところで楽しんでみた…

カラスは、「やっぱりさぁ~~僕は……」

ミヅポンの声(^♀^)/
「なってみたつもり」良いよねぇ!楽しいよねヽ(*^ω^)人(^ω^*)ノ♪♪絵本を作る時にいっつも「なったつもり」になって考える事が多いので、この絵本はとてもなじみ深かったです。あ~なったり こ~なったりって想像するのは、とても想像が膨らんで楽しい事。でも現実になったら、も~っと良いのだけどねA(^♀^;)この絵本の森の動物 達も「空き地をどうするか?」で色々な想像をしていますよ。そして最後には……読んでからのお楽しみ!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。