スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ともだちまじない

ともだちおまじない (おれたち、ともだち!)
ともだちおまじない (おれたち、ともだち!)
(2006/11)
降矢 なな、内田 麟太郎 他

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:5歳くらいから~

著者の紹介
作:内田麟太郎(うちだ りんたろう)…1941年に福岡県に生まれ、特徴のあるお話は幅広い年齢層に愛されています。「さかさまライオン」では絵本にっぽん賞を、「がたごとがたごと」では第5回日本絵本賞を「うそつきのつき」では小学館児童出版文化賞を…と数多くの賞を受賞したくさんの絵本を出版しています。

絵:降矢 なな(ふりや なな)…1961年に生まれ、和の世界も洋の世界も巧みに表現をしています。スロヴァキュアのブラチスラヴァ美術大学で石版画を学ぶ。

その他の著者の本♪
あしたもともだちあしたもともだち
(2000/10)
降矢 なな、内田 麟太郎 他

商品詳細を見る

ともだちやともだちや
(1998/01)
降矢 なな、内田 麟太郎 他

商品詳細を見る

ともだちひきとりや (「おれたち、ともだち!」絵本)ともだちひきとりや (「おれたち、ともだち!」絵本)
(2002/03)
降矢 なな、内田 麟太郎 他

商品詳細を見る


☆これまでに紹介した著者の本
【ごめんね ともだち】
【ともだちくるかな】
【ともだちひきとりや】
【ともだちや】
【あいつもともだち】
【ありがとうともだち】

あらすじФ(・♀・=)
ともだちおまじない はじまりはじまり っと言ったのはフクロウのじいさんです。

「と」なえたとたん
「も」やもや すっきり
「だ」れもが わくわくいたします
「ち」がっていれば おだいはいらない

「お」…
「ま」…
「じ」…
「な」…
「い」…

こんな出だしで、さぁ~ページを開いてみよう!!
五七五のリズムで読み進めていきましょう。

「はるうらら そらにふんわり やまひとつ」
「あちこちに さびしがりやが もじもじと」
ページを開くと春の空にうっすらと淡い山が浮かんでますよ。
そして、野原には動物たちが草陰から顔を出してもじもじしている。
みんな、出てきてお友達になりなさいよぉ(^^)

「ともだちを だれよりほしい ともだちや」
おぉ~キツネが自分の衣装の研究中なのかなぁ。
これまでの友達絵本シリーズに登場したキツネは
どれもおしゃれだったなぁ~。

「はじまりは ちいさなこえの こんにちは」
小さな小さなタコが、キツネに小さな声でこんにちは
その小さなこんにちはが、大きな友情になれるのです。

「バイバイと 手を振りながら 帰れない」
わかる×わかる!!
バイバイっと言って友達にさよならを言うけど…友達も大きく手を振る
そしたらまたバイバイっと更に大きく手を振る。
そんなことをしているから帰るのが遅くなるんだなぁ(^^;)

……

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
五七五のリズムに合わせてなんて、今までのこのシリーズとはちょっと違って難しい感じかな。「」の中の五七五は本文をそのまま使用して、その下の文はミヅポンの絵を見た感想です。ぜひ読んでみて、自分の好きな「ともだちおまじない」を探してみてね。私は、蛇が布団に寝ている五七五に納得して笑ってしまいましたよん。私の五七五は何だろなぁ~? 「はらへった きょうのごはんは なんだろな」なんてどうですか? まさにいつもの私だわ(^エ^;)


スポンサーサイト
スポンサーサイト

あしたも ともだち

あしたもともだち
あしたもともだち
(2000/10)
降矢 なな、内田 麟太郎 他

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介
作:内田麟太郎(うちだ りんたろう)…1941年に福岡県に生まれ、特徴のあるお話は幅広い年齢層に愛されています。「さかさまライオン」では絵本にっぽん賞を、「がたごとがたごと」では第5回日本絵本賞を「うそつきのつき」では小学館児童出版文化賞を…と数多くの賞を受賞したくさんの絵本を出版しています。

