スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


14ひきのもちつき

14ひきのもちつき
14ひきのもちつき
いわむら かずお (2007/11)
童心社

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:いわむら かずお……1939年東京に生まれ、東京芸術大学美術学部工芸科を卒業しました。その後パッケージデザインやテレビアニメーションの仕事を経て絵本の世界に入ってきました。栃木県の益子に住んでいて、自然の中で見たままの姿をやわらかいタッチで表現されています。

♪その他の絵本

14ひきのおつきみ 14ひきのおつきみ
いわむら かずお (1988/06)
童心社
この商品の詳細を見る

タンタンのぼうし タンタンのぼうし
いわむら かずお (1978/01)
偕成社
この商品の詳細を見る

もっとかんがえるカエルくん もっとかんがえるカエルくん
いわむら かずお (2002/10)
福音館書店
この商品の詳細を見る



☆これまでに紹介した著者の本
【14ひきのかぼちゃ】
【ねずみのかいすいよく】
【ぱろ・ぴこ・ぽろの ゆうだち】
【お父さんのかさはこの子です】
【カルちゃんエルくん ねむいねむい】
【ゆきのひはあついあつい】
【ねずみのさかなつり】
【14ひきのあきまつり】
【14ひきのやまいも】
【のはらのひなまつり】

あらすじv(^♀^)v
寒い朝、お父さんの薪割りの音でいっくんも起きて来た。
さぁ~今日はお餅つき。
「みんな起きて」とお母さんが子ども達を起こして
上の子達は朝ご飯を食べているよ。
あらあら…まだぼ~~~~~っとしてるのだあれ?

家族でお餅つきの準備。
昨日からふかしておいたお米や杵と臼を運んで
おじいちゃんが藁で臼の座布団を作ってくれたからその上に臼をのせて
みんな外で準備はいいかな?

おっ!お米が蒸けたみたいよ。
餅つきの始まりだ~!!
最初にお米を飛ばさないように練っているのはお父さん
ペッタン ペッタン…

ミヅポンの声(^♀^)/
いつ見ても岩村さんの14匹シリーズは、心がポカポカになって自然の勉強にもなるし、とても楽しい絵本ですよね。今年はネズミ年ってことで、14匹のネズミさんも楽しく1年を過ごすのかな?みんなでいつも協力している家族。今日はお餅つき!とっても美味しい餅ができあがるんだろうなぁ。ミヅポンにもわけてくださいな。


スポンサーサイト
スポンサーサイト

十二支のかぞえうた

十二支のかぞえうた
十二支のかぞえうた
さいとう しのぶ (2005/12)
佼成出版社

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:2歳くらいから~

著者の紹介☆

作:さとう しのぶ……嵯峨美術短期大学洋画科を卒業後、インテリアテキスタイなどのデザイナーを経て、インターナショナルアカデミー絵本教室で学びました。絵本の創作をしながら同教室で研究をしています。また手作り絵本を広める活動をしています。

♪その他の絵本を紹介
あっちゃんあがつく―たべものあいうえお あっちゃんあがつく―たべものあいうえお
みね よう、さいとう しのぶ 他 (2001/03)
リーブル

この商品の詳細を見る
おしゃべりさん (おはなし30ねえ、よんで!) おしゃべりさん (おはなし30ねえ、よんで!)
さいとう しのぶ (2005/02)
リーブル
この商品の詳細を見る

おいしいおとなあに? (えほん、よんで!) おいしいおとなあに? (えほん、よんで!)
さいとう しのぶ (2002/05)
あかね書房
この商品の詳細を見る

おやすみのぎゅう おやすみのぎゅう
さいとう しのぶ (2007/09)
佼成出版社
この商品の詳細を見る


☆これまでに紹介した著者の本
【あっちゃんあがつくたべものあいうえお】
【しりとりしましょ】

あらすじv(^♀^)v
「かごめ かごめ」の歌しっている?
この干支の絵本を「かごめ かごめ」のリズムで歌いながら見てね。
楽しいよぉ~~~~~~!!
知らない人は、一番後ろの楽譜を読んでみよう…
歌詞が読めない人は……自分のリズムで楽しんでみよう!!(^∀^)ノ

さぁ~~~~~
「1月1日 1時に ねずみが 餅食べた いくつ食べた?」(←本文使用)
ボンボン時計が1時をさしました。
コタツには御節とお正月の料理がいっぱい
床の間には鏡餅
テーブルの上には、寿の箸を持ったネズミが
大きなお餅を、のび~~~~~~~~っと食べています。

「2月2日 2時に 牛がチョコ食べた いくつ食べた?」(←本文使用)
丸い時計がちょうど2時をさした時
とろりとLOVEの文字が、あま~いチョコレートについて
お口の周りをチョコだらけにした、甘い顔の牛ちゃん。
バレンタインは誰にチョコをあげるのかしら?

