スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ピネくんとさかなのおうち

ピネくんとさかなのおうち
ピネくんとさかなのおうち
(2007/03/01)
ふくだ としお

商品詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


↓あれ?? おんなじ名前だ(;^ω^Aお話が同じなのかなぁ?
ピネくんも白いイルカに乗っているし…

ピネくんとさかなのおうちピネくんとさかなのおうち
(2008/12)
accototo

商品詳細を見る



対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:ふくだ としお…1971年大阪に生まれ、大阪芸術大学を卒業しました。絵画や絵本・立体作品などの創作を手がけるかたわら、絵の教室もひらいています。

♪その他の絵本を紹介
とんでいったりんご (学研おはなし絵本)とんでいったりんご (学研おはなし絵本)
(2007/04)
ふくだ としお

商品詳細を見る

おおきくなったらおおきくなったら
(2006/09)
ふくだ としおふくだ あきこ

商品詳細を見る

だれのあしあとだれのあしあと
(2005/11)
ふくだ としお

商品詳細を見る



☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【うしろにいるのだあれ(うみべのなかま)】


あらすじФ(・♀・=)
ネズミのピネくんは、今日も木から落ちて学校に向かったよ。
今日のお勉強は、海の魚
赤や黄色シマシマに青いの…たくさんの魚が泳いでいます。
この話を聞いたピネくんの心はウキウキ

帰り道自転車を大急ぎでこいで海までGO!!
そして海水パンツをはいて、海の中へザップ~ン
(ちょいちょい! ピネくん…もちろん泳げるんですよねぇ!?)

ブクブクブク…
息のつけないピネくんは大急ぎで上がりました。
そして何やら良いことを思いついたようですよ。

ミヅポンの声(^♀^)/
この同じタイトルの絵本が出ているんですよね。出版社が変わって名前が同じ…ん~?おんなじお話なのでしょうかね? さてさて、ピネくんは色鮮やかのお魚が見たくて海の中へドブ~ンと入ってしまいました。でもピネくんは泳ぎが苦手だったようですよ。苦手でも諦めきれないのでどうしたと思います?これは今回紹介した表紙には載っていないのですが、もう一冊の(小さく紹介されている)絵本の方には載っているんですよ。さて、ピネくんは何をかぶっているのでしょうね? ミヅポンもこれがあれば海の中を探検できるかしら(汗)


スポンサーサイト
スポンサーサイト

おうさまになったネズミ

おうさまになったネズミ (PHPわたしのえほん)
おうさまになったネズミ (PHPわたしのえほん)
せべ まさゆき、風木 一人 他 (2005/05)
PHP研究所

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:風木 一人(かぜき かずひと)…1968年東京に生まれ、多数の絵本を書いています。HP「絵本で会いましょう」も開いてみてくださいね。http://www.geocities.jp/kzk227/
絵:せべ まさゆき…1953年愛知県に生まれ、東京芸術大学工芸科卒業。絵本を中心に幅広い分野で活躍しその他の絵本も多数あります。

♪その他の絵本を紹介
風木さんの文
はっぱみかん はっぱみかん
風木 一人 (2007/12)
佼成出版社
この商品の詳細を見る

たまごのカーラ たまごのカーラ
風木 一人、あべ 弘士 他 (2003/06)
小峰書店
この商品の詳細を見る

かいじゅうじまのなつやすみ かいじゅうじまのなつやすみ
早川 純子、風木 一人 他 (2006/07)
ポプラ社
この商品の詳細を見る

せべさんの絵
つよいちからがでるたべもの―きいろのえいようのなかまたち (げんきをつくる食育えほん) つよいちからがでるたべもの―きいろのえいようのなかまたち (げんきをつくる食育えほん)
せべ まさゆき、吉田 隆子 他 (1997/04)
金の星社
この商品の詳細を見る

だーれだだれだ! (きむらゆういちのパッチン絵本) だーれだだれだ! (きむらゆういちのパッチン絵本)
きむら ゆういち、せべ まさゆき 他 (2006/09)
小学館
この商品の詳細を見る

うんぴ・うんにょ・うんち・うんご―うんこのえほん (うんこのえほん) うんぴ・うんにょ・うんち・うんご―うんこのえほん (うんこのえほん)
せべ まさゆき、村上 八千世 他 (2000/10)
ほるぷ出版
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
猫がネズミのしっぽを捕まえて言いました。
「俺の方が強いんだ!今日から俺のケライになれ!!」
ネズミはそのなが~~~い爪が怖くて従いました。

トコトコ歩いていると…
猫の前にキツネがやってきて言いました。
「猫が王様?フサフサのシッポもないのに…2人とも俺のケライになれ!」
猫は、ブルブル震えて更に後ろのネズミもションボリとキツネに従いました。

キツネは、猫とネズミを引き連れて歩いていると
トラが目の前にやってきました。
「キツネが王様?俺のようなシマもないくせに…3人ともケライになれ!!」
3人は、大きなトラに従うしか答えはありませんでした。

ドッシ~~~~ン ドッシ~~~~~ン
どこからともなく響いてくるこの音
近づいてきたぁ~~~~。
なんじゃこりゃ~~~?!
栗を怪物にしたような木よりも大きな化け物の登場
「お前らの中で一番強いのは誰だ!俺と勝負しろ!!」
「ははぁ~そこのシマシマだなぁ~お前が一番強いのか?」

トラはさっきまでの大きな態度はどこへやら…
そして……

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
この絵本は、昔話にあるようなお話ですよ。あ~~~なったらこ~~なる展開と決まっているのです。さんざん大きな態度をとっていたトラだけど…この怪物の前ではとっても小さく見えます。いや…小さいのか。体も心も…。さて、怪物に勝負を挑まれたトラさん、その後なんと答える。そして3人は怪物のケライになってしまうのかなぁ?ここからは読んでみてね。


ネズミなんて いないでしょ?

