スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


どこどこどこ (いってみたーい 絵探し絵本2)

どこどこどこ いってみたーい (えさがしえほん)
どこどこどこ いってみたーい (えさがしえほん)
(2004/03)
長谷川 義史

商品詳細を見る



対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:長谷川 義史(はせがわ よしふみ)…1961年大阪府に生まれ、「おたまさんのおかいさん」で34回講談社出版文化賞を受賞。「いろなにほへと」で日本絵本小を受賞している。


♪その他の絵本を紹介
まんぷくでぇす (PHPわたしのえほんシリーズ)まんぷくでぇす (PHPわたしのえほんシリーズ)
(2004/04)
長谷川 義史

商品詳細を見る

うえへまいりまぁす (PHPわたしのえほんシリーズ)うえへまいりまぁす (PHPわたしのえほんシリーズ)
(2003/02)
長谷川 義史

商品詳細を見る

てんごくの おとうちゃん (講談社の創作絵本シリーズ)てんごくの おとうちゃん (講談社の創作絵本シリーズ)
(2008/11/26)
長谷川 義史

商品詳細を見る



☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【いいから いいから】
【パンやのろくちゃん】
【ぼくがラーメンたべてるとき】
【さるかに】
【おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん】
【きみたち きょうからともだち】
【いろはのかるた奉行】
【おたんじょうびのひ】
【うん このかあちゃん】
【おへそのあな】
【生麦生米生卵】
【いろはにほへと】
【おじいちゃんのごくらくごくらく】
【ぼくのえんそく】
【おたんじょうびのひ】

あらすじФ(・♀・=)
恐竜伝念展にやってきた男の子
本物の恐竜に会ってみたかったなぁ~♪
あの、ステゴサウルスにあいたいなぁ♪

っと、思っていたら来ちゃったぁ!!
あんな恐竜、こんな恐竜 あちこちにノシノシ歩く。
でも、お探しのステゴサウルスどこに??
みんな、探してよぉ~!!
恐竜の卵発見! よだれたらしている恐竜もいるねぇ。
さてさて、全部探してごらんよ。

映画に出てくる海賊の親分。
迫力があるなぁ~!!
この海賊の親分の、子分にしてもらいたいのです。
海賊の親分は、どこ どこ どこ?!

親分ねぇ~? あっ! 時計を発見してしまいました。
そして白いうさぎがこの世界にいるなんてぇ。
それにトマトがあるけど、踏んで滑って怪我しないでね。

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
おぉ~!! 超難しい…テラノザウルスってどこにいるの?海賊の親分は…? いた!! っと、思ったら人違い…えぇ~ミヅポンの目にはどこにもいらっしゃらないんですけど。本を遠くしたり、ジ~ックリ近くで見たり(/ω\)目が痛い。親子でこの絵本をじっくり楽しんでみてねっ。以前絵本展に言った時に、この絵本のシリーズ1の原画があったんです。そこで、探してみたけど…大きな原画でも探せないのに、絵本の小ささでは私の目ではメガネをかけてもダメでした。わかった人は答えを教えてねぇ。


スポンサーサイト
スポンサーサイト

せんをたどって

せんをたどって (講談社の翻訳絵本)
せんをたどって (講談社の翻訳絵本)
(2007/10/26)
L. ユンクヴィスト

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:ローラ・ユンクヴィスト(Laura ・Ljungkvist)…絵本を出版するほかに、色々な分野のパッケージ広告などを手がけています。また「ニューヨーカー」など数多くの雑誌でアートワークを手がけています。

訳:ふしみ みさを…1970年埼玉に生まれ、洋書絵本卸会社で勤務した後、海外絵本の紹介や翻訳をしています。

♪その他の絵本を紹介
せんをたどって せかいいっしゅう (講談社の翻訳絵本)せんをたどって せかいいっしゅう (講談社の翻訳絵本)
(2008/10/11)
ローラ・ユンクヴィスト

商品詳細を見る

せんをたどって いえのなかへ (講談社の翻訳絵本)せんをたどって いえのなかへ (講談社の翻訳絵本)
(2008/03/04)
L. ユンクヴィスト

商品詳細を見る



あらすじФ(・♀・=)
ヒュ~ッと伸びる一本の線をたどっていくと
明るい朝の町に出ました。
グルグル線をたどっていくと、朝の町にはお花が何本咲いているのかな?
建物の上まで行って、下に下がって…ドアの周りをグルッとしたら窓の周りに…
そう言えばオレンジの建物はいくつあったっけ?