絵:降矢 なな(ふりや なな)…1961年に生まれ、和の世界も洋の世界も巧みに表現をしています。スロヴァキュアのブラチスラヴァ美術大学で石版画を学ぶ。

その他の著者の本♪

ともだちやともだちや
(1998/01)
降矢 なな、内田 麟太郎 他

商品詳細を見る

ごめんねともだちごめんねともだち
(2001/03)
降矢 なな、内田 麟太郎 他

商品詳細を見る

ありがとうともだち (おれたち、ともだち!)ありがとうともだち (おれたち、ともだち!)
(2003/06)
降矢 なな、内田 麟太郎 他

商品詳細を見る


☆これまでに紹介した著者の本
【ごめんね ともだち】
【ともだちくるかな】
【ともだちひきとりや】
【ともだちや】
【あいつもともだち】
【ありがとうともだち】

あらすじФ(・♀・=)
オオカミとキツネは、とっても仲良し
今日も2人は、クマのことをバカにしたちょっと変な歌を歌って歩いていました。

すると…

あっちのほうに、ぐったりして動かないクマをオオカミが発見しました。
様子がおかしいのですぐにでも助けに行きたかったオオカミ。

ところが…

オオカミのイメージと言えば、森一番の乱暴者と決まっているのです。
だから素通りしました。

けれど…やっぱり気になる!!
オオカミは、キツネを置いてきぼりにして引き返しました。

そして…

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
いつも、この「ともだちシリーズ」にはジ~ンとしちゃうのですが、今回もジ~ンとしちゃいましたよぉ。外見と中身はホント違うのねぇ。でもミヅポンは知っていましたよ。オオカミさんがとってもやさしいヤツだと…。今回は、オオカミとキツネが協力して何かをするってお話ではないけれど、オオカミのやさしさとそれを感じ取ったキツネにニッコリですよ。ぜひ読んでみてね。


ごめんね ともだち

ごめんねともだち
ごめんねともだち
(2001/03)
降矢 なな、内田 麟太郎 他

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介
作:内田麟太郎(うちだ りんたろう)…1941年に福岡県に生まれ、特徴のあるお話は幅広い年齢層に愛されています。「さかさまライオン」では絵本にっぽん賞を、「がたごとがたごと」では第5回日本絵本賞を「うそつきのつき」では小学館児童出版文化賞を…と数多くの賞を受賞したくさんの絵本を出版しています。

絵:降矢 なな(ふりや なな)…1961年に生まれ、和の世界も洋の世界も巧みに表現をしています。スロヴァキュアのブラチスラヴァ美術大学で石版画を学ぶ。

その他の絵本を紹介☆
ともだちやともだちや
(1998/01)
降矢 なな、内田 麟太郎 他

商品詳細を見る

あいつもともだち (おれたち、ともだち!)あいつもともだち (おれたち、ともだち!)
(2004/10)
降矢 なな、内田 麟太郎 他

商品詳細を見る

ありがとうともだち (おれたち、ともだち!)ありがとうともだち (おれたち、ともだち!)
(2003/06)
降矢 なな、内田 麟太郎 他

商品詳細を見る


☆これまでに紹介した著者の本

【ともだちくるかな】
【ともだちひきとりや】
【ともだちや】
【あいつもともだち】
【ありがとうともだち】

あらすじФ(・♀・=)
おやおや…今日は、オオカミとキツネの住んでいる森はザーザー雨です。
二人は何をしているのかな?
いました いました。

二人は、オオカミの家でゲームをやっています。
キツネはサイコロの衣装をつけて、ゲームに勝って大喜び。
それとは逆に、オオカミは負けてくやしそうです。

オオカミがケンダマなら「勝てる!」と言って勝負をしても
キツネはオオカミよりも一枚上手なのねぇ。
勝っちゃった(汗)
ますます、オオカミはイライラがつのります。

これならば、オオカミの得意なトランプで…
でも、今日は調子が悪いのね。
負けちゃったよぉ~オオカミ。

あまりに負け続けていたので、オオカミ切れちゃった。
「このぉ~インチキめぇ!!」
キツネのいすを蹴り上げて、キツネはひっくり返っちゃいました。

「イ・ン・チ・キ…」
キツネはその言葉に目が点です。
聞き間違いでは?と思っていたキツネの耳に
もっとひどい言葉が…
「インチキは、この家から出て行けぇ~~~~~!」

オオカミは怒鳴っているし、キツネは大雨の中へ…
どうやら二人は大喧嘩をしてしまいました。
いつもの仲良しな二人はどこへ…
いったいこの先どうなってしまうのぉ?!