ネズミなんていないでしょ?
ネズミなんていないでしょ?
バーナード ウェーバー (1996/04)
あかね書房

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:バーバード・ウェーバー(Bernard Waber)…1924年アメリカに生まれ、ペンシルバニア大学、フィラデルフィア美術大学、ペンシルバニア美術学校と数多くの学校で学び、その後雑誌のグラフィックデザイナーとして活躍をされています。また絵本作家としても高い評価を得て多数の絵本を出版しています。この絵本は、愛する孫娘のレイチェルちゃんに送っています。

訳:ながたきや ふきこ…1950年に大阪に生まれ、プール学院短期大学英文科を卒業。英米児童文学の翻訳に取り組んでいます。

♪その他の絵本を紹介
ワニのライルがやってきた (ワニのライルのおはなし 1) ワニのライルがやってきた (ワニのライルのおはなし 1)
バーナード・ウェーバー (1984/01)
大日本図書
この商品の詳細を見る

アイラのおとまり アイラのおとまり
バーナード ウェーバー (1997/07)
徳間書店
この商品の詳細を見る

アリクイのアーサー アリクイのアーサー
バーナード ウェーバー (2001/11)
のら書店
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
ある日、ホテルのエッヘンで大問題が起きたのです。
でもこれは大きな声では言えないのです。
…お客様の部屋にネズミが出たらしいだなんて…

こんな噂が流れては、このホテルはおしまいです。
だからホテルの従業員は、口をそろえて言いました。

ネズミなんておりません!!

…と

ホテルの入り口にいるドアマンのサイモンさんに聞いてみると
「とんでもない。どこにいるっていうんです?」っとこの通り…
(ちょっとちょっと、後ろをごらんなさい(^エ^;)木の陰ですよぉ)

フロントに入って、メアリー・アリスさんも
「いるわけございませんわ。どこにいるっていうのですぅ~」
(前を向いている場合じゃないですよ。パソコンの上にいるのは誰だね(;´▽`A)

今度は、沢山の荷物を台車で運んでいるエミールさんに聞くと
「うそでしょ?どこにいるんだか」
(あらまぁ~ずいぶん荷物の山になっちゃってぇ~。
たぶん目に見えてないと思いますが…
荷物の山の陰に隠れている
小さな動く荷物を運んでいらっしゃりますぞ(ノ´▽`)ノ)

さぁ~今度は誰に聞いてみましょうか?

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
面白い!みんながみんな気づいてないのか…気づかないフリをされているのか(^エ^;)きっとこれを読んだ人は、この絵本につっこみを入れてねずみの動きを注意深く観察してしまうだろうなぁ。ネズミは小さいですからね。あっちにこっちにチョコマカト…こっちでホイホイあっちでスタコラ…楽しそう。あっ!いやいや…ネズミなんてこの絵本にはいませんわよ。どこにいるって言うんでしょう。私がいると言ってしまうと、このホテルはつぶれてしまうからねぇ~~~~~~(;´▽`A気を使わせないで下さいね。


ねむいねむいねずみとおばけたち

ねむいねむいねずみとおばけたち
ねむいねむいねずみとおばけたち
佐々木 マキ (2007/03/14)
PHP研究所

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:佐々木 マキ…1946年神戸市に生まれ、京都市立美術大学中退。漫画家でありイラストレーター・絵本作家です。多数の作品と「ねむいねむいねずみ」はシリーズで登場しています。

♪その他の絵本を紹介
ぶたのたね ぶたのたね
佐々木 マキ (1989/10)
絵本館
この商品の詳細を見る

変なお茶会 変なお茶会
佐々木 マキ (2000)
絵本館
この商品の詳細を見る

ムッシュ・ムニエルをごしょうかいします ムッシュ・ムニエルをごしょうかいします
佐々木 マキ (2000/05)
絵本館
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
小さなネズミが、肩に風呂敷の荷物を下げて旅をしていたよ。
歩き通しでいつの間にか夜になってしまいました。
ねずみは、くたびれてとっても眠い。
フラフラ森の中に入り
今日は、地面のくぼみにできた落ち葉のベッドで休もう。

フカフカいい気持ちで、うとうと眠ろうと…
した…とき…

ビロ~~~~~~ンっと
くぼみの底からお化けがあらわれ
ネズミは勢いよくはじき飛んだ。

お化けにビックリしたネズミは、急いで木のうろにかくれた。
あらら…うろの中は温かくていい気持ち
うとうと、またまた眠りそうな…その時…

ニョロ~~~~~~ンっと
あらわれたのは、ヘビのような長いお化け!!
ネズミはまたもや追い出され
眠い中トボトボ歩きまわった。

すると…地面に…

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
眠いのにお化けが出てきちゃって、眠ることができないネズミ君…かわいそうだなぁ~~~~。でもその気持ちわかる!わかる?!だって、とっても眠いのに怖い夢を見たときは怖くなって寝れないでしょ…でも眠い。その気持ちに似ていますよね。私は怖いのがとても苦手なのでこの森には行けそうにないです。ネズミくんゆっくり眠って朝がくるといいねぇ。