朝の町を通り過ぎる頃、人は目を覚まします。
目の周りをグルグル線は通って、皆がホントに起きているか確認してね。
あれ? 犬の横を通ったり犬の周りをなぞったけど…何匹いたのかな?
忘れちゃったら、線がやってきたページに戻ってやりなおし。

おっと、町はにぎやかになってきたね。
皆出勤の時間だったり、あっちにこっちに車が走っているよ。
この混雑に救急車。
何台いたかわかる?


ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
すごい!! 一本の線からビルが建つのはなんとなくできそう…(出来ないか?!)だけど…車ができたり、人の顔ができたり…ページをめくるたびに線をたどるのをちょっと忘れてしまうような感動なんですけど。この絵本を読んだ後に自分で1本の線で何かを書いてみたら…そりゃぁ~ひどいものができてしまい…むしろ、何だか恐ろしさを感じました。お見せするには、ちょっとキケンなのでご遠慮しますが(^エ^;)ぜひぜひ、親子で線をたどって色々なものを探してみてね。この絵本は、シリーズで出ているようです。そちらもお楽しみに♪ちなみに、私は動物が好きなので、この絵本の「動物に挨拶をする」ページが好きでした。


たまごのあかちゃん

たまごのあかちゃん (幼児絵本シリーズ)
たまごのあかちゃん (幼児絵本シリーズ)
(1993/02)
神沢 利子柳生 弦一郎

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:2歳くらいから

著者の紹介☆
文:かんざわとしこ(神沢 利子)
絵:やぎゅうげんいちろう(柳生 弦一郎)


♪その他の絵本を紹介
おかあさんおめでとう (くまの子ウーフの絵本 1)おかあさんおめでとう (くまの子ウーフの絵本 1)
(1979/01)
神沢 利子
タランの白鳥タランの白鳥
(2007/03)
神沢 利子

商品詳細を見る


商品詳細を見る

ドキドキドキ心ぞうの研究 (たくさんのふしぎ傑作集)ドキドキドキ心ぞうの研究 (たくさんのふしぎ傑作集)
(1996/02)
柳生 弦一郎

商品詳細を見る

あれれれれ (幼児絵本シリーズ)あれれれれ (幼児絵本シリーズ)
(1997/01)
柳生 弦一郎

商品詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【あかいくつ】
【わたしのおうち】
【のはらのひなまつり】


あらすじФ(・♀・=)
白い卵が3つ
卵の中でかくれんぼしているのだ~れ?
赤ちゃん出ておいでぇ。

ピヨピヨピヨ
あらまぁ~元気な黄色い赤ちゃん
ニワトリの赤ちゃんだったのかぁ

ちょっと小さな4つの白い卵
かくれんぼしている赤ちゃんだ~れ?
出ておいで

ヨチヨチヨチ
かわいい亀の赤ちゃんだったのかぁ。
ヨチヨチ歩いて海に向かってね。

ん?小さい10個の卵
かくれんぼしている赤ちゃん出ておいで?

ニョロニョロニョロ
ぎゃぁ~~~~~~~~~Σ(・ω・ノ)ノ!
ビックリしたぁ
○ビの赤ちゃんだったのね。

………

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
同じような白い卵の中には、色々な赤ちゃんが入っているよ。大きかったり小さかったり、生まれてくるまでどんな赤ちゃんが出てくるかわからないってところにこの絵本の面白さがありますよねぇ。まぁ~ニョロニョロでビックリもしちゃったけど…でもかわいい赤ちゃんですからねぇ(^▽^*)卵からどんな動物が生まれてくるかの勉強にもなるので、ぜひ読んでみてくださいな。鳥類と爬虫類は卵だし…魚類の卵ってどうなんだろう?哺乳類は違うから…って感じかな?!