「3月3日……」

ミヅポンの声
「あっちゃんあがつく」を描いたさいとうさんの絵本です。とってもかわいらしい干支絵本ですよぉ。またしてもリズムにのせて歌ったらあっという間に読み終わってしまいました。家族で歌いながら読んでみてね。何度も読んだらきっと見なくても口ずさむかもよん♪


おせちのおしょうがつ

おせちのおしょうがつ (ワンダーおはなし絵本)
おせちのおしょうがつ (ワンダーおはなし絵本)
ねぎし れいこ (2007/11)
世界文化社

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:4歳くらいから~
著者の紹介☆
作:ねぎし れいこ…埼玉県に生まれ、公共図書館の児童室に勤務し、絵本の読み聞かせなどをおこなううち書き手となり、保育絵本を中心に活躍されています。

絵:吉田 朋子…愛知県に生まれ、イラストレーター、造形作家。企画デザインセンターに勤務後フリーとなる。イラストの他手芸やお菓子など多彩な分野で活躍中。

あらすじФ(・♀・=)
おせち料理がみんなで鏡餅の家に遊びに行くころになりました。
お重箱の車に乗って(タイヤはレンコンです)
ゴットン ゴットン進む。
運転手は、数の子さんです。

そこに「こんにちは~!」とあらわれたのは
喜ぶのコブ巻きさんと
腰の曲がった海老さん。
さぁ~さぁ~車に乗ってみんなで行きましょう。

き~~~~~んっと飛んできたのはキントン…栗きんとんです。
ごまめたちまでやってきた。
あっちの丘からキンピラさん
こっちの丘から伊達巻さん。
車はギュウギュウですねぇ~。

でもそこに、おっとおっとのおとそさんが
中身をチャッポンとさせてゆっくりやってきた。
けれど、「おとそはおせち料理じゃないからダメぇ~!」
っと言ったのは?………

(* ̄Oノ ̄*)御節の中身の由来ってしっている?

海老(えび)…腰が曲がっているでしょ。それを老人に例えて腰が曲がるほど長生きできるって願いが込められているんです。

数の子(かずのこ)…卵がた~~~くさん詰まっているでしょ。それは子孫繁栄の願いなのです。

金団(キントン)…漢字から想像つくかな?金団=黄金の団子。宝物って意味で、豊かな暮らしができるようにぃ~です。キラキラしていて綺麗だよね。

きんぴらごぼう…坂田金時(金太郎)の子である坂田金平に重ね合わせて強くたくましく立派なものを意味しています。

黒豆…黒には魔よけ効果があり、豆に働き健康に過ごせますようにって願いを込めて。

伊達巻…伊達巻って卵をたっぷり使うんです。伊達は伊達政宗からきているようです。政宗は派手好きだったので=華やかで人目につくって意味と卵は子孫繁栄の意味が込められています。

昆布巻き…喜ぶ=よろこぶ=こぶ おめでたい意味があるのね。

ごまめ(イワシの稚魚)…良い米がとれますようにぃ~と豊作を祈願しています。
別名:田作りとも言うそうで。

紅白かまぼこ…祝儀用としてめでたい色ですからね。元は神饌の赤米、白米を模した物だったようです。

お多福豆 …文字の通り福が多い!これは入れないとダメでしょぉ♪

まぁ~その土地で入れるものがことなるので、調べてみてねぇ(^^)





ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
ちょっとお正月には遅くなってしまった感じですが、やっと図書館から借りてこれたので、1月なのでOKかしら?ってことで紹介しま~~~~す。にぎやかなお重箱ですねぇ~。みんなで仲良く鏡餅さんの家に行くことができるのかしら…でもミヅポンは知っているのです。事件があるのですよぉ~!それは、おとそさんに言った人物なのです。誰でしょうねぇ~?それは読んでからのお楽しみ。この絵本は布で出来ていて可愛らしい絵本ですよぉぜひ読んでみてね。


いろはのかるた奉行

いろはのかるた奉行 (講談社の創作絵本)
いろはのかるた奉行 (講談社の創作絵本)
長谷川 義史 (2005/11)
講談社

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:小学校低学年くらいから~(文字量がかなり多いです)