ねずみのごちそう

ねずみのごちそう
ねずみのごちそう
杉田 豊 (1998/03)
講談社

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:杉田 豊(すぎた ゆたか)…1930年に埼玉県に生まれ、東京教育大学芸術学科を卒業しました。1974年「おはよう」でO.C.L13のグランプリとなり、1979年ボローニャ国際児童年記念ポスターコンクールで最優秀賞など数多くの賞を受賞しています。

♪その他の絵本を紹介
おやすみなさい 1,2,3 おやすみなさい 1,2,3
杉田 豊 (2000/01)
至光社
この商品の詳細を見る

にらめっこ にらめっこ
杉田 豊 (1992/11)
講談社
この商品の詳細を見る

ぼくの かお ぼくの かお
杉田 豊 (1986/06/01)
至光社
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
小さな丘に小さな家の小さなネズミが住んでいました。
ネズミは働き者で、毎日を楽しく過ごしていました。

そんなある日、一匹の猫がやってきました。
お腹をすかせていた猫の鼻に、とってもいいにおいがしてきました。
ネズミは猫をみつけると…
なんと!!!!!!!
家に招き入れ食べ物をたくさん猫の為に作りました。

どうやらこのネズミは、久々のお客さん?!にうれしかったのです。
猫は、満腹になりゴロリと眠ってしまいました。

その夜、ドスン!と音がして、外を見ると
お腹をすかせたフクロウが足を滑らせ木から落ちた音でした。
これはこれはと思ったネズミは、フクロウにも同じように
たくさんのご飯でもてなしました。
フクロウだって、お腹がいっぱいになりグッスリ眠っちゃいます。

朝は猫が活動し夜は眠り、夜はフクロウが活動し朝眠るので
お互いがネズミの家で生活していることには気づきませんでした。
ネズミは…大喜びで二人のご飯の仕度をしています。

ところが……

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
きゃ~~~~~~お人よしなネズミさん。大丈夫?二人はね、昔からネズミを食べちゃうような怖い方なのですぞ。今は満腹になっているからいいけれど…気をつけるのよ。この絵本には、杉田さんの経験を生かした話になっているそうです。このネズミのようにお人よしの方はいませぬか?私は…結構お人よしかも…でも、お調子者の間違いだったかな?(;´▽`Aあは。


とかいのネズミといなかのネズミ

とかいのネズミといなかのネズミ (児童図書館・絵本の部屋)
とかいのネズミといなかのネズミ (児童図書館・絵本の部屋)
マギー ニーン、ケイト サマーズ 他 (1998/12)
評論社

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:5歳くらいから~

著者の紹介☆
文:ケイト・サマーズ(Kate Summers)
絵:マギー・ニーン(Maggie Kneen)
訳:まつかわ まゆみ


♪その他の絵本を紹介
とかいのネズミ ミリーのけっこん とかいのネズミ ミリーのけっこん
ケイト サマーズ、マギー ニーン 他 (2000/10)
評論社
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
ティリーは、耳の先からシッポの先まで田舎のネズミ
ティリーの家は牧場のそばの木の根元にあります。
毎朝早起きをして朝食を作り、食べ物集めをします。
麦にサクランボウに木の実。
どっさり家の棚にしまって冬支度の準備も万端です。

ある日、郵便屋さんから1通の手紙が来ました。
それは町に住むお友達のミリーからの手紙。
なになに?今日こっちに来るって?!
これは大変だ!!と、エプロンをして料理をしたり
もう一度念入りに掃除をしたり…
町ネズミのミリーが、こんな静かな田舎で暮らせるのか心配しながら
ミリーがくるのを待ちました。

でも、なかなかミリーはやってきません。
何度もミリーが来るのを心配しながらドアをのぞいていると
トントン…っとノックの音が。

やっと、ミリーが到着して二人は抱き合いました。
ミリーが遅くなったわけは……?


ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
やっと町ネズミのミリーが到着しました。けれど思わぬ親切な方に家まで案内してもらったので、大変な時間がかかってしまいました。うん!この方に頼んだら、そりゃ~時間がかかるわ(^エ^;)災難でしたなぁ~。まぁ~それはおいといて…都会生活のミリーはいつもにぎやかなところで生活しています。田舎の静かな生活と田舎料理はなじむのでしょうか?また逆にティリーは、都会での生活を楽しむことができるのかな?みんなはどっちの生活に近いですか?私は田舎の生活をしているので、田舎ネズミがいいですねぇ~。都会の空気はなじめましぇ~~~~ん(ノ´▽`)ノこの絵本は、それぞれの特徴をかわいらしく描いていますよ。ぜひ読んでみてね。ちょっと文字が多いですが。


スズメと子ネズミとホットケーキ

スズメと子ネズミとホットケーキ   ロシアのむかしむかし
スズメと子ネズミとホットケーキ ロシアのむかしむかし
イリーナ・カルナウーホヴァ、斎藤 君子 他 (2003/03)
ネット武蔵野

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:5歳くらいから~(ふりがな付き漢字と、ちょっと文字が多いです)

著者の紹介☆
再話:イリーナ・カルナウーホウァ…(1901~1959)この絵本は、北ロシアの農民の間で語り継がれた昔話を8年かけて記録しました。彼女は民話の収集家であり、語り手でもあります。再話ばかりでなく民話風創作絵本にもとりくんできました。
絵:アナトーリー・ネムチーノフ…1959に生まれ、新進画家でもありイラストレーターです。
訳:斉藤 君子…ロシアやシベリアの民話を研究しています。そして多数の翻訳もされています。


