スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


パンダのシズカくん

パンダのシズカくん
パンダのシズカくん
ジョン・J.ミュース、三木 卓 他 (2007/03)
フレーベル館

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。



対象年齢:6歳くらいから~(ふりがな付き漢字がありますよ)
著者の紹介☆
作:ジョン・J・ミュース(Jon J Muth)…アメリカオハイオ州生まれ。日本で石の彫刻を学び、オーストリア・ドイツ・イギリスで印刷やデッサンを学びました。
訳:三木 卓(みき たく)…1935年静岡に生まれ、早稲田大学を卒業しました。詩人であり作家です。

♪その他の絵本を紹介
しあわせの石のスープ しあわせの石のスープ
ジョン・J. ミュース (2004/12)
フレーベル館
この商品の詳細を見る

ふれ、ふれ、あめ! (海外秀作絵本) ふれ、ふれ、あめ! (海外秀作絵本)
ジョン・J. ミュース、カレン ヘス 他 (2001/06)
岩崎書店
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
マイケルがドアの向こうから叫んでいます。
マイケルとは一番末の男の子。
「たいへんだぁ~外に熊がいるんだってばぁ!傘さして座ってるぅ~」
傘さして…?一番上の男の子マイケルが顔を出し外に出ると、
一番上の姉さんアディーが出てきた。

「僕のうちから風が吹いて、傘ごとお宅に飛ばされてしまいました。」熊はシズカくんと申します。

次の日、アディーがケーキを持ってシズカくんの家にやってくると…
外のテントの中にいました。
二人のお誕生日でもないけれど、ケーキを持ってきてくれたアディーにお話をひとつ!

シズカくんのおじさんのお話です。
題は「おじさんとお月さま」って事で…
丘の上に住んでいたおじさんは、慎ましい暮らしをしていました。
そこへ、どろぼうがやってきてゴソゴソ探しています。
おじさんは「やあいらっしゃい」と泥棒に話しかけました。
それどころか「良く来たね!これを持っていってくださいな」と
せっかくきた泥棒さんに、ボロボロの自分が着ていた上着を差し出しました。
泥棒は急いでそれを受け取り逃げました。
けれど、おじさんは丘の上に上がって思いました。
「気の毒な事をしたなぁ~。
ボロの上着じゃなくて、このお月様もあげられたらどんなによかったことか」
とキレイな三日月お月様を見て思うのでした。

アディーはおじさんの良い話を聞いてシズカ君と一緒にケーキを食べました。

次の日マイケルが………

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
この絵本最後まで読むと心が落ち着くのはナゼでしょう??相棒にこの本心が落ち着くから読め!と言ったら…「オラは心がいつでも落ち着いてるから読まなくてもいい!」と言いました。ばかだなぁ~この本を読まないだなんて!!ん?オラは心が落ち着いている…なんだかトゲがあって不愉快な言葉だなぁ~(#`ε´#)クゥ~~~~!!!!!イライラしてきた!!!!!もいっかいこの絵本を読んで心を落ち着けましょう。
この絵本は、作者が東洋の思想を学んだ方で禅の心に基づいて書いたそうです。3つの良いお話の中には、その心が感じられました。通りで心が落ち着いたわけですな(^▽^*)ナットク!


スポンサーサイト
スポンサーサイト

喜びの泉

喜びの泉―ターシャ・テューダーと言葉の花束
喜びの泉―ターシャ・テューダーと言葉の花束
ターシャ テューダー (1999/11)
メディアファクトリー

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:小学校高学年くらいから~
著者の紹介☆
作:ターシャ・テューダ…1915年アメリカ北東部ニューイングランド地方で生まれました。ニューイングランドの山林で自然と花と動物に囲まれター シャの工夫を凝らした生活をしている。彼女の作品や彼女の前向きな生き方は、おとなから子どもに幅広く愛されている。
訳:食野 雅子…1944年生まれ。国際基督教大学を卒業し、サイマル出版会を経て翻訳家となりました。

ターシャさんの絵本をブログで紹介しています。そちらもご覧下さいねぇ~♪♪
【コーギビルの村まつり】

その他の絵本を紹介♪♪
コーギビルのいちばん楽しい日 コーギビルのいちばん楽しい日
ターシャ テューダー (2002/11)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る

輝きの季節―ターシャ・テューダーと子どもたちの一年 輝きの季節―ターシャ・テューダーと子どもたちの一年
ターシャ テューダー (1999/11)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る

ターシャ・テューダーのポストカードブック ターシャ・テューダーのポストカードブック
ターシャ テューダー (2001/09)
メディアファクトリー
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
この絵本は、ターシャさんが作家や詩人が残した言葉に絵をのせて語っています。一人一人が1ページ事に感じる事は違うと思いますが、ぜひ手に取って感じてみて下さいね。そしてこの絵本には物語はありません。どこから読んでもOKです。