著者の紹介☆
作:長谷川 義史(はせがわ よしふみ)…1961年大阪に生まれ、グラフィックデザイナーを経て、イラストレーターになりました。たくさんの賞を受賞しています。独特のセンスで暖かみのある絵本を多数出版していますよ。

♪その他の絵本を紹介
ストーブのふゆやすみ (とっておきのどうわ) ストーブのふゆやすみ (とっておきのどうわ)
村上 しいこ (2007/12/07)
PHP研究所
この商品の詳細を見る

きみたちきょうからともだちだ きみたちきょうからともだちだ
長谷川 義史、中川 ひろたか 他 (2005/03)
朔北社
この商品の詳細を見る

トトトのトナカイさん トトトのトナカイさん
長谷川 義史 (2006/02)
ブロンズ新社
この商品の詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【うん このかあちゃん】
【おへそのあな】
【生麦生米生卵】
【いろはにほへと】
【おじいちゃんのごくらくごくらく】
【ぼくのえんそく】
【おたんじょうびのひ】


あらすじФ(・♀・=)
いろはかるた奉行?!それってな~に?
江戸時代から伝わる、いろはかるたを現代版に作り変えている奉行なり。
さぁ~一緒に勉強してみよう!!

(い)
江戸時代バージョン:犬も歩けば、棒にあたる
この意味は、犬も出歩いてばかりいると棒でたたかれるって意味だったんです。
犬はウロチョロするから出歩いてばかりだと災いがあるよっていう教えなのね。
また、別の意味もあって…歩き回っていればそのうち良いことにぶち当たるって意味にもとられているみたいです。

さて、奉行が考えたバージョンは:犬も暑けりゃぼうっとする
?!なぬ??「犬も暑けりゃ ぼうっとする」?どういう意味なの?
犬は暑いのが苦手だからぼうっとして当たり前とか…(^エ^;)
後先考えずに無理をしないように!ってことだそうで…
そりゃ~おっさんと一緒にサウナに入ったら、犬だってぼうっとするよなぁΣ(・ω・ノ)ノ!ダイジョウブカ

(ろ)
江戸時代バージョン:論より証拠
論をせんより証拠を出せ!っと。これが短くなったのがコレなのね。
口で説明するよりも目で見たほうが早いってことか。
(この説明に続く長谷川さんの文は、かなり納得で(笑)なのです)

奉行バージョンでは:ロールパンよりチョコ
メチャメチャ現代バージョンになってるじゃないかぁ | 壁 |д・)ジ~ィ…
我慢をするのは大切だけど、自分の気持ちに素直にってことだそうで…
ロールパンよりチョコって、どこからその意味になるのじゃ?!
それはですねぇ~
「僕はロールパンよりもチョコレートの方が食べたいんです」と素直な気持ちを意味しているらしい。
その後は、ちゃんと歯磨きをしよう!っとエライことを言っております(^^)

(は)
……

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
この絵本は、かなり長いです。そして絵本に突っ込みを入れながら進んでしまいました。私は長いお話だったのと( )ごとにいろはがわかれているので、分割して楽しみましたよん。流石、いつも面白い絵本を考えている長谷川さん。今回も笑いの渦にのまれてしまいました。無理やり的な奉行バージョンが、心に残ってしまって本来の江戸時代のいろはかるたを忘れてしまっているところがイケてないのですが(^エ^;)まぁ~それは、ミヅポンの能力不足ってことで。みなさんは、江戸時代と奉行バージョン楽しんで比べてみてね。江戸時代のことわざは、と~っても勉強になりますよ。そして表紙を開いてからと、最後の背表紙を閉じるところには、勉強できるページもあるので挑戦してみてね。


もみのき山のお正月

もみのき山のお正月
もみのき山のお正月
渡辺 有一 (2005/10)
佼成出版社

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介☆
作:渡辺 有一…1943年満州で生まれ、「ねこざかな」でボローニャ国際児童図書展グラフィック賞を受賞しました。その後「はしれきたかぜ号」で絵本にっぽん賞を受賞しています。その他にも多数の面白い作品を誕生させています。

♪その他の絵本を紹介
たろうとつばき たろうとつばき
渡辺 有一 (1978/12)
ポプラ社
この商品の詳細を見る

ねこのはなびや (えほんあらかると) ねこのはなびや (えほんあらかると)
渡辺 有一 (2001/06)
フレーベル館
この商品の詳細を見る

ごあいさつごあいさつ (あかね・新えほんシリーズ) ごあいさつごあいさつ (あかね・新えほんシリーズ)
渡辺 有一 (1999/09)
あかね書房
この商品の詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【はる・なつ・あき・ふゆ これなあに】