あらすじФ(・♀・=)
森の外れには、小さな小屋がありました。
小屋には、畑から飛んで来たスズメと
ネコから命からがら逃げて来た子ネズミと
フライパンから飛び出したバターたっぷりのホットケーキが
一緒に住んでいました。

3人はいつも仲良しで、家の仕事を分担していました。
スズメは森からキノコを取り畑から麦や野菜や豆を取ったりしていました。
そしてネズミの仕事は、薪割りです。
かたい木を硬い歯で砕いて火の中へ入れるのです。
ホットケーキは、シチュー作り。
甘い僕がちょいっと中に入ると…香ばしいシチューのできあがり。

そうして3人が食事の中で自分たちの仕事を自慢げに話していても
ケンカする事無く楽しく食事をしていました。

ところが…
ある日、スズメがこんなことを考えました。
オイラは、1日中森の中を西に東に南に北に飛び回っているのに
ホットケーキは、朝から火の側でゴロゴロして夕方ちょっと料理を作るだけ。
ネズミは、薪を運んで歯でくだいて火の中に入れたら、ゴロゴロしているだけ。
コレは納得がいかないぞ!!
それを二人に話すと、仕事を交代することに。

ホットケーキは、森にでかけスズメの仕事を
スズメは、薪を斧で割りネズミの仕事を
ネズミは、ご飯を作るホットケーキの仕事を…

さぁ~~みんな上手にできるのかな?

ミヅポンの声(^♀^)/
ロシアの昔話は、初めて聞いたんですけど…みんな仲良く仕事を分担してやっていたのに、スズメだけが大変な作業をしていると思い込んでしまったのね。でも、みんなそれぞれ自分にあった大変な作業をしているってことに気づくのは、やってみて初めてわかることなんだよねぇ~。これが(^エ^;)きっとスズメさんも他の仕事をしてみてネズミの仕事の大変さがわかるんだろうなぁ~。この世の中にも沢山の仕事があるけど、自分にあっている人そうでない人みんなそれぞれ大変な仕事をしているんだろうなぁ。頑張れ×頑張れ。


バラライカのねずみのトラブロフ

バラライカねずみのトラブロフ
バラライカねずみのトラブロフ
ジョン バーニンガム (1998/03)
童話館出版

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:5歳くらいから~

著者の紹介☆
作:ジョン・バーニンガム
訳:せた ていじ


♪その他の絵本を紹介
ガンピーさんのふなあそび ガンピーさんのふなあそび
ジョン・バーニンガム (1982/01)
ほるぷ出版
この商品の詳細を見る

くものこどもたち くものこどもたち
ジョン・バーニンガム、たにかわ しゅんたろう 他 (1997/04)
ほるぷ出版
この商品の詳細を見る

いっしょにきしゃにのせてって! いっしょにきしゃにのせてって!
ジョン・バーニンガム、長田 弘 他 (2006/04)
瑞雲舎
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
ネズミの一家のトラブロフのおはなし。
トラブロフは、雪の深い田舎のある宿で産まれました。
ネズミ一家の住まいは、酒場台の羽目板の裏に住んでいます。
そこは、毎日楽師のジプシーがやってきて、音楽を聴かせる変わりに
飲んだり食べたりしています。

トラブロフは、産まれたときからず~~~っとバラライカの音を聞き入って生活をしていました。
今日もネズミ一家のみんなは眠ってしまったのに、
トラブロフだけは音に聞き入っていたので
お母さんが迎えに来て、渋々帰る事になってしまいました。

ある晩、トラブロフは大工ネズミのナバコフじいさんに呼ばれ行ってみました。
「どうしてお前さんは、毎晩音楽を聴いてばかりいるんだい?」
それはもちろん「好きでたまらないからです!」と答えました。
この熱心な想いをじいさんは感じ、
バラライカを作ってやろう!と言いました。
トラブロフは、夢でも見ているかのように喜び待ちました。

2・3日経つとバラライカができました。
トラブロフは急いで誰も来ない片隅でバラライカを弾いてみました。
ところが、バラライカは簡単ではありません。

ある晩、酒場で一人ジプシーのじいさんがバラライカを弾いていると…
どこからともなく変なバラライカの音が聞こえてきました。
「君は楽師になりたいんだね。残念だ私が教えてやりたいが今晩ここをたたなくてはならんのだ」
トラブロフは、ガッカリしましたが…ある事を思いつきました。
それは……

ミヅポンの声(^♀^)/
せっかるバラライカを作ってもらったのに、上手にひけないのでは楽師になりたくてもなかなか開けるものではないですよね。そこでどうしても楽師になりたいトラブロフは、とんでもない良い考え?を思いつきます。それはどんなことなんでしょうね?!私も思い立ったら何とか…ってやつでして、思った事はすぐに行動してしまうのです。まぁ~自分のやりたい事に限っているのですが。だからきっとミヅポンの周りの者は、トラブロフの家族と同じ気持になっているかもしれないなぁ。みなさんは行動派?それとも頭脳派?後先考えない行動派は、ちょっと気をつけようと…今年の目標にしようかなぁA(^♀^;)結構、後先考えずに行動するので失敗が多いのよね。