ページを開くと、オスカーワイルド(芸術家/批評家)の言葉があります。
(本文使用)
私達は、自分を離れてものを見る事はできないし
自分のなかにないものを作品にこめることもできない。

と二行の言葉があります。
ターシャさんは、天気の良い日に青い服を着た(ターシャさん?)女の人が切り株にもたれて、ペンとスケッチブックを片手に何やら描かれています。

次のページには、ヘンリー・D・ソロー(ウォールデン森の生活より)書かれた言葉があります。
(本文使用)
夢に向かって自信を持って進み
思い描いた人生を生きようと努力するなら
思わぬ成功を手にするだろう

この言葉にターシャさんは、二人の女の子が(お孫さん?)倒れた木に登り、一人はそらをぼんやり眺め一人は登っている途中です。
もう一つは、男の子(息子さんかしら?)が一生懸命、倒れた木を飛び越そうとしています。

ミヅポンの声(^♀^)/
ターシャさんの水彩画で登場するのは、大人の自身&子どもの自身であったり時にはお孫さん・我が家・それからターシャさんが大切にしている犬のコーギがいます。そこには、家族への深い愛やぬくもりを感じる事ができます。そして、やわらかい水彩画がとっても心を幸せにすることは間違いなしです。みなさんは、好きな絵や好きな言葉はありましたか?この絵本を読んだ人が幸せになれるといいね。私は、いくつもの言葉とやさしい絵が心に残りました。時にはやさしくなれる言葉だったり…時には元気になれる言葉だったり…この絵本には好きな言葉がた~くさん含まれていました。この絵本の中に好きな言葉があるといいですね。ちなみに私の好きになった言葉は……


ルリユールおじさん

ルリユールおじさん
ルリユールおじさん
いせ ひでこ (2006/09)
理論社

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。


対象年齢:小学校低学年くらいから~

著者の紹介☆
作:いせ ひでこ(伊勢 英子)…1949年生まれ。幼少時代を北海道で過ごし、東京芸術大学を卒業しました。
【むぎわらぼうし】絵本にっぽん賞
むぎわらぼうし むぎわらぼうし
竹下 文子、いせ ひでこ 他 (1985/01)
講談社
この商品の詳細を見る


【マキちゃんのえにっき(童話)】野間児童文学新人賞
マキちゃんの絵にっき マキちゃんの絵にっき
伊勢 英子 (2001/04)
中央公論新社
この商品の詳細を見る


【水仙月の四日】産経出版文化賞美術賞
水仙月の四日 水仙月の四日
宮沢 賢治、伊勢 英子 他 (1995/09)
偕成社
この商品の詳細を見る


♪その他の絵本を紹介
絵描き 絵描き
いせ ひでこ (2004/11)
理論社
この商品の詳細を見る

1000の風・1000のチェロ 1000の風・1000のチェロ
いせ ひでこ (2000/11)
偕成社
この商品の詳細を見る

雲のてんらん会 雲のてんらん会
いせ ひでこ (2004/05)
講談社
この商品の詳細を見る


あらすじФ(・♀・=)
パリの街に朝がきた
いつものように女の子が、大切にしている植物図鑑を見ていると
図鑑がバラバラに取れちゃった…

大変!!!
そんな時には、どうしたらいいの?
女の子は街に出て歩き回った。

「ユリユールのところに行ってごらん」

ユリユールって本のお医者さんなのかなぁ?
でもどこにいるの??

歩き回っていると、一人のおじさんが店の中に入っていた。
お店の中にはね…たくさんの工具と、古~い本がいっぱい!!
そこはもしかして……

ミヅポンの声(=^♀^=)ノ
やっとこの絵本が読めて幸せ!!しかも、この絵本を読むことをずっと忘れていた私(^エ^;)らぴ~♪さんのところに行って、思い出させてもらいましたぁ~。
o(^∇^*o)(o*^∇^)o~♪ありがとう♪♪
この絵本の空気がとても好きです。水彩かな?淡い色で描かれた柔らかい絵本です。絵本なのだけれど…風景画の美術書をみているような(^▽^*)絵だけで表現してあるページが多いけど、伝わる事が多い絵本です。女の子とルリユールのおじいさんは、パリの街で別の世界で生きているけど…思ったよりも遠い距離じゃないんですね。そんな二人が一冊の大切な図鑑を通じて、とっても良い関係になっているのがよくわかります。私は聞いたことがなかったユリユールの職人芸…これがあったらみんなもっと大切に本を読むのかな。外国の人は、古い物をとても大切にします。日本人も学ばなければならないなぁ~と思いました。小さい子には少々難しいかもしれませんが、ぜひオススメの絵本なので読み聞かせてあげてくださいねヾ(@^▽^@)ノ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。