あらすじФ(・♀・=)
モミの木山に住んでいる山ねこは、植木屋さん。
町の真ん中にあるモミの木は、やっとクリスマスの飾りが取れて
すぐにお正月のおかざりをつける準備で大忙し。
モミの木は、山ねこのおじいちゃんがプレゼントしたもの。
大切に育てられ、とっても大きな木になりました。

山ねこたちは、竹や松の枝と沢山の道具をトラックにつめて町の広場に向かいました。
ねこさんは、町では人気者。仕事をしているとみんなから声をかけられます。
モミの木の仕事を終えると、今度はお正月用の門松やおかざりを売ります。
みんな足早で、年末は大忙し。
山ねこたちも夕方には、正月用の買い物をして帰ります。
ここでも、みんなから声をかけられて人気者。

さて、いよいよ今日は大晦日
年を越す準備は完璧だったはずが…
あんまり大忙しだった山ねこさんの家は、お餅を用意するのを忘れちゃった!
さぁ~大変どうする?
町の人に声をかけようかと外に出ると……

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
「ねこざかな」で有名な渡辺さんですが、この絵本もとっても可愛らしい山猫一家と町の人の温かさを感じる絵本ですよ。ホント年末ってバタバタしちゃって…年を越したら「あ~忘れてた!」なんて言うものです(私だけ?!)昨年の年末も絵本の応募に追われてしまい、結局バタバタと年を越してしまいました。今年は始まったばかりだけど計画的に年をのんびり越せるように日々努力をしようと思っています(←ちなみに、毎年思っているんです)まぁ~わたしのことは置いておいて…この絵本で年末の様子やお正月のようすを楽しんでみてくださいね。


おもちのきもち

おもちのきもち (講談社の創作絵本)
おもちのきもち (講談社の創作絵本)
かがくい ひろし (2005/12)
講談社

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:3歳くらいから

著者の紹介☆
作:かがくい ひろし(加岳井 広)…1955年東京に生まれ、東京学芸大学教育学部美術学科を卒業しました。人形劇や紙を使った造形作品の制作で発表をしています。紙技大賞展準大賞を受賞しています。講談社絵本新人賞を2度受賞しています。50歳で絵本作家としてデビューしました。

♪その他の絵本を紹介
おむすびさんちのたうえのひ おむすびさんちのたうえのひ
かがくい ひろし (2007/05/16)
PHP研究所
この商品の詳細を見る

もくもくやかん (講談社の創作絵本シリーズ) もくもくやかん (講談社の創作絵本シリーズ)
かがくい ひろし (2007/05/18)
講談社
この商品の詳細を見る

だるまさんが だるまさんが
かがくい ひろし (2007/12)
ブロンズ新社
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
今日は、だごさくさんちのお餅つき
力を込めて、ぺったんこ!ぺったんこ!!

臼の中のおもちは、べったん×べったん 頭をつぶされる
(この不愉快そうな顔)
そう思っていると、臼から出されてのし棒で 
のべぇ~~~~~~~っと延ばされ
ある物は、プチンとちぎって丸められる。
粉やらネバネバした納豆とまぜられ
(あぁ~あ!お餅の顔ったら…みちゃおれんよ)

このお餅はよかったよ。
鏡餅として大事にされちゃって
床の間のお偉い席に、赤い木でできた立派な台に乗せられ
頭の上にみかんをのせて
そりゃ~大切に飾られているわけですからね。

でもいつ何時 食べられるかわかりませんぞ!
そして、鏡餅さんは………
(出たぁ~~~~~~~スゴイ!!!)


ミヅポンの声(^♀^)/
この絵本は、いつも遊びに伺わせて頂いています、ひつじの絵本のらぴ~♪さんの紹介で知って借りて来ました。と~っても楽しくて、おもちのネバネバがうつってしまったのかしら?何度も読んでしまいました。そうだよねぇ~!ぺったんこぺったんこされて食べられたら、「おもちのきもち」わかる気がする。頭たたかれ、延ばされ混ぜられ…パクリだもんねぇ。さて、鏡餅さんはスゴい事になりますが、ここが勢いがあってと~っても楽しいんです。それは、この絵本の画材のせいかしら?お餅の力強い感じを出していて、と~っても笑えますよ(いやいや…お餅のきもちになれば、笑っちゃいかん)!お正月の一冊に読んで、おもちを食べる前に一礼しましょう♪