ねずみちゃんとりすちゃん

ねずみちゃんとりすちゃん おしゃべりの巻 (学研おはなし絵本)
ねずみちゃんとりすちゃん おしゃべりの巻 (学研おはなし絵本)
どい かや (2004/09)
学習研究社

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:どい かや…1969年東京に生まれ、東京造形大学デザイン科を卒業しました。

♪その他の絵本を紹介
ねずみちゃんとりすちゃん なかよしの巻 (学研おはなし絵本)ねずみちゃんとりすちゃん なかよしの巻 (学研おはなし絵本)
(2006/03)
どい かや

商品詳細を見る

チリとチリリ まちのおはなしチリとチリリ まちのおはなし
(2005/11)
どい かや

商品詳細を見る

やまねのネンネやまねのネンネ
(2002/02)
どい かや

商品詳細を見る

ふゆのひのトラリーヌふゆのひのトラリーヌ
(2005/11)
どい かや

商品詳細を見る



☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【チリとチリリ うみのおはなし】
【チリとチリリ】


あらすじФ(・♀・=)
ねずみちゃんとリスちゃんは、とっても仲良しのお友達。
いつでもどこでもお話したいことがたくさんあるみたい。
今日も森の中を歩いて、ぺちゃくちゃおしゃべり。

二人は、川で魚釣りを始めました。
お昼ご飯のサンドイッチの作り方で盛り上がっておしゃべり。
おやおや?魚が針についたご飯を食べて逃げているよ…。
やっぱりねぇ~~~~。
気付いた時には、餌は無くて魚は1匹も取れませんでした。

今日は、のんびり温泉にやってきました。
ポカポカお風呂に入って、帰り道にパフェを食べるお話で楽しそう。
おやおや?顔が真っ赤になってきたけど大丈夫?
やっぱりねぇ~~~~~~。
二人はのぼせちゃったみたいA(^♀^;)

さて今日は、仲良く森のお店屋さんでお買い物
………

ミヅポンの声(^♀^)/
どいさんの絵は、色鉛筆でとってもかわいらしいんですよね。だからきっと女の子は好きなんだろうなぁ。そして女の子と言えば…どうして女の子はお話が好きなのでしょうねぇ~。つい時間を忘れておしゃべりをしちゃうよね。A(^♀^;)反省しています。このリスちゃんとねずみちゃんも反省しないと大変な事になっちゃうよぉ。お話しないでやったらきっとすごい事ができちゃうんだけどなぁ。頑張ってみてね。さてさて、こちらの絵本読んでみてね。どんだけお話しているかは、この絵本を開いてからのお楽しみ。


ミロとしましまねずみ

ミロとしましまねずみ (世界の絵本)
ミロとしましまねずみ (世界の絵本)
マーカス フィスター (2001/07)
講談社

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:5歳くらいから~

著者の紹介☆
作:マーカス・フィスター(Marcus Pfister)…1960年スイスのベルリンに生れる。高校卒業後ベルリンの美術工芸学校を出て、グラフィックデザイナーになりました。1993年に『にじいろのさかな』でボローニャ国際児童図書展エルバ賞を受賞している。
訳:谷川 俊太郎…1931年生まれ。高校を卒業後、詩集や絵本・翻訳・童話の分野で幅広く活躍をされています。


♪その他の絵本を紹介
にじいろのさかな   世界の絵本にじいろのさかな 世界の絵本
(1995/11)
マーカス フィスター

商品詳細を見る

ミロとまほうのいし (世界の絵本)ミロとまほうのいし (世界の絵本)
(1998/09)
マーカス フィスター

商品詳細を見る

しあわせミシュカ (世界の絵本)しあわせミシュカ (世界の絵本)
(2000/10)
マーカス フィスター

商品詳細を見る

ちかみちにはきをつけて―うさぎのホッパー (世界の絵本)ちかみちにはきをつけて―うさぎのホッパー (世界の絵本)
(1996/07)
マーカス フィスター

商品詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【こわくないよ にじいろのさかな】
【たんじょうびはいつも】


あらすじФ(・♀・=)
辺り一面、海にかこまれた小さな岩だらけの島がありました。
嵐が過ぎると、ネズミ達が顔を出しています。
その中の一人が、ネズミのミロ。
ミロも穴の中から顔を出し、外に出てきました。
そして島を一周すると、岩に座り思います。
「海のむこうには何があるのかな?」
そこにユラユラと流木が流れてきました。

ミロは、木の上に乗ってみた。
そして、流木をもっと集めて縄で結び合わせてみるとどうなる?
そうだ!
どうやら良い考えが思いついた様子。
すぐに、仲間にこの考えを知らせてみた。
バルタザールは、おじいさんから聞いていた事を覚えていた。
いかだに乗って島を出て行ったがけねずみがいたと。

そうなったらみんなで力を合わせて木を集め、はっぱで帆を編んで。
やっとできた小さなイカダ!
勇気のある者がイカダに乗り、キラキラ魔法の石を乗せて出発!!
………

ミヅポンの声(^♀^)/
この絵本は、ちょっとフシギな話で私があらすじを書いた後からのページは2つに別れているんですよ。「しあわせなおわり」と「かなしいおわり」があります。どっちを読むかはお好みで。でもさぁ~最初から「かなしいおわり」と書かれると見るのに抵抗があるんだなぁ~A(^♀^;)やっぱり幸せなのが良いよね。でもでも、2つのお話を楽しんでみてねぇ~。