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
思ってもみないことで喧嘩をしてしまうことってあるよねぇ。カリカリ怒ってしまうと、予期せぬ言葉を発してしまったり…売り言葉に買い言葉で大きな喧嘩に発展。そうなったら仲良しに戻るには時間がかかってしまいます。そんな時、みんなはどうするのかな?今ケンカしているお友達がいたら、ぜひこの絵本を読んで、ともだちとの仲直りの方法を学んでみてね。「ごめんね」って素直に言えるかな? ミヅポンねぇ~意地っ張りだから、なかなか「ごめんね」の一言が言えないんだよねぇ(反省)


ともだちくるかな

ともだちくるかな
ともだちくるかな
(1999/02)
降矢 なな、内田 麟太郎 他

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介
作:内田麟太郎(うちだ りんたろう)…1941年に福岡県に生まれ、特徴のあるお話は幅広い年齢層に愛されています。「さかさまライオン」では絵本にっぽん賞を、「がたごとがたごと」では第5回日本絵本賞を「うそつきのつき」では小学館児童出版文化賞を…と数多くの賞を受賞したくさんの絵本を出版しています。

絵:降矢 なな(ふりや なな)…1961年に生まれ、和の世界も洋の世界も巧みに表現をしています。スロヴァキュアのブラチスラヴァ美術大学で石版画を学ぶ。

その他の絵本を紹介☆
あしたもともだちあしたもともだち
(2000/10)
降矢 なな、内田 麟太郎 他

商品詳細を見る

あいつもともだち (おれたち、ともだち!)あいつもともだち (おれたち、ともだち!)
(2004/10)
降矢 なな、内田 麟太郎 他

商品詳細を見る

ともだちおまじない (おれたち、ともだち!)ともだちおまじない (おれたち、ともだち!)
(2006/11)
降矢 なな、内田 麟太郎 他

商品詳細を見る


☆これまでに紹介した著者の本

【ともだちひきとりや】
【ともだちや】
【あいつもともだち】
【ありがとうともだち】

あらすじФ(・♀・=)
オオカミは、掃除機をかけながら
楽しそうに歌なんか歌っちゃって…
何か、いいことでもあるのです?

♪今日は とっても 楽しいぜ♪(←オオカミの歌)
カレンダーをみると、4月28日に大きな花丸がついていますけど。

もうずぐ、誰かさんがやってくる! …ハズなんです。

気持ちをぐっとこらえて待っていたので、オオカミちょっとソワソワ

せっかく部屋を掃除したけれど、「来る 来ない 来る 来ない」
の、花占い
おかげでお部屋は、花びらだらけですよ。

オオカミは、ずっと待っていたけど…
夜が来てもその人はやってきません。
なぜだぁ~~~~~~~~~~?!
枕を抱きしめふてくされて眠ってしまいました。

次の日……

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
大変、こんなに喜んでいたオオカミ。でも誰もやってきませんよ。悲しみの中ふてくされて眠ってしまいましたが、次の日オオカミにとんでもないことが起こるのです。どんなこと? あのねぇ~(^▽^*)…コラ!! ここから先は言っちゃダメでしょ。(´д`lll)  おぉ~危なかった。口が滑りそうに…。オオカミがどうなってしまうのか…どなたを待っていたのか? ぜひ、この先は読んでみてねぇ。