あけましておめでとう

あけましておめでとう (ピーマン村の絵本たち)
あけましておめでとう (ピーマン村の絵本たち)
村上 康成、中川 ひろたか 他 (1999/10)
童心社

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:2歳くらいから~

著者の紹介☆
作:中川 ひろたか…1954年生まれ。5年間保育園で保父さんとして勤務しました。デビュー作がこの絵本で、その後続々と楽しいユーモアあふれる絵本を誕生させています。1987年みんなのバンド「トラや帽子店」のリーダーです。みんなのバンド「トラや帽子店」のリーダーで歌にも力を入れています。
絵:村上 康成(むらかみ やすなり)…創作絵本をはじめ、ワイルド・ライフ・アートなどのグラフィック関連で独自の世界を幅広く転回している自然派アーティスト。1986年1988年1989年ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞を受賞。1991年ブラチスラバ世界絵本原画展金牌などの受賞を重ねています。
♪その他の絵本を紹介
わははは!ことばあそびブック わははは!ことばあそびブック
村上 康成、中川 ひろたか 他 (2001/04)
PHP研究所
この商品の詳細を見る

かいじゅうのこんだて (わははは!ことばあそびブック) かいじゅうのこんだて (わははは!ことばあそびブック)
村上 康成、中川 ひろたか 他 (2003/01)
PHP研究所
この商品の詳細を見る

とんとんどんどん (わははは!ことばあそびブック) とんとんどんどん (わははは!ことばあそびブック)
村上 康成、中川 ひろたか 他 (2003/01)
PHP研究所
この商品の詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
ー中川さんの絵本(ブルトンシリーズ)ー
【こぶたのブルトン なつはプール】
【こぶたのブルトン 秋は運動会】

ー共作絵本ー
【さつまのおいも】
【ようこそうみ】
【みんなともだち】
【おおきくなるっていうことは】
【おつきみうさぎ】
【クリスマスオールスター】

あらすじФ(・♀・=)
カレンダーは1月1日 1年の始まりの元旦です。
始まりの挨拶と言えば、「あけましておめでとう」

家の玄関には、門松やお飾りを飾ります。
新聞なんて、今までに見たことないくらいドッサリ!
その中には、広告が山盛りさぁ!!
そしてテレビをつけると、どこのチャンネルもきれいな着物姿のお兄さん&お姉さん

お正月の料理と言えば、もちろん御節
おせちってなぁ~に?
まず、若い順におとそを飲んで
お重箱に入っているレンコンやお豆や昆布を食べるんです。
おせちにはそれぞれどんな意味があるのかな?

そして、これを食べないとね。
のび~~~~~~る、お餅。

ポストを見ると、ドッサリ葉書が届いているよ。
これが年賀状ね。
みんなからのご挨拶「あけましておめでとう」……

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
そうそう!お正月=あけましておめでとう!で、お正月の出来事はこれを見れば、みんな納得しちゃうだろうなぁ。とても楽しい絵本ですよ。そしてお正月の過ごし方を知らない人は、これを真似してみるのも楽しいかもね。みなさんは沢山年賀状届きましたか?た~~~~くさんの新聞の中の広告で、朝から並んで安い商品を買った人もいるかもね。そうそう、お正月と言えば福袋。みなさん福袋を買ったりしますか?私はねぇ~~~~毎年ジブリグッズの福袋を買いますよ(=^♀^=)ノ今年もニンマリの商品に幸せな始まりを楽しんでいます。


もうすぐおしょうがつ


作:寺村 輝夫
絵:いもと ようこ
出版社:あかね書房
税込価格:1,223円




対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
文:寺村 輝夫…1928年東京に生まれ、早稲田大学を卒業しました。文京女子短期大学保育科の教授。その他童話や民話の著作も多く手がけています。毎日出版文化賞、国際アンデルセン国内賞、講談社出版文化賞を受賞。
作:いもと ようこ…1944年兵庫県に生まれ金沢美術工芸大学を卒業後、教員生活を経て絵本の世界に入りました。独自の貼り絵の方法で心温まる世界観を表現しています。作品に『いないいないばあ』『こりすのはつなめ』『くりすますの いぬ』などなど他数あります。『ねこの絵本』や『そばのはなさいたひ』では2年連続ボローニャ国際児童図書展エルバ賞を受賞。『うたの絵本?』では1987年同賞グラフィック賞を受賞しています。