アレクサンダとぜんまいねずみ

アレクサンダとぜんまいねずみ―ともだちをみつけたねずみのはなし
アレクサンダとぜんまいねずみ―ともだちをみつけたねずみのはなし
レオ・レオニ (1975/01)
好学社

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介☆
作:レオ・レオニ…1910年オランダに生まれ、イラストレーターでありグラフィックデザイナー、絵本作家として米国で活躍した芸術家です。
「Little Blue and Little Yellow」でカルデコット賞次点「せかいいちおおきなうち」で児童図書スプリングフェスティバル賞、BIB金のリンゴ賞を受賞しました。また「スイ
ミー」は、国語の本の中に入る程、有名な話でロングセラーです。

訳:谷川 俊太郎……1931年生まれ。高校を卒業後、詩集や絵本・翻訳・童話の分野で幅広く活躍をされています。

♪その他の絵本を紹介
フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし
レオ・レオニ (1969/01)
好学社
この商品の詳細を見る

さかなはさかな―かえるのまねしたさかなのはなし さかなはさかな―かえるのまねしたさかなのはなし
レオ・レオニ (1975/01)
好学社
この商品の詳細を見る

びっくりたまご―3びきのかえるとへんなにわとりのはなし びっくりたまご―3びきのかえるとへんなにわとりのはなし
レオ レオニ (1996/05)
好学社
この商品の詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【スイミー】

あらすじФ(・♀・=)
きゃ~~~!っと悲鳴があがると、そこら中の物がガラガラと飛び交っています。
そして小さなネズミのアレクサンダは全力で逃げてアナの中へ。
アレクサンダはちょっとパンが欲しかっただけなのに…
すごい剣幕で悲鳴を上げ放棄で追い回される。

そんなある日、女の子のアニーの部屋でキイキイと言う音を聞きました。
その招待は、足に車がついた背中にねじがあるネズミ?!
「君は誰?」とアレクサンダが尋ねると…

僕は、ゼンマイネズミのウィリー。
アニーのお気に入りのネズミなんだって。
どうやらウィリーは人間に好かれているネズミなんだね。

色々話すうちに、ウィリーとアレクサンダは仲良しになった。
お互いの生活を話とあこがれが出てきた。
そしてアレクサンダは暗い部屋で人間に嫌われて生活することを考えた時
ウィリーをうらやんだ。

ある日、アレクサンダーはウィリーから不思議な話を聞いた。
それは……?!

ミヅポンの声(^♀^)/
ん~~~~どっちが幸せな生活か?!と言われるとどっちなんでしょうね?ゼンマイだけど、人間に愛されている。自由だけど人間からは嫌われる…。ん~難しい。でもアレクサンダは、ゼンマイネズミのウィリーをうらやんで彼からとっても良い話を聞きます。それで、もしかしたら自分もゼンマイネズミになれるかも?!なんて期待が膨らむわけだけど…ホントにゼンマイネズミになって幸せなのかい?アレクサンダー(>♀<)これから先は、この絵本を読んでみてね。


もしもねずみにクッキーをあげると

もしもねずみにクッキーをあげると
もしもねずみにクッキーをあげると
フェリシア ボンド、ローラ・ジョフィ ニューメロフ 他 (1999/06)
岩崎書店

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
文:ローラ・ジョフィー・ニューメロフ(Laura Joffe Numeroff)…ニューヨークに生まれ、ブラット・インスティテュードでアニメと写真、絵本の勉強をしました。そして在学中に絵本を出版。9社から断られたお話が大手の目にとまり、それがベストセラーとなった。アメリカではねずみグッツが販売され多くの子どもに愛される絵本となりました。
絵:フェリシア・ボンド(Felicia Bond)…テキサスで生まれ、童話作家でもあり画家である。
訳:青山 南(あおやま みなみ)…翻訳家でエッセイスト。

♪その他の絵本を紹介
もしもムースにマフィンをあげると もしもムースにマフィンをあげると
ローラ・ジョフィ ニューメロフ、Laura Joffe Numeroff 他 (2000/01)
岩崎書店
この商品の詳細を見る

クッキーねずみとあそびにいこう ― ミニえほん&人形セット クッキーねずみとあそびにいこう ― ミニえほん&人形セット
ローラ・ジョフィ・ニューメロフ、フェリシア・ボンド 他 (2000/11)
岩崎書店
この商品の詳細を見る

もしもこぶたにホットケーキをあげると もしもこぶたにホットケーキをあげると
フェリシア ボンド、ローラ ジョフィ・ニューメロフ 他 (1999/09)
岩崎書店
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)

もしもネズミに、クッキーをあげるとどうなると思う?!
そうそう、きっとミルクをくれぇ~と言うだろうな。
それから大きなコップでミルクをあげると
飲みにくいからストローをくれ!って言うでしょ。
それで、幸せな顔で満腹になるとナプキンで口をふくから…
ナプキンをくれ~でしょうね。

きっとこのねずみくんは、と~ってもおしゃれなんだろうな。
ナプキンの後は、鏡をみたがるみたいです。
何故かって?
それは、ミルクが口についていると白いヒゲになってしまうからね。
さぁ~鏡を見たら、大変なことに気付いちゃった…。

ミヅポンの声(^♀^)/
このネズミ君のことを誰よりもわかっているのは、この絵本に登場する男の子。さっきからあらすじには、ねずみ君の様子しか書いていないですけど…男の子は、ねずみの要望に応えて先回りをしているんです。クッキーをあげるのも男の子。ミルクを出したりストローをさしてあげるのも男の子。なんでもやってあげて、ネズミ君は幸せだなぁ~~~~~~(^∀^)ノそれでも二人はと~っても仲良しなんだなぁと思う絵本ですよ。ぜひ読んでみてね。