ともだちひきとりや

ともだちひきとりや (「おれたち、ともだち!」絵本)
ともだちひきとりや (「おれたち、ともだち!」絵本)
(2002/03)
降矢 なな、内田 麟太郎 他

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介
作:内田麟太郎(うちだ りんたろう)…1941年に福岡県に生まれ、特徴のあるお話は幅広い年齢層に愛されています。「さかさまライオン」では絵本にっぽん賞を、「がたごとがたごと」では第5回日本絵本賞を「うそつきのつき」では小学館児童出版文化賞を…と数多くの賞を受賞したくさんの絵本を出版しています。

絵:降矢 なな(ふりや なな)…1961年に生まれ、和の世界も洋の世界も巧みに表現をしています。スロヴァキュアのブラチスラヴァ美術大学で石版画を学ぶ。

その他の絵本を紹介☆
ごめんねともだちごめんねともだち
(2001/03)
降矢 なな、内田 麟太郎 他
商品詳細を見る

ともだちくるかなともだちくるかな
(1999/02)
降矢 なな、内田 麟太郎 他
商品詳細を見る

あしたもともだちあしたもともだち
(2000/10)
降矢 なな、内田 麟太郎 他
商品詳細を見る


☆これまでに紹介した著者の本
【ともだちや】
【あいつもともだち】
【ありがとうともだち】

あらすじФ(・♀・=)
やれやれ、今日もあの二人は言い争いをしているようです。
誰と誰がですか?
体の大きなイノシシと小さなイタチですよ。
原因は、イタチがイノシシを呼ぶのに「さま」をつけないから。
どうやら、イノシシはイタチをこぶんにしたいようです。
でも…イタチは友達だと言い張ります。
それがケンカになってしまったのね。

そこで、キツネは良い事を思いついてオオカミに相談をしました。


次の日、イノシシが大好物の干し魚をしゃぶっていると
キツネとオオカミがヘンテコな姿でやってきました。

「えぇ~ひきとりやです。いらなくなった友だちを干し魚5本と交換します。」
いらなくなった友達ひきとりやだって?
イノシシは、イタチを干し魚5本でひきとってもらいました。

イノシシの手元には、干し魚5本
イタチは、オオカミとキツネの友達となったわけです。

さて次の日、オオカミとキツネとイタチが遊んでいると……

ミヅポンの声(^♀^)/
「ともだちひきとりや」とは、楽しい事を思いつきましたね。けれど…イノシシくん良いのですか?ホントに…(-♀-;)イタチくんが二人の友達になっちゃうよ。イノシシくん一人ぼっちになっちゃいますよ。まさか皆の中には、干し魚と友達を交換する…なんて人はいないよねぇ。そう思っている人は、この絵本を読んで考え直してみてね。この絵本もシリーズの中でとても好きなのですが、どれを読んでもいつもジ~ンとしちゃうんだよね。ミヅポンのおすすめ絵本なのです♪


ともだちや

ともだちや
ともだちや
(1998/01)
降矢 なな、内田 麟太郎 他

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介
作:内田麟太郎(うちだ りんたろう)…1941年に福岡県に生まれ、特徴のあるお話は幅広い年齢層に愛されています。「さかさまライオン」では絵本にっぽん賞を、「がたごとがたごと」では第5回日本絵本賞を「うそつきのつき」では小学館児童出版文化賞を…と数多くの賞を受賞したくさんの絵本を出版しています。

絵:降矢 なな(ふりや なな)…1961年に生まれ、和の世界も洋の世界も巧みに表現をしています。スロヴァキュアのブラチスラヴァ美術大学で石版画を学ぶ。

その他の絵本を紹介♪

ごめんねともだちごめんねともだち
(2001/03)
降矢 なな、内田 麟太郎 他

商品詳細を見る

あしたもともだちあしたもともだち
(2000/10)
降矢 なな、内田 麟太郎 他

商品詳細を見る

ともだちくるかなともだちくるかな
(1999/02)
降矢 なな、内田 麟太郎 他

商品詳細を見る


過去に紹介した著者の本☆

(ともだちシリーズ)
【あいつもともだち】
【ありがとうともだち】

(降矢さんの絵)
【あかいくつ】
【こんにちは おてがみです】
【めっきらもっきらどおんどん】

(内田さんの文)
【十二支のはなし】
【わにぼうのこいのぼり】
【がたごとがたごと】
【わたしのおひなさま】
【こんにちはおにさん】
【ふくはうちおにもうち】

あらすじФ(・♀・=)
1匹のキツネが、「1時間100円!。えぇ~ともだちやです!」と、さけんでいます。
キツネの姿は、浮き輪をかぶり2つのチョウチンを手に持ち
頭にさしたのぼりには「ともだちや」と書いてある、なんだか変な姿だなぁ。