いすがにげた

いすがにげた (絵本のおもちゃばこ)
いすがにげた (絵本のおもちゃばこ)
(2005/08)
森山 京スズキ コージ

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介☆
作:森山 京(もりやま みやこ)…1929年東京に生まれ、温かみあふれる童話や絵本は幅広い年齢に愛されています。
「きつねのこシリーズ」路傍の石幼少年文学賞
「あしたもよかった」小学館文学賞
「まねやのオイラ旅ねこ道中」野間児童文芸賞などなど多数の賞を受賞しています。

絵:スズキコージ…1948年2月28日静岡県に生まれ、「エンソくんきしゃにのる」小学館絵画賞、「おばけドライブ」第35回講談社出版文化賞絵本賞を受賞。

♪その他の絵本を紹介
あやとりひめ―五色の糸の物語 (おはなしランドくじらの部屋)あやとりひめ―五色の糸の物語 (おはなしランドくじらの部屋)
(1998/09)
森山 京飯野 和好

商品詳細を見る

虫めづる姫ぎみ(むしめづるひめぎみ) (日本の物語絵本)虫めづる姫ぎみ(むしめづるひめぎみ) (日本の物語絵本)
(2003/05)
森山 京村上 豊

商品詳細を見る

なぞなぞあそびうたなぞなぞあそびうた
(1989/06)
角野 栄子スズキ コージ

商品詳細を見る

トム・チット・トットトム・チット・トット
(2006/04)
ジェイコブズスズキ コージ

商品詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【二つの展示会】
【クリスマスプレゼントン】
【ガッタン ゴットン】
【トコトコさんぽ】
【魔女からの手紙】
【こんにちは おてがみです】


あらすじФ(・♀・=)
おばさんが家から出ると
「いすがない!」っと慌てている様子。
いつも置いてあるイスが見えないのです。

とっても古いイスだから持って行く人もいないだろうに…とあたりを見回し
そこに野良猫が通りかかったから
「イスを知らないかい?」と、猫にたずねました。
猫は「塀を飛び越え跳ねていったよ」と言いました。
まさかぁ~!? の気持ちで、おばあさんもイスを追いかけました。

そこに大きな豚が通りかかり
「イスを知らないかい?」とたずねました。
豚は、「あぁ~さっき俺をまたいであっちにいったよ」と答えました。
おばあさんは、あきれて怖い顔でイスを追いかけました。

更に森に行くとウサギがいました。
「イスを知らないかい?」とおばあさんがたずねると……

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
「いすがにげた」面白いタイトルとスズキコージさんの特徴ある表紙に借りてみました。独特の絵が更に面白さに輪をかけて、逃げることのないイスが逃げちゃんだから、おばあさんも読んでいる人も大慌て! でも、最後にはイスの気持ちがわかってやさしい気持ちになれる絵本ですよ。さてさて、おばあさんはイスを見つける事ができるんだろうか? 一緒に探してみてね。


うんちしたのはだれよ!

うんち したのは だれよ!
うんち したのは だれよ!
(1993/11)
ヴェルナー ホルツヴァルトヴォルフ エールブルッフ

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:2歳くらいから~(うんちに興味がある年にオススメ(^エ^;)?!)

著者の紹介☆
文:ヴェルナー・ホルツヴァルト
絵:ヴォルフ・エールブルッフ
訳:関口祐昭



あらすじФ(・♀・=)
ある日、モグラ君が地面から顔を出すと…
ひゅ~~~~~~~~っ
ペトっ!!!!!!!!!

モグラ君は、かんかんに怒りました。
だって…モグラ君の頭に……

ウンチがモリッと乗っかっているではありませんかぁ?!