ガシガシねずみくん

ガシガシねずみくん (五味太郎の「干支セトラ絵本」)
ガシガシねずみくん (五味太郎の「干支セトラ絵本」)
五味 太郎 (2005/12)
クレヨンハウス

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:2歳くらいから~

著者の紹介☆
作:五味 太郎(ごみたろう)…1945年東京に生まれ、桑原デザイン研究所ID科修了。工業デザイン・グラフィックから絵本の世界に入り350冊以上のユニークな絵本を生み出している。サンケイ児童出版文化賞・ボローニャ国際絵本原画展・路傍の石文学賞など多数受賞している。

♪その他の絵本を紹介
モーイイヨ (五味太郎干支セトラ絵本) モーイイヨ (五味太郎干支セトラ絵本)
五味 太郎 (2006/03)
クレヨンハウス
この商品の詳細を見る

うさぎはやっぱり (五味太郎さんの干支セトラ絵本) うさぎはやっぱり (五味太郎さんの干支セトラ絵本)
五味 太郎 (2006/11)
クレヨンハウス
この商品の詳細を見る

なにしているの? (五味太郎の「干支セトラ絵本」 8) なにしているの? (五味太郎の「干支セトラ絵本」 8)
五味 太郎 (2007/02)
クレヨンハウス
この商品の詳細を見る

みりょくのみ (五味太郎の「干支セトラ絵本」 9) みりょくのみ (五味太郎の「干支セトラ絵本」 9)
五味 太郎 (2007/05)
クレヨンハウス
この商品の詳細を見る

たびはみちづれ (五味太郎の「干支セトラ絵本」 10) たびはみちづれ (五味太郎の「干支セトラ絵本」 10)
五味 太郎 (2007/08)
クレヨンハウス
この商品の詳細を見る

どこどこここ・ここ… (干支セトラ絵本) どこどこここ・ここ… (干支セトラ絵本)
五味 太郎 (2004/12)
クレヨンハウス
この商品の詳細を見る

げんきにわんわん (五味太郎さんの干支セトラ絵本) げんきにわんわん (五味太郎さんの干支セトラ絵本)
五味 太郎 (2005/05)
クレヨンハウス
この商品の詳細を見る

しっかりはしれば (五味太郎さんの干支セトラ絵本) しっかりはしれば (五味太郎さんの干支セトラ絵本)
五味 太郎 (2005/05)
クレヨンハウス
この商品の詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【まどからのおくりもの】
【てんしさまがおりてくる】
【魔女からの手紙】
【きんぎょがにげた】
【ふゆはふわふわ】
【ふゆ】
【あきはいろいろ】


あらすじФ(・♀・=)
ねずみくんガシガシとチョコレートを食べて 「よい!」の声
そしておせんべいをガシガシ食べて、「ただしい!」
(ん?ただしいって何だ?)

おっと、ガシガシお花を食べているよ
そして「うつくしい」
食べて美しいと感じるなんて、ステキだわ!

次にガシガシ食べたのは、葉っぱ
「南の国の生まれだな」
えぇ~~ガシガシしたら国までワカルだなんて…

ガシガシこの木の年齢は……??
そこまでわかるとは、君っていったい…

ミヅポンの声(^♀^)/
このネズミ君、ガシガシなんでも硬い歯でガシガシやっちゃうんです。でも、そのガシガシがすばらしいほど、なんでもあてちゃうんだなぁ~。フシギA(^♀^;)私が紹介したガシガシの他にも、ねずみくんは色々なものにガシガシしていますよ。ぜひ読んでみてね。そしてこの絵本は干支のぶんだけ動物のシリーズがあります。他の動物のお話シリーズも読んでみてね。


メイシーちゃんとにじいろのゆめ

メイシーちゃんとにじいろのゆめ
メイシーちゃんとにじいろのゆめ
ルーシー カズンズ (2003/10/15)
偕成社

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:2歳くらいから~

著者の紹介☆
作:ルーシー・カズンズ…1969年イギリスで画家の両親の元に生まれました。高校から美術の学校に通い、絵だけではなく印刷の技法や写真・テキスタイルまで幅広い事を学びました。そしてロンドンのロイヤルカレッジオブアート(美術大学)に進み、在学中に「ポートリーのぼうし」絵本賞を受賞しました。それからこのメイシーちゃんシリーズは世界にも有名になり絵本だけでなくDVDやビデオなど、おおくの人にメイシーちゃんは愛されています。
訳:なぎ ともこ…1955年山口県に生まれ、児童図書出版編集部に勤務した後、フリーランスとして絵本の編集や翻訳、創作などにで活躍をされています。

♪その他の絵本を紹介
メイシーちゃんのかくれんぼ (めくったりひらいたり) メイシーちゃんのかくれんぼ (めくったりひらいたり)
ルーシー カズンズ (2000/08)
偕成社
この商品の詳細を見る

メイシーちゃんのきしゃ (メイシーちゃんの型ぬき絵本) メイシーちゃんのきしゃ (メイシーちゃんの型ぬき絵本)
ルーシー カズンズ (2002/03)
偕成社
この商品の詳細を見る

きせかえメイシーちゃん きせかえメイシーちゃん
ルーシー カズンズ (1999/10)
偕成社
この商品の詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【メイシーちゃんのクリスマスイブ】
【メイシーちゃんのプール】
【おたんじょうびのメイシーちゃん】
【メイシーちゃんおたのしみひろばにゆきます】


あらすじФ(・♀・=)
メイシーちゃんが、かわいいベッドでスヤスヤ眠りにつくと……
ほ~ら、夢の中
どんな夢がはじまったのかしら?