そこに「ともだちやさん」と声がかかりました。
「まいどぉ!!」っと、キツネが草陰の方に近づくと…
どうやらお客さんではないみたい。
ウズラのお母さん、子育て中。
うるさいから静かにしてちょ~だい…とのことで。

そうなると、営業の声も小さくなるわけです。
「えぇ~ともだちやです!」
すると…「声が小さくて聞こえないぞ。」とガラガラ声がしました。
キツネが行ってみると、大きなクマが家の中でいちごを食べています。
クマはどうやら1時間100円のともだちを買ったみたい。

クマの相手は流石に疲れたのね。
あの肩をおとしたヘトヘトの姿、見ていてわかります(^^;)
ヘトヘトになりながらも、また営業をはじめました。
その声を聞いて、声をかけたのはオオカミ。
「一緒にトランプやろうぜ!!」
さてさて、キツネの仕事「ともだちや」はうまくいくのでしょうかねぇ…

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
ともだちシリーズ大×大×大好きなんですよぉ!お話も大好きだし、絵もミヅポンのお気に入りなんです。しかも最後にはシリーズのどの本を読んでもジ~ンとしちゃうところがいい!!今回は季節を関係なく紹介できるので、ともだちシリーズ最初の本をご紹介!!うれしいなぁ~ヽ(*^ω^)人(^ω^*)ノ♪♪この絵本で、オオカミとキツネは親友になるのですが、でもキツネは「ともだちや」なんていう仕事をしているよ。はてはて仲良しになれるのかなぁ。だって1時間100円もするんだよぉ。みんなは、1時間100円って言われて「ともだち」買いますか?


あいつもともだち

あいつもともだち (おれたち、ともだち!)
あいつもともだち (おれたち、ともだち!)
降矢 なな、内田 麟太郎 他 (2004/10)
偕成社

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:4さいくらいから~
著者の紹介☆
作:内田麟太郎(うちだ りんたろう)…1941年に福岡県に生まれ、特徴のあるお話は幅広い年齢層に愛されています。「さかさまライオン」では絵本にっぽん賞を、「がたごとがたごと」では第5回日本絵本賞を「うそつきのつき」では小学館児童出版文化賞を…と数多くの賞を受賞したくさんの絵本を出版しています。
絵:降矢 なな(ふりや なな)…1961年に生まれ、和の世界も洋の世界も巧みに表現をしています。スロヴァキュアのブラチスラヴァ美術大学で石版画を学ぶ。
「おれたちともだち」シリーズは、以前にも紹介をした事があるのでそちらもごらんください

★以前に紹介した著者の絵本
【ありがとうともだち】

♪その他の絵本を紹介
ともだちや ともだちや
降矢 なな、内田 麟太郎 他 (1998/01)
偕成社
この商品の詳細を見る

ともだちおまじない (おれたち、ともだち!) ともだちおまじない (おれたち、ともだち!)
降矢 なな、内田 麟太郎 他 (2006/11)
偕成社
この商品の詳細を見る

ともだちくるかな ともだちくるかな
降矢 なな、内田 麟太郎 他 (1999/02)
偕成社
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
そろそろ森には、冬ごもりの為にお友達としばしの別れの時期がやってきました。
「春までクマさんしばらくのお別れだね。」と
いつも仲良しのオオカミさんときつねは言いました。
そして、きつねが横目で見た先には
草影にヘビさんがいました。
きつねは「君も元気でね」と声をかけたいのに…
その一言がかけられません。
きつねはヘビがどうも苦手でした。
あの長い体に抱かれると…ぞ~~~~ッとしちゃいます。