♪その他の絵本を紹介

おしゃべりなたまごやき おしゃべりなたまごやき
寺村 輝夫、長 新太 他 (1972/12)
福音館書店
この商品の詳細を見る

わかったさんのクレープ (わかったさんのおかしシリーズ) わかったさんのクレープ (わかったさんのおかしシリーズ)
永井 郁子、寺村 輝夫 他 (1991/05)
あかね書房
この商品の詳細を見る

ぼくは王さま (新・名作の愛蔵版) ぼくは王さま (新・名作の愛蔵版)
和田 誠、寺村 輝夫 他 (2000/01)
理論社
この商品の詳細を見る

つきのよるに (えほんのマーチ) つきのよるに (えほんのマーチ)
いもと ようこ (2004/09)
岩崎書店
この商品の詳細を見る

ノアのはこぶね ノアのはこぶね
いもと ようこ (2004/04)
女子パウロ会
この商品の詳細を見る

青い鳥 青い鳥
メーテルリンク (2007/09)
金の星社
この商品の詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【くりすますのいぬ】
【ねこの絵本】
【もうおねしょしません】
【おばけのがっこうへきてください】
【おともだちほしいなおおかみくん】
【あしたもあそぼうね】
【ぼくやってみるよ】
【たんじょうびのおきゃくさま】
【きつねとぶどう】
【みんなげんきで七五三】
【いもほりよいしょ】
【おおきなおおきな木】

あらすじФ(・♀・=)
今日は朝から雪が降りそうな天気
リスのちろえちゃんは、栗の木園に行きたくなくて
幼稚園を休んでしまいました。

夕方、園のめいこせんせいが心配して家まできてくれました。
「明日、お餅つきをするから元気になったいらっしゃい」と言いました。
ちろえちゃんは、本当は行きたかったのに…「行けないもん」と答えてしまいました。
先生が帰ってから、嘘をついたことを後悔しながら
コタツの中に入っていると…

「羽根つきしようよ!」と声が聞こえてきました。
その声は、どうやらコタツの中から。
コタツの中を見ると、お友達のちゅうこちゃんが羽子板をもって出てきました。
そしてコタツの中にもぐってみると、みんなが羽根突きで遊んでいます。
急にちろえの方に、羽が飛んできたから取ることができず…頭にゴチン!!

「寒がりにはお正月は来ないわよ~」っと、ねこのみねこちゃんはまた羽を飛ばしました。
そして、どんどん羽が飛んでくるから…ちろえちゃんは大急ぎで逃げて………。

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
寒いと外に出たくない!!その気持ちがすご~~~くわかります。でも、お餅つきには行きたいよねぇ(^エ^;)お正月前の用意は何だか楽しくて出かけられるけれど…お正月後の寒いのには、ちょっとねぇ~~~~。でも今年も始まったばかりなので頑張ってまいりましょう(=^♀^=)ノ


十二支のお節料理

十二支のお節料理
十二支のお節料理
川端 誠 (1999/12)
BL出版

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:3歳くらいから~

著者の紹介☆
作:川端 誠(かわばたまこと)…1952年新潟県に生まれ、絵本作家です。多数の絵本を出版し「鳥の島」では第5回絵本にっぽん賞を受賞しています。

♪その他の絵本を紹介
落語絵本 じゅげむ (落語絵本 (4)) 落語絵本 じゅげむ (落語絵本 (4))
川端 誠 (1998/03)
クレヨンハウス
この商品の詳細を見る

めぐろのさんま (落語絵本) めぐろのさんま (落語絵本)
川端 誠 (2001/12)
クレヨンハウス
この商品の詳細を見る

落語絵本 まんじゅうこわい (落語絵本 (2)) 落語絵本 まんじゅうこわい (落語絵本 (2))
川端 誠 (1996/03)
クレヨンハウス
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
年越しが近くなると、お正月を迎えるための準備があちらこちらで始まります。
お正月の行事と言えば、新年を祝ってお節を食べ年神様から1年の力を授かります。

お節料理を作るために年神様がそれぞれの動物に係りを決めました。
その動物達が十二支…つまり12の動物ってわけです。

最初はネズミたちに、声をかけて家の掃除と正月用の飾り付けをお願いしました。
ネズミたちは、あっちにこっちに大忙し。
障子を張り替えたり、ほうきではいて家の中をきれいにね!
おっ!餅つきまでねずみさんの係りなのね。大変だわぁ~紅白もち作って。

次は牛です。牛は常に田畑に出て仕事をしているので
自然の野菜のことならおまかせなのね。
そして力持ちだから、良い野菜を持って運ぶ係り。

とらは、千里を走り遠くの国までいって珍しい食べ物を集めるんです。
よその国には、見たことのないものが沢山ありますからねぇ。

さて、うさぎさんの仕事はなにかな??


ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
なるほどぉ~十二支の役割はこんな風に決まっていたのね。でも我が家には十二支がいないので、ぜ~~~んぶ家族で分担してやらないとね。みなさんは、年を越す前にちゃんと準備は出来ていますか?私は昨年バタバタしちゃって何だか知らぬ間に年を越していたような…って感じなので十二支の準備のようにはいきませんでした。でもこの絵本を読んだから、今年の暮れは早く準備ができるかな(^▽^*)まぁ~今年も始まったばかりなので、無理せず頑張るよぉヾ(@^▽^@)ノエイエイエォ


十二支のはなし

十二支のおはなし (えほんのマーチ)
十二支のおはなし (えほんのマーチ)
山本 孝、内田 麟太郎 他 (2002/11)
岩崎書店

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介☆
文:内田 麟太郎…1941年福岡県に生まれ、多数の絵本をユーモアあふれるセンスで書いています。
絵:山本 孝…1972年愛媛県に生まれ、大阪デザイナー専門学校編集デザインコース絵本科を卒業しました。またあとさき塾で絵本の勉強をしています。

♪その他の絵本を紹介
たぬきのおつきみ (えほんのマーチ) たぬきのおつきみ (えほんのマーチ)
山本 孝、内田 麟太郎 他 (2003/09)
岩崎書店

この商品の詳細を見る
えんまとおっかさん (カラフルえほん) えんまとおっかさん (カラフルえほん)
山本 孝、内田 麟太郎 他 (2005/07)
岩崎書店
この商品の詳細を見る

カミさま全員集合! (レインボーえほん) カミさま全員集合! (レインボーえほん)
山本 孝、内田 麟太郎 他 (2006/10)
岩崎書店
この商品の詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【わたしのおひなさま】
【あいつもともだち】
【ふくもうちおにもうち】
【さみしがりやのサンタさん】
【ありがとうともだち】


あらすじФ(・♀・=)
昔々、年の暮れに神様が動物達を集めて言いました。
新年のご挨拶にきなさい。
早いものから12番目まで1年ずつその年の大将にしようじゃないか。
これを聞いた動物は喜んで、目はやる気まんまんです!

猫なんて喜びのあまり…大事なことを忘れてしまいました。
そして、ネズミにいく日を聞くと…正月の2日だと言いました。
それを聞いた猫は、もちろんぐっすりとその日を待ちます。

それに比べて、牛ときたら歩くのが遅いのを知っているので
もうすでに出発しています。
満月の夜道をノッソリズッシリと神様の家に向かっています。

でも…よ~~~~く見ると
牛の背中には、ねずみの姿が…
なんてちゃっかり者なんでしょう!!

そして、神様の家についたのは…もちろん昨日出発した……

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
この話は、荒井良二さんの「十二支のはじまり」と同じ話ですねぇ。かわいいのを選ぶなら荒井さんで、ダイナミックさを選ぶなら山本さんの絵でしょうね。みなさんはどっちの絵が好みかしら?さてさて、12番目までに入るのは干支を知っている人はもちろんわかりますが、どんな風にゴールするのかは…この絵本を読んでからのおたのしみぃ(^▽^*)


十二支のことわざえほん

十二支のことわざえほん
十二支のことわざえほん
高畠 純 (2006/11)
教育画劇

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:5歳くらいから~
(ふりがな付き漢字を含みます…がちょっとことわざなので難しいかと(^エ^;))

著者の紹介☆
作:高畠 純…名古屋に生まれ、愛知教育大学美術科卒業。東海女子短期大学の教授をされています。「だれのじてんしゃ」でボローニャ国際児童図書展グラフィック賞を受賞。「オースッパ」で日本絵本賞受賞。その他も多数の絵本を出版しています。

♪その他の絵本を紹介
だじゃれどうぶつえん だじゃれどうぶつえん
中川 ひろたか、高畠 純 他 (1999/04)
絵本館
この商品の詳細を見る

おどります おどります
高畠 純 (2005/06)
絵本館
この商品の詳細を見る

プレゼントはなあに プレゼントはなあに
高畠 純 (1988/11)
絵本館
この商品の詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【ワニぼうのこいのぼり】

あらすじФ(・♀・=)
ーネズミに関することわざー
●袋の鼠(ふくろのねずみ)
袋の中に追い込まれたねずみ
(ん~?!今年ネズミ年だけに、このことわざはビミョウだわねぇ)
この意味は、もうどこにも逃げられないよぉ~
。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。ビエェ~ンってことなんです。