友達と一緒にどこかにお出かけするみたいよ。
みんな楽しそう

今度は赤いてんとう虫の夢を見ているのね。
どうやら、メイシーちゃん赤いてんとう虫と同じ大きさになって
お花の茎をてんとう虫とのぼっています。

あっ!また夢が変わったのね。
今度は、オレンジ色の魚の夢をみているみたい。
メイシーちゃん大きなオレンジの魚と一緒に人魚になって
スイスイ泳いでいるよ。

さぁ~今度はどんなゆめ?!

ミヅポンの声(^♀^)/
今年は、ネズミ年ですね。お世話になっているひつじの絵本のらぴ~♪さんに「ねずみの特集なんて楽しいかも」って言われたので「これはいいかも!」と思い図書館からネズミの絵本をドッサリ借りてみました。一緒に楽しんでみてくださいねぇ。じつは…私ネズミって苦手なんです。でも絵にしてみればかわいいもので、年賀状を書きながら「おっ!かわいいかも」なんて思ってみたりしてぇ(^▽^*)♪夢と言えば、初夢はみんなどんな夢を見ましたか?私はねぇ~家の近所の奥さんが元気な赤ちゃんを産む夢を見ました。や~よかったぁ!と思ったけど…私のことはいったいどうなっているので?(^エ^;)


14ひきのせんたく

14ひきのせんたく (14ひきのシリーズ)
14ひきのせんたく (14ひきのシリーズ)
いわむら かずお (1990/05)
童心社

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介☆
作:いわむら かずお…1939年東京に生まれ、東京芸術大学美術学部工芸科を卒業しました。その後パッケージデザインやテレビアニメーションの仕事を経て絵本の世界に入ってきました。栃木県の益子に住んでいて、自然の中で見たままの姿をやわらかいタッチで表現されています。

「14ひきのあさごはん」絵本にっぽん賞
「14ひきのやまいも」小学館絵画賞
「ひとりぼっちのさいしゅうれっしゃ」サンケイ児童出版文化賞を受賞
14ひきシリーズでは14ヶ国に翻訳出版されています。

★ブログで紹介をした著者の絵本
【ねずみのかいすいよく】【ぱろ・ぴこ・ぽろの ゆうだち】
『お父さんのかさはこの子です』
『カルちゃんエルくん ねむいねむい』
『ゆきのひはあついあつい』
『ねずみのさかなつり』
『14ひきのあきまつり』
『14ひきのやまいも』
『のはらのひなまつり』


あらすじФ(・♀・=)
降り続いた雨がやみ、森には夏の太陽がやって来ました。
セミがミ~ン ミ~ン
お母さんが、みんなの洗濯物を集めて「洗濯をしましょう」と言いました。
おじいちゃんやお父さんも仕事が終わったら後から来ることに

谷川についたら みんな水の中に入って 
ジャブジャブ ペッタンペッタン
水玉模様の洋服洗ってるのだ~れ?
足で踏み踏みしているのだ~れ?
ぎゅっ!!っと絞って 木の上に物干し場を作ろう……

ミヅポンの声(^♀^)/
いつ見ても、14ひきシリーズは家族一緒でとても楽しそう。大家族はいつもこんな感じなのかな?なかよしねずみの家族、今日はみんなで洗濯かぁ~!!夏の暑い日は、お皿荒いとか洗濯、洗車に庭の水まき…水を使う仕事も楽しく思えちゃうからフシギよねぇ~(^エ^;)今日はこちらは雨で、昨日の猛暑が嘘のよう。我が家のクーラーはお休みできて安心しているだろうなぁ~(;´▽`A


ねずみのマウスキンときんいろのいえ

11.1.jpg
ねずみのマウスキンときんいろのいえ / エドナ・ミラー

あらすじФ(・♀・=)
ある日しげみの下にあるねずみしか知らない道を通っていると、道の真ん中でフシギな物を見つけました。そのフシギな物はハロウィンのお祭りで誰かが捨てたカボチャちょうちんでした。マウスキンはあまりのうれしさに当たりを気にせず、カボチャに近づきました。その時です!!お腹をすかせたフクロウがマウスキンを襲いました。慌ててマウスキンはちょうちんの中に…。ちょうちんの中をグルリと見渡すとキレイな金色の部屋で広さもマウスキンにピッタリでした。そしてマウスキンは…。

ミヅポンの声(=^♀^=)/
この絵本は森の中でホントにあった話かもしれないですね。森に行って人間が落としたものや捨てたもので、それを家にしている動物がいるのかもしれません。けれどゴミを捨ててはダメですよ!!!(ノ^♀^)ノ~ダメダメ!人を恐れて動物達はかくれてしまい、なかなか自然の様子を目にする事はないですよね~。この絵本を読んで少しでも自然の動物の姿を見れたら良いですね。私は先日、山に行ってどんぐりを拾ったらヒルに刺されました。刺された??吸われた???とにかく痛い!あぁ~痛い!!青くなったよ(=^_^=;)これも自然の生き物なのです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。