ユキが降り、とうとうきつねはヘビにお別れを言えませんでした。
今頃一人寂しい夢をみているのかな……

雪は降り積もり、オオカミときつねはスキーで遊びました。
そして色々なお友達に年賀状を書いたり…
でも、きつねはヘビさんに年賀状を書けませんでした…なんて書いたらいいのか…

次の日、ソリでみんなの様子を見に行きました。
クマさんは、寝ぼけてぜんぜん起きません。
ヤマネさんだって…ぐっすりです。
そして、あのヘビさんは………

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
このシリーズ大好きなんです。原画展をみてからとっても好きになりました(^▽^*)そして友情を大切にした話がいいですね。みんなもオオカミさんとキツネさんのように仲良く友達と遊んでいるのかな?今回は見た目でちょっと…と思ってしまうヘビさんとお友達になれるかのお話です。キツネさんはホントは気になるし仲良くなりたいんだけど、その一歩が踏み出せません。この絵本を読んで、キツネさんの背中を押してあげて♪♪


ありがとうともだち

ありがとうともだち (おれたち、ともだち!)
ありがとうともだち (おれたち、ともだち!)
(2003/06)
降矢 なな、内田 麟太郎 他

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


原画展で紹介をしていたのはコノ絵本!

対象年齢:4歳くらいから~


著者の紹介☆
作:内田 麟太郎(うちだ りんたろう)…1941年福岡県に生まれる。個性的な文体と独自の世界を持っている。『さかさまライオン』『がたごとがたごと』『うそつくのつき』など受賞作品『わにぼうのこいのぼり』『なつはうみ』その他多数の絵本を手がけている。

絵:降矢なな(ふりや なな)…1961年東京に生まれる。スロヴァキア共和国のブラチスラヴァ美術大学で石版画を学ぶ。卒業後結婚をされてブラチスラヴァにお住まいとか。出版を日本でされているので情報のやり取りが大変ではないでしょうか。この作品の画材は紙とガッシュです。作品に『めっきらもっきらどおんどん』『きょだいなきょだいな』『おっきょちゃんとかっぱ』など作品多数。

この絵本は、シリーズです。
ともだちや    あしたもともだち あいつもともだち (おれたち、ともだち!)
ごめんねともだち ともだちおまじない (おれたち、ともだち!) ともだちくるかな
ともだちひきとりや (「おれたち、ともだち!」絵本)

あらすじФ(・♀・=)
オオカミの家にキツネが泊まりに来ました。
キツネは、初めてのお泊りで眠れません。
そんなキツネに、オオカミは海の話をしてやります。

でも…つい…オオカミは大きな事を言ってしまいました。(´д`lll) シマッタァ

「巨大なカジキマグロを吊り上げたんだ!!」と…(涙)

そんなすごいものを吊り上げたオオカミさんのことを狐は尊敬のまなざしで見てるし。

ってことで…

そして次の日、二人は海に出かけました。
キツネとオオカミは釣りを始めました。

すると…キツネはヒョイヒョイと魚を釣り上げること 吊り上げること

でも、オオカミは…一匹も釣り上げられません。
これじゃ~昨日大きな口をたたいたのに面子がたたないよぉ。

その時です!!
オオカミの釣竿に…グイッと大きな手ごたえが…?


ミヅポンの声(=^♀^=)/
この絵本を世界の絵本原画展で見る前にテレビで見た事があります。その時も降矢さんの画風にぴったりの内田麟太郎さんの文が印象的でした。誰しもツイ…ほんのちょっと大きく?!言ってしまうことはありますよね~(…ないですか(=^_^=;)オオカミはだいぶ大きな事を言ってしまいましたが、結果的にキツネとオオカミは海に出かけてお互いの違う喜びを見つける事ができました。そして友達の大切さなども描かれています。さてキツネはオオカミの嘘に最初から気付いていたのでしょうかね~?絵本を見て想像して下さいね(^^)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。