●窮鼠猫を噛む(きゅうそねこをかむ)
追い詰められたネズミが逆に猫に噛み付く
(逆切れほど怖いものはないわよねぇ)
火事場のくそ力と言うくらい、せっぱ詰まった時には
パワーを出して強い敵に挑むことができるのよね。

ー牛に関することわざー
●牛歩(ぎゅうほ)
字のごとく牛の歩みでござ~~~~る。
牛はノシノシとってもゆっくり歩く動物なんだよね。ダラダラして物事が進まないことを言っているんです。

●食べてすぐに寝ると牛になる(たべてすぐにねるとうしになる)
食べてすぐになるとぐうたらした牛のようになるのよ!
(きゃ~自分のことのようで恐ろしい)
これは食事の後にすぐ横になるのは行儀が悪いって教えです。でもホントはちょっと横になったほうが体に良いと聞いたことがありますよ。

…………

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
みなさんはこの絵本の中のことわざを知っていますか?1度は聞いたことがあるかもしれないなぁ~。私なんて、聞くだけで当てはまっているようで(^エ^;汗)な感じだったりもします。ことわざなので難しい言葉も使われていますが、意味と一緒にお勉強してみるのも楽しいかもしれませんぞ。興味があったら読んでみてね。


十二支のはじまり

十二支のはじまり (おひさまのほん)
十二支のはじまり (おひさまのほん)
荒井 良二、やまち かずひろ 他 (2006/11)
小学館

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:4歳くらいから~

著者の紹介☆
文:ぶんやまち かずひろ…「もものすけのおさんぽ」で第2回小学館おひさま大賞を受賞。「トマトマト」で第12回MOE童話大賞を受賞しました。
絵:荒井良二…小学館児童文化賞、ボローニャ国際児童図書展特別賞、講談社出版文化賞絵本賞、児童文学界のノーベル賞と称されるアスリッドリングレーン記念文化賞など数々の賞をとり日本を代表する絵本作家です。

♪その他の絵本を紹介
5歳のお気に入り絵本集 おひさまのほん (おひさまのほん) 5歳のお気に入り絵本集 おひさまのほん (おひさまのほん)
荒井 良二 (2003/06/11)
小学館
この商品の詳細を見る

もものすけのおさんぽ (おひさまのほん) もものすけのおさんぽ (おひさまのほん)
荒井 良二、やまち かずひろ 他 (2001/02)
小学館
この商品の詳細を見る

たいようオルガン たいようオルガン
荒井 良二 (2007/05)
アートン
この商品の詳細を見る

そのつもり そのつもり
荒井 良二 (1997/12)
講談社
この商品の詳細を見る


☆過去にブログで紹介をした著者の絵本
【魔女からの手紙】


あらすじФ(・♀・=)
12月のある日、神様は考えました。
お正月にみんなが遊びに来るにはどうしたらいいかな?
神様は顔を洗って良い考えがひらめいたようです!

来年1月1日にご馳走大会を開くよ。
早く来たものに、ごほうびをあげよう!

動物達は、やる気マンマンです。
でも、うっかりしている猫は…いつやるんだっけ?とネズミに言いました。
ネズミは、2日と言ったよと言いました。
(ん?ネズミ君…きみ…もしかして嘘ついたのか?!)

ネズミは、負けたくなかったので12月31日に外の丘で眠りました。
夜中に揺れて目を覚ますと…
そこは、牛の背中の上でした。
空が明るくなったころ、神様の家に着くと…
ネズミは牛の背中からヒョイっと降りました。

一等賞はネズミくん
2等賞は、牛くん
っと神様は言いました。
えぇ~~~~~~~~~!ネズミくん一番なのぉ?!
まぁ~決まってしまったものは仕方がない…
さて、3番は誰かな?

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
このおはなしは、干支のお話で知っている人も多いし絵本に何冊もなっていますよねぇ。でも荒井良二さんの絵は面白いですぞ。かわいいんだなぁ~これが。以前TVで荒井さんが出ていました。その中で、子どもに鉛筆書きでグルグル描いたものにたいして「下書き消したほうがいいよ!」と指摘されたみたいです。でもその言葉を聞いた荒井さんはニンマリだったそうで、そこに彼の良さがあるんだなぁ~と…とってもステキな方でしたよ。ってことで、今年は荒井さんの作品を沢山読んでみたいと思っていま~す。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。