ウンチがのっかていることには気づいているけど
モグラ君、強度の視力の悪さ…犯人が誰なのかわかりません。

そこで…
「ねぇ! きみ!! 僕の頭にウンチ落とさなかった?!」と聞いたのは
ちょうど通りかかった鳩

でも鳩さん「私だったらこうするわね!」っと
ビシャッ!! っとモグラ君の足元にヨーグルトのようなウンチを落としました。
おかげでモグラ君の足には、鳩さんのウンチがピシャリと…

もぉ~っと怒ったモグラ君は
次に出会った……


ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
子どもって「うんち」大好きですよねぇ~!ナゼか「うんち」と言ってはニンマリしている顔をよくみます(^エ^;)さてさて、ウンチ=汚いだけと思ってこの絵本を読まないのはもったいないです。面白いし動物がどんなウンチをするのかがわかりますよ。これもひとつの勉強です。動物達はそれぞれ食べるものが違うので、個性ある「うんち」をしますよ。色々な動物からそれを学んでみてくださいね。モグラ君カンカンに怒っていますが、はてはてモグラ君の頭に失礼にもうんちをのっけた犯人を見つける事ができるかな?!モグラ君のしてやったりの姿が面白いですよぉ~ぜひ読んでみてくださいね。あぁ~私もこの絵本で大笑いしたって事は…「うんち」好きな一人かしら?!ヤバイなぁ~ニンマリ:*:・( ̄∀ ̄)・:*:


進化の迷路 <原始の海から人類誕生まで>

進化の迷路 原始の海から人類誕生まで
進化の迷路 原始の海から人類誕生まで
(2007/08/02)
香川 元太郎

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:
香川 元太郎(かがわ げんたろう)
…1959年愛媛県に生まれ、歴史考証イラスト専門家として歴史雑誌や学習参考書などを手がけてきました。その他、花や風景を描く日本画家としても切手やハガキなどの原画を描いています。

♪その他の絵本を紹介
伝説の迷路―ヤマタノオロチの世界から神話と物語の旅へ伝説の迷路―ヤマタノオロチの世界から神話と物語の旅へ
(2008/03/04)
香川 元太郎

商品詳細を見る

文明の迷路―古代都市をめぐってアトランティスへ文明の迷路―古代都市をめぐってアトランティスへ
(2005/12)
香川 元太郎

商品詳細を見る

香川元太郎・迷路の絵本5巻セット香川元太郎・迷路の絵本5巻セット
(2008/03/25)
香川 元太郎

商品詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【自然遺産の迷路<屋久島発 世界一周旅行へ>】

あらすじФ(・♀・=)
昔の生き物に会いに行こう!!
んで…どこに?
島の研究所ですよぉ~。
何でもタイムマシンで集めた昔の生き物がわんさかいるんだってヽ(*^ω^)人(^ω^*)ノ♪♪
行ってみよう!!

研究所入り口→三葉虫の入り江→魚たちの海→巨大シダの沼→
は虫類の森→恐竜の平原→花と恐竜の谷→巨大生物の海→
ほ乳類の丘→けものたちの高原→原人の洞窟→進化の木

おや? 大きな鳥が研究所のディスクを加えて1枚ずつ落としちゃった?!
それも探さないと。

ここはすごい研究所だなぁ~。
色々な恐竜の化石が置いてあるよ。
入り口から入って、まずエレベーターのあるゴールを目指してみるか。
でも、けっして化石を触って壊したり研究の道具があるところは通ってはいけないよ。

あっ! あれは有名なアンモナイトじゃないのか?
これがあちらこちらに8個隠れてあるんですってよ。
さぁ~探してみよう。

さすが研究所だなぁ。赤・黄色・青の扉があちこちに…
それならちょっと難しいけど、ここを全て通ってみるのもいいなぁ。
でもここは、同じドアを2回通ってはいけないよ。

あれ?右上の研究所にいるのって
初めて現れたと言われる鳥、始祖鳥ってやつではないの?
まさかお会いできるとは。
研究所内に何羽くらいいるんでしょうねぇ??

エレベーターを上がると…うわぁ~水の中!!
良かったぁ~(^エ^;)酸素ボンベ持っていて。

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
迷路シリーズを楽しむのは2冊目になります。いやぁ~全部やっていみたいなぁ~ってウズウズしちゃいますねぇ。1冊目では世界一周だし…今度は、古い生物を探して歩くんだもんなぁ。2冊目も考えて考えて…どっと疲れた。こんなに真剣にやっていたことってあったかしら?答えが全部わかってからもう一度やってごらん。きっとまたわからなくなっているだろうなぁ。親子で楽しんでみてねぇ。お子さんの方が頭が柔らかいからすぐにできちゃうかもね。お父さん&お母さん…今日は徹夜でこの絵本とニラメッコかもよ(^エ^;)頑張って


自然遺産の迷路<屋久島発 世界一周旅行へ>

自然遺産の迷路 屋久島発世界一周旅行へ
自然遺産の迷路 屋久島発世界一周旅行へ
(2006/11/23)
香川 元太郎

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:香川 元太郎(かがわ げんたろう)…1959年愛媛県に生まれ、歴史考証イラスト専門家として歴史雑誌や学習参考書などを手がけてきました。その他、花や風景を描く日本画家としても切手やハガキなどの原画を描いています。


♪その他の絵本を紹介
時の迷路―恐竜時代から江戸時代まで時の迷路―恐竜時代から江戸時代まで
(2005/05/24)
香川 元太郎

商品詳細を見る

伝説の迷路―ヤマタノオロチの世界から神話と物語の旅へ伝説の迷路―ヤマタノオロチの世界から神話と物語の旅へ
(2008/03/04)
香川 元太郎

商品詳細を見る

文明の迷路―古代都市をめぐってアトランティスへ文明の迷路―古代都市をめぐってアトランティスへ
(2005/12)
香川 元太郎

商品詳細を見る



あらすじФ(・♀・=)
まず、この絵本の世界一周旅行をご紹介!
みんなが訪ねる自然遺産は
屋久島→九寨溝→ンゴロンゴロ→メッセル・ピット→カナデアン・ロッキー→
グランド・キャニオン→マヌー→イグアス→ガラパゴス→ハワイ→
グレート・バリア・リーフ→ひみつ基地

何々?調査隊11人からのメッセージがあるぞ!!
みんながはぐれてしまったとは…なんということだぁ( ̄□ ̄;)!!
最後の手紙には、こんなことが…

それを手がかりに急いで探しに行こう。

スタートは日本の屋久島からです!
「→」から出発して、通れる道を通ってヘリコプターのところまで行ってくれ。
ただし、木でふさがれていたり動物で通れないところはダメだよ。
健闘をいのるじょ(=^♀^=)ノ

どうやら、この島には隠し絵があるらしい。
ん~~~~?ナゾ多き島だ。
ネズミ、ヤモリ、ミミズク、ウミガメ、コウモリ
みんな2つずつ隠れているだって?
大きな岩や木の幹…ぬかりなく探せよっ!!
隊長!!あんなところにネズミが隠れておりましたぁ。
うむ。でかしたじょ( ̄▽ ̄)=3

…くっクイズだって?
この忙しい時に……( ̄□ ̄;)!!
屋久島だけにいるヤクシカとヤクザルどっちが多いか?
えっと…1,2,3,4,5…1,2,3,4…あれ?間違えて人を数えてしまった。
もう一度…

さぁ~次の「九寨溝」に出発だヽ(*^ω^)人(^ω^*)ノ♪♪イソゲェ

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
「迷路」「隠し絵」「難しい迷路」「クイズ」っと、1ページだけでも楽しみがこんなにあるのに…それが世界一周旅行だなんて、なんと贅沢な絵本なのでしょう。すんごくムキになってこの本をじ~っくり見て楽しみました。そして、あたしゃぁ~疲れたよΣ(~∀~||;)この絵本なら親子で楽しめること間違いなしだね。図書館でも大人気で借りるのに結構時間がかかりましたぁ。あらすじでは私の楽しみ方で書いてしまいましたが、自分のスピードとお話の流れを作って楽しんでみてねぇ♪どうしても答えがわからなかった、お友達は…一番後ろの答えをみちゃえぇ~~~~(@ ̄ρ ̄@)ナイショヨ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。